九州のニュース

少年サッカーチーム監督 傷害容疑で逮捕

福岡市を拠点に活動するジュニアサッカーチームで、中学生の選手にマットなどが入った収納袋を投げつけ、大けがをさせたとして監督の男が逮捕された。 傷害の疑いで逮捕されたのは、福岡市南区桧原のジュニアサッカーチーム監督、伴和彦容疑者(43)。 警察によると伴容疑者は今月3日、練習試合で訪れた宗像市のグラウンドで30人の選手らに向かって、マットなどが入った収納袋を投げつけ、袋が当たった14歳の男子中学生に頭部陥没骨折など、全治1か月以上の重傷を負わせた疑い。 伴容疑者は調べに対し、片づけをしなかった選手たちに腹を立て、袋を投げつけたことは認める一方で、「けがをさせるつもりはなかった」と容疑を一部否認している。

福岡2019.02.19 07:13

福岡市殺害 元従業員を車窃盗容疑で逮捕

福岡市で自営業の男性が殺害された事件で、警察は18日、男性が使っていた車を盗んだ疑いで、男性の会社の元従業員とみられる45歳の男を逮捕した。 窃盗の疑いで逮捕されたのは福岡市の45歳の無職の男。今月7日、市内のアパートで住人の吉松孝さんが使っていた車を盗んだ疑い。 吉松さんは今月8日、自宅で背中や顔を十数か所刺されるなどして殺害されているのが見つかり、車は13日、市内の駐車場で見つかった。 男は吉松さんの会社の元従業員とみられている。警察の調べに対し「車を盗んだとは思っていない」などと容疑を否認している。警察は、吉松さん殺害との関連についても調べる方針。

福岡2019.02.18 21:05

辺野古埋め立て 沖縄県の申し立て却下

沖縄県のアメリカ軍普天間基地の名護市辺野古への移転をめぐり、第三者機関の「国地方係争処理委員会」は、埋め立て承認撤回の効力を国が停止した決定を不服とした沖縄県の申し立てについて、審査対象にならないとして却下した。 沖縄県は普天間基地の移設にともなう辺野古の海の埋め立てについて承認を撤回したが、政府は、撤回の「効力」を停止し、埋め立て工事を続けている。 沖縄県はこれを不服として、去年11月、国地方係争処理委員会に審査を申し立てていた。委員会は、これまで検討を続けていたが、18日、政府による「効力停止」は「委員会の審査対象となる「国の関与」にはあたらない」との判断を示し、沖縄県の申し立てを却下した。 これに対し、沖縄県の玉城知事は「誠に残念」とした上で、「県が行った承認取り消しは有効であるとの立場であり、引き続き、承認取り消しの適法性を全力で訴える」などとコメントした。

沖縄2019.02.18 20:59

薩摩川内市の天大橋 老朽化などを国が調査

 薩摩川内市の川内川にかかる天大橋で、橋の老朽化の調査が行われた。調査に集まったのは国交省から派遣された道路のスペシャリストたち。薩摩川内市の川内川にかかる天大橋。昭和59年に完成した橋で、幹線道路の一部として利用されている。平成29年の調査でコンクリートのひび割れなどの劣化が見つかり、市は国交省に詳細な調査を依頼した。
 調査を行ったのは、国の研究機関などで構成された「道路メンテナンス技術集団」。道路のスペシャリストだ。18日はコンクリートの一部をはがして損傷の原因を探るなどの調査を行った。国土交通省九州地方整備局道路部の浅井博海道路保全企画官は「地方自治体が抱えている課題を国としてしっかりとバックアップしていこうという政策の一環。我々の技術を駆使してメンテナンスを有効に回していきたい」と話していた。
 調査は来月までにあと2回行われる予定だ。

鹿児島2019.02.18 20:15

あおり運転から身を守る ドラレコの需要増

 実は今、県内では“あおり運転”から身を守ろうとドライブレコーダーの需要が増えている。
 鹿児島市にあるカー用品店のドライブレコーダーのコーナーでは“あおり運転”という文字が目立つ。この店ではドライブレコーダーが前の年の3倍近く売れる月もあるという。オートバックス鹿児島城南店の北原克彦さんは「最近はあおり運転の報道があって、各メーカー、2カメラタイプの前後撮れるものから全方位で360度撮れる商品が増えてきている」と説明する。後ろからの“あおり”をしっかりと撮る場合は車の前後にカメラを取り付けるタイプ。横からの“あおり”も押さえたい場合は360度タイプのものがおすすめだという。以前、“あおり運転”の被害にあったと話す男性客は「私が追い越したらそのあとをずっと家まで追ってきた。軽乗用車だからってなめてるんじゃないよと言われた」と当時を振り返った。
 もしあおり運転を受けた場合どう対処すればよいのか。県警交通企画課の小谷隆宏統括係長は「駐車場やパーキング、サービスエリアといった交通事故に遭わない安全な場所に避難してほしい」と話す。一番大事なことは「車を降りないこと」だと強調し、「ドアロックをして110番する、その際は車を降りることなく通報してほしい」と呼びかけた。県警では「相手の挑発に乗らず、すぐに警察に通報してほしい」と話している。

鹿児島2019.02.18 20:14

4歳の長女に暴行 傷害容疑で母親を逮捕

 いちき串木野市で長女(当時4歳)に暴行しケガをさせたとして、母親(29)が逮捕された。長女の体には古いものも含めて約100か所の傷あとが確認されていて、警察は、以前から母親が虐待していた可能性があるとみて捜査している。
 逮捕されたのは、いちき串木野市袴田のアルバイト野久尾真代容疑者(29)。警察によると野久尾容疑者は、先月14日から22日ごろ、当時4歳の長女の頭や腰などに暴行を加え、全治1週間ほどのケガをさせた疑いだ。野久尾容疑者は「これまで娘に対して手を挙げたことは一切ない」と容疑を否認している。現在、長女は県内の福祉施設で保護されているという。
 長女が通っている福祉施設では、おととしにも長女の体に傷があるのを確認しており「虐待を受けている恐れのある子供がいる」と市に報告していた。警察や児童相談所もこの情報を把握していたという。また、近所の住民からも「子どもの泣き声が聞こえる」との連絡が市にあったという。長女の体には、古いものを含めて約100か所の傷あとがあった。他の2人の子供にはそうした傷あとが無かったという。警察は、野久尾容疑者が長女を日常的に虐待していた可能性もあるとみて捜査している。

鹿児島2019.02.18 20:11

南さつま市の海岸にクジラが打ち上がる

南さつま市の海岸に今月15日、クジラが打ちあげられているのが見つかった。見つかったのは体長14.8メートルのマッコウクジラだという。今月15日、南さつま市の小湊漁港に「くじらが打ち上げられている」と連絡があった。県によると、クジラは見つかった翌日に死亡した。なぜくじらが打ち上げられたのか。かごしま水族館によると様々な理由が考えられるという。かごしま水族館展示課の久保信隆主幹は「シャチのような外敵から追われて乗り上げたとか。もう一つ有力なのが地球の磁場。磁場を頼りに進んでいって、今回座礁したような遠浅の砂浜に入った可能性もある」と話した。南さつま市では、わかっているだけでも30回以上はクジラが打ち上げられている。クジラの処分方法については県は砂浜に埋めるなど対応を協議したいとしている。

鹿児島2019.02.18 19:55

南区男性殺害 被害者の車盗んだ疑いで男逮捕

福岡市南区のアパートで男性が殺害された事件で、警察は男性が使っていた車を盗んだ疑いで男性の会社の元・従業員とみられる
45歳の男を逮捕しました。窃盗の疑いで逮捕されたのは、福岡市城南区梅林の無職の45歳の男です。警察によりますと男は今月7日、福岡市南区柏原のアパートで住人の吉松孝さんが使っていた車を盗んだ疑いが持たれています。この翌日、吉松さんはアパートの自分の部屋で殺害されているのが見つかりました。背中や顔に刺し傷や切り傷が十数か所あったほか、両手首やあごを骨折していて、      死因は失血死でした。車は吉松さんが殺害されたとみられる今月7日になくなり、警察は13日、福岡市中央区内の駐車場でこの車を発見しました。逮捕された男は吉松さんの会社の元・従業員とみられています。警察が、防犯カメラの映像や押収した車の中を調べた結果、男が車を盗んだ疑いが強まったということです。男は昨夜、福岡市西区のホテルで無銭宿泊したとして現行犯逮捕されていました。警察の調べに対し男は「車を盗んだとは思っていない」などと
容疑を否認しているということです。警察は、今後、殺人事件との関連についても調べる方針です。

福岡2019.02.18 19:29

相浦駐屯地で集団食中毒

陸上自衛隊相浦駐屯地の隊員76人が嘔吐や下痢などの症状を訴えノロウイルスが原因の集団食中毒と断定された。佐世保市は駐屯地内の給食施設の委託業者を2日間の営業停止処分にした。

佐世保市によると1月31日、陸上自衛隊相浦駐屯地から「隊員数十名が、おう吐、下痢、発熱などの症状で病院を受診している」と連絡があった。19歳から53歳までの隊員男女あわせて76人が症状を訴えたが、現在は全員が快復しているという。市の調査の結果、患者からノロウイルスが検出され、1月28日から30日の間に駐屯地内の食堂で提供された食事が原因の食中毒と断定。食堂の委託業者を19日から2日間の営業停止処分とした。

長崎2019.02.18 19:20

4歳の娘に傷痕100か所、逮捕の母虐待か

当時4歳の娘に暴行しケガをさせたとして、29歳の母親が逮捕された。娘の体には古いものを含めて約100か所の傷痕があり、警察は虐待の可能性もあるとみて調べを進めている。 逮捕されたのは、鹿児島県いちき串木野市のアルバイト・野久尾真代容疑者。野久尾容疑者は先月14日から22日にかけ、当時4歳の長女の頭や腰などに暴行を加え、全治1週間ほどのケガをさせた疑い。野久尾容疑者は容疑を否認している。 警察によると、長女の体には古いものも含めて約100か所の傷痕があったという。長女が通っていた福祉施設は2017年にも長女の体に傷痕があることを確認していて、児童相談所や警察もその事実を把握していたという。 警察が詳しく調べを進めている。

鹿児島2019.02.18 19:19

出所後に“女児わいせつ”認める

27年前、女子中学生2人を殺害して服役し、出所後に女子児童への強制わいせつ致傷などの罪に問われている男の裁判員裁判が18日、長崎地裁で始まった。

強制わいせつ致傷と窃盗の罪に問われているのは住所不定、無職の寺本隆志被告66歳。寺本被告は去年6月、長崎市内の路上で女子児童にわいせつな行為をした上、腰などにケガをさせたとされている。長崎地裁は女子児童の名前を公判で伏せる秘匿決定を出している。裁判員裁判の初公判で寺本被告は「間違いありません」と起訴内容を認めた。冒頭陳述で検察側は寺本被告に複数の性犯罪の前科があることに言及した上で「自分の性欲を満たすための卑劣で身勝手な犯行」と指摘。弁護側は小学2年生の女子児童への犯行について「体に触れておらずわいせつ行為には当たらない」と主張した。寺本被告は1992年、長崎市と東京で女子中学生2人を殺害した罪で服役し、出所後に広島市でも強制わいせつ事件を起こしている。公判は19日、検察側の論告求刑と弁護側の最終弁論が行われて結審し、21日に判決が言い渡される予定。

長崎2019.02.18 18:54

県立図書館 本の移転作業始まる

新しい県立図書館が今年10月に大村市に開館するのを前に現在の建物から本などを移転する作業が18日から始まった。

去年11月に閉館した長崎市の県立図書館から本や資料を運び出す。約107万冊の本のうち、18日は児童書1万冊が運ばれた。県立と大村市の市立図書館が一体型でつくられる「ミライon図書館」。収蔵能力は約202万冊で、児童書は1階の子ども室。並びが入れ替わると蔵書の点検に影響するため、順番に荷物を開き1冊ずつ置いていく。移転作業は7月まで続き、10月5日の開館を迎える。

長崎2019.02.18 18:47

熊本県職員児童買春で逮捕

52歳の熊本県職員が当時16歳の女子高校生に現金を渡してみだらな行為をしたとして逮捕された。児童買春などの疑いで逮捕されたのは熊本県県北広域本部の参事松岡貴浩容疑者(52)。警察によると、松岡容疑者は、今月中旬、熊本市北区の駐車場に停めた車の中で当時16歳の女子高校生に現金を渡してみだらな行為をした疑いがもたれている。松岡容疑者はインターネットのSNSで女子高校生と知り合い、警察のサイバーパトロールで事件が発覚したという。調べに対して松岡容疑者は「SNSを使ったのは自分ではない」と容疑を否認しているという。松岡容疑者は4年前、女子高校生のスカートの上から体を触ったとして県迷惑行為等防止条例違反で逮捕され、罰金の略式命令と停職の処分を受けている。熊本県の池田敬之総務部長は「県民の皆様に心からおわびいたする。事実関係を確認し詳細について判明次第厳正に対処する」とコメントを出した。

熊本2019.02.18 18:41

重複店統合は再来年1月以降に

福岡フィナンシャルグループとの経営統合を控え、十八銀行は18日、長崎市で「感謝の集い」を開き、合併する親和銀行との重複店舗について再来年1月以降に統廃合に着手する考えを示した。

「感謝の集い」には長崎市内の企業などから約300人が出席した。今後の予定について森頭取は来年10月に親和銀行と合併後、システムの統合を手掛け、再来年1月以降に重複店舗の統廃合に着手すると話した。新しい銀行については「10年後20年後を見据えてしっかりとした取引先に寄り添う銀行を目指す」と述べた。「感謝の集い」は3月初旬まで、離島を含めた11か所で開催される。

長崎2019.02.18 18:40

確定申告 受け付け始まる

確定申告の受付が全国で始まり、県内10か所の会場で受け付けている。このうち、熊本西税務署に設けられた受け付け会場では職員やスタッフのアドバイスを受けながら多くの人が申告書を作成していた。熊本地震で住宅や家財に被害を受けた人は、所得税や住民税が軽減される「雑損控除」を受けることができる。またことしから、スマートフォンやタブレットを使って申告書を作成できるようになった。熊本西税務署の野端俊也総務係長は「毎年申告期限間際になると大変込み合うので、早めの申告をお願いします」と話していた。確定申告の受け付けは、所得税と贈与税が来月15日まで、個人事業者の消費税が4月1日まで。

熊本2019.02.18 18:39

「長崎かんぼこ」オフィスでPR

「長崎かんぼこ」の試食販売会が18日、長崎市で開かれた。

県内の蒲鉾業者などで作る「長崎かんぼこ王国」が美味しさを知ってもらおうと企画した。生命保険会社「メットライフ生命」のオフィスで長崎市と諫早市の蒲鉾業者4社の40種類以上の商品を販売。長崎おでんの試食も200食限定で行った。試食販売会は28日にも長崎市の十八銀行本店で行われる。

長崎2019.02.18 18:36

横転事故で死亡 無免許運転の男子高校生

18日未明、鹿児島市で走っていた軽自動車が横転する事故があり、運転していた18歳の男子高校生が死亡した。男子高校生は無免許運転だった。 18日午前3時半ごろ、鹿児島市の県道で、軽自動車がカーブに差し掛かったところで横転した。この事故で、運転していた通信制高校3年生の上原文仁さん(18)が車外に投げ出され、頭を強く打ち、病院に運ばれたが、およそ2時間後に死亡した。 助手席に乗っていた男子高校生も病院に運ばれたが、意識はあり、命に別条はないという。 警察によると、上原さんは無免許運転だったという。 上原さんは、友人らと一緒に車2台でドライブをしていたということで、警察は上原さんがスピードの出し過ぎでカーブを曲がりきれなかった可能性があるとみて、詳しい事故の原因を調べている。

鹿児島2019.02.18 13:58

鹿児島西警察署の新庁舎落成式

鹿児島西警察署の新しい庁舎が完成し落成式が行われた。式には、県警本部長や県の関係者などが出席した。鹿児島西警察署の新しい庁舎は約30億円かけて建設された。6階建ての庁舎は明るく開放感のある造りが特徴で、防災機能も充実していて県警初のマンホールトイレが整備された。災害で水が出なくなった場合、下水道とつながっているマンホールの上に簡易のトイレを置いて使う。鹿児島西警察署は「市民に親しまれる庁舎を目指していきたい」としている。

鹿児島2019.02.18 12:57

車が横転 無免許の男子高校生が死亡

 鹿児島市で走っていた軽自動車が18日未明に横転する事故があり、運転していた男子高校生(18)が死亡した。男性は無免許運転だった。
 18日午前3時半ごろ、鹿児島市喜入前之浜町の指宿スカイラインにつながる県道で、指宿市方向から走ってきた軽自動車がカーブに差し掛かったところで横転した。
 この事故で、鹿児島市坂之上の通信制高校3年上原文仁さん(18)が車外に投げ出され、頭を強く打ち病院に運ばれたが約2時間後に死亡した。助手席に乗っていた男子高校生(18)も病院に運ばれたが、意識はあり命に別条はないという。
 警察によると、上原さんは無免許だった。警察で詳しい事故の原因を調べている。
 事故の影響で指宿スカイラインは一時通行止めとなったが、現在は解除されている。

鹿児島2019.02.18 12:50

佐世保市で平屋建て倉庫全焼

佐世保市で18日、平屋建ての倉庫1棟を全焼する火事があった。ケガ人はいなかった。

18日午前5時45分頃、佐世保市下宇戸町で「近くの作業小屋が燃えている」と近所の住民から消防に通報があった。火は、自営業の種子田正樹さん(71)の平屋建て倉庫約224平方メートルを全焼して約1時間後に消し止められた。出火当時、倉庫に人はおらずケガ人はいなかった。倉庫には建築資材などが置かれていて、警察によると17日、敷地内で種子田さんが木くずを燃やしていたという。警察と消防が合同で午後から実況見分を行い詳しい出火原因を調べる方針。

長崎2019.02.18 12:24

平和祈念像 塗装作業前に公開

修復工事が進められている長崎市の平和祈念像が、19日からの塗装の作業を前に報道陣に公開された。

紙やすりやブラシを使い古い塗料のはがれやすくなった部分を丁寧に取り除いていく。修復工事は来年の被爆75年に向けて1月28日から行われていて18日までに、汚れや劣化した塗装が除去される予定。塗装作業は19日から3月中旬まで行われる予定で、3月下旬には新しい姿を見ることができる予定。

長崎2019.02.18 12:24

障害者や小集落の住民ら復興座談会

熊本地震からの復興を障害者や小さな集落で暮らす人などの立場から考える座談会が17日に西原村で開かれた。障害者や子育て中の親、小さな集落で暮らす人や支援者らが参加。地震の直後に薬の情報を持たずに避難したため薬が処方されず困ったことや、小さな集落で、地震後に人が戻ってこないことで心に負担を抱える人がいることが報告された。西原村rebornネットワークの鈴木隆太さんは「『正直気力がなくなった』といわれた、またある方は『さみしいと思うことに慣れてしまった』という人もいた」と話した。新潟県中越地震の復興を支援する団体は、地震から15年で人口が半減したことを紹介し「今後の集落づくりを今から考える必要がある」と呼びかけた

熊本2019.02.18 12:08

芦北うたせ杯ジュニア空手道大会

芦北うたせ杯ジュニア空手道大会が17日に芦北町で開かれた。遠くは兵庫や沖縄から、4歳から中学生までの子どもたちが出場。開会式では地元、芦北海王塾の中学生2人が選手宣誓し、帝京大学の学生が形の演武を披露。この大会は芦北郡空手道連盟が毎年開いていて今回で20回目。個人戦と、3人ひと組の団体戦に延べ2000人がエントリーし九州でも最大規模の大会。子どもたちは鋭い気合と共に突きや蹴りを繰り出した

熊本2019.02.18 12:04

殺害男性の車盗んだ疑い 男を逮捕へ

福岡市南区のアパートで男性が殺害された事件で警察は18日午後にも男性の車を盗んだ疑いで福岡県内の男を逮捕する方針を固めたことがわかりました。この事件は2月8日、福岡市南区柏原のアパートで自営業、吉松孝さん(56)が自分の部屋で殺害されているのが見つかったものです。殺害されたとみられる2月7日から吉松さんの白い乗用車がなくなっていました。その後の捜査で警察は2月13日、福岡市中央区内の駐車場で吉松さんの車を発見しました。警察が防犯カメラの映像や発見した車の車内など調べた結果、福岡県内の男が車を盗んだ疑いが強まったとして18日午後にもこの男を窃盗容疑で逮捕する方針を固めたことがわかりました。男はすでに17日夜、福岡市西区内で無銭飲食などをした疑いで現行犯逮捕されています。警察は今後、殺人事件との関連についても調べる方針です。

福岡2019.02.18 11:53

北九州市の中学校で窓ガラス6枚割られる

北九州市の中学校で17日未明、校舎の窓ガラスが割られているのが見つかりました。17日午前1時前、小倉北区白萩町の板櫃中学校で「窓ガラスが割られている」と110番通報がありました。駆けつけた警察が校舎1階の窓ガラス6枚が割られているのを確認し、近くに落ちていたブロックのようなものを押収しました。学校によりますと16日午後10時の校内警備では異常はなかったということです。事件の前「複数の人が門を乗り越え敷地内に入った」という通報があり、警察は防犯カメラの映像などをもとに調べを進めています。

福岡2019.02.17 19:27

女子高校生はねられトラックの運転手を逮捕

福岡市博多区立花寺の交差点で16日午後10時すぎ、横断歩道を渡っていた16歳の女子高校生が左折してきた大型トラックに自転車ごとはねられました。女子生徒は腰などを骨折したとみられ病院で治療を受けています。警察はトラックを運転していた久留米市の牛島秀則容疑者(48)を過失運転傷害の疑いで逮捕しました。容疑を認めているということです。

福岡2019.02.17 19:27

「きりしま食サミット」開催

霧島産の食材について知識を深めてもらおうと17日、「きりしま食サミット」が霧島市の第一工業大学で開かれた。霧島市やJAなどで組織する霧島ガストロノミー推進協議会が開いた。ガストロノミーとは「食文化」を指す言葉で、推進協議会では霧島産の黒豚や野菜を生地で包んだご当地料理「霧島つつみ」を新たに考案。サミットの参加者に振舞われた。霧島ガストロノミー推進協議会の吉本博明副会長は「日本全国、世界に霧島の良い所、特に食に関わる体験や文化を伝えていくことを目指したい」と述べた。推進協議会では、今後も食文化を通じて霧島を盛り上げたいと話している。

鹿児島2019.02.17 19:22

県下一周駅伝 大村・東彼が優勝

県内の郡市11チームが争う県下一周駅伝は17日、最終日を迎え、「大村・東彼」が10年ぶりの総合優勝を果たした。

3日間で42区間、407.3キロのコースで争われた県下一周駅伝。「大村・東彼」は初日から盤石のレースを見せ、3日間の累計タイムで、2位以下と22分以上の差をつけ、10年ぶり18回目の総合優勝を果たした。2位は長崎、3連覇を目指していた西彼・西海は3位だった。

長崎2019.02.17 17:59

「ミライon図書館」お披露目

新しい県立図書館「ミライon図書館」が大村市に完成し、17日報道陣にお披露目された。

県立と大村市立の一体型図書館「ミライon図書館」。地上6階建てで収蔵能力は約202万冊。子ども室にも4万冊が揃う。館内は地元の木材が使われた落ち着いたデザインに。自動貸し出し機や無料Wi-Fiも利用できる。18日から蔵書などの搬入が行われ、10月5日、開館予定。

長崎2019.02.17 17:52

熊本城マラソンに過去最多の参加者

第8回熊本城マラソンが17日に行われ、過去最多となる約1万4000人が熊本市内を駆け抜けた。午前9時過ぎにスタートした歴史めぐりフルマラソンでは1万2352人がゴールの熊本城を目指した。約3kmの復興チャレンジファンランでは思い思いの衣装をまとったランナーたちが沿道の観客を楽しませていた。フルマラソン男子は熊本大学の古川大晃選手が2時間20分09秒で大会2連覇を果たした

熊本2019.02.17 17:38

福岡県内で火事相次ぐ 小倉北では住宅全焼

福岡県内で17日火事が相次ぎ、北九州市小倉北区では未明に住宅1棟を全焼、隣接する建物や車などを焼きました。警察と消防によりますと17日午前0時半ごろ、北九州市小倉北区木町で「火柱が上がっている」と多数の119番通報がありました。火は木造平屋建ての住宅1棟を全焼し、さらに隣接する建物2棟と駐車場の車2台の一部を焼いて約1時間40分後に消し止められました。ケガ人はいませんでした。一方、福岡市南区平和では午前11時前にマンションの3階から出火、消防によりますと1人が病院に搬送されたということです。

福岡2019.02.17 12:30

線路内にいた男性が列車にはねられ死亡

 JR日豊本線の踏切で17日早朝、線路内にいた男性(72)が列車にはねられ死亡した。
 事故があったのは、姶良市のJR日豊本線錦江駅と加治木駅の間にある踏切。警察によると17日午前5時20分ごろ、国分発鹿児島中央行きの普通列車が、線路内にいた姶良市のあべ松和也さん(72)をはねた。あべ松さんはその場で死亡が確認された。列車には17人が乗っていたがケガはなかった。運転士は「ぶつかる直前に黒い物体に気付いた」と話しているという。遮断機と警報機は正常に動いていたということで警察で事故の原因を調べている。事故の影響でJR日豊本線は約2時間運転を見合わせ、約1500人に影響が出た。現在は通常ダイヤで運行している。

鹿児島2019.02.17 12:23

八代市の火事 8棟に被害

16日夜、八代市の商店街で飲食店など8棟が焼ける火事があり、17日朝、ようやく鎮火した。火事があったのは八代市本町。午後16日9時頃、焼き肉店「炙りやどりぃむ」から火が出て、密集する周囲の建物に燃え広がった。近所の人は「542気づいたら火が上がっていた。ここまでひどくなるとは思わなかった」約8時間にわたって燃え続け、17日午前5時半ごろ鎮火したが、飲食店や住宅など8棟が焼けた。火元の焼き肉店には客と従業員あわせて30人、また向かいのホテルには宿泊客230人がいたが、全員避難してけが人はいなかった。警察と消防が原因を調べている

熊本2019.02.17 12:16

伊藤園が屋久島環境文化財団に寄付

屋久島の環境保全に役立ててもらおうと15日、大手飲料メーカー伊藤園の関係者が県庁を訪れ、売り上げの一部を屋久島環境文化財団に寄付した。
県庁を訪れたのは大手飲料メーカー伊藤園の役員など3人。伊藤園は屋久島の環境保全活動を支援しようと去年11月と12月にお~いお茶「お茶で鹿児島を美しく。」キャンペーンを行った。キャンペーン期間中のお~いお茶製品の売り上げの一部40万円の目録を屋久島環境文化財団の会長を務める三反園知事に手渡した。三反園知事は「屋久島の環境保全に役立てる」と話し、感謝状を贈った。伊藤園の吉田秀樹常務執行役員は「自然環境や水に密接した商品を取り扱っている以上、少しでも地域の環境保全に貢献できれば」と話した。屋久島環境文化財団は寄付金をウミガメの保護などに活用したいとしている。

鹿児島2019.02.16 17:51

ラグビー日本代表が子供たちを指導

今年、日本で行われるラグビーワールドカップを盛り上げようと16日、日本代表の選手によるラグビー教室が鹿児島市で開かれた。子どもたちを指導したのは、ラグビー日本代表の山田章仁選手と布巻峻介選手。少年ラグビーチーム、鹿児島オールブラックスのグラウンドで行われた。トップ選手の技術を学ぼうと約120人が参加した。布巻選手は「パスを出すときは手首が大事、肘は高く上げて、肘が下がったらボールが下にいく」とアドバイスした。子どもたちはパスを素早く正確に出す方法や、タックルの技術を学んだ。鹿児島オールブラックスの川口真央さんは「すごくかっこよかった。パスやランなどラグビーのコツを学んだ。」と話した。鹿児島オールブラックスの寺原壮汰さんは「学んだ基礎基本を積み重ねていき、それが大きなものになる。日本代表の選手と同じくらい強くなりたい」と話した。ラグビー日本代表の山田章仁選手は「現役の日本代表が今していることを教えたい、それでみんながスポーツを通して楽しんでほしい。今年はワールドカップがあるので今からラグビーを見てもらってずっとこれから先も繋がってほしい。」と話した。憧れの選手からアドバイスをもらった子供たちは目を輝かせながら練習に励んでいた。

鹿児島2019.02.16 17:49

県下一周駅伝 第1日は姶良地区が日間優勝

県内12地区のランナーが5日間にわたって健脚を競う県下一周駅伝が16日、始まった。
今年で66回目を迎える県下一周駅伝。県内12地区のランナーが5日間で53区間、584キロの距離を競う。スタート地点の鹿児島市役所前には朝から多くの人が応援に駆け付けた。旗を持って声援を送ったり、写真を撮りながらランナーと共にスタートを待つ。午前9時、号砲と共に12地区の第一走者が一斉にスタートした。初日の16日は鹿児島市役所から南さつま市役所までの11区間、128.9キロで熱戦が繰り広げられ、連覇を狙う姶良地区が1位でフィニッシュした。県下一周駅伝は今月20日まで行われ、2日目の17日は南さつま市役所から112.7キロ先の出水市役所を目指して走る。

鹿児島2019.02.16 17:47

漁船と遊漁船衝突 釣り客2人重軽傷

16日正午過ぎ、対馬市沖で漁船と遊漁船が衝突し釣り客の男性2人が腰の骨を折るなどの重軽傷を負った。

16日午後0時40分頃、対馬市沖約30キロで「漁船吉輪丸と遊漁船が衝突した」と近くにいた漁船から対馬海上保安部に通報があった。遊漁船に乗っていた釣り客8人のうち男性1人が腰の骨を折って重傷、別の男性1人も腰を打撲するなどして病院へ搬送された。命に別条はないという。遊漁船と漁船の船長と乗組員にケガはなかった。海上保安部が船長らから当時の状況を聞くなどして事故の詳しい原因を調べている。

長崎2019.02.16 17:29

名切地区再整備 コンセプトを説明

佐世保市の名切地区の再整備に向けた構想が15日、議会に示された。

佐世保市では交流人口を拡大させまちづくりにつなげようと名切地区の再整備を計画している。7町にまたがる名切地区は、YOSAKOIが開かれる中央公園があるなど中心市街地の交流の場として利用されている。全員協議会では市側が、中央公園内に遊具を備えた屋内外の遊び場やあわせて250台を収容できる駐車場を整備することなどリニューアルのコンセプトを議会に説明した。名切地区は、来年4月にも再整備に向けた工事が始まり3年後の2022年4月の供用開始を目指す。

長崎2019.02.16 12:20

オランダ人墓地を修復

長崎市の悟真寺にあるオランダ人墓地の修復工事が終わり15日、関係者にお披露目された。

完成記念式典には駐日オランダ大使館や長崎日蘭協会などから関係者約30人が出席。ロシア人墓地との境にある長さ10メートルのレンガ塀が傾いていたことから去年10月から修復工事が行われていた。オランダ人墓地には江戸時代から明治初期にかけ出島にやってきた商館長や宣教師など約40人が埋葬されている。

長崎2019.02.16 12:16

熊本城マラソン受け付け開始

1万4000人が熊本市を駆け抜ける熊本城マラソンのランナーの受け付けが始まった。受け付け会場の熊本市中央区の辛島公園には時間前からおよそ200人が集まった。早速ランナーはナンバーカードを受け取っていた。ランナーの男性は「ナンバーカードを受け取り身が引き締まる思い」と話した。またランナーの女性は「この受け付けがまず一つの自分のスタートで目標だったので楽しみです」と話した。
受け付けは15日と16日の2日間、いずれも午前10時から午後8時までで、マラソン当日には受け付けは行わない。

熊本2019.02.15 12:05

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース