中国のニュース

年末の交通安全県民運動始まる

鳥取県で年末の交通安全運動が始まった12日、鳥取市では関係者が集まり開始式が行われた。自治連合会やトラック協会など11の団体から150人が参加した。今年鳥取県内で起きた交通事故の件数は807件、死者数は19人(11日現在)となっていて、去年の同じ時期に比べいずれも減少している。しかし10月以降は死亡事故が相次いで発生していて、21日までの運動期間中には車と歩行者の事故防止に重点を置き、安全指導などが行われることになっている。

鳥取2018.12.12 21:41

豪雨被災地の保育園にケーキをプレゼント

全国各地の地震などの被災地にケーキを贈る活動をしている男性が12日、西日本豪雨で被害を受けた江津市の保育園を訪問した。
さくらえ保育園にサンタクロースの姿で登場したのは、雲南市の村松憲さん(71)。今年9月に訪れてケーキを贈呈した際、クリスマスが近づいたらケーキを持って再び訪れると子どもたちと約束していた。村松さんは、約40年前からボランティアでこの活動を続けていて、これまでに東日本大震災や熊本地震などの被災地を訪れ、8万個以上のケーキを届けている。村松さんは「子どもたちの笑顔がうれしい。早く元通りの生活に返ってほしいと思う。」と話していた。

島根2018.12.12 21:14

ジャンボ門松設置

迎春準備が進んでいる。周南市の徳山動物園にジャンボ門松が設置された。門松が設置されたのは、徳山動物園の南園正門だ。徳山動物園では、来園者や、飼育している動物の健康を願って毎年、この時期に門松を設置している。材料は松、竹、梅のほか、南天や葉ボタンで、すべて市内で調達したもの。作業開始から40分ほどで高さ2、7メートルのジャンボ門松が完成した。ところで、来年の干支はイノシシ。徳山動物園にはイノシシは飼育されていないがイノシシ科のミニブタが3頭いて、触れ合うことができる。徳山動物園は今月29日から31日までが休園で新年は、1月1日から営業となっている。また、1月1日から4日までは先着200組にオリジナルカレンダーがプレゼントされるなど特典が用意されている。

山口2018.12.12 19:54

米軍機事故で犠牲者追悼飛行

今月6日、岩国基地所属のアメリカ軍機2機が高知県沖で墜落した事故で、犠牲者を追悼する飛行が12日岩国基地上空で行われた。追悼飛行は、「ミッシングマン」と呼ばれ、4機編隊のFA18戦闘攻撃機のうち1機が空高く上昇する。アメリカ軍の追悼行事の一つで亡くなったパイロットが天国へ旅立つ様子を表しているという。この事故は今月6日、岩国基地所属のFA18とKC130空中給油機が訓練中に高知県沖で接触し墜落したもの。2機のうち、FA18に乗っていた2人は救助されたが、1人の死亡が確認されている。また行方不明となっているKC130の乗員5人の捜索は11日で打ち切られ、アメリカ軍は5人の死亡を宣言し、事故による死者はあわせて6人となった。先月12日には、岩国基地配備の空母艦載機が沖縄県沖で墜落するなどアメリカ軍機の事故が続いている。岩国市には12日、「市街地上空を飛行している」などと市民から10件の苦情が寄せられたという。

山口2018.12.12 19:41

ボランティアが事故防止呼びかけ

年末年始を前に、山口市のボランティアなどが防犯や事故防止を呼びかけた。街頭キャンペーンには、警察や市内の防犯ボランティアなどおよそ35人が参加した。今月から始まった「年末年始の特別警戒活動」は、お金や人が動く時期に市民の防犯力を高めたり事故防止につなげたりすることが目的だ。県警察本部の柴山克彦本部長もチラシを配り安全で安心な生活を呼びかけた。県内ではうそ電話詐欺の被害が92件、およそ3億2400万円となっていて、去年の同じ時期に比べ被害額は1億以上増えている。警察は防犯ボランティアなど「地元のひとの協力も欠かせない」と話する。特別警戒活動は来年1月3日まで行われる。

山口2018.12.12 19:40

知事選出馬か 大庭氏が松江入り

来年4月に行われる島根県知事選挙で、自民党島根県連の一部の県議が擁立を目指している松江市出身の大庭誠司氏(59)が11日に地元入りした。元総務省消防庁次長の大庭氏は、地元入りした目的について日本海テレビの取材に次にように答えた。「私を呼んで頂く人たちがいくつかありまして、その人たちと今後、島根をどうしていくべきかについて議論させて頂きたいと思って帰ってきました」。来年4月の島根県知事選挙に向け、擁立する候補者の絞り込みを行っている自民党島根県連。9日に松江市で行われた県議を対象とした聴聞会では、複数の議員が知事としてふさわしい人物に大庭氏の名前を挙げたとみられている。その一方で、22人中15人の議員が支持しているのが、福岡県出身で元島根県政策企画局長の丸山達也氏(48)だ。自民党島根県連の中では島根県出身者にこだわるか、県外出身者でまとめるかで意見が分かれているが、多くの議員は内部分裂を避けたいとしている。大庭氏は出馬について明言は避けたが、支持拡大に向け関係者などと協議を重ねる方針だ。

島根2018.12.11 20:05

西京イレブンにサッカーボール贈呈

全国高校サッカー選手権に出場する山口市の西京高校に「帝人」からサッカーボールが贈られた。西京高校で行われた贈呈式で、帝人岩国事業所の石田晃事務室長から西京高校サッカー部の伊藤大貴キャプテンに大会を記念したボール10個とボールケースが贈られた。このボールは、帝人が独自の技術で開発・生産した耐久性が高い人工皮革で作られている。帝人岩国事業所・石田晃事務室長「これでしっかり練習してもらって、全国大会ではいい試合を、そしてぜひ勝ち進んでいっていただければ大変嬉しい」。西京・伊藤大貴主将「自分たちの力を存分に確かめにいきたいというのが今の気持ち。西京の新たな歴史に名を刻むべく、まずは目先の試合に全力で臨んで、西京高校初の一勝をチーム全員で掴み取れるよう頑張りたい」。高川学園を破り、5年ぶり3回目の選手権出場を決めた西京高校の初戦は大みそかの31日。午後2時10分から富山県代表の富山第一高校と対戦する。試合はKRYテレビで実況生中継する。

山口2018.12.11 19:28

レノファ山口の社長と監督が今季8位を報告

今シーズン、J2リーグで8位と過去最高の成績を残したレノファ山口の河村社長と霜田監督が県庁を訪れ、知事にシーズン報告を行った。J2リーグ3年目のシーズンを終えたレノファ山口は22チーム中、8位と過去最高の成績を残した。村岡知事を表敬訪問した河村社長と霜田監督は今シーズンを、「天国と地獄の両方があった」としながらも「レノファのサッカーを示す事ができた」と振り返り、「来年はいい報告が出来るように頑張る」と、J1昇格への強い意思を示した。霜田監督「1年間、応援ありがとうございました。山口県民の皆さんが誇ってもらえるようなチームを来年も作りたいと思っているし、来年の今頃は皆さんで喜びを分かち合えるように1年間頑張るので、また来年も応援を宜しくお願いします」。報告を受けて村岡知事は今シーズンの活躍を讃えたうえで、「J1を目指してさらに頑張ってください」と激励していた。

山口2018.12.11 19:28

周南・官製談合事件 市部次長と会社社長が再び送検

周南市の公園整備工事の一般競争入札で不正な入札をしたとして再び逮捕された周南市の部次長と会社社長が、11日、送検された。送検されたのは周南市都市整備部次長の國澤智己容疑者60歳と周南市の福谷産業社長の福谷徳三郎容疑者66歳。警察の調べによると、2016年11月に行われた周南緑地メインエントランス整備工事の条件付一般競争入札で、國澤容疑者が福谷容疑者に設計金額を教え、落札させた疑いが持たれている。この入札には23社が参加していたが、福谷容疑者が社長を務める福谷産業は落札できる下限額2447万3540円で入札し、工事を受注していた。また、2人は、去年12月の徳山動物園リニューアル関連工事の一般競争入札をめぐる官製談合事件でも、10日起訴されている。ところで、國澤容疑者は、2つの入札について、ともに情報漏えいはしていないと訴えていることが、11日、弁護士から発表された。今後の捜査の行方が注目される。

山口2018.12.11 19:27

下松・母親殺害の疑いで64歳女を逮捕

現場にいた女は、その場で母親の首を絞めたことを打ち明けたという。10日夕方、下松市で、64歳の女が84歳の母親の首を電気コードで絞め殺害したとして、11日朝、殺人の容疑で警察に逮捕された。逮捕されたのは下松市瑞穂町の無職・家迫美由紀容疑者64歳。警察の調べによると、10日午後7時ころ、家迫容疑者の娘が家を訪ねた所、容疑者の実母で無職の森本ミネ子さん84歳が玄関に倒れているのを見つけた。通報を受けた消防が駆けつけ森本さんは、搬送先の病院で、死亡が確認された。これを前に、消防では、倒れている森本さんの首に、紐状のもので、絞められたような跡を発見していた。その時、現場にいたのが家迫容疑者。「どうしたのか」という消防の問いかけに「母親の首を絞めた」と答えたという。消防からの連絡を受け、下松警察署では家迫容疑者を任意で署へ同行し、11日午前6時すぎ逮捕した。調べによると家迫容疑者は母親と2人暮らしで、電気コードで首を絞め母親を殺害した疑い。家迫容疑者は容疑を認めているという。親子で何があったのか。警察では、動機などについて調べを進めている。また司法解剖の結果、森本さんの死因は窒息死と判明した。家迫容疑者の自宅からは凶器と見られる電気コードが押収されている。

山口2018.12.11 19:26

大雪チェーン規制 山陰も対象に

国土交通省は10日、全国13の区間で大雪が降った際に、チェーンを装着していない車を通行できないようにする方針を発表した。山陰両県でも、3区間の国道や高速道路が候補に挙げられており、ドライバーからは困惑の声が上がっている。規制の対象として調整されているのは、今年2月に記録的な大雪が降り、最大で約1500台の立ち往生が発生した、国道8号の福井県内の区間など全国13の区間。そのうち、山陰両県では、米子道の湯原IC―江府IC間、浜田道の大朝IC―旭IC間、島根県飯南町の国道54号赤名峠の3区間が上げられている。米子道では去年1月、大雪の影響でノーマルタイヤの大型トラックがスリップし、道を塞いだことから約70台の立ち往生が発生。一部区間が通行止めとなった。今回の規制は、気象庁が特別警報や緊急発表を出すような大雪の際に実施され、集中的な除雪を行った後などに、チェーンを装着した車両のみ通行できるようにする。大規模立往生の防止や、通行止めの期間をより短くすることが狙いの今回の規制。今シーズンからの運用に向け、調整が進められていて、違反した場合罰則が科される可能性もあるという。

島根2018.12.11 19:18

鳥取の家庭の味”親がに”に異変

ズワイガニ漁の解禁から1か月あまりたった今、このズワイガニをめぐりちょっとした異変が起きている。直売所を訪ねると、次々と親がにを買っていく人たちの姿があった。親がには、オスのズワイガニ「松葉がに」に比べ小ぶりだが、内子や外子といった卵など、「松葉がに」とは違ったおいしさが評判だ。そして、リーズナブルな価格から鳥取では、“家庭の味”として親しまれていた。しかし、ここ5年間、親がにの値段は右肩上がりで、特に、去年、今年と一気に上がり、高止まりしている。その理由について、浜下商店の浜下哲爾社長は「北陸新幹線の開通で、(北陸では)量がとれてないということで、向こう(北陸)からの引きが強かったんだと思う」と話す。さらに、これから12月のお歳暮シーズン、年末に向けて、値段が上がる可能性があるという。親がには、資源保護の目的で、もともと漁獲量の規制があるが、今年は、11月末時点で、例年より多く取れていたため、10日からさらに規制が厳しくなった。そのため、さらに価格が上がることも懸念されている。

鳥取2018.12.11 19:10

日南町長選 中村氏が無投票当選

現職町長の死去に伴う鳥取県日南町の町長選挙が11日告示され、前の副町長、中村英明さんが無投票で初当選を決めた。鳥取県日南町の町長選挙は、無所属の新人で11月まで副町長だった中村英明さん(63)のほか立候補の届け出はなく、中村さんが無投票で初当選を果たした。今回の日南町長選挙は、現職の増原聡町長が3期目の任期途中だった11月に死去したことから実施された。日南町は11月末時点の人口が4630人、65歳以上の高齢化率が50.3%で、医療・福祉の充実や人口減少対策が課題となっている。初当選を決めた中村さんは、「医療、商業、行政などを集約するコンパクト・ヴィレッジ構想を継承するとともに、住民の健康作り、子育て支援などにも力を入れたい」と話していた。

鳥取2018.12.11 18:13

倉吉市で住宅1棟全焼

11日未明、倉吉市で住宅が全焼する火事があった。この火事によるケガ人はいなかった。11日午前2時20分ごろ、倉吉市横田の農業、川田輝彦さん(64)の住宅から火が出ているのを、川田さんの妻が見つけ消防に通報した。火は約1時間半後に消し止められ たが、この火事で一部2階建ての住宅、325平方メートルを全焼した。川田さんは7人暮らしだが、全員が避難しケガをした人はいなかった。倉吉警察署は11日午前中に実況見分を行い、詳しい出火原因を調べた。

鳥取2018.12.11 16:44

島根県の小中学校で学力調査

島根県内の公立小中学校などで、11日から2日間県独自の学力調査が行われた。この調査は、全国学力調査で明らかになった学習指導上の課題について、改善状況を検証し、今後に役立てようと都道府県独自で行われるもの。島根県内の公立学校では、小学5年生から中学2年生を対象に行われ、小学校が204校、中学校が100校、そして義務教育学校の1校で学力調査が行われた。このうち松江市内の小学校では、午前8時45分から問題用紙と解答用紙が配られ、児童たちが国語の問題に取り組んだ。調査は12日も行われ、島根県教育委員会は1月下旬に結果を公表するとしている。

島根2018.12.11 16:42

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース