熊本のニュース

梅雨入りを前に水防演習

水防演習は国土交通省が毎年九州各地で実施していて熊本では9年ぶりに開催された。国はこの梅雨時期から豪雨災害などの危険性を5段階のレベルに分けて発表することにしている。19日は白川、緑川沿いの住民や自治体など約1300人が参加し危険度レベルに応じて土のうを積む作業や住民の避難訓練などを実戦さながらに行った。会場では炊き出し訓練もあり見学に訪れた親子連れなどにふるまわれた。国はすでに災害が発生しているレベル5ではなく、「避難勧告」や「氾濫危険情報」にあたるレベル4までには住民に避難してほしいと話している。

熊本2019.05.19 18:00

天草椿の会が初植樹

天草をツバキの島にしようと苗を育ててきた団体「天草椿の会」が18日に天草空港公園の花壇にヤブツバキの苗を初植樹。同会は、ツバキによる観光の活性化や耕作放棄地の解消、産業の振興を目的に結成された。そして、育てた苗が2000本ほどに増えて植樹できるサイズになった。白迫修一会長は「天草の風土に合った植物であり根付いてくれるから頑張っていきたいと思う」と話した。同会では、天草の人に苗を買ってもらって、一緒に増やしていきたいと話している

熊本2019.05.18 17:49

石田総務相が熊本地震の被災地視察

18日、石田真敏総務相が熊本地震の被災地を訪れた。南阿蘇村の阿蘇大橋の崩落現場を視察。現在、約600m下流に新阿蘇大橋が建設中で来年度完成予定。東海大学阿蘇キャンパスでは被害のあった校舎などを見て回った。午後には益城町のほか熊本城を視察し、担当者から復旧状況の説明を受けた。今年10月には特別公開が始まる。石田総務相は「3年経って皆さんに尽力いただいて随分と復旧がなされているが、まだその途上にあるというのも現実であると改めて実感した」と話した

熊本2019.05.18 17:45

宇城市で果物などを試食販売

宇城市の物産館で18日、地元で採れたトマトやメロン、イチゴなどの試食販売会。JA宇城管内では今月が1年のうちで最も多くの園芸作物が旬を迎えることから宇城彩館で園芸フェアを開いている。午前9時のオープンと同時に多くの人が同館を訪れ、トマト、メロン、イチゴやナスなどの園芸作物8種類の試食を楽しみ、買い求めていた。宇城彩館では18日に8種類の200食ずつを振る舞う予定

熊本2019.05.18 11:42

作業中に転落 男性死亡

17日、合志市の産業廃棄物処理会社で、作業中の男性が転落し死亡する事故があった。警察によると、17日午後1時ごろ合志市福原にある産業廃棄物処理会社で、菊陽町に住む会社員夏偉剛さん(59)が高さ6mの所から転落。夏さんは病院に搬送されたが、全身を強く打ち、約7時間後に死亡した。夏さんは、木材を焼却施設に運ぶコンベアーで作業中に転落したという。警察で事故の詳しい原因を調べている

熊本2019.05.18 11:37

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース