長崎のニュース

MGC県勢4人は東京五輪内定ならず

マラソングランドチャンピオンシップが東京で行われ、県勢4人は東京オリンピックの出場権を獲得できなかった。

30人で争う男子には三菱日立パワーシステムズの3人が出場。優勝候補の井上大仁選手は、17キロ過ぎに上位集団から離され27位でフィニッシュ。木滑良選手は18位、岩田勇治選手は20位だった。一方、10人で競う女子には十八銀行の野上恵子選手が出場。最後尾からレースを進めるが、徐々に順位を上げ5位でフィニッシュ。県勢は男女ともに2位以内に与えられる東京オリンピックの出場権を獲得できなかった。

長崎2019.09.15 18:50

ラグビースコットランド代表を歓迎

20日に開幕するラグビーワールドカップを前に長崎市でキャンプを行うスコットランド代表のウェルカムセレモニーが行われた。

集まったファンはおよそ300人。ウェルカムセレモニーのあと、グラバー園で選手たちとのふれあいの場が設けられた。スコットランド代表はワールドカップを前に10日から長崎市でのキャンプに臨んでいる。16日は元スコットランド代表選手によるラグビー教室が長崎市で予定されている。

長崎2019.09.15 18:50

V長崎 徳島とドロー

明治安田生命J2リーグ、V・ファーレン長崎は、14日アウェーで徳島ヴォルティスと対戦し1-1で引き分けた。

V・ファーレンは4連勝を、徳島は5連勝をめざす一戦。前半42分、呉屋選手が力強く抜け出し最後は玉田選手がシュートを放つもゴールポストに嫌われる。後半10分には、一瞬の隙を突かれ徳島に先制を許してしまう。追いかけるV・ファーレンはイバルボ選手と吉岡選手を投入。すると後半24分、そのイバルボ選手のクロスに呉屋選手が反応。得点ランキングトップのエースが19点目を奪う。その後、両者に得点は生まれず1-1で引き分けた。次節は、21日、ホームで京都サンガFCと対戦する。

長崎2019.09.15 12:09

北村地方創生担当相 地元で抱負

第4次安倍再改造内閣で初入閣した北村誠吾地方創生担当大臣が佐世保市で会見を開き抱負を語った。

佐世保市役所を訪れた長崎4区選出の北村誠吾地方創生兼規制改革担当大臣。地元支援者への報告のため13日夜から県内を訪れていて、「初心を忘れずに国民、県民の期待に応える」と抱負を述べた。また、2000年の初当選以来取り組んできた離島振興の知識や経験を地方創生にいかしていきたいと語った。

長崎2019.09.14 18:12

「強制収用を許さない議員連盟」設立

県と佐世保市が川棚町に計画している石木ダム建設を巡り「強制収用を許さない議員連盟」が設立された。

議員連盟を設立したのは波佐見町議会の城後光議員らで、国会議員や県議のほか県内外の市区町議あわせて73人が所属。石木ダム建設を巡り強制収用は人権を踏みにじる行為とし、土地の明け渡し期限の9月19日以降も行政代執行が行われないよう働きかける方針。連盟には30以上の自治体の議員が参加していて各議会での要望書の提出も検討している。

長崎2019.09.14 18:07

東山手・南山手をライトアップ

長崎市の東山手・南山手エリアのライトアップの整備が完了し、13日夜に点灯式が行われた。

白からオレンジに変わったライトで優しく彩られた「大浦天主堂」。ステンドグラスも照らされるようになった。長崎市は、夜景の魅力アップを図ろうと市内を10のエリアに分け、今年度中に街灯などの整備を完了させる予定。昨夜からは「東山手・南山手エリア」のライトアップが始まった。周辺では16日まで「居留地まつり」が行われる。

長崎2019.09.14 12:55

雲仙の同僚暴行死 男に有罪判決

2018年に雲仙市で会社の同僚を殴り死亡させた罪に問われている男に長崎地裁は懲役3年執行猶予5年の判決を言い渡した。

諫早市の会社員、荒木洋平被告(32)2018年9月、雲仙市の会社の敷地で同僚の男性の顔を殴って転倒させ死亡させたとして傷害致死の罪に問われていた。判決で、長崎地裁は、直前に荒木被告が男性から数回の暴行を受けたものの命に危険が差し迫る状況ではなくその場から立ち去ることもできたとして正当防衛は認められないと指摘。一方、男性が酩酊状態だったことなどが転倒につながり、男性の挑発行為が犯行を誘発したなどとして、懲役3年執行猶予5年を言い渡した。弁護側は控訴しない方針。

長崎2019.09.14 12:51

諫干請求異議訴訟 最高裁が判決

諌早湾の開門を命じた「確定判決」を強制しないよう国が求めた裁判で最高裁が判決だ。最高裁は国の主張を認めた2審の判決を破棄し審理を福岡高裁に差し戻した。

最高裁の前には上告した島原市や佐賀県太良町の漁業者と弁護団の約30人が集まった。この裁判で2審福岡高裁は「被告の漁業者が持つ漁業権が期限を過ぎたことを示し開門を求める権利は消滅していた」として国の請求を認め開門を命じた確定判決は事実上“無効”と判断している。判決で最高裁は「確定判決では開門を求める権利が失われていないと理解するのが相当」と指摘。福岡高裁の判断は「是認することができない」として判決を破棄し審理を福岡高裁に差し戻す判決を言い渡した。

長崎2019.09.13 18:39

ローマ法王の日本訪問 正式発表

世界に向けどのようなメッセージを発信するのか?注目が高まる。今年11月にローマ法王が来日することが正式に発表された。

ローマカトリック教会のフランシスコ法王は今年11月23日から26日にかけ日本を訪問する。ローマ法王の日本訪問は38年ぶりだ。関係者によると長崎を訪れるのは24日。平和公園で核兵器に関するメッセージを発信した後西坂公園で安土桃山時代に処刑されたフランシスコ会の宣教師と日本人の信徒計26人に祈りを捧げビッグNスタジアムでミサを行うという。日本訪問に意欲を示していたフランシスコ法王。長崎の後広島に向かう予定だ。

長崎2019.09.13 18:35

長崎市の海上に高齢男性の遺体

13日午前、長崎市の海上で高齢の男性が浮いているのが見つかり、死亡が確認された。

13日午前9時15分頃、長崎市木鉢町で「人のようなものが浮いている」と近くの会社員から警察に通報があった。警察と消防が駆け付けたところ、海上にうつぶせに浮かんだ高齢の男性の遺体が発見された。男性は上半身裸で、目立った外傷はないという。警察は身元の確認を急ぐとともに、事件や事故、自殺の可能性も含めて調べている。

長崎2019.09.13 12:27

加藤衆議員が農林水産副大臣に

第4次安倍再改造内閣で長崎2区選出の自民党の加藤寛治衆議院議員が農林水産副大臣に任命された。

加藤寛治衆議院議員は島原市出身の73歳。県議を経て2012年に衆議員に初当選し現在3期目を務める。JA組合長として一次産業の振興を政策に掲げ、2015年には農林水産大臣政務官を、現在、党の農林副部会長を務める。農林副大臣への就任にあたり加藤衆議院議員は「責任の重大さに身の引き締まる思い。地方の声を施策に活かしながら全力をあげて取り組んでいく」とコメントしている。

長崎2019.09.13 12:16

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース