山口のニュース

高齢夫婦遺体で発見

21日夜、周南市のマンションで高齢の夫婦の遺体が見つかり、警察では無理心中の可能性も含めて調べている。午後10時過ぎ、周南市川手のマンションに住む無職・竹市照夫さん74才の部屋で竹市さん夫婦が倒れているのが見つかった。親族から「竹市さんと連絡がとれない」との通報を受け周南警察署の警察官が駆けつけたところ、照夫さんは首にひもが巻かれ刺し傷と切り傷があり、リビングであおむけに倒れていた。妻の敏江さんには腹部に数か所の刺し傷と切り傷があり台所であおむけに倒れていた。リビングには包丁1本が落ちていた。竹市さんは敏江さんと二人暮らしで、警察では無理心中の可能性も含めて調べている。玄関の鍵はかかっていて部屋には荒らされたようなあとはなかった。

山口2019.04.22 19:42

梅雨の前に佐波川点検

梅雨の時期を迎えるのを前に、山口市の佐波川沿いに住む人たちが
洪水のリスクが高い場所の点検をした。山口市徳地伊賀地で行われた点検には地域の住民およそ20人が参加。国土交通省の山口河川国道事務所の下瀬建設専門官が佐波川の特徴と注意点を説明した。この地域は1951年7月の大雨で堤防が決壊し一帯が浸水した経験を持つ。下瀬建設専門官は大雨が降ったときなどは川の氾濫情報を、こまめにチェックし避難判断水位を超えたら高齢者など避難するまでに時間のかかる人は避難を開始するよう呼び掛けていた。点検では大雨に備えて堤防の補強をした場所などを確認し、防災意識を高めていた。

山口2019.04.22 19:42

県実業団対抗陸上競技大会

防府市で、県実業団対抗陸上競技大会が開かれた。開始式では、主催者を代表して県実業団陸上競技連盟の会長で光市にある武田薬品工業の塩見文伸・光オフィス長が「平成最後の大会で記憶に残るレースを期待する」と激励した。この大会はことしの秋に行われる茨城国体の予選会も兼ねていて、県内の企業や団体から約120人が出場した。21日はトラック競技をはじめ走幅跳や砲丸投などのフィールド競技も行われ、選手は日頃の練習の成果を競った。8チームが出場した団体の部ではそれぞれの種目の合計得点で総合順位が決められ、競技の結果、山口合同ガスが5年連続14回目の優勝を果たした。また、21日は山口市などからスポーツ少年団も出場していて、観客席では保護者が大きな声援を送っていた。

山口2019.04.21 16:38

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース