岐阜のニュース

子連れクマ3頭に遭遇、女性ひっかかれ軽傷 岐阜・高山市

 20日午後、岐阜県高山市で、女性がクマに襲われ首に軽いけがをしました。

 高山市によりますと、20日午後2時すぎ、高山市丹生川町新張で、農作業中だった女性(69)が親1頭、子2頭のクマに遭遇しました。女性は、逃げる際に子グマに首をひっかかれ病院で手当てを受け、けがの程度は軽いということです。

 3頭のクマは近くの山の中に逃げており、高山市が住民に注意を呼びかけるとともに、猟友会がパトロールして警戒しています。

岐阜2019.09.20 18:34

自転車の男性はね逃走、ひき逃げ容疑で男逮捕 岐阜・関市

 19日夜、岐阜県関市の国道で、自転車に乗った男性を後ろから乗用車ではねそのまま逃げた男が20日、緊急逮捕されました。

 警察によりますと、ひき逃げの疑いで逮捕されたのは美濃加茂市の会社員・西村調容疑者(72)で、19日午後11時ごろ、関市肥田瀬で、男性(42)が乗った自転車を乗用車ではね、そのまま逃走した疑いがもたれています。

 男性は、頭と左足に軽傷を負いました。

 調べに対し、西村容疑者は「ガードパイプにはぶつかったが、自転車にはぶつけていない」と容疑を否認しているということです。

岐阜2019.09.20 16:59

豚コレラのワクチン接種方針、岐阜県などの養豚業界は安堵

 豚コレラの感染拡大を受け、農林水産省が20日、養豚場などのブタにワクチンを接種する方針を固めたことがわかり、農家からは安堵(あんど)の声が上がっています。

 豚コレラは去年9月、26年ぶりに岐阜県で感染が確認され、今月、関東でも初めて発生し、6県の養豚場など合わせて13万頭以上のブタが殺処分されています。

 ワクチン接種の方針を受け、県内の半数以上のブタを失った岐阜県養豚協会の吉野毅会長は「遅すぎた決断だが、本当に感謝したい」とホッとした表情を見せていました。

岐阜2019.09.20 11:47

民家など3棟が火災、消防署員2人けが 岐阜・恵那市

 19日正午ごろ、岐阜県恵那市の木造2階建ての民家から火が出ていると、近所の人から通報がありました。火は隣りの離れと空き家に燃え移り、合わせて約260平方メートルを焼いて、約3時間後にほぼ鎮火しました。

 この火事で、消火活動に当たった消防署員2人が軽いけが、民家の住人は逃げるなどして無事でした。

岐阜2019.09.19 16:57

赤ちゃんとふれあい「子育て・いのち」学ぶ 岐阜・飛騨市の中学生

 岐阜県飛騨市の古川中学校で19日、命の大切さを学ぼうと生徒たちが赤ちゃんとふれあう授業が行われました。

 授業は、赤ちゃんとふれあうことで子育ての喜びや苦労を知り、命の大切さを学んでもらおうと行われました。

 生徒たちは助産師や妊娠中の女性から話を聞き、妊婦の体の重さなどを体験できるジャケットを着た後、実際に赤ちゃんをだっこしたりしました。

 生徒は「お母さんは大変だったんだなと思った」などと話していました。同校では今後も「赤ちゃんふれあい体験教室」を定期的に行う予定だということです。

岐阜2019.09.19 11:49

横断禁止の道路、男性がバスにはねられ重体 名鉄岐阜駅前

 18日午後3時45分ごろ、岐阜市神田町の名鉄岐阜駅前で、道路を歩いて渡っていた同市の久野宗一さん(50)が、岐阜バスにはねられました。

 久野さんは全身を強く打っており意識不明の重体です。バスの運転手と乗客約20人にけがはありませんでした。

 事故を目撃した人は「(バスに)接触した時はぐったりしていて、声かけても意識なくて」と話していました。

 事故現場は横断禁止の道路で、警察は、久野さんが駅側から反対側に渡ろうとしたとみて当時の状況を調べています。

岐阜2019.09.18 19:03

強盗などの疑いで逮捕の男(45)別件でも再逮捕 岐阜・瑞穂市

 強盗などの疑いで逮捕された岐阜県瑞穂市の無職・黒田竜郎容疑者(45)が、別の強盗容疑で再逮捕されました。

 警察によりますと、黒田容疑者は今年7月、瑞穂市の路上で帰宅途中の20代の女性にカッターナイフを突き付けて脅し、現金4000円を奪った疑いがもたれています。

 調べに対し、黒田容疑者は「金をとろうとしたのは認めるが、金は奪っていない」と容疑を一部否認しているということです。

 黒田容疑者は先月、現金約7万円を奪ったなどとして強盗などの容疑で逮捕されています。

岐阜2019.09.17 18:55

「そばの花まつり」一面の白い花に秋の気配 中津川市

 岐阜県中津川市坂下の「椛(はな)の湖自然公園」で、見ごろを迎えたソバの花を楽しんでもらおうと、「そばの花まつり」が開かれています。

 公園には県内最大級の5ヘクタールの畑でソバが栽培されていて、満開の時季を迎え5ミリほどの白い花が、じゅうたんを敷き詰めたように広がっています。

 訪れた人は、秋を感じさせる白く染まったソバ畑にカメラを向けるなどして楽しんでいました。

 11月初旬には実を収穫し、年明けに、近くの道の駅などで食べられるということです。

 「そばの花まつり」は今月23日まで開かれています。

岐阜2019.09.17 12:03

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース