中国のニュース

窃盗のアメリカ兵に対し有罪判決

去年、岩国市内で車を盗み飲酒運転をしたなどとして窃盗などの罪に問われている岩国基地のアメリカ兵に対し、山口地方裁判所岩国支部は21日、懲役2年執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。有罪判決を受けたのは、アメリカ軍岩国基地の海兵隊一等軍曹マイケル・アンドリュー・ガルシア被告35歳だ。判決などによると、ガルシア被告は去年6月、岩国市内のコンビニの駐車場で車を盗み、酒に酔った状態で運転したうえ、衝突事故を起こしたにも関わらず警察に届け出なかった。これまでの裁判で、ガルシア被告は起訴内容を認めている。山口地裁岩国支部の佐川真也裁判官は21日、「勤務時間外の私的な行動とはいえ、犯行が現役の海兵隊員によって敢行されたことが及ぼす様々な悪影響は度外視できない」と述べ た。そのうえで、反省と謝罪の態度を示しているなどの事情も考慮し、被告に懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡した。判決を受け、アメリカ軍岩国基地は「日本での司法手続きが完了した後、アメリカ海兵隊が軍の法律に照らして処遇をどうするか精査する」などとコメントしている。被告に車を盗まれた被害者は取材に対し、「執行猶予が付いたことに納得できない。基地があるから安心できない」と話している。

山口2020.02.21 21:20

秋吉台国際芸術村の存続求め要望

山口県が行財政構造改革の一環で美祢市への移管や廃止を検討している秋吉台国際芸術村について、山口大学の教授など20人が県に対し存続を求める要望を行った。存続を求める要望を行ったのは山口大学の教育学部、人文学部、国際総合科学部の教授などおよそ20人。要望では、秋吉台国際芸術村はアーティストが滞在して地域住民と触れ合いながら作品を制作する斬新なもので、現代アートの領域で非常に大きな功績を残し、毎年その事業に世界50か国以上から500点余りの応募があると指摘している。山口大学でも授業や作品鑑賞などで20年余り積極的なつながりを持ってきたとして、専門家の意見を聞くことなしに廃止の決定をしないでほしいと要望した。秋吉台国際芸術村についてはことし1月、存続を求める1万8000人あまりの署名が県に提出されている。

山口2020.02.21 21:20

新型コロナウイルス緊急対策会議

新型コロナウイルス、20日は福岡市で確認。21日は北海道で小学生の感染も確認された。県は21日、緊急の対策本部会議を開き、蔓延防止に向け一丸となって取り組むことを確認した。対策本部会議は20日、福岡市で夫婦が新型コロナウイルスに感染していることが確認されたことを受け緊急に開かれた。県内での感染は今のところ確認されていないが、国内での感染が広がり、県の相談窓口には20日までの21日間に1014件の相談が寄せられ、そのうち180件で医療機関の受診を助言したという。県内でウイルス検査を受けたのは20日までに9人で、すべて陰性だった。県はウイルス検査を行っている環境保健センターの2つの装置をそれぞれ1台ずつ増設し、1日の対応可能な検査件数がこれまでの2倍の最大60件に増強した。さらに感染の疑いのある人が受診する県内14か所の医療機関に、医療用空気清浄機など必要な機材の購入費を助成し対策を強化することになった。県内の中小企業にも売り上げ減少などの影響が出始めていて、優遇した金利で運転資金などを融資する支援を25日から始めることとなった。中小企業の経営に関する相談窓口は21日に設置した。また、村岡知事は県主催のイベント開催の可否について、各部局に対して協議・判断するよう指示した。

山口2020.02.21 21:19

松江の調理専門学校で学園祭

松江市の松江栄養調理製菓専門学校では、21日に学園祭が開催され、約500人が訪れ大盛況となった。この学校の学園祭は、学生たちが日頃学んだ調理の成果を披露するとともに、おもてなしを学ぶために毎年行われている。パンの販売コーナーでは食パンやシチューパンなど安いものでは1つ100円で売られ、わずか30分で完売する人気ぶり。また1年生がつくったランチセットもあり、フィッシュバーガーやラザニアなど、学生たちが作った心のこもった手料理を訪れた人はおいしそうに味わっていた。さらに会場には、この春卒業する学生たちの卒業作品も展示された。

島根2020.02.21 20:23

「鷺舞」がユネスコの無形文化遺産候補に

国の文化審議会は、島根県津和野町の伝統芸能「鷺舞」をユネスコの無形文化遺産登録を目指す国内候補に選んだ。「津和野弥栄神社の鷺舞」は毎年7月に神社の祭りで演じられ、神輿行列の途中で囃子にあわせて、雄と雌の鷺役が羽根を広げて円を描くようにまわる所作が最大の見せ場となっている。国の文化審議会は、この「鷺舞」の他、すでに単独でユネスコ無形文化遺産登録されている神奈川県の「チャッキラコ」など、23都府県の37件を「風流踊」という一つの遺産と見なし、3月末にユネスコに申請することにした。2022年の11月頃にユネスコの政府間委員会で登録するか否かが審査される見通しとなっている。ユネスコ無形文化遺産は各国の芸能や祭、伝統工芸技術を登録し保護するもので、これまでに島根県では松江市の「佐陀神能」、それに浜田市の「石州半紙」が他地域の技術と合わせて「和紙」として登録されている。

島根2020.02.21 20:18

絶好のスキー日和も 雪どけが心配に

山陰地方は21日、高気圧の影響で晴れ最高気温は津和野で17.2℃、松江16.3℃、鳥取で15.7℃と、各地で気温が上がった。だいせんホワイトリゾートでは絶好のスキー日和の中スキーやスノーボードを楽しむ人の姿が見られた。22日以降も気温が高い予報が出ていることから、関係者は3連休に雪がとけてしまうのではないかと心配していた。また3連休で多くの人が訪れることから周辺の宿泊施設では感染症対策に力を入れている。大山ホワイトパレスでは、トイレや洗面所などに以前からアルコール消毒液を設置していたが、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、トングなど共用の道具を使うバイキングの利用者に対して、食事前にアルコール消毒をお願いするという。

鳥取2020.02.21 20:14

そうじゃ吉備路マラソン 一転中止

総社市の片岡聡一市長が「最大の防御策と注意を払って決行する」として開催を決めていた今週末の「そうじゃ吉備路マラソン」は一転、中止されることになりました。

今月23日に開催予定だった「そうじゃ吉備路マラソン」は毎年2万人を超える幅広い世代が参加する市民マラソンです。

おととい、片岡市長はランナーや運営スタッフに2万4000枚のマスクを配布するなど最大の注意を払って開催に踏み切るとしていました。

判断を覆した理由について片岡市長はクルーズ船の乗客が死亡したことやきのう、福岡市で感染経路がわからない患者が確認されたことなどを挙げました。

片岡市長のツイッターには全国でマスクが不足するなか、マスクを配布してまで実施しようとした姿勢に批判が多く、総社市役所には、きのうだけで120件もの苦情が寄せられていたということです。

総社市は参加費の返還はせず、タオルなどの記念品とおわび文を送付する方針です。

岡山2020.02.21 18:52

夫婦で築き上げてきた“ふたりの桃源郷”

寅夫さん「元気でお願いします」 フサ子さん「頼みます」 おじいさんとおばあさんはいつも一緒。寝る時も、ごはんも、歯磨きも。この山は“ふたり”で鍬(くわ)を振るい、切り拓(ひら)いた、電気も水道も通っていない“ふたり”だけの桃源郷。田中寅夫さんと、妻のフサ子さんは、共に70歳を過ぎていました。寅夫さんが戦地から帰ってきた、昭和22年。ふるさとに近い山を買い、夫婦で切り拓きました。 寅夫さん「ここが原籍。元気な盛りに血みどろになってやった」 月に一度は、大阪に住む三女から手紙が届きます。 フサ子さん「早う読んでみんさい。はい、お母さんが封筒持っておいてあげるけえ、読みんさい」 娘たちは、父と母の山暮らしを心配していました。寅夫さんが80歳を迎える記念の旅行で、娘たちは山を下りるよう説得しました。 寅夫さん「もうあと、余命幾ばくもないと感じておりますが、迷惑のかからんように、(山)で最期を飾りたいと思いますので…」 長女博江さん「もう出来んようになったから『世話になる』と一言、言いやおじいちゃん」 80歳を過ぎても、ふたりだけの山暮らしは続いていました。ぜんそくが出るようになった、寅夫さん。ついに山から降り、麓の老人ホームに入ることに。体の負担を考えての入居。しかし、2人とも眠れない夜が続いていました。 春になると、2人は外出するようになりました。あの山へ—。 毎朝老人ホームを出て、昼間だけ山で過ごす生活が始まりました。「山に通い始めた両親を、せめて応援しよう」と娘たち家族も大勢やってきました。 寅夫さん「乾杯」 フサ子さん「ありがとうございます」 しかしこの冬、寅夫さんは、前立腺にガンが見つかりました。 フサ子さん「冷いのう、手が。氷みたいな」「はー、ほんまにどうしよう」「おばあさんが何にもできんから…」 「山に帰りたい」最後まで、そう繰り返し、寅夫さんは亡くなりました。 フサ子さん「おじいちゃんの姿が見えんのう」 三女恵子さん「おじいちゃん、おかしいねえおばあちゃん」 フサ子さん「どこ行ったんじゃろう…」 恵子さん「どこ行ったんかね?」 フサ子さん「おじいさーん」 恵子さん「おーいって言いおろう。聞こえたやろおばあちゃん」 フサ子さん「聞こえん…」 認知症が進んだフサ子さん。三女の恵子さんは母を度々山へ連れていきます。 フサ子さん「おじいさんは、なして来んかったんじゃろうか」「おじいちゃーん」「どこ行ったんかな?」 恵子さんと夫・安政さんは山の麓に住み、山の手入れを始めました。 恵子さん「どんなね?おいしい?」 安政さん「おいしい!」 恵子さん「おばあさんとおじいさんみたいになったね」 安政さん「おばあちゃん。山やで」 おばあさんは、おじいさんの元へ… 春。娘夫婦は鍬を入れていました。 恵子さん「面白いね」 2人の桃源郷だったこの山は、いまは家族の桃源郷。 ※2013年6月、山口放送で制作したものをリメイク。 【the SOCIAL×NNNドキュメントより】

山口2020.02.21 15:20

国公立大学前期試験 岡山大学でも会場準備

今月25日から全国一斉に行われる国公立大学の前期試験を前に、岡山大学では試験会場の準備が進められています。

岡山大学津島キャンパスでは職員が試験会場となる教室の机に、受験番号を貼るなどして今月25日の試験当日に向けた準備を進めていました。岡山大学の前期試験は11の学部で行われ、3364人が出願しています。倍率は去年と同じ2.4倍です。

今年は新型コロナウイルス対策として、受験生にマスクの積極的な着用を呼びかけるほか、会場の入り口9カ所には消毒液を40個設置します。岡山大学の前期試験は今月25日と26日の2日間で来月6日に合格者が発表されます。

岡山2020.02.21 11:53

水木しげる記念館リニューアルで提言書

開館から今年で17年を迎える境港市の水木しげる記念館は、建物の老朽化が進んでいる他、バリアフリー化やインバウンド対策が進んでいないことなどからリニューアルの必要性が生じている。そのため、「記念館のあり方を考える検討委員会」が去年9月から開かれていた。そして20日は、その委員10人が境港市の中村市長を訪ね提言書を提出した。検討内容がまとめられた提言書には、遊びと学びができる施設を目指すとともに、観光・歴史・文化の拠点となる施設にしたいなどリニューアル後の記念館のコンセプトが提案されている。また記念館の建物改修は不可欠であるとした上で、整備方法については、現在の場所で建替える案と、別の場所に移転新築する2つの案が示された。中村市長は今年の7月で勇退することを表明しているが、水木しげる記念館への思いは次の市長に託したいとしている。

鳥取2020.02.20 20:29

スペイン応援衣装をお披露目

山口市湯田温泉のマスコットキャラクター「ゆう太」と「ゆう子」の新しい衣装がお披露目された。ホストタウンとしてオリンピックのスペイン代表を応援する衣装だ。お披露目されたのは「ゆう太」と「ゆう子」の「スペイン応援衣装」。この衣装は山口市の中村女子高校の生徒が市の委託を受けて制作したもの。スペインでイメージする「闘牛の牛」や「トマト」などがあしらわれたフラメンコ風の衣装だ。園児らはスペイン語で「頑張れ」を意味する「アニモ」という言葉を教えてもらい、絵本の読み聞かせをしてくれた県立大学の学生たちにお礼のメダルを渡した。最後は全員で記念写真と大合唱となった。お披露目した衣装は今後、イベントや応援の場で着用する予定。

山口2020.02.20 20:08

捕鯨船団が安全祈願

去年、32年ぶりに再開された商業捕鯨。沖合捕鯨の基地・下関市で20日、今年の捕鯨船団の安全と成功を祈る祈願祭が行われた。亀山八幡宮で行われた祈願祭には、共同船舶の森英司社長や関係者などおよそ60人が参加した。去年7月、32年ぶりに再開された商業捕鯨。日新丸船団は、三陸沖や北海道の釧路沖などでおよそ3か月操業を行い、国の定める捕獲枠に沿ってあわせて223頭を捕獲した。共同船舶は今シーズン複数回の操業を実施する予定で、今年初となる商業捕鯨は1月28日から排他的経済水域内の南東部で25日間を予定している。水産庁が定めた今年の沖合操業の捕獲枠は、ミンククジラ20頭・ニタリクジラ150頭・イワシクジラ25頭の併せて195頭で、去年の捕獲枠と同数となっている。捕鯨船団は2月24日、下関市から出港する予定。

山口2020.02.20 20:07

暖冬の影響か 河津桜も早く咲き始め

鳥取県伯耆町では早咲きの桜「河津桜」が咲き始めている。大山の麓にある「河津桜の丘」には、43本の河津桜が植えられていて、20日には、このうちの数本が濃いピンク色の花を咲かせた。暖冬の影響で去年より10日ほど早く咲き始めたという。「河津桜の丘」は自然保護を行う地元の団体が、3年前に雪の中に桜を咲かせようと荒れ地を整備し植えた。積雪がまだ残る中、見事にピンクと白のコントラストが楽しめる景色となっていた。花は3月10日ころまで楽しめそう。

鳥取2020.02.20 19:39

ものづくり学ぶ訓練生が製作の家具展示販売

ものづくりを学ぶ高等技術専門校の訓練生が製作した家具の展示販売会が岡山県津山市で開かれました。

北部高等技術専門校で学ぶ訓練生が日頃の成果を披露する展示会には、イスやテーブルなどの力作120点が並びました。

繊細でデザイン性の豊かな家具は市価より安く販売されるため毎年訪れる人も増えているそうです。

訓練生の励みになればと40年以上前から始まった展示販売会。

購入希望者が多かった家具は抽選で購入者が決まるのも楽しみの一つのようです。

岡山2020.02.20 18:59

特産のタケノコ出荷始まる 倉敷市真備町

被災地に今年も春の便りです。

西日本豪雨からの復興を目指す倉敷市真備町で特産のタケノコの出荷がきょうから始まりました。

真備町の山の中にある竹林。

足元の感覚を頼りに探していくと、ありました、真備特産のタケノコです。

まだまだ小さな赤ちゃんサイズですが、豪雨災害を乗り越えた被災地に、再び生えてきました。

粘土質の土で育った真備町のタケノコは品質も良く、県産のほとんどを占めていて、きょうから出荷が始まりました。

おととしの西日本豪雨では170人の組合員のほとんどが被災しました。

それでも去年は豊作と言える106トンを出荷。

今年は暖冬の影響で生育が早すぎる面もあるそうですが、初日から1本200グラム以上のものが持ち込まれ、合計30キロを出荷しました。

復興とともに歩む真備特産のタケノコ。

出荷は4月にピークを迎え、朝掘りのタケノコを販売するイベントも予定されています。

岡山2020.02.20 18:57

注目の新型特急「銀河」岡山市内でお披露目

ゆったりと列車の旅を楽しむためJR西日本が今年5月から運行する新型特急列車「銀河」がきょう、岡山市内で初めてお披露目されました。

JR西日本岡山電車区で披露された新型の特急列車、「銀河」。

瀬戸内の海と空をイメージした瑠璃紺色の車体が輝きます。

ゆったりと旅を楽しんでもらうため、車内はグリーン料金で利用できる寝台シートをはじめ、最高級の個室のプレミアルームも用意されていて、最大100人が乗車できます。

また、女性専用車両は隣の客の会話が気にならないようずらして座席が配置されています。

新しい列車の旅を提案するJR西日本の新型特急「銀河」は今年の5月から京都ー出雲市間で運行が始まり、上りは途中の備中高梁駅に30分間停車します。

岡山2020.02.20 18:55

長門市でロシア旅行会社が視察

ロシアのソチ市と姉妹都市となっている長門市で、20日からロシアの旅行会社のスタッフによる視察ツアーが始まった。長門市の元乃隅神社を訪れたのは、ロシアの旅行会社9社のスタッフたち。この視察ツアーは、今年の東京オリンピック・パラリンピック、2025年大阪万博など、国際的なイベントが国内で開かれることをチャンスとし長門市への観光客増加を目指すもの。参加者は「龍宮の潮吹き」などの名所を写真に収めていた。長門市とロシアのソチ市が姉妹都市となっていることからこのツアーが実現した。一行は、長門湯本温泉に来月オープンする星野リゾートの「界・長門」も視察した。この視察ツアーは2月23日までで、21日は下関を訪れる予定。

山口2020.02.20 18:32

新型コロナウイルス 対策会議

新型コロナウイルスの感染拡大が経済面に影響を及ぼしていることから、岡山県はきょう、経済団体や金融機関と合同で初の対策会議を開きました。

岡山県庁で開かれた会議には県のほか、商工会議所や銀行など12機関の担当者が集まり、地元企業への影響を互いに報告しました。

商工会議所からは、中国から輸入している部品の納期が遅れるなど、県内各地の企業に影響が相次いで出ていることが報告されました。

このような状況を踏まえ、岡山県は運転資金向けの融資制度を設けたことを、また、岡山労働局も休業手当用の助成金を用意したことを明らかにしました。

岡山2020.02.19 17:25

岡山後楽園 松のこも焼き

岡山市の後楽園では、春の訪れを告げる恒例の松のこも焼きが行われました。

最低気温は氷点下2度。この冬一番の冷え込みとなった今朝の岡山市。後楽園では恒例の松のこも焼きが行われました。冬の間に保温と害虫駆除のため、松に巻いていた藁を春の訪れに合せて焼くことから、毎年この時期の風物詩として知られています。

訪れた人たちは1年に一度だけの作業を狙った構図でカメラに収めていました。春を告げるとされる、こも焼き。岡山地方気象台によりますと明日から岡山市内は少しづつ暖かくなり、春を感じられるということです。

岡山2020.02.19 13:37

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース