近畿のニュース

ミニカバ・フルフル6歳の誕生日会

大阪府吹田市の複合施設『ニフレル』では、6歳を迎えるメスのミニカバ・フルフルの誕生日会が開かれた。フルフルにプレゼントされたのは、手作りの“野菜ケーキ”。これは、小学生が、草で作った土台に小松菜やニンジンなどの野菜で飾りつけをしたもので、フルフルは、展示エリアに現れるやいなや黙々と食べ始めた。子どもたちは、美味しそうに食べるフルフルの愛らしい姿を嬉しそうに見つめていた。

大阪2018.12.16 01:04

未明のひき逃げ 82歳女性が重体 京都市

 15日未明、京都市の路上で、82歳の女性が頭などに大けがをして倒れているのが見つかり、警察がひき逃げ事件として捜査している。  午前0時30分ごろ、京都市南区久世築山町の府道で、車で通りかかった男性から「道路に人が倒れている。ひき逃げかもしれない」と警察に通報があった。  倒れていたのは、林博子さん(82)で、脳挫傷のほか、肋骨を骨折していて、意識不明の重体。  警察によると、現場は林さんの自宅から4kmほど離れている。林さんは一人暮らしで、認知症を患っている。最近、深夜に一人で出歩くことが多くなっていたという。  警察は付近の防犯カメラを確認するなど、ひき逃げ事件として、逃げた車両の行方を追っている。

京都2018.12.15 17:43

大阪府警機動隊員 拳銃置き忘れ 一時紛失

 大阪府警は15日、同日朝に機動隊の隊員がコンビニのトイレに拳銃を置き忘れ、一時、紛失していたと発表した。  府警によると、拳銃を置き忘れたのは第二機動隊に所属する20代の男性巡査で、午前7時20分ごろ、大阪市のアメリカ総領事館警備の待機中に、コンビニのトイレの個室に入り、実弾が入った拳銃や手錠がついたベルトを置き忘れた。  コンビニの従業員が発見し、近くにいた別の隊員に届けたことで発覚。防犯カメラの映像などから、拳銃が放置されていたのは9分間で、その間は、誰もトイレに入っていなかったという。  府警では、やむなくベルトを外す際は、確実に目の届く範囲に置くよう指導しているということで「管理を徹底し、再発防止に努めていく」とコメントしている。

大阪2018.12.15 17:42

慰霊と復興のモニュメント 新たに7人名前

 阪神淡路大震災の犠牲者の名前が刻まれた「慰霊と復興のモニュメント」に15日、新たに7人の名前が加わった。  阪神淡路大震災の犠牲者に追悼の思いを込めて建てられた「慰霊と復興のモニュメント」の地下空間には、震災が原因で亡くなった人たちの名前を刻んだ銘板が、掲げられている。  ここに新たに7人が加わり、モニュメントに掲示された人は、5012人となった。  震災から24年となる来月17日には、モニュメントがある神戸の東遊園地で、追悼のつどいが行われる。  銘板が追加された岡西ヨリ子さんの遺族は「なんとか一つ区切りがつけられたかなという感じで。今まで親孝行もできなかったので、名前を残すことで、母親にもみんなと会えるところができたのかなと」と話していた。

大阪2018.12.15 17:39

道に寝ていた男性 ひかれ死亡 大阪・茨木

 15日未明、大阪府茨木市で道路に横たわっていた39歳の男性が車にひかれ、死亡した。  午前2時すぎ、茨木市東宇野辺町で市道を走っていたトラックの運転手から「反対車線に寝ていた男性を車がひいた」と警察に通報があった。  ひかれたのは、会社員の石川哲也さんで、搬送先の病院で死亡。乗用車を運転していた会社員の若松伸容疑者(20)が過失運転致傷の現行犯で逮捕された。  警察によると、若松容疑者は、約15mにわたって石川さんをひきずった後、数十m先まで行ってから、現場に戻って来たという。「当たったのが人かもしれないと思い現場に戻った。人が寝ていたのは分からなかった」と話しているという。  石川さんの自宅は現場から1.5kmほど離れている。警察は、石川さんがなぜ道路に横たわっていたのか詳しく調べる方針だ。

大阪2018.12.15 11:33

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース