鳥取のニュース

大規模地震を想定し受刑者への対応を訓練

鳥取市の鳥取刑務所で22日、大規模地震が発生した際の受刑者の救助や制圧の手順を確認する訓練が行われた。訓練には中国地方の刑務所などで施設の警備に当たる刑務官36人が参加し、震度6強の地震が発生し刑務所内に受刑者や職員が取り残されたという想定で始まった。消防署員と連携をとりながら家屋の下敷きになっている受刑者や高所にいる要救助者を救助。また暴徒化し刑務所から逃走を図ろうとする受刑者を催涙弾などを使って取り押さえる手順などを確認した。鳥取刑務所では今後も定期的に訓練を行い、周辺住民の安心につなげたいとしている。

鳥取2019.11.22 20:14

雪のシーズンを前に関係機関が対策会議

本格的な雪のシーズンを前に、市民生活においての雪への備えや対策などについて確認する会議が22日鳥取市で行われた。会議には鳥取県や市、消防、警察など防災や除雪に関わる機関の約50人が参加。気象台からは、大雪についての警報・注意報を発令する基準値の変更について報告があった。これまでは、24時間降雪の深さを基準にして警報などを発表していたが、11月からは12時間降雪の数値を基準にし、早めの注意喚起を行うとしている。また予想降雪量をこれまでの2日先から、3日先まで予測することなども報告された。関係機関では、県民に対し提供情報をこまめに確認して雪への備えや対策をとってほしいとしている。

鳥取2019.11.22 19:57

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース