大阪のニュース

新型肺炎 大阪府が緊急対策本部を設置

 中国で「新型肺炎」の感染が急速に拡大するなか、大阪府は24日、緊急対策本部を設置した。  新型コロナウイルスの対策会議には、吉村知事や健康医療部長ら19人が集まった。大阪では、感染者は確認されていないが、旧正月を祝う春節で、中国人観光客の訪問が見込まれている。すでにウソの情報が出回っていることを受け、正確な情報の発信強化などが、確認された。  吉村知事は「(大阪では感染症が)発生する可能性が非常に高いと思っています。発生する前提で、府で対策を強化していきたい」と話している。  一方、関西空港と中国・武漢を結ぶ3つの航空会社は、来月29日まで、直行便を全便欠航すると発表した。

大阪2020.01.24 18:43

大阪メトロ 御堂筋線の終電繰り下げ実験

 大阪メトロは、24日夜、御堂筋線の終電を午前2時台まで繰り下げる実証実験を行う。その裏には国をあげての戦略があった。  1日あたり約120万人が利用する大阪メトロ・御堂筋線。梅田、なんば、天王寺といった大阪の主要都市を結び、関西の人々の生活を支える大動脈だ。  その御堂筋線で24日夜、江坂駅からなかもず駅の間で、通常、午前0時台の終電を2時間延長する。  実証実験の狙いは「ナイトタイムエコノミー」。国が推進する、新たなインバウンドの戦略。飲食や観光などの経済活動を夜間も活発にすることで、国内消費はもちろん、インバウンド消費も促すことが目的。  その基盤づくりに一役買おうと、各業界で取り組みが広がっている。  旅行会社の大手、「JTB」のグループ会社が企画したのは、和のテイストを取り入れたナイトショー。「日本は、夜に遊べる場所が少ない」という外国人観光客のニーズにこたえ、期間限定で開催されている。オーストラリアからの観光客は「とても楽しかった」と喜んでいる。  今後、ナイトタイムエコノミーは、関西経済にどのような効果をもたらすのだろうか。

大阪2020.01.24 18:39

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース