鹿児島のニュース

湧水町 来年の稲作も中止へ

 今年4月、硫黄山の噴火以降、一部の水田で稲作が中止となった問題で、湧水町は、来年も稲作を行わない方針を固めた。
 この問題は、霧島連山・硫黄山の噴火の後ふもとの川で一時基準値を超えるヒ素が検出され、伊佐市や湧水町の一部の水田で、今年の稲作が中止となったものだ。伊佐市は、来年の稲作を行うことを決めたが、湧水町は、来年も稲作を行わない方針を固めた。湧水町によると、一部の観測ポイントでは、川底にたまった泥のヒ素濃度が週によってはいまだに基準値を超えていること。硫黄山の火山活動が見通せないことなどが理由だ。
 今月26日に、農家の代表などが参加する協議会で、正式に決まるという。

鹿児島2018.12.11 12:46

シラスウナギ漁スタート

ウナギの稚魚、シラスウナギの今シーズンの漁が10日から始まった。
シラスウナギ漁は10日の日没にあわせて解禁された。シラスウナギは近年、不漁が続いていて、昨シーズンは前のシーズンより385キロ少ない192キロで、統計が始まった昭和45年以降2番目に少なくなった。網を手にした人たちは厳しい寒さの中、豊漁を祈りながらシラスウナギをとっていた。今シーズンのシラスウナギ漁は、来年3月10日の日の出までとなっている。

鹿児島2018.12.11 12:43

奄美中1男子自殺 「不適切な指導が原因」

奄美市の男子中学生が3年前、自殺した問題で原因について、市が設置した第三者調査委員会は、担任の不適切な指導が自殺の原因だったとする報告書をまとめた。
委員会は会見で、「不適切な放課後の指導と、その直後といっていい不適切な家庭訪問で亡くなったと考えざるを得ない。」と述べた。2015年11月、奄美市の公立中学校に通う1年生の男子生徒が自宅で遺書を残し自殺した。報告書によると男子生徒が自殺する2日前、同級生が「友達に嫌がらせを受けている」として学校を欠席した。担任の教諭は、十分な事実確認をしないまま、男子生徒を含む5人が嫌がらせをしたとして同級生に謝罪をさせていた。男子生徒は周囲に「何で俺が呼ばれるのか」と、担任への不満を漏らしていたという。担任の教諭はその日の夕方、男子生徒の自宅を訪れ、再度指導した。男子生徒は泣いていて教諭が帰ったあと号泣したという。自殺したのはその直後のことだった。市が設置した第三者委員会は「いわれなきことで指導を受けたのが納得いかないことだったと思う」と述べ、男子生徒がいじめや嫌がらせをした事実はなく、「教諭が一方的に嫌がらせがあったと思い込み不要な指導や対応を行ったことで、男子生徒を追い詰めた」と結論付けた。また、市の教育委員会が「いじめ」と断定し学校の不適切な指導を正当化しようとしたことなど自殺後の対応にも問題があったと指摘した。奄美市教育委員会学校教育課の元野弘課長は「このようなことが二度と起こらないよう再発防止をすることが責務だと考えているので今後検証しながら再発防止に努めたいと考えている」と話した。遺族は「市教委から言われていたような息子がいじめに関わっていたことに責任を感じて自殺したわけではないという報告に安堵した」とコメントしている。第三者調査委員会は市や教育委員会の不適切な対応を指摘するとともに再発防止に向け報告書を広く公表し検証するよう提言している。男子生徒の遺族は11日午後、県庁で記者会見を開く予定。

鹿児島2018.12.10 19:44

指宿スカイラインはいつ無料化される?

三反園知事がマニフェストの一つに掲げるのが「指宿スカイライン」の無料化だ。知事就任から2年。いつ無料化するのか?10日の県議会で挙がったこの質問に対し、知事は具体的な時期についての明言を避けた。10日の県議会一般質問。下鶴隆央議員が質問に立った。「いつまでに無料化を実現するか方針を早期に示すべき」と述べた。三反園知事は2年前の知事選でマニフェストに「指宿スカイライン」の無料化を掲げた。いつ無料化するのか?三反園知事は「山田ICのフルインターチェンジ化や緊急性を要するのり面対策など課題がある。安全が一番なので有料道路の事業で行った上で無料化したいという方向だ」と述べ、必要な工事を行った上で無料化するとして具体的な時期についての明言を避けた。去年、山田インターにETCが設置された。普通車でETCを利用すると通常よりも30円安くなるが、これまで回数券を利用していた人は20円上がる結果に。下鶴隆央議員は「少なくとも無料化を待ってくれというのであればETCの料金を270円以下に下げて待ってくれと言うべきではないか」と指摘した。これに対し知事は、大型バスやトラックのETC料金は回数券料金より下がっているとした上で、ETCは「たくさんの方が割引の恩恵を受けるられるよう総合的に考えて設置した」と理解を求めた。

鹿児島2018.12.10 19:39

神村学園高等部 壮行会

全国高校サッカー選手権に出場する神村学園を応援しようと地元・いちき串木野市で10日、壮行会が開かれた。拍手で迎えられたのは、神村学園男子サッカー部のほか、同じく全国大会に出場する女子サッカー部、女子駅伝部、吹奏楽部の生徒たち。壮行会では、男子サッカー部の有村圭一郎監督が「いちき串木野市が元気になるよう一歩も引かず攻め倒したい」と決意を述べた。演奏や拍手でエールを送られた生徒たちは目標に向かって決意を新たにしていた。男子サッカー部の深港壮一郎主将は「改めてすごく応援されていると感じることができたので、全国大会では恩返しできるように日本一を目指して頑張りたい」と話した。いちき串木野市の市民は「全国優勝を目指して頑張ってほしい。今まで頑張ってきた自分たちの力を信じて頑張ってほしい」とエールを送った。神村学園男子サッカー部の初戦は今月31日。福島の尚志高校と対戦する。KYTでは試合の模様を実況生中継する。

鹿児島2018.12.10 19:29

公務員に冬のボーナス支給

10日、公務員に冬のボーナスが支給された。県によると、一般職員のボーナスの平均支給額は、去年より1万2519円多い82万9294円だった。職員2万6863人の総額は、去年より3億5000万円あまり増え、223億2537万円になっている。サッカーの鹿児島ユナイテッドがJ2昇格を決めた今年。プロスポーツチームの支援を行う観光課の職員は、「ユナイテッドのJ2昇格で、さらに鹿児島が盛り上がることは間違いない。そのためにも、ボーナスで温泉に行ったりや美味しいものを食べて英気を養いたい。」と使い道を話した。なお、三反園知事のボーナスは256万6800円。森市長は238万8780円だった。

鹿児島2018.12.10 19:27

種子島宇宙センター50周年イベント

種子島宇宙センターからロケットの打ち上げが始まって今年で50年。節目の年を記念したイベントが行われた。
1968年に初めてロケットが打ち上げられた種子島宇宙センターは、これまでに170機以上のロケットが打ち上げられた国内最大の発射場。最初の打ち上げからことしで50年になるのを記念し、宇宙センターの施設が一般公開された。大型ロケット組み立て棟の扉がゆっくりと開き発射台が姿を現すと、訪れた人は驚いた様子でカメラに納めていた。この日は宇宙飛行士の油井亀美也さんもゲストで登場し、貴重な体験談にみな聞き入っていた。種子島宇宙センターからは2020年度、新しい国産ロケットH3ロケットの打ち上げが予定されている。

鹿児島2018.12.10 12:24

折り紙ヒコーキ全国大会 鹿児島予選会

折り紙で作ったヒコーキをどれだけ長い時間飛ばすことができるかを競う大会が8日、鹿児島市で開かれた。この大会は折り紙ヒコーキの楽しさを知ってもらおうと日本航空が行っていて、今年で2回目だ。小学生以下と一般の部に2歳から68歳まで90人が参加して、紙飛行機をどれだけ長い時間飛ばせるか競った。小学生以下の部で優勝した松本蓮さん(小6)は「楽しかった。高く飛ばす練習をして全国大会でもいい結果を残したい」と話し、一般の部で優勝井手之上真美さんも「鹿児島の代表としていい結果が残せるよう頑張りたい」と意気込んだ。優勝した2人は、来年4月に東京で行われる全国大会に出場する。

鹿児島2018.12.10 12:17

父への殺人未遂の疑いで息子を逮捕

志布志市で9日午後、父親を包丁で切りつけ殺害しようとしたとして、息子(24)が殺人未遂の疑いで現行犯逮捕された。逮捕されたのは、志布志市志布志町安楽の無職・竹内翔馬容疑者(24)。警察によると竹内容疑者は9日午後2時頃、自宅で父親の洋さん(50)の首の後ろを包丁で切るつけるなどして殺害しようとした疑い。切りつけた後「父親を刺した」と自ら警察に通報し、駆け付けた警察官にその場で逮捕された。父・洋さんのケガの程度は分かっていないが、命に別条はないという。警察の調べに対し、竹内容疑者は、「殺そうとしたことは間違いない」と容疑を認めているという。警察は犯行の動機などを調べている。

鹿児島2018.12.09 20:12

中1自殺 “担任の不適切な指導”原因

3年前、奄美市の公立中学校の男子生徒が自殺した。調査していた市の第三者委員会は、担任の不適切な指導が自殺の原因だったとする報告書をまとめた。
2015年11月、奄美市の公立中学校に通っていた1年生の男子生徒が自宅で遺書を残し自殺した。自殺の原因を調査してきた市の第三者委員会は9日、報告書を市に提出した。それによると、当時、男子生徒の同級生が「友達に嫌がらせを受けている」として学校を欠席。担任の教諭は後日、男子生徒を含む5人を指導し同級生に謝罪させていた。しかし、男子生徒は、納得していない様子で帰宅。その日の夕方、担任の教諭が自宅を訪問した後に自殺した。自殺の原因について委員会は「教諭が一方的に嫌がらせがあったと思い込み不要な指導を行った。教諭の不適切な対応で男子生徒を追い詰めた」などとした。市の教育員会は、「調査結果を重く受け止めている」とコメントしている。

鹿児島2018.12.09 19:06

鹿児島市で女性が車にはねられ死亡

鹿児島市南林寺町の県道で8日夜、道路を渡っていた近くに住む塩屋麗子さん(59)が軽トラックにはねられ死亡した。軽トラックを運転していた鹿児島市の配達業・安里成人さん(54)は、「人に気付いてブレーキをかけたが、間に合わなかった」と話しているという。現場は、片側2車線の直線道路で、横断歩道はなかった。

鹿児島2018.12.09 12:15

薩摩酒造の元社長 本坊喜一郎さん死去

薩摩酒造の元社長で県酒造組合の会長などを務めた本坊喜一郎さんが亡くなった。91歳だった。本坊喜一郎さんは、1992年から2003年まで薩摩酒造と本坊酒造の社長を務めた。1998年には、県酒造組合連合会会長に就任。その後、2007年に県酒造組合を発足させ2009年まで会長を務めた。薩摩酒造によると、本坊さんは、鹿児島市内の病院に入院していたが、7日夜に呼吸不全で亡くなったという。91歳だった。通夜は10日の午後6時から、告別式は11日の午前11時から鹿児島市大竜町の吉田葬祭典礼会館新世館で行われる。

鹿児島2018.12.09 12:15

正月用の「しめ縄飾り」作りに子供達が挑戦

霧島市の川原小学校で8日、毎年恒例の正月に飾るしめ縄作りが行われ、子供達は地元のお年寄りから作り方を学んでいた。しめ縄飾りは、左右対称にするには編み込む向きが重要。子供達は地元のお年寄りに教えてもらいながら、立派なしめ縄飾りを作っていた。参加した小学生は「去年骨折したのでけがもなくいい1年を迎えたい」と話した。子供達にとって日本の伝統を学ぶ良い機会となったようだ。

鹿児島2018.12.08 18:34

人権週間に合わせ啓もう活動

鹿児島中央駅前で8日、人権への意識を高めようと啓もう活動が行われた。この活動は人権への意識を高め差別や偏見をなくそうと、今月4日から始まった「人権週間」に合わせて毎年行われているもの。鹿児島中央駅前で行われた活動には、人権作文コンクールで優秀賞を受賞した中学生など40人が参加。人権問題について書かれた卓上カレンダーやボールペンなど400セットを配った。参加した伊敷台中の宮下和さんは「障害者の人や他の人とは少し違うと感じてる人がもっと生きやすい世の中にするためにどうすればいいかを深く考えられる人が増えてほしい」と話した。鹿児島地方法務局人権擁護課の吉村和浩課長は「一人一人が人間として平等だということを考えていただけたら」と述べた。人権に関する相談は全国共通人権相談ダイヤル(0570-003-110)で受け付けている。

鹿児島2018.12.08 18:31

寒い一日 9日の朝も冷え込み注意

8日の県内は冬型の気圧配置で上空に寒気が流れ込んだため、日中もあまり気温が上がらず寒い一日となった。鹿児島市の天文館を行き交う人も、ほとんどが厚手の上着を着たり、マフラーを巻くなどして寒さをしのいでいた。最低気温は霧島市牧之原で2.4度、鹿屋市輝北で2.9度、鹿児島市も6.8度まで下がったほか、阿久根市などでは、今季一番の寒さとなった。日中も気温はほとんど上がらず、最高気温は牧之原は4.1度、輝北は4.5度、鹿児島市も9度だった。9日朝も同じくらい冷え込む予想となっている。

鹿児島2018.12.08 18:30

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース