熊本のニュース

ハンセン病 家族補償法成立

補償法はハンセン病元患者の配偶者、親や子どもに180万円、兄弟姉妹や元患者と同居していたおい、めい、孫などに130万円を支給するもの。今年6月の熊本地裁判決よりも対象を拡大したうえで裁判に参加していない家族も補償するとした。法律の前文には「国会および政府はその悲惨な事実と悔悟と反省の念を込めて深刻に受け止め深くおわびする」と明記された。成立をうけ「ハンセン病家族訴訟」の弁護団は「家族被害の全面解決に向けて大きな前進、高く評価する」とし「国は偏見差別の根絶に向けて最大限の努力を行うべき」とコメント。恵楓園の入所者自治会・太田明副会長は「高齢化しているので家族との関係が断絶したままになっているから今更で遅すぎた」と話した。入所者自治会の志村康会長は「家族が入所者と復縁をする機会が与えられた」と期待を寄せた。

熊本2019.11.15 19:44

東海大九州小川一平投手 阪神と仮契約

プロ野球ドラフト会議で、阪神から6位指名を受けた東海大九州の小川一平投手が14日、仮契約を結んだ。小川投手は、182センチの長身をいかした最速149キロの直球が武器の本格派右腕。14日、熊本市内のホテルで阪神との仮契約を終え記者会見に臨んだ。小川投手は目標とする選手に阪神の藤川球児投手を挙げ、「1試合でも早く熊本の野球ファンに活躍する姿を見せたい」と意気込みを語った。契約金は3000万円、年俸は700万円(金額はいずれも推定)で、背番号は12月2日の入団会見で発表される。

熊本2019.11.15 13:09

県内各地で今シーズン一番の冷え込み

15日の熊本県内は放射冷却の影響で気温が下がり、南小国町で-1・7℃など、多くの地域で12月中旬から下旬並みの寒さと今シーズン一番の冷え込みとなった。熊本市でも平年を5度以上下回る3.2℃と12月中旬並みの寒さとなった。熊本市動植物園では、ワオキツネザルが温まろうと太陽に向かって手を広げる仕草をみせていた。日中の県内の最高気温は18度まで上がる見込み。

熊本2019.11.15 13:06

選抜21世紀枠推薦校に球磨工業

14日、熊本県高校野球連盟が球磨工業高校を訪れ21世紀枠の推薦校に決定したことを伝えた。連盟では決定の理由について遠方から通学する生徒も多く練習時間が制限される中で健闘していることなどを挙げ那須道磨主将に表彰状を贈った。球磨工業高校が21世紀枠の推薦校に選ばれるのは4回目で大会の出場校は来年1月に発表される。

熊本2019.11.14 21:00

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース