高知のニュース

高校生漫才・セントラルドグマに「龍馬賞」

11月15日は坂本龍馬の誕生日で命日。この日、ことしの「龍馬賞」の授賞式が高知市でおこなわれた。「龍馬賞」は、坂本龍馬に続く人材を育てようと、さまざまな分野で活躍する県内の団体や個人に贈られるもの。34回目のことしは、高知南高校3年生・中山裕友さんと大野健誠さんの漫才コンビ「セントラルドグマ」が選ばれた。セントラルドグマは、ことし8月、高校生の漫才日本一を競う大会「ハイスクールマンザイ2019」で優勝。お笑いの環境としては決して恵まれていない高知にいながら、地道なライブ活動で腕を磨き、「若者が一途に夢を追うは龍馬と重なり、受賞にふさわしい」と高く評価された。2人は、江戸で剣術の腕を磨いた龍馬のように、高校卒業後は東京でお笑いの道に励むという。

高知2019.11.15 17:07

ヨーロッパに輸出するユズの出荷作業始まる

辺りに広がるさわやかなユズの香り。大豊町のJA高知県大田口集出荷場ではユズ玉をオランダなどヨーロッパへ輸出するための出荷作業が始まっている。JA高知県大田口支所では5年前からオランダにユズを輸出していて、レモンと違った酸味や甘さがヨーロッパの料理人などから高い評価を得ている。出荷されたのはオランダとイギリスへあわせて216キロ、2千玉以上で地元の生産者やJAの職員が表面のキズや汚れが少ないものを選別し、専用の箱に詰めた。ことしの嶺北産ユズは10月の台風19号による強風の影響でユズ玉が落ちたため、収穫量は例年より少ないものの、香りなど質がよいものがそろっているという。JAでは年内に600キロのユズを輸出する予定で、オランダやイギリスを経由して広くヨーロッパで料理に使われる。

高知2019.11.14 17:00

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース