和歌山のニュース

和歌山・太地町“イルカのいけす”切られる

イルカの追い込み漁が盛んな和歌山県太地町で、イルカを飼育するいけすのロープが何者かに切られて、イルカが逃げ出し、警察が捜査している。 13日午前6時ごろ、和歌山県太地町の太地港で、漁で捕獲されたバンドウイルカがいけすから逃げ出しているのを漁師が見つけた。 警察によると、いけすの網を結ぶロープが、十数か所にわたり、刃物で切断されるなどしていて、飼育していたバンドウイルカ7頭のうち5頭が逃げたという。 警察は、何者かがいけすを切断したとみて、器物損壊事件として捜査している。 太地町のイルカ漁をめぐっては、海外の反捕鯨団体が、毎年、監視や抗議活動を続けている。

和歌山2018.11.14 01:20

生けす切られイルカ逃げだす 警察が捜査

13日午前6時ごろ、和歌山県太地町の太地港で漁で捕獲されたバンドウイルカが生け簀から逃げ出しているのを漁師が見つけた。警察によると、生け簀の網を結ぶロープが十数か所にわたり刃物で切断されるなどしていて飼育していたバンドウイルカ7頭のうち5頭が逃げたという。警察は、何者かが生け簀を切断したとみて器物損壊事件として捜査している。太地町のイルカ漁をめぐっては、海外の反捕鯨団体が、毎年監視や抗議活動を続けている。

和歌山2018.11.14 00:20

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース