北陸のニュース

妙成寺で1年の汚れを落す「すす払い」

羽咋市の妙成寺で15日、1年の汚れを払い落とす「すす払い」が行われた。
妙成寺で毎年12月15日に1年の感謝の気持ちを込めて行われるすす払い。15日は僧侶や檀家たちが集まり、県指定文化財の釈迦堂から始まった。高さが5メートル近くある釈迦如来の立像は、はしごを使って作業するなど、僧侶らは丁寧に1年分の汚れを落としていた。妙成寺では、このあともお堂や仏像の掃除を進めながら、正月の飾りつけを行い新年に備える。

石川2018.12.15 17:54

テレビの若手制作者が集まりフォーラム開催

番組審査会や討論会を通して、テレビの若手制作者の技術を高めるフォーラムが、15日に金沢市内で開かれた。
このフォーラムは、北信越5県の民放とNHKの制作者が集まり行われているもので、今回は21局からおよそ50人が参加した。会場では、若手制作者が手掛けた21作品が発表され、3人の審査員が、視聴者への伝え方や取材対象者の取り上げ方などについてアドバイスした。また、「テレビじゃなきゃ!」をテーマに審査員らによる討論会も行われ、地方局や未来のテレビ業界に求められるものを探った。

石川2018.12.15 17:47

用水路に高齢女性が転落し死亡

15日午前、金沢市内の用水路に高齢の女性が転落し、死亡した。
15日午前9時半ごろ、金沢市西泉の用水路に人が落ちて出られないと、付近の住民から通報があった。消防によると、用水路に落ちていたのは、近くに住む75歳の女性だという。消防などが駆けつけたときには、女性は、すでに家族や付近の住民により引き上げられていたが、心肺停止の状態で病院に搬送され、その後、死亡が確認された。警察では、現場の捜査などを行い、事故の原因を調べている。

石川2018.12.15 17:43

年賀状受け付け始まる 幼稚園児が投函

年賀状の受け付けが、15日から全国一斉に始まり、金沢市の郵便局では園児たちが、親戚や友達に宛てた年賀状を投函した。
金沢市の新金沢郵便局で開かれたセレモニーには、市内の保育園の園児らが、思い思いに書いた年賀状をポストに投函していた。このあと園児たちは、年賀状が地域ごとに仕分けられる様子を見学した。昨年の県内の年賀状の受け付けは2538万枚で、ことしも同程度の枚数を見込んでいるという。郵便局では、元旦に届けるためには12月25日までに出してほしいと話している。

石川2018.12.15 12:47

木のぬくもりを肌で 金沢市で木育イベント

木のぬくもりを肌で感じてもらおうと15日に金沢市でイベントが開かれた。
このイベントは、木に触れることで森の保全に関心を持ってもらおうと、金沢市が開いたもの。会場には、積み木や木琴などのおもちゃを集めたコーナーや、木でお手製の楽器を作るコーナーなど、さまざまなワークショップが開かれた。参加した親子連れは、木のぬくもりを感じながらモノづくりに励んでいた。このイベントは16日も行われた。

石川2018.12.15 12:45

ショーウインドー割れた店内に遺体 富山市

15日朝、富山市で店のショーウインドーが割れ、中から男性の遺体が見つかった。警察は、ひき逃げ事件の可能性があるとみて調べている。 富山西警察署によると、15日午前5時20分ごろ、富山市八尾町で、国道沿いの店のショーウインドーのガラスが割れ、中に男性が倒れているのを通行人が見つけた。男性は近くに住む会社員・舟崎利宏さん(50)で、駆けつけた救急隊により死亡が確認された。舟崎さんには割れたガラスでついたとみられる傷が全身にあったが、誰かと争ったような衣服の乱れはなかった。 警察は、ひき逃げ事件の可能性もあるとみて、司法解剖をして死因を調べることにしている。

富山2018.12.15 11:55

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース