広島のニュース

民間船と衝突の海自・掃海艇、穴あき浸水

26日夜、広島県尾道市の沖合で、海上自衛隊の掃海艇と民間の貨物船が衝突した。双方の乗組員にケガはなかった。 事故があったのは広島県尾道市の高根島から北東1.5キロの沖合。26日午後11時58分、海上自衛隊呉基地に向かって南に進んでいた舞鶴地方総監部所属の掃海艇「のとじま」と、北東に進んでいた貨物船が衝突した。 「のとじま」には41人、貨物船には5人が乗っていたが、ケガはなかった。「のとじま」は右側の後方に穴があいて浸水し、自力で航行ができなくなったが、沈没の恐れはなく、2隻とも油の流出の危険性はないという。 当時、海は穏やかで視界は良好だったということで、海上自衛隊は事故の原因を調べている。

広島2019.06.27 14:19

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース