山口のニュース

「クスの森」の再生に役立てて

下関市豊浦町にある天然記念物「クスの森」の再生に役立ててもらおうと市内でバイクのイベントを行う団体が下関市に寄付金を贈った。寄付をしたのはShimonoseki819組だ。天野展和代表から前田晋太郎市長に寄付金3万円を贈った。この寄付金は今年の8月に開催したチャリティーイベントの売り上げの一部で豊浦町の川棚クスの森の再生費用に使われる。クスの森は国の天然記念物で、おととし、葉が枯れ落ちるなどの異変が起きた。現在、市教育委員会で根に水分や酸素が行き届くように水の圧力を利用して穴を掘り、根の生育を向上させる措置をとっている。市教育委員会よるとクスの木は措置の効果で徐々に回復してきているという。

山口2019.10.15 19:48

田んぼアートをドローンで撮影

岩国市の子どもたちが田んぼの稲を使った「田んぼアート」を作成し、地元の企業が協力してドローンを使った上空からの撮影が行われた。岩国市周東町の米川小学校では、地域や稲作への理解を深める取り組みとして、2011年から近くの農家の田んぼで、田んぼアートを制作している。ことしは小学校の創立130周年を記念して、県産業ドローン協会・会員の和宏産業が協力し、稲刈りを前に、ドローンで作品を上空から撮影した。田んぼの中に植えられた赤米で浮かび上がる「2019令和」の文字。レイアウトなどは子どもたちが自ら考えた。亥年にちなんで、「0」の部分にはイノシシの顔がデザインされている。子どもたちは地域の人と一緒に、鎌を使った昔ながらの方法で稲刈りをした。収穫された米は来月行われる小学校の行事で振る舞われるという。

山口2019.10.15 19:48

オオサンショウウオの生息調査

国の特別天然記念物オオサンショウウオの生息調査が、14日夜、山口市で行われた。調査を行ったのは山口大学環境DNA研究センターのセンター長の赤松良久准教授ら3人だ。赤松准教授らは山口市阿東地区を流れる川で調査のための水の採取を行った。山口市ではことし7月と8月に徳地地域と阿東地域を流れる川でオオサンショウウオが発見された。市の文化財保護課は発見が相次いだことから山口大学に今回の調査を委託している。調査は環境DNAと呼ばれる手法で水の中にある生物の粘液や排泄物を検出しその生物が生息しているかどうかを調べるものだ。昨夜は阿東地区の10地点の水を採取した。環境DNAの分析結果は1,2か月かかるという。

山口2019.10.15 19:47

徳山動物園 10月14日は獣医師の日

周南市の徳山動物園で獣医師について知ってもらおうというイベントが行われた。徳山動物園では、10月14日を語呂合わせで
「じゅう・いし」の日としていて、特別にゾウの寝室でイベントが開かれた。徳山動物園の獣医=橋本千尋さんはゾウの健康状態を知るために週に1回、血を抜いていることやゾウが嫌な印象を持たないよう、採血の後にはご褒美にエサをあげると話していた。本物の注射器を使い、ゾウのパネルから採血をする体験も行われた。ゾウの採血は血管がもっともよく見える耳の裏から行う。徳山動物園の獣医は橋本さんを含めて2人いて、109種類およそ570点の
動物の健康管理をしているという。

山口2019.10.14 19:33

「ヨーロッパ絵画 美の400年」展 5万人突破

山口県立美術館で開かれている「ヨーロッパ絵画 美の400年」の入館者が14日、5万人を超えた。5万人目の入館者となったのは宇部市の自営業、田辺薫さん一家7人だ。3世代で美術館に訪れた7人には展覧会の図録や複製画などの記念品が贈られた。ヨーロッパ絵画・美の400年は先月3日から始まった。16世紀の
イタリア・ルネサンス絵画から20世紀の現代絵画まで400年にわたる西洋絵画史をほぼ一望できる展覧会となっていて、モネやルノワールなど世界的な人気を誇る作家の作品およそ80点が展示されている。ヨーロッパ絵画・美の400年は、22日まで開かれ
休まず開館する。

山口2019.10.14 19:33

しゅうなんスポーツフェスタ

体育の日の14日、周南市ではこどもたちに様々なスポーツを体験してもらおうと、県内のトップチームが一堂に会したイベントが
開かれた。キリンビバレッジ周南総合スポーツセンターで行われたのは女子バドミントンチーム、ACTSAIKYOによるバドミントン教室だ。選手同士による試合が行われるなど会場は大きく盛り上がった。また、女子ハンドボールチーム、YMGUTSの選手9人によるハンドボール教室だ。ハンドボールのルールを知らない
子どもたちも選手たちと交流しながら楽しくボールに触れていた。
中でも一番の盛り上がりをみせたのは7人制女子ラグビーチーム、
ながとブルーエンジェルスの選手たちによるラグビー教室だ。ラグビーワールドカップで日本代表が快進撃を見せていることもあり
ブルーエンジェルスの選手たちは少しでもラグビーに興味をもってもらおうと熱心に指導する。子どもたちも選手に負けない激しいタックルを繰り返していた。また、周南市出身でレノファ山口の
清永丈瑠選手も子どもたちと一緒にサッカーを楽しんだ。

山口2019.10.14 19:33

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース