近畿のニュース

籠池被告保釈「言語道断の判決」控訴の方針

詐欺などの罪で実刑判決を受け拘置所に収容された森友学園の前の理事長・籠池泰典被告が保釈され、「言語道断の判決」として控訴する方針を示した。 21日夜に保釈された籠池泰典被告は、大阪拘置所の前で報道陣の取材に応じた。 籠池泰典被告(67)「判決は国策捜査・国策留置・国策勾留の筋書きに沿ったもの。(Q:懲役5年の判決は?)言語道断だと思っている」 19日、大阪地裁は、泰典被告に懲役5年、妻の諄子被告に懲役3年、執行猶予5年の判決を言い渡し、泰典被告は大阪拘置所に収容されていた。保釈金は1200万円で、今後、判決を不服として控訴する方針。 籠池泰典被告「もちろん控訴します。結論が大切ですから、最高裁まで当然闘います」

大阪2020.02.22 01:21

女児への性的暴行で逮捕 双子が送検される

交際相手の小学2年生の娘に性的暴行を加えたとして21日大阪府和泉市の建設作業員・向井勇生容疑者が送検された。去年、当時交際していた女性の小学2年生の娘に対し性的暴行を加えた強制性交の疑いがもたれている。勇生容疑者の双子の兄の亮太容疑者も、同じ女の子に性的暴行を加えたとして逮捕されたが、2人は犯行について意思疎通などはなく別々に犯行に及んでいたことがわかった。 弟の勇生容疑者についてはさらに余罪があるとみて大阪府警で調べを進めている。

大阪2020.02.22 00:51

滋賀県草津市の近鉄百貨店一部リニューアル

百貨店離れに歯止めをかけようと滋賀県草津市の近鉄百貨店が21日、一部エリアをリニューアルオープンした。「地元・滋賀のモノを売る」がコンセプト。東急ハンズが手掛ける「プラグスマーケット」という新業態を全国で初めて導入。滋賀県内の農家や企業が手掛けた食品や雑貨が多くぶ。インターネット通販の台頭などで、業界全体の売上が伸び悩む中、高級ブランドが主流の従来の百貨店の経営戦略を転換し他の商業施設との差別化を図る狙い。近鉄百貨店は「地域での存在感を高めたい」としている。

滋賀2020.02.22 00:43

“中国は来るな”ビラ貼り 旭化成社員逮捕

京都の清水寺近くの電柱に「感染した中国は来るな」という趣旨の内容が書かれたビラを貼ったとして、旭化成社員の男が逮捕された。 市屋外広告物条例違反の疑いで逮捕されたのは、旭化成基盤マテリアル事業本部、MMA事業部・課長の内山哲志容疑者(58)。警察によると、内山容疑者は20日、「感染した中国は来るな」という趣旨の内容が書かれたビラを許可を得ずに、京都市東山区の電柱に貼った疑いがもたれている。 内山容疑者から、「中国人に蹴られそうになった」と110番通報があり、警察が駆け付けたところ、内山容疑者のカバンから同様の文字が書かれたビラが3枚見つかり、犯行を認めたため、逮捕したという。 調べに対し、内山容疑者は「コロナウイルスに感染した中国の人に日本に来てほしくないという思いを抑えられなかった」と供述している。

京都2020.02.21 21:26

小中学校の給食 大阪市長が無償化検討表明

 大阪市の松井市長は、子育て支援として、小中学校で年間約5万円徴収している給食費を2021年度から無償化するため、検討を始めたことを21日、明らかにした。  松井一郎市長は「大阪市の体力であれば、給食の財源は生み出せる」と話している。  松井市長は、まず小中学校の給食を無償化し、将来的には幼稚園や保育所でも実現したい考え。給食無償化には、小中学校だけでも、新たに年間60億円が必要で、所得制限を設けることや対象を学年で区切ることなども検討していく方針。  給食費が全額無償化されれば、全国の政令市では初めてとなる。

大阪2020.02.21 19:05

「感染中国は来るな」電柱にビラ 男逮捕

 世界遺産、京都の清水寺近くの電柱に「感染した中国は来るな」という趣旨の内容が書かれたビラを貼ったとして、旭化成社員の男が逮捕された。  市屋外広告物条例違反の疑いで逮捕されたのは、旭化成基盤マテリアル事業本部、MMA事業部・課長の内山哲志容疑者(58)。警察によると、内山容疑者は、20日夜、「感染した中国は来るな」という趣旨の内容が書かれたビラを、許可を得ずに、京都市東山区の電柱に、貼った疑いがもたれている。  20日夜、内山容疑者から、「中国人に蹴られそうになった」と110番通報があり、警察が駆け付けたところ、内山容疑者のカバンから同様の文字が書かれたビラが3枚見つかり、犯行を認めたため、逮捕したという。  調べに対し、内山容疑者は、「コロナウイルスに感染した中国の人に日本に来てほしくないという思いを抑えられなかった」と供述している。

京都2020.02.21 19:04

明石商野球部長ら酔って迷惑行為 来月選抜

 兵庫県の明石商業高校の野球部長らが、泥酔して歩道で寝転ぶなど迷惑行為をしていたことが分かった。  明石市教育委員会によると、市立明石商業高校野球部の部長やコーチら教員3人は、今月17日の夜、明石市内で食事をした後、泥酔状態で交差点で放尿したり、歩道に寝転んだりしたという。  現場を目撃したという男性から、教育委員会に通報があり、問題が発覚した。  学校側の聞き取りに、3人は、ほとんど覚えていないと話したが、当時一緒にいた他の教員は、迷惑行為があったと話し、現在、教育委員会が詳しい調査を進めている。  明石商業高校の野球部は、来月の選抜高校野球大会に2年連続3度目の出場が決まっているが、学校は高野連にも報告し、対応を待つとしている。

兵庫2020.02.21 19:02

神戸の教諭いじめ 第三者委125項目認定

 去年、神戸市の小学校で発覚した前代未聞の“教諭によるいじめ”問題。21日、第三者委員会が調査結果を公表し、あわせて125項目のハラスメントがあったと認定した。  問題発覚から4か月あまり。“教諭によるいじめ問題”の調査結果が報告された。  委員長の渡邊徹弁護士は「客観的に見たら、単なる悪ふざけやからかいに見えるものについても、精神的な負担が強くなっていくという事象もあるのであえて認定」としている。  神戸市立東須磨小学校では4人の教員に対し、3年間で125項目に及ぶハラスメントがあったと認定された。  4人の教諭が、後輩の20代の男性教諭に対し、羽交い絞めにして“激辛カレー”を食べさせたり、車の上に土足で乗るなど、悪質ないじめを繰り返していた。  さらに、東須磨小学校では、男性以外にも3人の教員に対して、いじめがあったこともわかっている。  セクハラ行為を受けた20代女性教諭「『胸がない』とか『ぺったんこやな』とか、生理の日とか生理の周期を周りの人におもしろおかしく言われるとか」。  この問題で浮かび上がったのが「見過ごされた“いじめ”」。  去年2月、別の教諭が前の校長に対し、被害にあった教諭への4人の言動が行き過ぎていると指摘したが、事態の深刻さは認識されなかった。  東須磨小学校の前校長「当時職員室での冗談の言い合いだったのか、もっと聞いておけばこういうことにならなかったのかと」  さらに去年7月、被害教諭が自ら被害を訴えたが、校長は教育委員会にいじめの内容を報告していなかった。  東須磨小学校・仁王美貴校長「私のハラスメント行為に対する認識が甘かった。隠蔽という意図は一切ありませんでした」  加害教諭4人は処分を受け、現在も休職中。  大きな問題となったこのいじめ。調査は中立性を保つため、市教委から弁護士による第三者委員会に引き継がれることになった。  そして問題発覚から4か月あまりが経った21日、報告書がまとまり、教育長に提出された。  報告書では4人の教諭によるハラスメントが123項目、前校長による行為が2項目、認定された。  日常的に「カス、死ね」などと言う、激辛カレーを食べさせる、女性教員に性的なメッセージを送信させるなどが列挙されている。  さらに、いじめが起きた原因については、加害教員の個人的な資質や性格によるとした上で、適切な対応ができなかった管理職の責任についても言及している。  教育委員会は今後、調査結果を踏まえて、加害教諭らに処分を行う予定だ。  一方、現在も体調を崩し、休養を余儀なくされている被害教諭は調査報告を受け、「加害教員の方々には、やっている側は単なるいじりだと思うかもしれませんが、やられている側は笑顔でいても辛い思いをしているということをわかって欲しいと思います」というコメントを出した。  教諭は現在、心身ともに回復し、復職に向け調整していることを明らかにした。その上で子どもたちに「君たちのおかげでもう一度、立ち上がろうと思うことができました。元気な姿で会えることを楽しみにしています」としている。

兵庫2020.02.21 19:01

収賄の大阪市元職員に実刑判決

 入札情報を業者に漏らした見返りに、賄賂を受け取っていた大阪市の元職員に対し、大阪地裁は21日、懲役2年6か月の実刑判決を言い渡した。  加重収賄などの罪に問われていたのは、大阪市建設局の元職員・青木伸一被告(46)。判決によると、青木被告は、おととしまでの4年間に市が発注した電気工事をめぐり、入札価格の算定に関する情報を業者に漏らした見返りに、現金や車、旅行代金など900万円相当の賄賂を受け取った。  判決で大阪地裁は、被告は懲戒免職となり社会的制裁を受けているが、業者から繰り返し飲食の接待や金品を受け取るなど「常習的で悪質な犯行で、公務の公正が大きく損なわれた」として、青木被告に懲役2年6か月の実刑と、追徴金497万円などを言い渡した。

大阪2020.02.21 19:00

明石商業の野球部長“迷惑行為”泥酔で放尿

兵庫県の明石商業高校の野球部長らが、泥酔して迷惑行為をしていたことがわかった。 明石市教育委員会によると、市立明石商業高校野球部の部長やコーチら教員3人は今月17日の夜、明石市内で、泥酔状態で交差点で放尿したり、歩道に寝転んだりしたという。 現場を目撃したという男性から、教育委員会に通報があり、問題が発覚した。学校側の聞き取りに、3人はほとんど覚えていないと話したが、当時一緒にいた他の教員は迷惑行為があったと話し、現在、教育委員会が詳しい調査を進めている。 明石商業高校の野球部は、来月の選抜高校野球大会に出場が決まっているが、学校は高野連にも報告し、対応を待つとしている。

兵庫2020.02.21 18:55

小中学校の給食 大阪市が無償化を検討

 大阪市の松井市長は、早ければ2021年度から小中学校の給食を無償化したい考えで、市の内部で検討に入っていることが分かった。  関係者によると、松井市長は子育て支援の一環として、小中学校で年間約5万円徴収している給食費を、早ければ2021年度から無償化したい考えであることが分かった。財源として年間60億円が必要と見込まれている。  また、松井市長は、幼稚園や保育所でも給食の無償化を実現させたい考えだが、財源との関係で小中学校を優先させるのか、また、所得制限を設けることや一部の補助にとどめるのか、などについても今後、検討される予定。給食がすべて無償になれば、全国の政令市では初めて。

大阪2020.02.21 12:18

兵庫・西宮市職員 ゴミ収集車を私的使用

 兵庫・西宮市環境局の職員が、勤務時間中に実家にあったペンキを捨てるため、ゴミ収集車を私的に使っていたことがわかった。  西宮市によると、環境局の男性職員が、今月10日、実家で使用済みとなったペンキ10缶を捨てるため、勤務時間中に同僚の職員とともに、無断でゴミ収集車を使ったという。  ペンキは、ゴミ処理施設で廃棄されたが、運ぶ際に道路にこぼれて、通過した他の車のタイヤに付き、車の運転手が、警察に相談したことから、問題が発覚した。  2人は、「軽い気持ちでやってしまった」と話しているということで、西宮市は処分を検討している。

兵庫2020.02.21 12:16

ホタルイカ漁が最盛期へ 兵庫・新温泉町

 兵庫・新温泉町では、日本海の春の味覚、ホタルイカ漁が本格的に始まった。  全国でも有数の漁獲高を誇る新温泉町の浜坂漁港では、21日朝も大量のホタルイカが水揚げされた。ホタルイカは、身に危険を感じると青白く光ることからこう呼ばれ、兵庫県産のものは、体長が5センチほどと小ぶりながら、プリプリとした食感が特徴。  水揚げされたホタルイカは、さっそくセリにかけられ、近くの加工工場で釜茹でされたあと、京阪神や関東方面に出荷される。ホタルイカ漁は、これから最盛期を迎え、5月いっぱいまで続く。

兵庫2020.02.21 12:09

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース