福岡のニュース

福岡大学で卒業式 4241人が旅立ちの春

九州で最も学生数が多い福岡市の福岡大学で、19日、卒業式が行われました。大学院生を含む4241人が、新たな一歩を踏み出しました。19日午前10時から福岡市城南区の福岡大学では、卒業式が行われました。ことしの卒業生は、学部生4064人、大学院生177人のあわせて4241人です。卒業式で、山口政俊学長は、「自分の能力を存分に発揮することはもちろん、自分と異なる意見にも耳を傾けること。そこから、新たな発想が生み出され、問題解決のカギになる」と、卒業生たちにはなむけの言葉を贈りました。20日は、九州大学でも卒業式が行われます。

福岡2019.03.19 12:24

飲酒運転の疑い 福岡県内で逮捕相次ぐ

18日夜から19日朝にかけ、福岡県内では、飲酒運転の疑いで男4人が逮捕されました。このうち太宰府市では、追突事故が発生しています。19日午前1時ごろ太宰府市通古賀で、軽ワゴン車が路肩に止めてあったトラックに追突しました。軽ワゴン車を運転していた男の呼気からは、基準値の5倍近いアルコールが検出されました。このため警察は、太宰府市観世音寺の自称・会社員今福哲也容疑者(44)を酒気帯び運転の疑いで逮捕しました。警察の調べに対し今福容疑者は「酒を飲んで車を運転した」と容疑を認めています。このほか18日夜、直方市では、無職の瓜生敏弘容疑者(65)が、19日未明には、久留米市で自称・会社員の柴田恭祐容疑者(42)が、さらに、19日朝、北九州市小倉北区で自称・飲食店経営の谷奥俊介容疑者(41)が、それぞれ酒気帯び運転の疑いで逮捕されていて、いずれも容疑を認めています。

福岡2019.03.19 12:23

九大病院がミャンマーで生体肝移植手術

九州大学病院の医療チームがミャンマーで初めての子どもの生体肝移植手術を現地で行いました。手術は成功したということです。九州大学病院の医療チーム9人は17日、現地の医師とともにミャンマーの国立ヤンゴン小児病院で手術に臨みました。5歳のニー・ニー・ミン・ウーくんは肝臓と腸をつなぐ管がつまる「胆道閉鎖症」で移植でしか助からないとされていました。手術は日本時間の17日正午過ぎからおよそ12時間行われ、父親の肝臓のおよそ5分の1が提供されました。手術は成功し、集中治療室で術後のケアを受けているということです。ミャンマーではこれまで子どもの生体肝移植が行われておらず、手術を受けられず年間およそ20人が亡くなっているといいます。九大病院と現地で医療支援を続けてきたNPO法人ジャパンハートは今後も連携して現地での移植手術を
支援していくことにしています。

福岡2019.03.19 10:49

「市民防災の日」前に講演会

「市民防災の日」を前に福岡市で17日、防災について学ぶ講演会が開かれました。福岡市は福岡県西方沖地震が起きた3月20日を「市民防災の日」と定め、毎年この時期に防災意識を高める催しを開いています。17日は東日本大震災のあと、東北から熊本に移り住み、熊本地震を経験した防災士、柳原志保さんが講演しました。柳原さんは出かけた先で非常口を確認するなど、防災意識を日常的に持っておくことが大切だと訴えていました。

福岡2019.03.17 19:12

リサイクル会社で家電製品など焼く1人ヤケド

17日午前、福岡県古賀市で家電製品などが焼ける火事があり、1人がヤケドをしました。午前8時半すぎ、古賀市筵内のリサイクル業者などが入る敷地で家電製品などが焼け、火はおよそ3時間後に消し止められました。火を消そうとした外国人男性が顔と足に軽いやけどを負いました。出火当時、従業員など数人が働いていたということで、警察と消防で火事の原因を調べています。

福岡2019.03.17 19:09

小倉北区で空き家が全焼

16日夜、北九州市小倉北区で空き家1棟を全焼する火事がありました。午後9時ごろ、北九州市小倉北区下富野で「建物の窓から火が見える」と複数の住民から消防に通報がありました。この火事で
木造2階建ての空き家およそ150平方メートルが全焼し、隣の空き家と住宅で雨どいが熱で溶けるなどしました。火はおよそ1時間半後に消し止められ、ケガ人はいませんでした。現場は住宅が密集する地域で火元とみられる家はおよそ10年前から空き家だったということです。現場に火の気がないことから、警察は不審火の疑いもあるとみて消防とともに実況見分を行い、火事の原因を調べています。

福岡2019.03.17 11:52

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース