近畿のニュース

女性遺体遺棄判決 米国籍の男に懲役8年

 去年2月、兵庫県三田市の女性の遺体が大阪市内の民泊で見つかった事件の裁判で、神戸地裁は22日、アメリカ国籍の男に懲役8年の実刑判決を言い渡した。  スーツ姿で法廷に現れたアメリカ国籍のバイラクタル・エフゲニー・ヴァシリエヴィチ被告(27)。うつ向いたまま、無表情で判決の言い渡しを聞いていた。  バイラクタル被告は去年2月、大阪市東成区の民泊の部屋でマッチングアプリで知り合った当時27歳だった三田市の会社員の女性の首を押さえつけて窒息死させたうえ、遺体を切断して大阪や京都の竹やぶなどに遺棄したとされている。  先週行われた初公判で、バイラクタル被告は小さな声で「トゥルー」と述べ、起訴内容を認めた。これまでの裁判で、検察側は「全く身勝手で自己中心的な犯行だ」と指摘し、懲役13年を求刑。一方、弁護側は素直に罪を認めていることなどから、刑を軽くするよう求めていた。  この日の判決で、神戸地裁は傷害致死罪について結果は重大だとする一方、「偶発的な犯行で、犯情は特に重くない」とし、死体損壊、遺棄罪については「死亡したと認識するや切断方法を調べ、切断・遺棄をしているものの、量刑の反映には限界がある」として求刑の13年に対し、懲役8年の実刑判決を言い渡した。  裁判後、遺族は会見を開き、悔しさをにじませた。被害者の父親「非常に残念としかいいようがない」「真実が彼の言う通りなのか、ほかにあったのかわからないまま裁判が終わった」。遺族側は、被告の証言の多くが認められたことなど、裁判の内容に対し、 検察に不服の意を伝えるとしている。

兵庫2019.01.22 19:04

自民大阪、対立候補の擁立決める 出直し選

 4月の“出直し選挙”を見越して準備が加速している。大阪都構想の実現を目指し、松井知事らが出直し選挙を検討していることを受け、自民党大阪府連は22日、東京で党本部の幹部と協議し、対立候補の擁立を決めた。  自民党大阪府連の左藤章会長らはこの日午後、二階幹事長や甘利選挙対策委員長などと会談した。自民党は5年前、当時の橋下・大阪市長が同じく都構想の実現を訴え辞職し、出直し選挙に踏み切った際は「身勝手な辞職だ」として候補者を立てなかった。  しかし、今回、松井知事らが辞職した場合の4月の出直し選挙について、大阪府連は「維新政治に終止符を打ちたい」と独自候補を擁立する意向で、二階幹事長は「当然だ」と了承したという。自民党大阪府連の左藤会長「(Q二階幹事長は維新政治に終止符を打ちたい、都構想つぶせという意味合いも込めて了承?)直接な言葉ではないですけれども、党を挙げてやるんだと」。  党本部が了承したことで、知事と市長の出直し選挙になった場合、自民党として「反維新、反大阪都構想」を掲げ、選挙戦を繰り広げることになる。

大阪2019.01.22 19:03

インフル集団感染 「認識なかった」 兵庫

 兵庫県淡路市の養護老人ホームで入所者ら74人がインフルエンザに感染し、7人が発症後に死亡した問題。防ぐ手立てはなかったのか。  淡路市の養護老人ホーム「北淡荘」。22日朝、山田正司施設長は「ご迷惑をおかけしいたしまして、本当に申し訳ございませんでした。ここまで蔓延した原因が何なのと言われても、本当にわからないというのが正直なところ」と困惑の言葉とともに謝罪した。  入所者と職員の合わせて74人がインフルエンザを発症し、71歳から99歳の入所者7人が発症後に死亡していたことが明らかになった。兵庫県によると、このうち3人がインフルエンザが原因で死亡した可能性が高いという。  施設は全て個室になっていて、発症者は食事の際も隔離するなどの対策も取っていたが、感染の拡大を防ぐことはできなかった。165人の入所者の約4割が発症した今回の集団感染。施設内には階の行き来を避けるように注意を呼び掛ける張り紙や空気清浄機なども置かれていた。  さらに、予防接種も入所者と職員全員が受けていた。しかし、県から口頭で指導があった予防投与は当初、職員にしか行っていなかった。玉谷クリニックの玉谷実智夫院長「予防投与とはインフルエンザをまだ発症してない人に対して、タミフルなどの抗インフルエンザ薬を投与して発症を防ぐということです」「家族でどなたかが発症すると、特に65歳以上で例えば心臓が弱いとか、気管支ぜんそくがあるとか、そういう免疫力の低下が考えられる高齢者がいる場合は、予防的に内服してもらっています。義務ではない」。  予防投与とは、インフルエンザをまだ発症してない人に対して薬を投与して発症を防ぐこと。施設は県から2回目の指導を受け、発症していない入所者にも予防投与を行ったが、当初は行っていなかった理由については…。山田施設長「過去にそういう例がなかった。職員以外の利用者にまで(タミフルを)飲ませるというものが。そこは私の認識不足だったかも知れないが、そういう認識はなかった」。  今回、1人目の発症者が出てからわずか数日で施設内に感染が広がったインフルエンザ。京都や滋賀の介護施設でもインフルエンザの集団感染が起き、それぞれ男性1人が死亡している。  流行が全国で警報レベルを超えたインフルエンザ。マスクやこまめな手洗い、うがいによる予防が大切だ。

兵庫2019.01.22 19:01

発症者には面会制限など… 淡路市集団感染

 兵庫県淡路市の高齢者施設で入所者ら74人がインフルエンザに集団感染し、7人が死亡した。  兵庫県によると、淡路市の養護老人ホーム「北淡荘」で今月8日、看護師1人がインフルエンザを発症し、21日までに入所者165人のうち62人と職員12人の合わせて74人がインフルエンザを発症した。71歳から99歳の入所者7人が発症後に死亡し、そのうち3人はインフルエンザが原因で死亡した可能性が高いという。施設長「(感染者が)50名くらいにいきなりなってしまったので、早めの対応を取ったのですが、感染が拡大してしまった」。  全員、予防接種は受けていて、発症した人には面会制限などの対策を講じたが、タミフルの予防投与は職員だけだったという。

兵庫2019.01.22 11:50

京都・南丹市の施設でも集団感染 1人死亡

 京都府南丹市の介護施設で、入所者ら26人がインフルエンザに集団感染し、83歳の男性1人が死亡した。  京都府などによると、南丹市の介護老人保健施設「シミズふないの里」で今月21日までに、70代から90代の入所者14人と職員12人の合わせて26人がインフルエンザに感染したという。このうち、83歳の入所者の男性が20日にインフルエンザが原因で死亡した。ほかの25人は回復に向かっているという。  この施設では去年、入所者と職員の全員が予防接種を受けていたということで、保健所などが感染の経緯を調べている。

京都2019.01.22 11:49

救急隊員による実技訓練 大阪全域から参加

 大阪府全域の消防本部が参加して22日、救急隊員による実技訓練が行われている。  この訓練は、大阪府内の各消防本部の連携強化を目的に行われているもので、府内の消防本部から救急隊員ら65人が参加している。訓練は、高齢男性が低血糖で意識不明になっている想定などで行われ、経験のある救命士らが患者の役となり、救急隊員を指導している。  去年は大阪北部地震などの災害で、大阪市消防での救急車の出動件数は約24万2千件と過去最多となっていて、救急隊員らは技術を共有し、連携の強化を図っていた。

大阪2019.01.22 11:48

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース