福岡のニュース

建設会社社長銃撃で工藤会系組員ら4人逮捕

10年前、北九州市小倉北区で建設会社社長が銃撃された事件で、警察は、工藤会系組員ら4人を逮捕しました。殺人未遂などの疑いで逮捕されたのは、特定危険指定暴力団・工藤会の傘下組織の幹部、土屋隆夫容疑者(46)ら4人です。警察によりますと、4人は、2008年9月、北九州市小倉北区霧ヶ丘の自宅で、車に乗っていた当時40歳代の建設会社社長の男性に対し拳銃で数発の銃弾を発射し殺害しようとした疑いです。男性にケガはありませんでした。警察は、4人の認否を明らかにしていません。警察は、上層部を含めた工藤会の組織的な犯行とみて捜査を進める方針です。

福岡2018.11.13 18:45

北九州市の北橋市長 14日に出馬表明へ

北九州市の北橋市長は13日、自民党市議団を訪れ、来年1月の市長選で4選を目指し引き続き支援してもらえるよう要請しました。自民党市議団は前日に北橋市長を支援する方針を決めていて、4期目の政策について今後話し合い推薦する方針です。北橋市長は「長くても3期」と多選を批判してきたことについて「コレットの撤退やスペースワールドの跡地問題、人口減などやり残したことがある」と話しました。14日に出馬を正式に表明する方針です。北九州市長選には共産党も13日午後、候補者を公表することにしています。

福岡2018.11.13 12:13

タイで拘束の男 窃盗罪など起訴内容認める

ことし8月にタイで身柄を拘束され、現金280万円などを盗んだ罪などに問われている男の初公判が13日開かれ、男は起訴内容を認めました。窃盗などの罪で起訴されているのは住所不定・無職の後藤博之被告(40)です。起訴状によりますと後藤被告はおととし11月、別の男と共謀して熊本市内のマンション2部屋に侵入し、現金約280万円とバッグなど31点、約150万円相当を盗んだ罪に問われています。後藤被告はことし8月にタイの入国管理事務所で発見され、現地の警察が身柄を確保しました。初公判で後藤被告は「間違いありません」と起訴内容を認めました。検察側は冒頭陳述で「共犯の男から“マンションの部屋に現金やブランド品をもっている人がいる”と犯行を誘われた」などと指摘しました。

福岡2018.11.13 12:12

戸畑祇園山笠の運営委員長を逮捕

一般建設業の許可通知書を偽造したとして北九州市の建設会社役員の男が逮捕されました。この男はユネスコの無形文化遺産に登録されている「戸畑祇園大山笠」の振興会運営委員長を務めています。
『戸畑のみんなが一致団結して今困っている日本にエールを送った。やったかいがあった』東日本大震災発生の2か月後に特別に開かれた戸畑祇園大山笠で復興への思いを語る中村健吾容疑者(49)。11日、警察に逮捕されました。警察によりますと中村容疑者はおととし、経営する建設会社の社員である高城智之容疑者(35)と共謀し、一般建設業の許可が失効していたにも関わらず国土交通省が交付する許可通知書を偽造し、金融機関に提出した疑いです。警察が工藤会の資金源対策を捜査する過程で発覚したということです。中村容疑者はユネスコの無形文化遺産に登録された「戸畑祇園大山笠」の振興会の運営委員長を務めています。振興会の後藤雅秀会長は「信頼されていたのでショックを受けている。委員長の職は辞めてもらうことになる」と話しています。

福岡2018.11.12 19:40

児童買春の疑いで小学校常勤講師の男を逮捕

女子中学生に現金を渡しみだらな行為をしたとして福岡県古賀市の小学校講師の男が逮捕されました。児童買春の疑いで逮捕されたのは古賀市内の小学校に勤務する常勤講師、庵原聡容疑者(26)です。警察によりますと庵原容疑者はことし6月、福岡市内のホテルで当時14歳の女子中学生に現金1万5000円を渡してみだらな行為をした疑いです。女子中学生がSNS上に「レンタル彼女をしています。それ以上も」などと書き込みをしているのを警察が発見し調べたところ、庵原容疑者との関係が浮上しました。調べに対し庵原容疑者は「そういった事実はない」と容疑を否認しているということです。古賀市教育委員会は「事実関係を調査中」としています。

福岡2018.11.12 12:12

ネットに「象牙」出品 男女2人を書類送検

法律で禁止されている象牙の販売広告をインターネット上に掲載したとして福岡市と東京都の51歳の男女2人が書類送検されました。種の保存法違反の疑いで書類送検されたのは福岡市西区のパートの女と東京都世田谷区の会社員の男です。警察によりますと2人は去年4月と5月、インターネット上のフリーマーケットサイトで象牙を販売しようと、「彫刻象牙品15万円」などと広告を掲載し出品した疑いです。鑑定の結果、男が出品したものはニセモノで、女が出品したものはアフリカゾウの本物の象牙で、いずれも親などから譲り受けたものだったということです。象牙の販売広告は種の保存法で禁止されていて、警察の調べに対し2人は「広告が違法とは知らなかった」などと話しているということです。

福岡2018.11.12 12:12

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース