大阪のニュース

5か月前から運動員手配依頼 逮捕大阪市議

 4月の統一地方選で、運動員の手配に報酬を支払ったとされる買収事件で、公職選挙法違反容疑で逮捕された大阪維新の会の大阪市議は、選挙の5か月前から運動員の手配を依頼していたことが分かった。  大阪維新の会所属の大阪市議、不破忠幸容疑者は、大阪市議選で、アナウンス係の女性の手配を選挙コンサルタントとして活動していた男に依頼し、報酬として現金72万円を支払った公職選挙法違反の疑いが持たれている。  その後の取材で、不破容疑者は、遅くとも去年11月までには、手配を依頼していたほか、アナウンス係には、法定の上限を超える日当が支払われたとみられることが、新たに分かった。  選挙が重なる統一地方選では、アナウンス係の需要が増えることから、警察は、不破容疑者がアナウンス係の確保を急いでいたとみて、調べている。

大阪2019.05.19 18:37

公明党 都構想の大枠容認へ 一部修正要求

 「大阪都構想」について、公明党は住民投票に加え都構想の大枠についても容認する方向であることが分かった。  大阪都構想を巡っては、大阪維新の会が、先月の大阪ダブル選挙での勝利を受け、公明党に対し、住民投票だけでなく、都構想そのものに賛成するよう求めていた。  公明党は18日までに幹部が協議した結果、都構想という枠組みは容認する方針だ。  一方で党内の一部には、都構想に反対の立場から一転して維新の案を全て受け入れることへの抵抗が大きいため、区割りなど一部の内容について、維新に修正を求める考えだ。  維新側も、特別区という枠組みが維持されるのであれば、協議には応じる考えで、これらを踏まえ、19日夕方にも、維新と公明の幹部が会談する予定。

大阪2019.05.19 11:55

ギャンブル等依存症 無料の電話相談 大阪

 ギャンブル依存問題の啓発週間に合わせ、依存症に悩む人や家族のための電話相談が19日、大阪で行われている。  電話相談「ギャンブル被害家族110番」(06・6361・0546、午前10時から午後5時まで)は、昨年施行されたギャンブル等依存症対策基本法で啓発週間が定められたことを受け、民間団体「いちょうの会」が開設している。  政府は、成長戦略としてカジノを含む統合型リゾート(IR)の誘致を進めているが、ギャンブル等依存症経験が疑われる人は、全国で320万人に上る。  同日朝は、「夫がパチンコで借金をして、会社のお金に手をつけてしまった」など、家族からの声が多く寄せられていた。  電話相談は無料で、20日も行われる。

大阪2019.05.19 11:54

大正区殺人未遂 スナック客同士口論の末か

大阪市大正区の路上で男性が倒れているのが見つかり、警察は殺人未遂事件として捜査している。 18日午前3時ごろ、大阪市大正区三軒家東の飲食店が立ち並ぶ路上で、40代くらいの男性が頭から血を流して倒れているのが見つかった。男性は病院に搬送されたが、脳挫傷などで意識不明の重体。警察によると男性は発見される直前、現場近くのスナックで一人で酒を飲んでいたところ、30代後半くらいの客の男と口論になり、男と共に店を追い出されていたという。警察は、男が口論の末に男性を殴るなどしてケガをさせ、現場から逃走した可能性が高いとみて、殺人未遂事件として逃げた男の行方を追っている。

大阪2019.05.19 00:56

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース