大分のニュース

巡査がノーへルで公用バイク運転

宇佐警察署の20代の男性巡査が11日に宇佐市内の県道などでヘルメットを着用せずに公用のオートバイを運転しパトロールをしていた事が分かった。通行人が発見し110番通報。道路交通法違反の疑いで摘発された。男性巡査は「帽子を被っていたためヘルメットを着用していると勘違いした」などと話している。

大分2018.11.13 12:19

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース