近畿のニュース

堺筋は「サカイマッスル」大阪メトロが誤訳

大阪メトロの英語版ホームページで、堺筋を「Sakai Muscle」と表記するなど、複数の誤訳があったことがわかった。 大阪メトロによると、今月16日、英語版の公式サイトで、路線名の「堺筋」を「Sakai Muscle」と誤訳していると一般の利用者から指摘があった。ホームページの誤訳は他にも、駅名の「天神橋筋六丁目」が「Tenjin bridge muscle 6−chome」、「天下茶屋」が「World Teahouse」、車両の「3両目」が「Eyes 3」など複数確認されたという。 大阪メトロは、原因について、「利便性向上のために去年9月から自動翻訳ソフトを導入したため誤訳が発生し、確認が不十分だった」と釈明している。外国語版のホームページは現在、中国語や韓国語などを含め一時、閉鎖されている。

大阪2019.03.19 14:15

堺筋をサカイ マッスル 大阪メトロ誤訳

 大阪メトロの英語版ホームページで、堺筋を「Sakai Muscle」と表記するなど、複数の誤訳があったことがわかった。  大阪メトロによると、今月16日、英語版の公式サイトで、路線名の「堺筋」を「Sakai Muscle」と誤訳していると一般の利用者から指摘があった。  ホームページの誤訳は他にも、駅名の「天神橋筋六丁目」が「Tenjin bridge muscle 6−chome」、「天下茶屋」が「World Teahouse」、車両の「3両目」が「Eyes 3」など複数確認されたという。  大阪メトロは、原因について、「利便性向上のために、去年9月から自動翻訳ソフトを導入したため、誤訳が発生し、確認が不十分だった」と釈明している。  外国語版のホームページは、現在、中国語や韓国語などを含め、一時、閉鎖されている。

大阪2019.03.19 11:53

平成の家電を取り揃えた企画展 大阪・門真

 30年にわたった平成の時代に普及した家電を取り揃えた企画展が、大阪府門真市の博物館で開かれている。  平成の初期に使われていたショルダーホンに、最新のロボット掃除機…。大阪府門真市にあるパナソニックミュージアムでは、平成の時代に普及した懐かしい家電から最新の製品まで約80点を集めた企画展が開かれている。  中でも、女性の社会進出やエコブームなど、テーマに沿って家電をそろえた展示では、平成の時代に生じた課題やトレンドへの取り組みを振り返ることができ、社会背景とともに家電も変化してきたことを学ぶことができる。  この企画展は、来月20日まで開かれている。

大阪2019.03.19 11:52

「山うど」収穫が最盛期 兵庫・豊岡

 兵庫県豊岡市では、春の味覚、「山うど」の収穫が最盛期を迎えている。  山うどは、豊岡市但東町で、30年以上前から地元の特産品として栽培されていて、40センチほどに育ったものを、専用のカマを使って1本1本丁寧に掘り起こす。今年は、暖冬の影響で水分が不足し、育ちにくい環境にあったが、やや小ぶりながらも出来は上々だという。  独特のほろ苦い味とシャキシャキとした食感が特徴で、天ぷらや酢の物にして、食卓に春の訪れを告げる。山うどは、来月中旬までに、約5トンの収穫が見込まれていて、主に地元の直売所や京阪神へ出荷される。

兵庫2019.03.19 11:51

周辺海域の防衛強化へ…最新鋭潜水艦が完成

神戸の川崎重工の工場で、新しい潜水艦「しょうりゅう」が完成し、防衛省に引き渡された。 「しょうりゅう」の建造費はおよそ560億円で全長は84メートル。 海上自衛隊の最新鋭潜水艦「そうりゅう型」の10隻目で、これまでに比べて運動能力に優れ、高性能のソナーの装備により捜索能力が向上した。 海上自衛隊の潜水艦はこれで19隻体制となったが、中国など周辺国の海洋活動が活発化しており、周辺海域の防衛のため、3年後には22隻体制に増やす計画だという。

兵庫2019.03.19 08:41

新たに国宝指定…奈良・キトラ古墳など3件

奈良県明日香村にある国の重要文化財・キトラ古墳壁画など3件が、新たに国宝に指定されることが決まった。 7世紀後半から8世紀にかけて描かれたと考えられていて、南の壁の「朱雀」は良好な状態で残っている。 文化庁はすでに国宝に指定されている高松塚古墳の壁画と並んで、日本の古代絵画史に欠かせない作品だとして、国宝に格上げすることを決めた。 また世界遺産・唐招提寺の木彫像や京都市山科区の安祥寺の木像も新たに国宝に指定されることになり早ければ6月ごろに実際の指定を受けるという。

奈良2019.03.19 08:32

大阪W選 共産党も自民を「自主支援」

来月の大阪府知事と市長のダブル選挙で、共産党は自民党が擁立した2人を自主的に支援すると発表。  ダブル選挙をめぐってはこれまでに、自民党から知事選に立候補する小西禎一氏と、市長選に立候補する柳本顕氏を公明党が推薦、 立憲民主党が自主支援することを決定。  これに加えきょう、共産党も2人を自主的に支援する考えを明らかにした。  ダブル選は、市長選に立候補する松井知事と知事選に立候補する吉村市長の「維新」対「反維新」の構図が固まりつつある。

大阪2019.03.19 00:12

工場など2600m焼損火事 大阪・岸和田

岸和田市新港町のリサイクル工場で、午後5時過ぎ「工場内の木材が燃えている」と従業員から消防に通報。 消防車など14台が消火にあたり火はおよそ2時間後にほぼ消し止められたが、工場や倉庫など、あわせておよそ2600平方メートルが焼損した。 この火事によるけが人はおらず、警察や消防が現場の状況や出火原因などを調べている。

大阪2019.03.19 00:11

尼崎・中2自殺 いじめや学校の対応が原因

2017年、兵庫県尼崎市で女子中学生が自殺したことについて、市の第三者委員会は18日、同級生からのいじめや学校の不適切な対応が原因と発表した。 尼崎市の第三者委員会は18日午後1時から会見を開き、2017年12月に自殺した中学2年の女子生徒が、学校で同級生から「死ね」などと言われたり、LINEに誹謗(ひぼう)中傷を書き込まれたりしていたことを明らかにした。 また、学校が行ったアンケートに対し、女子生徒は「嫌なことを言われる」と申告したが、学校側は対応を取らずに放置していたという。 自殺した女子生徒の母親「(学校や教育委員会が)子どものSOSを受け止め、きちんと対応していれば、娘の命もなくなることはなかった」 第三者委員会の指摘を受けて、教育委員会は「いじめに対する感度が低かった」と述べて不適切な対応だったことを認め、遺族に謝罪している。

兵庫2019.03.18 21:34

フィギュア 関西出身女子3選手 練習公開

 フィギュアスケートの世界選手権開幕を2日後に控えた18日、埼玉県のスケートリンクで、「氷上の女王」を目指す関西出身の女子3選手が練習を公開し、大会に向けた意気込みを語った。  兵庫県西宮市出身の紀平梨花(きひら・りか)選手は先月、左手薬指を負傷したが、代名詞のトリプルアクセルも鮮やかに着氷し、影響を感じさせない演技を披露した。  シニアデビューの今シーズンは、国際大会負け知らずの6連勝と絶好調。勢いのそのままにグランプリファイナル、四大陸選手権に続くシーズン3冠を目指す。  紀平選手は「ショートプログラムでミスのないようにするところと、フリープログラムの(トリプル)アクセルは集中して決めたいと思います」と語った。  紀平選手の強力なライバルとなるのが、同じ関西出身の2人だ。  これまで世界選手権で2度、表彰台にのぼり、今大会で悲願の初優勝を狙う京都市出身の宮原知子(みやはら・さとこ)選手は「自分のいまの調子自体は悪くないので、いいイメージを持って試合に臨むことが一番必要かなと思います」と話した。  昨年12月の全日本選手権を制した神戸市出身の坂本花織(さかもと・かおり)選手は、連覇を狙った2月の四大陸選手権では、ショートを2位で終えるも、フリーで紀平選手に逆転され総合4位に終わった。  「自分の演技がしっかりできたら、もっと強くなれるかなと思うので、この大会でしっかりベストを尽くせるように頑張りたいなと思っています」と意気込みを述べた。

兵庫2019.03.18 19:04

大阪ダブル選 維新対反維新 選挙戦始まる

 21日に告示される大阪府知事選挙を前に、府知事選、大阪市長選(24日告示)の主役が出揃い、事実上の選挙戦が始まっている。  地域政党・大阪維新の会は17日、大阪府富田林市でタウンミーティングを開催、市長選に立候補する松井一郎知事と、知事選に立候補する吉村洋文市長が揃って出席。「市と府が一緒にならないとだめなんです」などと、大阪市を特別区に分割する「大阪都構想」の必要性を改めて訴えた。  一方、自民党が推し「反維新」で知事選に立候補する小西禎一・元大阪府副知事と、市長選に立候補する柳本顕・元大阪市議は同日夕方、JR天王寺駅前で揃って街頭演説。「(都構想は)大阪市解体分割論、一度住民投票でケリはついている」などと、都構想を厳しく批判した。  小西氏は同日、選挙公約を発表。「大阪の底力を支え成長を実感できる大阪を作っていきたい」「ひとつは学校給食の無償化。家庭の経済負担の軽減ということで、これを都市部の大阪で政策としてやりたい」と述べた。  一方の維新は公約で、都構想の実現以外に「児童虐待ゼロ」や「幼児教育費ゼロ」を掲げている。  松井知事と柳本氏はともに、今回の選挙に自身の政治生命をかけると明言している。  松井知事は「政治家の僕として、最後の戦いになるんだろうからね。真正面から勝負します」と語り、柳本氏は「仮に負けた時に引退されるということですか、という質問を受けましたが、その時にはそうですと答えました」とはっきり述べた。敗れた方が政治家を辞めるという、まさに背水の陣だ。  これまでの知事選・市長選では、自主投票だった公明党大阪府本部は、都構想を巡り、維新と決裂したことから小西氏と柳本氏の推薦を決め「反維新」に舵を切った。  公明党大阪府本部の佐藤茂樹代表は「一歩踏み込んで今回、公明党として府本部推薦ということで応援させていただく」と語った。  また、立憲民主党の大阪府連も、反維新の2人に自主的な支援を行うと表明。同党の枝野幸男代表は「大阪府連に委ねています。自主支援を決めたと聞いております」と述べた。

大阪2019.03.18 19:03

暴言の前市長圧勝 実績評価か 明石市長選

 暴言問題を巡る前市長の辞職に伴い行われた兵庫県明石市の出直し市長選では、前市長の泉房穂氏が有効投票数の7割以上となる約8万800票を獲得、圧勝した。暴言問題への批判もあるなか、泉氏が市長時代に打ち出してきた中学生までの医療費無料化などの子育て支援の施策や、人口増加などの実績について評価されたとみられる。  辞職のきっかけとなったのは、泉さんが職員を激しく叱責する2年前の音声データの流出だった。その後は公の場に出れば涙の謝罪を重ね、辞職直後は、後援会にも出馬しない意向を伝えていたという。  しかし、主婦らが集めた立候補を求める5000人分もの署名などに心を打たれ、出馬を決意した。  今回の選挙には、あわせて3人が立候補。暴言問題や、2期8年弱を務めてきた泉さんの市政運営への評価が争点となった。  商店街の店主は「市長さんやから、そういう言い方はダメやったか分かりませんけど、一般のお客さんに聞いたら、泉さんになって中学校まで子供さんの(医療費を)負担してくれてるんで助かるという声はよく聞きますよ」と話していた。  しかし、泉氏は任期の途中で辞職したため、公職選挙法の規定により、来月には再び市長選が行われる。泉氏は、次の選挙にも立候補する意向を示している。  敗戦した北口寛人氏は17日午後8時半すぎ「戦略で勝つレベルの票差じゃない。そのことを受け止めないといけない」とし、同じく敗戦した新町美千代氏は同日午後10時ごろ「泉さんがされてこられた子育て支援で、共感される市民の方が結構いたのでは」と語ったものの、次の市長選出馬への明言は避けた。

兵庫2019.03.18 19:02

JR西大規模ダイヤ改正 変わる鉄路と地元

 JR西日本は年に一度の大きなダイヤ改正をした。新たな路線や新駅の開業、新サービスの導入など、関西のJR線が大きく変わろうとしている。  新線のJRおおさか東線は、八尾市の久宝寺から放出の区間が先に開業。今回、4つの駅が新たに建設され新大阪までの全線が開業した。  新駅のうちの一つ、大阪市旭区の城北公園通駅は、これまで「鉄道空白地帯」だった。近くに住む人は「バスしかないから便利悪いですね」「地下鉄都島駅があるんですけど、自転車で10〜15分ぐらいですね割とかかる感じでした。だいぶ助かります。すぐそこなんで」と喜ぶ。  全線開業により、新大阪と奈良を約1時間で結ぶ直通の快速電車が走り始めた。  新大阪とのアクセスが向上することで、6年連続で増加中の奈良市の観光客数は、さらに増えると見込まれ、土産物店などからは期待の声が上がっている。  一方、JR嵯峨野線に新しくできたのは、梅小路京都西駅。京都鉄道博物館や京都水族館などが立ち並ぶ観光スポットにある。従来は、最寄りの京都駅から歩くと20分ほどかかるなどアクセスの悪さが課題だった。  また、新駅の開業にあわせて周辺では複数のホテルや商業施設など開発が進んでいる。  ロイヤルパークホテルズの新規ホテル開発担当、田中一也取締役は「例えば二条城であるとか嵐山嵯峨であるとか(京都の)西側は、いっぱい観光拠点があるので、ここが我々も含めてホテルゾーンになって、西側観光の拠点となるエリアになればいいなと思っている」と話す。  駅の利用者数は1日7000人を見込んでいて、京都の町はより一層賑わいを見せそうだ。  「混雑時でも座りたい」という乗客の要望に応え、神戸線や京都線などを走る新快速に1日4本、1車両に有料座席「Aシート」を導入した。全座席でコンセントや無料Wi−Fiが利用でき、着席した後に追加料金500円を乗務員に支払う。  女性利用者は「いま、妊娠しているので、加古川で座れないことが多いので利用してみようと思っています」と言う。  関東では定着しつつある有料座席。関西でも2年前に導入された京阪電鉄の有料座席は、車率が7割と好調でお金を払ってでも座りたいというニーズは高まっている。  ただ、JRでは平日初日の18日、あまりの人気にすぐに満席になったという。  JR西日本の多田真規子・神戸支社長は「限られた本数ですが始めてみて、お客さまのニーズや意見などを聞いてさらにサービスをブラッシュアップしたい」と述べた。

大阪2019.03.18 19:01

尼崎市第三者委 中2女子自殺はいじめ認定

 一昨年、兵庫県尼崎市で、女子中学生が自殺したことについて、市の第三者委員会は18日、同級生からのいじめや学校の不適切な対応が原因、と発表した。  尼崎市の第三者委員会は、18日午後1時から記者会見を開き、一昨年12月に自殺した中学2年の女子生徒が、学校で、同級生から「死ね」などと言われたり「LINE」に誹謗中傷を書き込まれたりしていたことを明らかにした。  また、学校が行ったアンケートに対し、女子生徒は「嫌なことを言われる」と申告したが、学校側は対応を取らずに放置していたという。  自殺した女子生徒の母親は「(学校や教育委員会が)子供のSOSを受け止め、きちんと対応していれば、娘の命もなくなることはなかった」と話している。  第三者委員会の指摘を受けて、市教育委員会は「いじめに対する感度が低かった」と、不適切な対応だったことを認め、遺族に謝罪している。

兵庫2019.03.18 19:00

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース