九州のニュース

諫早湾 最高裁で開門認めない判決が確定

長崎県にある諫早湾の干拓事業を巡り漁業者が水門の開門などを求めた裁判で、最高裁は、漁業者の上告を退ける決定をした。開門を認めない判決が確定した。 長崎県の諫早湾では、1997年に水門を閉め、干拓して農地を作る事業が行われているが、2010年に漁業者らが開門を求めた訴訟で国に開門を命じる判決が確定する一方で、3年後には、開門を認めない仮処分決定が出され、司法の判断がねじれる異例の事態となっていた。 最高裁で開門を認めない判断が確定したのは初めてとみられる。

長崎2019.06.27 17:53

中央区桜町 建設中の再開発ビルで火事

26日午前10時前、熊本市中央区桜町で建設中の再開発ビルで火事があり、30代の男性作業員1人が顔や手にやけどを負った。現場は映画館や焼き肉店など149店舗が出店する商業施設「SAKURAMACHIkumamoto」として9月14日の開業に向け建設が進められているビルの6階屋上。火は建物の外壁約20平方メートルと資材を焼き、約1時間後に鎮火した。再開発事業を担う九州産業交通ホールディングスは、午後から会見を開き陳謝した上で、火事があった場所を除いて工事を再開したことを明らかにした。その上で、原因の特定を進め安全対策に努める考えを示すとともに、9月14日の開業予定日への影響はないとした。

熊本2019.06.27 13:13

県本土、種子屋久地方は土砂災害に注意を

 県内では、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり県本土や種子島・屋久島地方は、27日夕方にかけて土砂災害に注意が必要。
 気象庁によると熱帯低気圧は、午前9時には、奄美大島の東約70キロにあって、1時間に約45キロの速さで北北東に進んでいる。今夜には、台風に発達する見込みだが県内への影響は小さくなった。
 火曜日からの雨の量は、肝付町内之浦で143ミリ、屋久島町小瀬田で132ミリ曽於市大隅で103ミリとなっている。
 消防などによると27日午前4時半ごろ霧島市牧園町高千穂では、道路脇の斜面が幅約15メートルに渡って崩れているのが見つかった。現在、土砂の撤去が行われていて昼ごろには復旧する見込み。
 県内では、これまでの雨で地盤が緩んでいるところがあり気象台は土砂災害に注意を呼び掛けている。
 交通にも乱れが出ています。
 海の便は、フェリーニューこしきの午後の便、高速船甑島やフェリー屋久島2などが欠航となっています。空の便は、鹿児島と種子島を結ぶ1往復2便が天候不良のため欠航となっています。

鹿児島2019.06.27 12:45

アイドルが福岡市の街頭で参院選啓発活動

参議院選挙が来月4日公示、21日投開票に決まったことを受け、福岡市でアイドルグループが参加する啓発イベントが開かれました。福岡市・天神のライオン広場では午前10時から福岡県選挙管理委員会によるイベントが開かれ、選管の職員らが期日前投票などについて書かれたうちわを配り参議院選挙での投票を呼びかけました。また11時からは、アイドルグループLinQも参加し、選挙についてのクイズやミニライブなどが行われました。福岡県選挙管理委員会によりますと、前回、3年前の参議院選挙の投票率は52.85パーセントで、前々回を3.49ポイント上回りました。
選管では「こうしたイベントが投票所に足を運ぶきっかけになれば」と話しています。

福岡2019.06.27 12:07

「めんべい」ソフトボールチーム 全国大会へ

福岡みやげ「めんべい」をチーム名にする女子ソフトボールチームが全国大会への出場を決め、活動拠点の添田町の役場で活躍を誓いました。めんたいこ製造販売会社「山口油屋福太郎」の女子ソフトボールチーム、「福太郎めんべい」は、今月行われた全日本総合女子ソフトボールの九州地区大会で初優勝し、9月の全国大会に出場することが決まりました。選手や監督など8人が活動拠点の添田町の寺西町長を訪ね、全国大会での活躍を誓いました。永井葵キャプテンは「怖がらず挑戦する気持ちを忘れず頑張りたい」と話しました。全国大会は9月に鹿児島県で開かれます。

福岡2019.06.27 12:07

熱帯低気圧 台風になり県内接近の恐れ

 沖縄の南にある熱帯低気圧は、27日朝までに台風となり県内に接近する恐れがある。26日夜から27日にかけて、大雨や土砂災害に警戒が必要だ。
 気象庁によると、熱帯低気圧は26日午後6時現在、沖縄の南の約300キロにあり、1時間に25キロの速さで北に進んでいる。中心気圧は1002ヘクトパスカル、最大風速は15メートルで、27日朝までに台風になる見込み。予報円の中心を進んだ場合、26日明け方には奄美地方に接近し、朝には種子・屋久地方に、昼前には県本土に近づく恐れがある。
 27日は、局地的に雷を伴って雨が激しく降りそうだ。27日午後6時までに予想される24時間雨量は、薩摩地方は120ミリ、大隅地方は200ミリ、種子屋久地方は250ミリ、奄美地方の北部と南部は120ミリ、十島村は150ミリ。気象庁は、26日夜遅くから27日にかけて、土砂災害に警戒するよう呼び掛けている。

鹿児島2019.06.26 22:04

大崎事件 最高裁が裁判のやり直し認めず

 再審の重い扉は、またも開かれなかった。原口アヤ子さんが裁判のやり直し再審を求めているいわゆる大崎事件で、最高裁は26日までに地裁、高裁の再審開始の決定を取り消し、再審を認めない決定を出した。
 原口アヤ子さん(92)。今から40年前の1979年に大崎町で義理の弟を殺害した罪などで10年間服役し、無実を訴え、裁判のやり直し、再審を求めていた。
 一審の鹿児島地裁と二審の福岡高裁宮崎支部は再審の開始を認めたが、検察側はこれを不服として最高裁に特別抗告していた。一審または二審は、弁護側が提出した心理学鑑定と法医学鑑定について無罪を言い渡すべきことが明らかな証拠としたが、最高裁は、この2つの鑑定について「確定判決の事実認定に合理的な疑いを抱かせるのに十分な証拠とはいえない」と判断。最高裁は一転して、再審を認めない決定をした。最高裁が再審開始決定を取り消すのは、初めてとみられる。また、すでに死亡している原口さんの元夫についても、最高裁は再審を認めない決定をした。
会見を開いた弁護団の鴨志田祐美事務局長は「無実を40年間叫んでいる92歳の原口アヤ子さんが人生をかけて戦っていることに対して、司法の最高府の最高裁がちゃんと向き合っていない」と怒りをあらわにした。原口さんの長女は、この知らせを聞いて「まだ戦いを続ける」と話したという。鴨志田事務局長は「このような結果になって、正直心の整理がついていないが、ただ京子さんも弁護人の先生を信じてまだ戦いたいと言ってくれたので、私がここで折れるわけにはいかないと思っている」と話した。
 弁護団によると、3日以内に最高裁に対し異議申し立てを行うという。
 一方、最高検察庁は「適切な判断が得られたものと考える」とコメントしている。

鹿児島2019.06.26 20:32

あす県内に台風接近の恐れ

 南側にあった熱帯低気圧は、台風となり県内へ近づく見込み。26日午後3時現在、中心の気圧は1004ヘクトパスカル、最大風速は15メートルで、1時間におよそ25キロの速さで北へ進んでいて27日、朝までに台風となる見込み。予報円の中心を進んだ場合、明け方には奄美地方に接近し朝には種子島・屋久島地方に昼前には県本土に近づく恐れがある。
 27日午後6時までに予想される24時間雨量は薩摩地方は120ミリ大隅地方は200ミリ種子島屋久島地方は250ミリ奄美地方は150ミリ。
 奄美地方では、26日夜遅くから27日朝にかけて、大隅、種子島屋久島地方では、27日明け方から昼過ぎにかけて警報レベルの激しい雨が予想される。26日夜遅くから27日にかけて土砂災害に警戒が必要。

鹿児島2019.06.26 20:26

ニセ電話を防ぐコールセンター

ニセ電話詐欺の被害を防ごうと福岡県警がコールセンターを設置。詐欺グループから押収した名簿をもとに電話をかけ、注意を呼びかけています。福岡県警は、ニセ電話詐欺の被害を防ぐため、専用のコールセンターを福岡市博多区に開設しました。詐欺グループから押収した名簿に載っていた高齢者など県内の6万5000人に民間のオペレーターが電話をかけ、ニセ電話詐欺に警戒するよう呼びかけます。詐欺の手口や対処法を具体的に伝えるということです。
警察によりますと最近増えているのが警察官をかたる手口です。福岡県警では口座番号や暗証番号などの個人情報は絶対に教えない、通帳やキャッシュカードは絶対に渡さない、「電話でお金の話はすべて詐欺」と疑ってほしいと呼びかけています。コールセンターからの電話は「0120-89-1101」=「早く110番」から  かかってくるということです。

福岡2019.06.26 20:23

松本零士 作品展

銀河鉄道999や宇宙戦艦ヤマトで知られる漫画家、松本零士さんの作品展「松本零士・銀河の世界展」が鹿児島市の山形屋で始まった。版画や直筆画など約120点が展示・販売されている。代表作の1つ、星野鉄郎と謎の美女メーテルの冒険を描いた銀河鉄道999。今回、鹿児島のための特別な作品がある。2か月前に描き下ろした水彩画でメーテルが噴煙を上げる桜島を優しい表情で眺めている姿が描かれている。宇宙戦艦ヤマトの映画で使われた場面を切り取ったセル画も展示されている。今月30日には、松本零士さんが会場を訪れトークショーを行う予定。

鹿児島2019.06.26 20:04

台風接近の恐れ 大雨や土砂災害に警戒を

 沖縄の南にある熱帯低気圧は今後、台風となり27日県内に接近する恐れがある。27日にかけて大雨や土砂災害に警戒が必要。
 沖縄の南の海上にある熱帯低気圧は、27日未明までに台風となる見込みだ。26日午前9時現在の中心の気圧は1004ヘクトパスカル、最大風速は15メートルで、1時間に約25キロの速さで北へ進んでいる。
 27日未明には奄美地方に接近し27日の朝には、種子島・屋久島地方に近づく恐れがある。このため県内には暖かく湿った空気が流れ込み、大気の状態が非常に不安定となる見込み。奄美地方では26日朝から激しい雨が降り、特に27日未明から明け方にかけては局地的に雷を伴って非常に激しい雨が降る見込み。薩摩・大隅地方、種子島・屋久島地方でもこのあと局地的に雷を伴った激しい雨が降る恐れがある。
【27日・午前6時までの24時間雨量(予想)】
▽十島村 150ミリ ▽奄美地方北部・南部 120ミリ ▽薩摩地方 130ミリ ▽大隅地方 200ミリ ▽種子島・屋久島地方で250ミリ
低い土地の浸水や河川の増水、落雷、激しい突風に注意が必要で26日夜はじめ頃から27日にかけて、土砂災害にも警戒が必要。

鹿児島2019.06.26 12:41

九州北部“梅雨入り”統計開始以来最も遅く

福岡管区気象台は26日午前11時、九州北部が梅雨入りしたとみられると発表しました。平年より21日遅く、1951年の統計開始以来最も遅い梅雨入りです。梅雨前線に伴う活発な雨雲が九州付近を北上中で九州北部は厚い雲に覆われています。26日の九州北部は大気の状態が非常に不安定で次第に本格的な雨になり、雷を伴って激しく降る所がありそうです。落雷や雨の降り方に注意が必要です。

福岡2019.06.26 12:28

作業所やアパートなど6棟焼く 1人の遺体

26日午前1時ごろ、北九州市若松区深町で「近所の作業所が燃えている」と複数の119番通報がありました。火は約2時間後に消し止められましたが、木造平屋建ての作業所が全焼したほか隣接する住宅やアパートなど5棟に燃え広がりました。この火事で延焼した住宅の焼け跡から性別不明の1人の遺体が見つかりました。警察によりますと遺体の見つかった住宅には74歳の男性が1人で住んでいるとみられ、現在連絡が取れていないということです。警察は遺体の身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べています。

福岡2019.06.26 12:28

福岡市はアプリのLINEを活用した通報システムを始めました。

福岡市はアプリのLINEを活用した通報システムを始めました。福岡市が導入した「通報システム」はスマホのアプリ「LINE」を使ったものです。市民が道路や公園など補修が必要だと思われる「場所」があった場合、画像などをLINEで投稿します。撮影場所の位置情報は自動的に特定して送信することもできます。■会見公共施設の補修の要望は福岡市では年間のおよそ2万件ありますが場所などがあいまいなケースが多くあったということです。福岡市は今回のLINEのシステムで早急な対応につなげたいとしています。

福岡2019.06.26 12:21

二酸化炭素の排出権の売買を装って顧客から金をだまし取ったとして、投資会社の社長らが逮捕される

二酸化炭素の排出権の売買を装って顧客から金をだまし取ったとして、投資会社の社長らが逮捕されました。被害は全国で16億7000万円にのぼるとみられています。詐欺の疑いで逮捕されたのは、東京の投資会社「ノレーヴ」の社長中島正義容疑者(47)と   社員らあわせて6人です。中島容疑者らは、外国の企業の間で行われている二酸化炭素の排出権の売買を行うように装い山口県の顧客の女性からあわせて920万円をだまし取った疑いです。警察の調べによりますと、「ノレ-ブ」の被害は九州を中心に全国でおよそ300人、金額はあわせて16億7000万円にのぼるとみられています。

福岡2019.06.26 12:20

高齢ドライバーの事故防げ 運転講座

全国で高齢ドライバーによる交通事故が相次ぐ中、佐世保市で自動車メーカーによる運転講座が開かれた。

運転講座はダイハツ工業が企画し日本自動車連盟=JAFや日本赤十字社などと連携し行った。参加した69歳から88歳までの16人は車の死角や障害物があると自動で停止するシステムを体験した。全国で高齢ドライバーによる交通事故が相次ぐ中、県内でも今年全体の3割にあたる442件発生している。

長崎2019.06.26 11:39

県内含む九州北部地方「梅雨入り」

県内を含む九州北部地方が「梅雨入りしたとみられる」と気象台が発表した。

県内を含む九州北部地方の「梅雨入り」は前線や湿った空気の影響で向こう1週間、雨の日が多い見込みとなっていることから発表された。去年、平年に比べ21日、気象庁の統計開始以来最も遅い梅雨入りだ。今後1か月の降水量は平年並みとの予想で梅雨明けは平年7月19日頃となっている。26日の県内は夕方にかけ多いところで1時間に50ミリの雨が降る予想のほか27日までに台風が発生する見込みで今後の進路に注意が必要だ。

長崎2019.06.26 11:35

サッカースタジアム巡り鹿児島市議会で質疑

 新たなサッカースタジアムについて三反園知事は先日、県が所有する住吉町15番街区での建設に前向きな姿勢を示した。これについて、鹿児島市の森市長は取材に対し「一歩前進」との認識を示した。
 鹿児島市議会の個人質疑で、サッカースタジアムをめぐる三反園知事の県議会での答弁について森市長は「整備場所を含め、県と市が連携しながら実現に向けオール鹿児島で取り組みを進めていくことで合意した。今回の県議会での答弁は、合意等を踏まえ知事が一定の考えを述べられたものと考えている」と述べた。
 鹿児島市が設置した協議会は、サッカースタジアムの建設候補地を3つに絞り込み、このうちドルフィンポートの跡地と住吉町15番街区は県が所有している。今月13日の県議会で三反園知事は「15番街区については鹿児島市から協議があれば検討することも可能」といった前向きな考えを示した。
 景観などを理由に鹿児島港本港区への建設には否定的だった知事が一転、鹿児島市との協議に応じる姿勢を示したことについて、森市長はどう受け止めたのか直撃した。
 「(知事答弁は)市長としては一歩前進だとお考えですか?」との質問に森市長は「そうだね。今回の知事の発言は、一定の知事の考えを述べられたと思っている」と話した。
 しかし、現時点で住吉町15番街区ですぐに協議に入る考えはまだないかという問いに対し、市長は「まだない。3か所の候補地について、これからどの候補地がいいのか協議して進めていかなければいけない」と話し3つの候補地すべての可能性を検討したいと強調した。

鹿児島2019.06.25 20:17

霧島連山・大浪池付近で火山性地震

 25日未明、霧島連山の大浪池付近を震源とする火山性地震が相次いだ。去年の8月以来となる体にわずかに揺れを感じる地震も観測された。
 25日午前1時から午前3時ごろにかけて、大浪池付近の浅いところを震源とする地震が5回発生した。このうち、午前2時10分に発生した地震では、大浪池の南西約3キロにある霧島温泉郷周辺で、わずかに体に感じる揺れが確認された。午前4時以降、地震は観測されていない。また、大浪池すぐそばの新燃岳や硫黄山では、火山活動に特段の変化は確認されていないという。大浪池付近の火山性地震で体に感じる「有感地震」が観測されたのは、去年8月29日以来。気象台は、今後の情報に注意するよう呼び掛けている。

鹿児島2019.06.25 19:55

いじめ自殺「迅速に議論進める」

この問題は去年5月、県北部の県立高校に通っていた3年生の女子生徒が遺書を残して自殺したもので県教委の第三者委員会がいじめと自殺の因果関係を認める最終報告書をまとめた。最終報告書について再調査を求めた遺族の要望を受けて、県のいじめ調査委員会は25日、初めて審議を行った。いじめ調査委員会は、県教委の調査のプロセスや方法、教員の対応の見解などについて審議を行う予定で、なるべく早い時期に遺族から聞き取りを行う考えを明らかにした。関係者への聞き取りや資料を取り寄せるなどして迅速に審議を進めていく方針も確認された。

熊本2019.06.25 19:43

薩摩川内市新施設整備費が47億9000円に

 薩摩川内市は川内駅の東口に大規模な会議やコンサートなどを開けるコンベンションセンターの整備を進めている。来年7月の開業を目指していたが、工期が伸びたため開業は来年9月に。整備費は当初より約23億円増え、47億9000万円に上ることがわかった。
 薩摩川内市では、交流人口の促進などを図るため、川内駅東口にコンベンションセンターの整備を進めている。地上4階建てで、1階は市民の活動場所に。2階は、コンサートなどに使えるホールが、3階は、大規模な会議室などが作られる。
 当初、整備費は25億円だったが、老朽化した川内文化ホールのコンサート機能などをコンベンションセンターに追加で整備することになり、整備費は37億円に増えた。さらに、整備地のそばには九州新幹線の高架があり、地盤改良しながら工事を進めなければならず、その費用は5億4000万円かかる。工事には時間もかかるため、コンベンションセンターの開業は来年7月から9月に延期されることになった。さらに、センター内に地中熱や太陽光などの再生可能エネルギー設備を導入。これに5億5000万円が必要となり、整備費は合わせて47億9000万円に増えた。
 薩摩川内市の岩切市長は「経済発展と地域活性化に寄与できると信念をもって完成させたい」と話した。市は整備費のうち43億円を国の交付金や地方債で、残りの約5億円を一般財源で賄いたいとしている。

鹿児島2019.06.25 19:42

偽名でゴルフ容疑 小桜一家総長を逮捕送検

 鹿児島市の指定暴力団四代目小桜一家の総長の男が去年、熊本県にあるゴルフ場で偽名を使ってプレーしたとして逮捕・送検された。
 有印私文書偽造などの疑いで逮捕・送検されたのは、鹿児島市の指定暴力団四代目小桜一家の総長平岡喜栄容疑者77歳と、知人で無職の福永真理子容疑者66歳だ。
 熊本県内のゴルフ場は、2012年から暴力団に利用させないと宣言しているが、平岡容疑者は、福永容疑者と共謀して去年10月から12月にかけて3か所のゴルフ場で偽名を使ってプレーした疑いがもたれている。
 平岡容疑者は福永容疑者の家族を装い、受け付けで「福永」と記入していて、警察の調べに対して、「暴力団はゴルフができないので嘘の名前を使っていた」と容疑を認めているという。平岡容疑者はゴルフバッグの名札にも「福永」と表記していて、警察では10年近く偽名でプレーしていたとみて調べている。

鹿児島2019.06.25 19:40

労災 11年ぶり2000人超

対策会議には建設業協会やトラック協会、社会福祉協議会など県内7つの団体が出席し熊本労働局が労働災害を防ぐための取り組みや周知・啓発を促す要請書を渡した。労働局のまとめによると去年1年間に労働災害で4日以上の休業を余儀なくされたのは2007人だった。2007年の2025人に次ぐ数で11年ぶりに2000人を超えた。熊本地震からの復興需要や景気の改善による人手不足から労働者の高齢化の影響が大きいとみられ年齢別では50歳以上の人の労働災害が半数余りを占めている。種類別では職場での転倒や墜落・転落事故が半数近くにのぼっている。

熊本2019.06.25 19:37

災害を教訓に鶴田ダムが緊急放流ルール変更

 去年夏、西日本の各地に大きな被害をもたらした豪雨災害。中でも愛媛県ではダムの緊急放流で川が氾濫し下流の住民が命を落とした。こうした状況を受け、県内最大のダムでは緊急放流を行う際のルールが見直されることになった。
 ルールの見直しを行ったのは、さつま町にある県内最大のダムで国土交通省が管轄する鶴田ダムだ。見直しのきっかけとなったのは、去年7月西日本各地を襲った豪雨災害だった。降り続いた大雨は土砂災害や河川の氾濫を引き起こし、多くの死者・行方不明者を出した。
 中でも愛媛県で問題になったのが2つのダムで行われた「異常洪水時防災操作」、通称「緊急放流」だ。これはダムの貯水量が限界に近づいた時ダムに入ってくる水とほぼ同じ量の水を放流する作業だが、この緊急放流により河川が氾濫し8人が亡くなった。
 地元自治体は放流前に防災無線で住民に避難するよう伝えていたが「聞こえなかった」とする住民が続出した。また緊急放流についてこの2つのダムでは一部の報道機関にのみ通知するルールとなっていた。
 一方、鶴田ダムではこれまで緊急放流を行う3時間前に周辺の自治体や警察署に連絡。そこから主に防災無線や巡回で下流の住民に知らせていたが、今年度から新たに県内のテレビやラジオなどの報道機関にも一斉に連絡することになった。
 九州地方整備局鶴田ダムの竹下真治所長は「周辺住民がいろいろなことを判断するためにも河川、ダムからの情報が大事。いち早く住民に情報が届くようにしていきたい」と述べた。
 西日本豪雨を教訓にテレビやラジオなどを活用し住民の迅速な避難につなげたいとしている。

鹿児島2019.06.25 19:36

ローマ法王謁見の高校生 帰国報告

現地時間19日ローマ法王に謁見した長崎の高校生平和大使が帰国報告を行った。11月に再会の約束ができたとしている。

第22代高校生平和大使で鎮西学院高校2年の内山洸士郎さんは現地時間19日バチカンでローマ・カトリック教会フランシスコ法王に謁見した。会見ではフランシスコ法王の来日が調整されている11月に日本で再会の約束ができたことを報告。「どうすれば核兵器の廃絶に無関心な人たちを変えていけるか考えていきたい」と今後の活動に向けた決意を述べた。

長崎2019.06.25 18:08

長崎大学 ネットワークに不具合

長崎大学のウェブサイトに一時アクセスできない状態となった。大学病院の院内システムに影響はなかったという。

長崎大学によると午後2時頃から長崎大学病院も含めウェブサイトに約1時間40分アクセスできない状態となった。また大学内部から外部のウェブサイトにアクセスできなかったということだ。原因を調査した結果ネットワークの機器に不具合があった。大学病院の院内システムや業務システムなどに影響はなかった。大学は「再発防止に努めたい」としている。

長崎2019.06.25 18:04

鹿児島空港で自衛消防隊訓練

 鹿児島空港で、従業員の防災意識を高めようと、火災の消火や避難誘導の訓練が行われた。
 鹿児島空港国内線ターミナルで行われた消火・避難誘導訓練。航空会社やレストランなど空港内で働く従業員の防災意識を高めるため、この時期に毎年行われている。参加者は、空港での火災を想定し、消火栓や消火器を使って消火活動の手順を確認した。また、外国人の利用客も増えていることから、英語や中国語などの4つの言語を使った放送で避難を呼びかけた。鹿児島空港ビルディングオペレーション部長の内村雅人さんは「お客様に安全安心で利用してもらえるような空港を目指して、さらに精進して訓練を積み重ねていきたい」と話した。鹿児島空港が霧島市にできてから現在までの47年間、空港内での火災は起きていないという。

鹿児島2019.06.25 12:55

九州フィナンシャルグループ新体制スタート

 九州フィナンシャルグループに新たな会長と社長が就任した。
 九州フィナンシャルグループは、2015年に、鹿児島銀行と肥後銀行が経営統合して誕生した。今回、新しい会長には、鹿児島銀行頭取の松山澄寛さん(64)、新しい社長には、肥後銀行頭取の笠原慶久さん(57)が就任した。松山澄寛新会長は「今後2人でどうやって次のステップに進んでいくか、力を合わせていやっていきたい」と話し、笠原慶久新社長は「(会長と)力を合わせてバトンをしっかりと引き継ぎ、素晴らしい銀行グループを作っていきたい」と意気込んだ。九州フィナンシャルグループは、今後も銀行の役割として、地域活性化に重きを置いていくという。

鹿児島2019.06.25 12:55

福岡広告フェア始まる

テレビや新聞・雑誌の優れた広告を紹介する「福岡広告フェア」が
福岡市で始まりました。会場の福岡市役所1階の多目的スペースではオープニングセレモニーが開かれました。昨年度、九州・山口・沖縄で発表された広告の中から特に優れた62作品が展示・上映されています。福岡広告協会大賞に選ばれたのは「マリンワールド海の中道」の運営会社の「海のあお 空のあお」です。水族館のコンセプト“九州の海と空”を見事に表現したことが高く評価されました。FBSの開局50周年のCMも「テレビCM16秒以上部門」で銅賞を受賞しました。福岡広告フェアは今月30日まで福岡市役所で開かれています。

福岡2019.06.25 12:13

「自転車男」バッグ狙う事件相次ぐ

25日未明、福岡市で、自転車に乗った男によるひったくり未遂や窃盗事件が相次ぎました。午前1時すぎ、博多区対馬小路の路上で、自転車に乗った男が、歩いていた20代の女性が持っていたバッグを奪おうとしました。女性がバッグを離さなかったため男はそのまま逃走し、女性にケガはありませんでした。このおよそ15分後、およそ800メートル離れた福岡市・天神では、路上で寝ていた20代の男性が頭の下に敷いていたバッグを自転車に乗った男に盗まれました。警察で2つの事件の関連について調べています。
福岡市内では今月18日と20日、東区箱崎でも自転車に乗った若い男によるひったくり事件が起きていて、警察が注意を呼びかけています。

福岡2019.06.25 12:12

暴力団総長が偽名でゴルフ

鹿児島市の暴力団総長の男が去年、熊本県にあるゴルフ場で偽名を使ってプレーしたとして逮捕・送検された。有印私文書偽造などの疑いで逮捕・送検されたのはの指定暴力団四代目小桜一家の総長平岡喜榮容疑者(77)と知人で無職の福永眞理子容疑者(66)。熊本県内のゴルフ場は、2012年から暴力団に利用させないと宣言しているが、平岡容疑者は、福永容疑者と共謀して、去年10月から12月にかけて3か所のゴルフ場で偽名を使ってプレーした疑い。平岡容疑者は福永容疑者の家族を装い、受け付けで「福永」と記入したという。警察の調べに対して、「暴力団はゴルフができないので嘘の名前を使っていた」と容疑を認めているという。ゴルフバッグの名札にも「福永」と表記していて、警察では10年近く偽名でプレーしていたとみて調べている

熊本2019.06.25 12:05

児童がオーケストラ鑑賞

子どもたちの感性を育もうと25日、プロのオーケストラを招いた体験教室が佐世保市で開かれた。

演奏するのはオーケストラ「九州交響楽団」。教室はプロの演奏に触れることで音楽に親しみ感性を養ってもらおうと佐世保市が行なっていて今年は43小学校から5年生約2200人が参加した。楽器の説明を受けたり指揮者を体験したりしてオーケストラの魅力を肌で感じていた。

長崎2019.06.25 11:49

西海市で住宅など全焼 ケガ人なし

西海市で24日、住宅1棟と車などを全焼する火事があった。ケガ人はなかった。

24日午後7時50頃、西海市西海町で「平屋の家が燃えている」と近くの住民から消防に通報があった。火は会社員の田中和則さん(47)の木造平屋建て住宅1棟と軽乗用車とバイクを全焼。田中さんは妻と子ども4人の6人暮らしで火事に気付いて逃げ出し無事だった。警察によると、田中さんが「敷地でごみを燃やしていた」と話しているというで、消防と合同で詳しい出火原因を調べている。

長崎2019.06.25 11:46

わいせつ動画投稿 県職員の女(22)逮捕

インターネットの動画投稿サイトにわいせつな動画を投稿したとして県職員の女が逮捕された。

逮捕されたのは県職員で長崎市の小学校事務職員の福田美姫容疑者(22)で、去年8月15日頃、自宅で自らを撮影した無修正のわいせつな動画ファイル2本をインターネットの動画投稿サイト「FC2」に投稿し不特定多数の利用者に閲覧可能にした疑い。去年9月、京都府警がサイバーパトロールで動画を発見した。福田容疑者は調べに対し「間違いありません」と容疑を認めているという。警察は報酬目的で動画を投稿した可能性もあると見て詳しく調べている。

長崎2019.06.25 11:46

志布志市役所本庁舎移転 市議会で可決

 志布志市役所の本庁舎の移転を巡り24日、市議会で移転に賛成する条例改正案が可決された。
 志布志市議会で24日、市役所の本庁舎を現在の有明町から志布志支所へ移転する条例改正案が可決された。
 本庁舎の移転を巡っては、志布志市の下平市長が「経済発展の核となる拠点が必要」とした上で、高速道路や港を抱え、地理的優位性のある志布志支所を新たなまちづくりの拠点にしたいと計画を推し進めていた。
 移転にかかる費用を含んだ補正予算案が議会を通過すれば、再来年の1月から段階的な移転が始まる。

鹿児島2019.06.24 21:28

「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」初寄港

 県内を訪れるクルーズ船で最大となる16万トン級の大型クルーズ船が鹿児島市のマリンポートかごしまに寄港した。
 初めて寄港した「スペクトラム・オブ・ザ・シーズ」は全長347メートル、総トン数約16万8000トン。県内に入る船としては最大で16階建て。中国やフィリピン、アメリカなど約5000人の乗客がきた。アメリカから来た女性は「鹿児島は美しい。桜島に驚いた」。中国の女性は「港がほかのところと比べてきれい。景色と環境がすごくいい場所だ」「景色が良いと聞いたので仙巌園に行ってみたい」と話した。用意されたバスは108台。乗客は桜島や天文館、仙巌園などへ向かった。
 船内では鹿児島への寄港を記念してセレモニーが行われた。フレミング・ニールセン船長が「この港が素晴らしく整備されていることに感謝します」と挨拶した。長い旅を楽しめるように船内にはカジノやシアター、ショッピング街もある。レストランは18か所。様々な食事を味わえる。最上階にはスイートの宿泊者限定のプライベートバルコニーがある。船の先端部分にあり、移動中や寄港した場所の景色を一人占めできる。最上階の船の後ろの部分には船の上でサーフィンができる場所も。サーフィンのほかスカイダイビングも体験できる。宇宙や森などのバーチャルを体験しながらバンジートランポリンができる最先端のアクティビティも。また、ガラス張りのカプセル型展望施設では360度の景色を堪能。空中を飛んでいるような気分を味わえる。船は上海を出発し鹿児島、沖縄を巡って上海に戻るという。
 「マリンポートかごしま」には、世界最大、22万トン級のクルーズ船が入港できる岸壁も整備される。16万トン級と22万トン級の船が同時に停泊できる全国初のクルーズ船専用のターミナルが誕生する予定で、2022年度からの運用を目指している。

鹿児島2019.06.24 20:01

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース