中国のニュース

事故現場で高齢者対象に講習会

今月17日、下関市で高齢の男性がタクシーにはねられ死亡した事故を受けて警察は地域の高齢者などを対象に講習会を開いた。現場講習会では市内のタクシー会社の社員や近く住む高齢者など80人が参加した。この事故は、今月17日、午前5時半頃、下関市太平町の国道191号で近くに住む77歳の男性が道路を渡っていた時にタクシーにはねられ死亡したもの。また、ことし9月には周南市で夜間に道路を歩いていた73歳の女性が乗用車にはねられて死亡している。下関警察署によると、ことし県内の交通事故で死亡したのは38人で、このうち7割に当たる28人が高齢者だ。講習会では参加者に反射材のついた手提げ袋やリストバンドなどが配られ、警察は、横断歩道を渡ることの徹底や反射材の着用を呼びかけていた。

山口2019.11.22 20:14

大規模地震を想定し受刑者への対応を訓練

鳥取市の鳥取刑務所で22日、大規模地震が発生した際の受刑者の救助や制圧の手順を確認する訓練が行われた。訓練には中国地方の刑務所などで施設の警備に当たる刑務官36人が参加し、震度6強の地震が発生し刑務所内に受刑者や職員が取り残されたという想定で始まった。消防署員と連携をとりながら家屋の下敷きになっている受刑者や高所にいる要救助者を救助。また暴徒化し刑務所から逃走を図ろうとする受刑者を催涙弾などを使って取り押さえる手順などを確認した。鳥取刑務所では今後も定期的に訓練を行い、周辺住民の安心につなげたいとしている。

鳥取2019.11.22 20:14

子どもたちにサンキュー年賀を贈る

お世話になっている人へ感謝の気持ちを届けてもらおうと、田布施町の企業が町内全ての小・中学校に年賀はがきを贈った。年賀はがきを贈ったのは、田布施町の機械メーカー=大晃機械工業だ。これは、協賛企業を募って子どもに年賀はがきを無料で配り、両親などに感謝の気持ちを伝えてもらおうという日本郵便による「サンキュー年賀」事業の一環で行われた。大晃機械工業からは、町内全ての小・中学校に通う子どもに1枚ずつ、合わせて1129枚の年賀はがきが贈られた。「サンキュー年賀」事業は田布施町では初めてで、子どもたちは学校で年賀状を書くという。

山口2019.11.22 20:14

秋吉台国際芸術村存続求める

県が美祢市への移管や廃止を視野に検討している秋吉台国際芸術村について美祢市の文化団体が県に存続を求める陳情書を提出した。県に秋吉台国際芸術村の存続を求めたのは美祢市内のおよそ100団体が加盟している美祢市文化協会だ。松原良子会長らは県庁を訪れ陳情書を提出した。県は利用の低迷や、年間およそ1億6000万円におよぶ財政負担などを理由に秋吉台国際芸術村の美祢市への移管や廃止を視野に検討を進めている。陳情では秋吉台国際芸術村は国内外から評価されているだけでなく美祢市民にとっても重要な文化施設として存続を求めている。これに対して県は、「美祢市と協議をし、どういう方向性が良いのか検討したい」と答えていた。この問題について、美祢市の西岡市長は財政負担の大きさなどを理由に市への移管には難色を示している。

山口2019.11.22 20:09

雪のシーズンを前に関係機関が対策会議

本格的な雪のシーズンを前に、市民生活においての雪への備えや対策などについて確認する会議が22日鳥取市で行われた。会議には鳥取県や市、消防、警察など防災や除雪に関わる機関の約50人が参加。気象台からは、大雪についての警報・注意報を発令する基準値の変更について報告があった。これまでは、24時間降雪の深さを基準にして警報などを発表していたが、11月からは12時間降雪の数値を基準にし、早めの注意喚起を行うとしている。また予想降雪量をこれまでの2日先から、3日先まで予測することなども報告された。関係機関では、県民に対し提供情報をこまめに確認して雪への備えや対策をとってほしいとしている。

鳥取2019.11.22 19:57

特殊詐欺根絶 警察が戸別訪問ローラー作戦

あとを絶たない特殊詐欺の根絶を目指し岡山県警はきょう、岡山市内の住宅を戸別訪問し注意を呼びかけるローラー作戦を実施しました。

この取り組みは警察官を騙るなどしてキャッシュカードを奪う新たな特殊詐欺被害が激増している事態を受け、岡山県警が実施しているものです。

岡山県警によりますと先月末までの10か月間に県内では警察官を騙る新たな手口で31件、6730万円の被害が確認されています。

岡山県警察本部では緊急特別警報を発令している県南部を中心に1万軒以上を戸別訪問し特殊詐欺の根絶を目指すということです。

岡山2019.11.22 19:01

台風被災の宮城県へ 岡山からボランティア

台風19号で浸水被害を受けた被災地の復興を手伝おうときょう、岡山県のボランティア隊が宮城県に向けて出発しました。

午前7時前、岡山駅近くに防寒具などを携えた人たちが集まってきました。

台風19号の大雨で浸水被害を受けた宮城県へ復興支援のボランティアに向かいます。

一行はきょうの夜に現地入りし、あすから2日間、宮城県の大郷町で農業被害にあった水田からガレキを撤去する作業を手伝うことになっています。

岡山県社会福祉協議会では去年の西日本豪雨の教訓を活かし、現地のニーズにあったボランティア派遣を予定していて、今月29日には2回目の派遣を行う事になっています。

岡山2019.11.22 18:59

島根県11月定例県議会が開会

島根県の11月定例県議会が21日から開会し、丸山知事が総額2億3000万円の一般会計補正予算案など30の議案を提出した。予算案の主な事業として、首都圏における新たな情報発信・活動拠点の整備事業に1億6400万円が計上されている。具体的には来年、東京都の日本橋から日比谷に移転する、島根県のアンテナショップの内装工事やPRなどの費用に充てられるという。11月定例県議会は12月17日までで、質問戦は11月28日から始まる。

島根2019.11.21 20:04

外国人技能実習生受け入検討説明会

慢性的に人材が不足する介護の現場で外国人技能実習生の受け入れを検討している事業者などを対象にした説明会が山口市で開かれた。説明会を開いたのはベトナムなどから介護の分野の技能実習生の受け入れをしている監理団体・日和協同組合だ。介護分野の外国人技能実習生を日本へ受け入れる際は現地で送り出す機関が日本語の研修などを行い監理団体が日本に受け入れ、介護の現場で実習を行う。県内の介護施設で働くベトナム人実習生とベトナムの送出機関、防府市のデイサービス施設の担当者が実情を話した。デイサービス事業者は「彼女たちは非常にバイタリティがあふれていてパワーをすごく持っている。今までにない現場の活気が今ある状態だ」と話していた。また説明会に参加した介護事業者の1人は「今働いている職員が高齢化する中、新たな人材として外国人技能実習生を検討したい」と話していた。

山口2019.11.21 19:47

陸上イージス反対の住民団体新聞発行

陸上自衛隊むつみ演習場へのイージス・アショア配備計画に反対する、阿武町の住民団体が、活動への理解を広めることを目的に新聞を発行することになった。報道陣に公開された新聞「阿武町民の会だより」第一号だ。イージス・アショア配備計画に反対する「阿武町民の会」が発行する。記事では、阿武町で暮らし続けるにあたり、計画が進めば、レーダーによる電磁波の影響や、地下水や湧き水への影響があるのではないのか?という疑問を読者に投げかけている。町民の会では、今年9月、防衛省へ「地下水実測調査」を求めた。防衛省の調査結果では、むつみ演習場に降った雨水は、地下水となって、萩市むつみ側へ流れ湧き水となるものの、阿武町側には流れていないことがシミュレーションシステムの解析で分かったと説明しており、町民の会では、国の調査は信用できることはできないとしている。こうした中、町民の会・吉岡勝会長を中心に記事を書き始め推敲を重ねていた。新聞で主張しているのは、イージス・アショアを配備する場合、前方に住宅がない場所にすべきというものだ。新聞は、阿武町の全世帯へ配ることにしていて、第2号も今後の状況を踏まえながら発行したいとしている。

山口2019.11.21 19:46

健康運動施設来年4月オープン

岩国市は、人工温泉や露天風呂などを備えた健康運動施設を整備し、来年4月にオープンさせる計画だ。岩国基地関連の国の補助金=およそ3億8000万円を、建設費の一部に充てている。岩国市日の出町に市が建設を進めている「日の出公園」。遊歩道付きの多目的広場に加え、人工ラジウム温泉やサウナ、露天風呂、足湯などを備えた健康運動施設が整備されることになっている。温泉やサウナなどには隣接するごみ焼却施設=サンライズクリーンセンターで発生する余熱を活用し、エネルギーの効率的な利用を図る狙いだ。公園の建設費=12億1200万円余りのうちおよそ3億8000万円は、アメリカ軍岩国基地関連の防衛省からの補助金で賄うことにしている。岩国市は料金や開館時間などを定める設置条例案を今月開会する市議会に提出する方針だ。公園は来年3月に完成、4月のオープンを目指している。

山口2019.11.21 19:46

松江の百貨店 お歳暮商戦スタートで出陣式

松江市の一畑百貨店でお歳暮商戦が本格的にスタートし、21日出陣式が行われた。お歳暮コーナーにはオープンと同時に買い物客が訪れ、商品を選んでいた。今年は取扱商品の6割が地元の特産品となっている。また令和初めてのお正月を迎えるということで、縁起のいい「出雲そばと仁多米の餅のセット」や「出雲風おでん」など初登場となる商品も並んだ。一畑百貨店では2億9000万円の売り上げを目指している。

島根2019.11.21 19:35

岡山県が受動喫煙防止条例の骨子案 公表

来年4月に改正健康増進法が全面施行されることを受けて岡山県は
受動喫煙の防止に向けた独自の条例制定を目指していて、きょう、その骨子案を公表しました。

来年4月から全面施行される改正健康増進法では屋内施設での喫煙禁止が義務化されます。

一方で個人や中小企業が経営し、客室面積が100平方メートル以下の飲食店は特例の経過措置として、喫煙が認められています。

岡山県がきょう示した条例の骨子案では、この小規模の飲食店でも経営者以外に従業員が働いている場合は、特例を認めない努力義務を課すことになっています。

今後、喫煙室を設ける飲食店に補助を行うかなど具体的な内容を詰め、来年夏の条例制定を目指したいとしています。

岡山2019.11.21 19:15

岡山県警 危険運転の動画提供サイトを開設

あおり運転など危険運転の撲滅を目指し岡山県警は全国で初めて動画の情報提供を受け付ける専用サイトを開設し、きょうから運用を始めました。

岡山県警のホームページ上にきょう開設されたのは「岡山県あおり運転110番鬼退治ボックス」です。

一般ドライバーが記録したあおり運転などの危険運転動画をインターネットで受け付ける全国初の取り組みです。

提供された動画が悪質と判断した場合は検挙や指導警告をおこないます。

社会問題となっているあおり運転に関する情報提供は増加傾向にあり岡山県警によりますと今年、1500件にのぼる情報が寄せられています。

岡山県警ではチラシ3万部を県内のガソリンスタンドや高速道路のサービスエリアに配置し、広く情報提供を呼び掛けていくことにしています。

岡山2019.11.21 19:13

伊原木知事 宇高「運航休止やむをえない」

宇高航路の存廃問題について、岡山県の伊原木知事はきょうの定例会見で、改めて「運航休止はやむを得ない」との考えを示しました。

伊原木知事はきょうの定例会見で、四国フェリー側が求めている追加支援について、困難という考えを示しました。

その理由として今月15日に開かれた前回の連絡協議会で、輸送実績の大幅な減少に加え、業績の悪化も著しいことが報告されたことを挙げ、支援を行っても航路の維持・存続は難しいという見通しを説明しました。

岡山2019.11.21 19:09

交番の窓ガラスを損壊 主犯の少年を逮捕

松江市内にある警察交番の窓ガラスやパトカーを壊したとして21日、16歳の少年が逮捕された。建造物損壊と器物損壊の容疑で逮捕されたのは、松江市に住む自称アルバイトの少年。松江警察署の調べによると少年は、他の少年2人と共謀し、19日の早朝4時頃から5時頃にかけて松江市東津田町にある津田交番の扉のガラスや窓ガラス、それに駐車場にあったパトカーのボンネットや赤色灯を壊した疑いがもたれている。警察は防犯カメラの映像などから少年らを割り出して所要の捜査を行った上で、犯行を指示したとみられる16歳の少年を逮捕した。少年は警察の取り調べに対し「なにもやっていない」と容疑を否認しているという。警察は他の2人の少年にも任意で話を聞いていて犯行に至った経緯や動機を詳しく調べている。

島根2019.11.21 18:54

豪雨支援恩返し 倉敷ボランティア 福島へ

西日本豪雨で受けた
支援の恩返しをと
きょう
倉敷市から
ボランティア隊が
台風19号で被災した
福島県いわき市に
向かいました。

ボランティアに参加したのは
倉敷市真備町や
総社市などの有志21人です。

出発する一人一人に
伊東香織市長が
「ケガをしないように
活動してください」と
エールを送りました。

派遣先の福島県いわき市は
ボランティア不足が深刻で
隊員たちは
きょうから今月24日まで
室内の泥のかき出しや
荷物の運びだしなどを行ないます。

真備町で被災した住民も含む
20代から60代の隊員たちの
思いは一つ。
西日本豪雨の恩返しです。

倉敷市などの自治体では
台風19号の被災地への
職員の派遣も続けています。

岡山2019.11.21 16:00

スキー場でリフト取り付け作業

寒さが一段と厳しくなるなか、岡山県真庭市のスキー場できょう、シーズン到来に備えてリフトの取り付けが行なわれました。

真庭市のひるぜんベアバレースキー場では、けさ9時すぎから作業員がケーブルに2人乗り用の座席を次々と取り付けていきました。

高速道路のインターチェンジから5分ほどのこのスキー場はファミリー層から上級者まで楽しめる事から毎年、多くのスキー客で賑わいます。

きょうは120キロの重りを乗せて、緊急停止した場合の安全確認も行われ、あとは積雪を待つだけとなりました。

ひるぜんベアバレーは今シーズン、5万人のスキー客を見込んでいて、蒜山地区にある2つのスキー場と合同で来月21日に安全祈願祭を行なったあと、オープンする予定です。

岡山2019.11.20 18:40

備中たかはしフェア

岡山県高梁市に伝わる伝統工芸品や新たに開発された特産品などを一堂に集めた催しがきょうから岡山市内のデパートで始まりました。

岡山高島屋できょうから始まった「備中たかはしフェア」。

地域の隠れた名産品を応援しようと初めて開催されました。

こちらは高梁市の家庭の味として親しまれてきた柚子胡椒を改良した商品で、地元産の赤唐辛子を使うことでベンガラ色に仕上げました。

また、こちらは最近全国的にブームとなっているご当地紅茶のひとつ「高梁紅茶」です。

地元の茶葉を使い手作業で発酵させた紅茶は渋みが少なく、繊細な香りと甘みが特徴です。

伝統品から最近話題の商品まで、100種類を超える特産品が集まった「備中たかはしフェア」は今月26日まで開かれています。

岡山2019.11.20 17:09

広島県世羅町甲山の今高野山で紅葉がピーク

広島県世羅町甲山の観光名所今高野山では紅葉がピークを迎えている。中世に栄えた和歌山県の高野山荘園の風情を残す今高野山。丹生神社近くの池に架かる神之橋周辺では色鮮やかな紅葉が人の目を楽しませてくれる。今年は、残暑の影響で1週間遅く見頃を迎えたがこの所の冷え込みで鮮やかさが一気に増した。今高野山の紅葉は今週いっぱい楽しめるという。

広島2019.11.19 21:22

全国初改正ドローン規制法で書類送検

海上自衛隊呉地方総監部上空でドローンを飛ばした疑いで男が書類送検された。飛行禁止区域でドローンを飛行させ摘発されたのは、全国で初めてだ。書類送検されたのは広島県安芸郡熊野町の50歳の介護職員の男だ。敷地内に機体が落ちていたことから発覚した。男は隣の広場からドローンを飛ばしたという。男は容疑を認め「練習をしたかった」などと話しているという。今月24日のローマ法王の広島訪問に合わせ、平和公園や広島空港でも期間限定で規制範囲に指定されることになっている。

広島2019.11.19 21:16

世界初 路面電車の軌道でバス自動走行実験

路面電車の軌道を自動でバスが走る世界で初めての実験が広島市内で行われた。
17日午前0時過ぎから、広島大学が広島電鉄・江波線で実験した。バスにはカメラやセンサーが取り付けられ、これらが車線を変更したり速度を調節する。
バスを自動運転に切り替えると、前を走る電車を追って軌道内を走り、再び車道に戻る動きを確認した。

広島2019.11.17 12:04

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース