徳島のニュース

東みよし町が独居高齢者の住み替え支援

山間部で一人暮らしの高齢者が増える中、東みよし町は22日、町内の空き家を活用し、山間部から平野部への住み替えを支援する協議会を発足させました。東みよし町は22日、社会福祉協議会や不動産業者、司法書士などと「居住支援協議会」を立ち上げました。協議会では山間部から平野部への転居を希望する一人暮らしの高齢者や広い家を探している子育て世帯など住宅の確保に困っている人と町内の空き家をマッチングさせ、住み替えを支援します。住宅の登録、紹介のほか、入居後の生活相談まで一括して対応することにしています。東みよし町によりますと住み替え支援の協議会を設置した町は県内では初めてで、全国でも北海道・本別町に次いで2例目だということです。

徳島2019.04.22 18:11

阿波踊り 実行委員会と共同事業体が協議

徳島市の阿波踊りを主催する実行委員会と、運営を委託された共同事業体との協議が徳島市で開かれました。協議には阿波おどり実行委員会の委員と共同事業体の担当者らが出席しました。はじめに共同事業体が4月19日の運営協議会で示した今年度の事業計画案についてあらためて説明した後、事務局が運営協議会から出された意見を報告しました。これに対し、委員からは「去年おどりロードで行われた総踊りは危険だった。おどり広場、おどりロードでどんな踊りをするのか明確にする必要がある」といった意見や、演舞場に配置する有名連について「これまでどおり太鼓、鉦、三味線を有する連との基準を維持するのか」といった質問がありました。また削減案が示されたシャトルバス事業費について「性急に結論を出さず、時間をかけて検討して欲しい」との意見が出されました。実行委員会と共同事業体との契約では、今年度の事業計画について4月26日までに実行委員会の承認を得ることとなっています。

徳島2019.04.22 16:22

大学教授に防災減災・復興アドバイザー委嘱

大規模災害に備え、徳島県は防災や地震研究などが専門の大学教授らに「県防災減災・復興アドバイザー」を委嘱しました。委嘱されたのは徳島大学環境防災研究センター長の中野晋教授と香川大学地域強靭化研究センター長の金田義行特任教授です。22日に県庁で飯泉知事が委嘱状を手渡しました。2人は南海トラフ巨大地震をはじめとする大規模災害に関し、防災・減災から復興に至るまでの幅広い施策について県に助言などをおこないます。中野教授は「県民の意識啓発への支援活動であったり事前復興の取り組み。少しでも被害の少ないところに住民が移転していくような環境作りも大事」と話しました。「防災減災・復興アドバイザー」の任期は再来年4月までの2年間です。

徳島2019.04.22 16:01

牟岐町長選 新人の枡富さんが当選

牟岐、神山、石井の3つの町長選は21日投開票が行われ、新人同士の一騎打ちとなった牟岐町長選は元町議会議長の枡富治さんが257票差で柿内久弥さんに競り勝ち、初当選しました。神山町長選は現職の後藤正和さんが元町議会議員の森本吉治さんを退け、町政史上初の5選を果たしました。石井町長選は現職の小林智仁さんが大差で2度目の当選です。

徳島2019.04.22 13:26

親子が一緒にタケノコ掘り

阿南市福井町の竹林で21日、親子が一緒にタケノコ掘りを楽しみました。これは、羽ノ浦公民館が親子の絆を深めてもらおうと毎年開いているものです。この日は、14組40人の親子が集まり、はじめにタケノコの掘りかたを教わったあと竹林に入りました。そして土から顔を出したタケノコを見つけるとクワやスコップなどを使って掘り出していきました。参加者の中にはタケノコ掘りは初めてという親子もいて掘り出すのに悪戦苦闘する場面も見られました。それだけにタケノコが掘り出されると子どもたちは大喜びでした。

徳島2019.04.21 17:42

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース