三重のニュース

豊田合成子会社 技能実習生に目的外作業か 三重・四日市市

 「豊田合成」の子会社が外国人技能実習生に対し、計画にない仕事を多くさせていたとして、監督機関から検査を受けていたことがわかりました。今月17日、国認可の監督機関「外国人技能実習機構」から実地検査をうけていたのは、トヨタ自動車系部品メーカー「豊田合成」の子会社、三重県四日市市の日乃出ゴム工業です。豊田合成によると、日乃出ゴム工業は金属塗装と金型仕上げの二つの職種で中国人技能実習生22人を受け入れていますが、これ以外に車に使うゴム部品の取り付け作業などをさせていました。今回の検査ではこの点が実習計画以外の作業を多くさせた技能実習適正化法違反の疑いがあると指摘を受けたということです。中京テレビの取材に対し、豊田合成は「法にのっとって是正していきたい」とし、日乃出ゴム工業は「現在、監査中なのでコメントは差し控える」としています。

三重2019.01.24 12:02

はしか感染新たに3人 病院などで感染者と接触 三重県発表

 三重県で新たに3人がはしかに感染したことがわかりました。三重県の感染者数は今年に入って37人となりました。三重県によると、新たに感染が確認されたのは三重県内に住む20ー40代の男女3人です。はしかの感染拡大をめぐっては、津市の宗教法人「救世神教」が先月末に開いた研修会で、参加者のうち29人がはしかに感染し、その後三重県を中心に感染が広がっています。宗教法人によると、研修会の参加者は半数以上がはしかの予防接種を受けていなかったということです。新たに感染が判明した3人はいずれも病院や学校などで、はしかに感染した研修会の参加者と接触していました。三重県は高熱や発疹などはしかを疑う症状が出たら、受診する前に保健所などへ連絡をするよう呼び掛けています。

三重2019.01.24 08:53

はしか感染新たに4人、津の研修会参加者家族ら 三重県発表

 三重県は22日、新たに4人がはしかに感染したと発表しました。はしかの感染は東海地方の各地に広がっています。三重県によると先月、津市内で開催された研修会の参加者の家族や参加者と接触があった4人が新たに感染したことがわかりました。研修会には49人が参加しており、うち29人の感染がわかっています。このほか、名古屋市と岐阜県でもそれぞれ男性と女性が研修会参加者からの二次感染とみられるはしかの感染を発表しています。各自治体は、高熱や発疹のようなはしかを疑う症状が出たら、受診する前に医療機関や保健所に連絡するよう呼びかけています。

三重2019.01.23 08:40

世界最大級のかんきつ類「晩白柚」収穫が最盛期 三重・熊野市

 三重県熊野市で人の頭ほどもあり、世界最大級のかんきつ類といわれる晩白柚(ばんぺいゆ)の収穫が最盛期を迎えています。大きさは温州ミカンの20倍ほどあり、大きいものでは直径25センチ、重さ3キロにもなります。グレープフルーツのようなジューシーさと、サクサクとした食感が特徴ということです。3月中旬までに約500個が収穫され、注文販売で全国に出荷されます。

三重2019.01.22 19:12

車と衝突、原付バイクの三重県職員の女性死亡 三重・明和町

 22日午前7時前、三重県明和町斎宮の信号のない交差点で、原付バイクと乗用車が衝突し、原付バイクを運転していた同町の三重県職員・海野雪子さん(47)が全身を強く打って死亡しました。乗用車を運転していた女性(56)にけがはありませんでした。警察は、乗用車の女性や目撃者から話を聴くなどして、事故原因を調べています。

三重2019.01.22 17:25

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース