鹿児島のニュース

鹿児島市で軽ワゴン車にはねられ女性が重体

 鹿児島市で9日夜、道路を横断していた女性が軽ワゴン車にはねられ意識不明の重体だ。
 事故があったのは鹿児島市武岡一丁目の市道。警察によると、9日の午後6時45分ごろ、道路を渡っていた女性がスーパーマーケットの駐車場を出てきた軽ワゴン車にはねられた。
 はねられたのは近くに住む堂森和子さん(88)で、病院に運ばれたが、頭を強く打ち意識不明の重体だ。
 軽ワゴン車を運転していた鹿児島市明和の德田道幸さん(67)は、「ぶつかる直前で気付いた」と話していて、警察は事故の状況を詳しく調べている。

鹿児島2019.12.10 13:27

カヌー競技 女子日本代表候補合宿

 来年の東京オリンピックを目指し、伊佐市で強化合宿を行っているカヌースプリント競技の女子日本代表候補の歓迎式が行われた。
 東京オリンピックカヌースプリント競技女子日本代表候補の強化合宿は、先月24日から伊佐市のカヌー競技場で行われている。
 この日は伊佐市の関係者が集まり歓迎式が行われ、選手たちに伊佐米や地元産の牛乳などが贈られた。鹿児島市出身の島津早耶子選手は「波風が少ないので、寒い中でも充実した練習ができている」と手ごたえ感じていた。選手たちは、来年3月にタイで開かれるアジア大陸予選で東京オリンピックの出場枠を勝ち取りたいとしている。
 強化合宿は今月22日まで行われる。

鹿児島2019.12.10 13:26

傷害致死の罪 男が起訴内容を認める

 姶良市で今年7月、妻に暴行を加え死亡させたとして、傷害致死の罪に問われた男の初公判が9日、鹿児島地裁で開かれ、男は起訴内容を全面的に認めた。
 傷害致死の罪に問われているのは姶良市の無職、村岡清行被告(67)。起訴状によると村岡被告は今年7月、姶良市の自宅で妻のみどりさん(当時67)の顔を手で複数回叩く暴行を加え、脳障害により死亡させたとされている。
 初公判で村岡被告は「すべて認めます」と起訴内容を全面的に認めた。
 検察側は冒頭陳述で「妻のみどりさんは脳梗塞の影響で、10年前から寝たきりの状態が続いていた。村岡被告は、妻の介護が思うようにできない時に腹を立て、日常的に暴力を振るっていた」と指摘。事件当日も「みどりさんが思うように食事を取らないことに腹を立て暴行を加えた」と犯行に至る経緯を明らかにした。
 これに対し、弁護側は「愛する妻の変わりようを受け入れられず、1人での介護のストレスから思わず手をあげてしまった」と主張した。
 判決は今月12日に言い渡される。

鹿児島2019.12.09 19:49

県議会「総合体育館候補地の再検証を」

 県庁東側の土地が新たな候補地となった総合体育館で、県は県庁東側と西谷山の県農業試験場跡地の2か所で「利便性」や「財源」などを検証した結果、県庁東側が適しているとした。この検証方法について、9日の県議会で「結論ありきの検証」だとして再検証を求める声が上がった。
 9日の県議会、一般質問で下鶴隆央議員は「きちんとした客観的な公平な審判をして下さい。再度検証されることが必要と強く申し上げておきたい」と述べた。
 県は総合体育館の候補地について県庁東側の土地と県農業試験場跡地の2か所を、「敷地面積の確保」や「交通の利便性」「財源」など11項目について比較・検証した。このうち「財源」については、県庁東側は「都市公園区域に編入することにより国の補助金を活用できる可能性がある」とした一方で、県農業試験場跡地については「特段の財政支援なし」としていて、県庁東側が優位性が高いと評価した。これについて下鶴議員は「県農業試験場跡地も近隣の慈眼寺公園とあわせて都市公園として扱えば補助金が出るのではないか」と指摘。これに対し、県は「広さやけんぺい率の問題から適切に配置するのは難しいと考えている」と述べた。
 下鶴議員は「補助金についても都市公園だといい補助金がとれる。しかしながら農業試験場跡地についてはその可能性があるのに排除する。あからさまに偏った判定、誤審である。判定のやり直しを要求して私の一般質問を終わる。」と述べた。10日以降も体育館を巡る質問が予定されていて、どのような議論が交わされるのか注目される。

鹿児島2019.12.09 19:47

鹿児島大学特任教授 有川氏 知事選出馬へ

 鹿児島大学の特任助教、有川博幸さんが9日、来年夏の県知事選挙に立候補する考えを明らかにした。
 来年夏に行われる知事選への立候補を表明したのは鹿児島大学の産学・地域共創センターの特任助教、有川博幸さん(61)。初めてその思いをエブリィのカメラの前で語った。有川さんは「地域の方々、各方面の方々、鹿児島県庁の職員からも大きな声を投げかけられてきたのが実情。今回、私が県知事になり世の中を変える。県庁を元気にして鹿児島県民を元気にすることを考えて立候補に至ったわけだ」と話した。有川さんは鹿児島大学大学院を修了し、文部科学事務官や鹿児島大学病院の管理課長などを歴任、国家公務員の経験をいかし真の県民ファーストの社会を実現したいと訴える。出馬を決めた理由について「県庁の中でトップマネージメントを担う方の3メートル以内に入ることを拒否する人が増えてきたという声を聞いてそれは危機感のあること、是正しなければダメ。リーダーシップはエゴイズムを貫くことではなくリーダーシップは人の声を聞いてそれを反映させることだと信じている」と話した。無所属で立候補する予定で与野党問わず幅広い支援を呼び掛けるという。
 知事選への立候補の表明は三反園知事に次いで2人目だがこの他、複数の人が検討している。

鹿児島2019.12.09 19:38

出水市で住宅1棟全焼

 出水市で8日夜、住宅1棟を全焼し隣にある飲食店の一部を焼く火事があった。火事があったのは出水市高尾野町下水流の飲食店経営有馬勝夫さん(75)の住まい。
 8日午後8時30分ごろ、近くの住民から「建物から出火している。燃え広がる可能性がある」と消防に通報があった。およそ2時間後に消し止められたが、有馬さんの木造平屋建ての住宅1棟を全焼したほか、有馬さんが経営する隣の飲食店の壁などを焼いた。警察によると、有馬さんは1人暮らしで出火当時、外出していて無事だった。警察と消防が火事の原因を調べている。

鹿児島2019.12.09 12:27

伊佐市で事故 運転の女を逮捕

 伊佐市で8日夕方、横断歩道を渡っていた女性(89)が、普通ワゴン車にはねられた。警察は、車を運転していた女(65)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。
 事故があったのは、伊佐市大口里の国道。警察によると、8日午後5時半ごろ、横断歩道を渡っていた近くに住む吾孫子幸子さん(89)が菱刈方面に走っていた普通ワゴン車にはねられた。吾孫子さんは、全身を強く打ち重傷。警察は、車を運転していた会社員の井手下順子容疑者(65)を過失運転致傷の疑いで現行犯逮捕した。
 現場は、見通しの良い片側一車線の直線道路で、信号機や街灯はなかったという。警察が、事故の詳しい状況を調べている。

鹿児島2019.12.09 12:26

南九州市長選挙 現職が無投票当選

 任期満了に伴う南九州市長選挙が8日告示され、現職の塗木弘幸さんが無投票で2期目の当選を決めた。
 南九州市長に無投票で当選したのは、現職で2期目の塗木弘幸さん(66)。塗木さんは知覧町議南九州市議をへて前回の選挙で初当選した。市民のための市政継続を掲げている。南九州市長選挙で無投票当選となったのは2007年以来12年ぶりだ。

鹿児島2019.12.08 19:11

南九州市長選挙 告示

 任期満了に伴う南九州市長選挙が8日、告示された。
 南九州市長選挙に立候補したのは、現職で2期目を目指す塗木弘幸さん(66)。塗木さんは、知覧町議南九州市議を経て、前回の選挙で初当選した。市民のための市政継続を掲げている。立候補の届け出は8日午後5時までとなっているが、他に立候補の動きはなく無投票当選の公算が大きくなっている。無投票当選なら2007年以来12年ぶりだ。
 選挙となった場合は、今月15日に投票が行われ即日開票される。

鹿児島2019.12.08 14:57

鹿児島ユナイテッド赤尾公選手が現役引退

 J2鹿児島ユナイテッドのミッドフィルダー赤尾公選手が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。
 現役引退を発表したのは鹿児島ユナイテッドの赤尾公選手(31)。赤尾選手は鹿児島実業出身で2年生の時に全国優勝、3年生で準優勝を経験。2012年にユナイテッドの前身、ヴォルカ鹿児島に加入した。その後鹿児島ユナイテッド誕生の瞬間からチームを支え、去年はキャプテンとしてJ2への昇格に大きく貢献した。
 今年は中盤や守備で19試合に出場、チームを勝利に導くゴールも挙げた。
 赤尾選手は「どんな状況になってもいつも前向きに後押ししてくださるサポーターのお一人お一人の姿、僕は一生忘れない。本当にありがとうござった」とコメントしている。

鹿児島2019.12.07 19:53

犯罪被害者の家族が講演

 湧水町の中学校で先月12日、命の大切さを学ぶ教室が開かれ、犯罪被害者の家族が講演を行った。
「生きていれば来年中学1年生になる」。
湧水町の吉松中学校で講演を行ったのは、熊本市に住む清水誠一郎さんだ。
 2011年3月、当時3歳の娘、心ちゃんが大学生の男にスーパーのトイレで殺害され、翌日、近くの用水路で遺体が見つかった。清水さんは「そこにいたのは動かない娘だった。何回呼びかけても返事は返ってこない」と話す。一時は事件を苦に、無理心中を考えたこともあったが、周りの人に救われたという。清水さんは「心を埋めるのは応援してくる人だけ。そういう人が多ければ多いほど私たちは生きていくことができる」と話した。
 講演を聞いた生徒は「人の気持ちがわかるようになりたいと思った」と話した。生徒たちは改めて命の大切さを学んでいた。

鹿児島2019.12.07 17:58

劇団四季「はだかの王様」に小学生を招待

 来年3月に行われる劇団四季ファミリーミュージカル「はだかの王様」に鹿児島市内の小学生が無料招待されることになり、鹿児島市役所で2日、招待券の贈呈式が行われた。
 招待券を贈ったのはミュージカルを主催する鹿児島音楽文化協会と南日本新聞社。鹿児島市の森市長に目録が手渡された。無料招待の対象は鹿児島市内に住む400人の小学生。上演されるのは、劇団四季の「はだかの王様」。55年前から演じられている人気作で、原作はアンデルセン、台本は詩人で劇作家の寺山修司が書き下ろしている。
 鹿児島音楽文化協会の諏訪健筰会長は「劇団四季の人も毎年来てくれている。非常にありがたいこと。子どもたちの教育の一環になればというのが一番」と話した。劇団四季「はだかの王様」は来年3月21日に鹿児島市民文化ホールで上演される。

鹿児島2019.12.07 17:58

大将季はさみ入れ式

 鹿児島オリジナルの柑橘、大将季のはさみ入れ式が先月22日、出水市で行われた。大将季のはさみ入れ式には生産者や関係者など約60人が参加した。
 大将季はデコポンの名で知られる「不知火」の枝変わりから発見された鹿児島オリジナルの品種で赤みが濃い橙色が特徴。今年は10月、11月に雨が少なく天候に恵まれたため味、品質ともにいい出来になった。食べた人は「酸味もなくて甘さがあるからおいしい」と話した。生産者は「魂を込めて作った大将季なので全国の皆さんに食べてほしい」と話した。「大将季」は県の内外に贈答用を中心に販売される。

鹿児島2019.12.07 17:57

県立農業大学校で農大祭

 日置市の県立農業大学校で7日、農大祭が行われた。酪農科の学生たちが作ったヨーグルトを求めて朝から長い列ができていた。ヨーグルトは学生が育てた牛から絞った乳で作られていて、濃厚な味わいが特徴だ。黒毛和牛も安く手に入るとあって人気を集めていた。その他にも、学生たちが育てた色とりどりの花や野菜も販売された。
 訪れた人は「安い。新鮮で味も違う。すごく美味しい」と笑顔で話した。農大祭実行委員長の福永隆成さんは「農大祭を通じてたくさんの人に喜んでもらえてますます農業を頑張ってたくさん広め、日々頑張っていこうと思う」と思いを語った。また、しおり作りなど子供たちが体験できるコーナーもあり、多くの人で賑わっていた。

鹿児島2019.12.07 17:56

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース