静岡のニュース

清水でナウマンゾウの牙の化石発見

静岡市清水区で見つかったのはナウマンゾウの牙の化石だった。なんと、まるまる一本の牙が見つかる大発見。県内で見つかった化石は全長1.8m、重さは30kg。ナウマンゾウはおよそ40万年前から2万年前まで日本に生息していたとされるゾウで、全国で200点以上化石が発見されている。県内でも発見の報告はこれまでにもあるが、牙が根元から先端まで完全な形で見つかるのは初めてだ。発見場所は静岡市清水区の草薙川沿い。発見した静岡市駿河区の宮澤市郎さんは、30年間化石採集をしていて、当時はカキの化石を探していた。見つかった当時はきれいに繋がった状態だったそうだ。保存状態がよく学術的にも貴重な大発見。宮澤さんの夢は県内で恐竜の化石を見つけることだという。発見されたナウマンゾウの牙は「ふじのくに地球環境史ミュージアム」で11月30日から一般公開される。

静岡2019.11.22 20:35

東名高架下火災 シートに引火か

21日静岡市の東名高速の高架下で起きた火事で、実況見分が行われた。警察と消防は、作業場の足場などを覆うシートに引火し燃え広がったとみている。この火事は21日、静岡市駿河区の東名高速の高架下で工事中に発生し、作業員とみられる男性が死亡、やけどなどを負った10人がけがをした。消防などによると当時、現場では橋げたの塗装をはがす作業をしていたが、作業に使う液体は不燃性のもので足場は防炎シートで覆われていたという。警察は何らかの理由で作業場を覆うシートに引火したとみて火事の原因を調べるとともに、業務上過失致死傷の疑いも視野に捜査している。東名高速は上下線の一部区間で通行止めとなっていたが、22日午前6時に解除された。

静岡2019.11.22 20:32

東名高速の火災 シートから燃え広がったか

21日に静岡市の東名高速の高架下で工事中に起きた火事で、火は作業場を覆うシートから燃え広がった可能性があることがわかった。 この火事は21日午前、静岡市駿河区の東名高速の高架下から出火し、作業員とみられる男性1人が死亡、10人がけがをしたもの。中日本高速道路によると、当時、高架下につり下げられた作業場で塗装をはがす工事が行われていたという。 警察や消防は、火が作業場の足場などを覆うシートから燃え広がった可能性があるとみて実況見分を行い、火事の原因を調べている。 また、東名高速は上下線の一部区間で通行止めとなっていたが、22日午前6時に解除された。

静岡2019.11.22 14:03

静岡市 東名高速の高架下で火事 1人死亡

22日午前、静岡市駿河区の東名高速の高架下で工事中に火事があり作業員1人が死亡、10人がけがをした。21日午前11時すぎ静岡市駿河区の東名高速上り線で火事があった。消防によると午前11時すぎ、静岡市駿河区中吉田の「東名高速の高架下から火の粉が落ちている」と近所の人から通報があった。高架下では工事が行われいて、当時48人の作業員がいたが1人が死亡。煙を吸うなどして重傷者2人を含む10人がけがをした。関係者によると当時、現場では橋げたの塗装を塗り替える作業が行われていたという。工事業者は「塗装をはがす作業をペンキ屋さんがしていた」「橋の塗装をはいで磨くときに火が出た可能性もあるのではないか」などと話した。21日午後6時現在で東名高速上り線が静岡と清水インターの間、下り線が清水インターと日本平久能山スマートインターの間で通行止めとなっている。警察や消防が出火の原因を調べている。

静岡2019.11.21 20:19

大嶽創太郎氏 静岡6区から出馬の意向

フリージャーナリストの大嶽創太郎氏が、衆議院静岡6区から出馬する意思を示した。立憲民主党の公認を目指すという。沼津市や伊豆半島が選挙区の静岡6区から出馬する意思を示したのは、沼津市出身のフリージャーナリスト・大嶽創太郎氏(37)。大嶽氏は3年前の参院選とことし4月の県議選に出馬するも落選、現在は立憲民主党員として活動している。党の公認候補として出馬したい考えだが「無所属でも出馬する」と話している。ただ、静岡6区には国民民主党と自民党の現職議員がいるため、立憲と野党共闘を模索する国民民主党が闘うことになる。大嶽氏は「野党共闘を崩したいというわけではない。現職議員の政治的のスタンスに憲法や自衛隊、原発問題について違いがあるようであれば、立候補することによって有権者に選択肢が与えられる」と話した。大嶽氏は候補者調整が行われた場合でも「ほかの選挙区から出馬することは考えていない」と話している。

静岡2019.11.21 20:15

CSF豚コレラ対策会議

県内で野生のイノシシから相次いで感染が確認されているCSF、いわゆる豚コレラについて県は20日、対策会議を開いた。この会議は、CSF、いわゆる豚コレラのウイルス感染拡大を防止するため設置されたもの。20日の会議では今月3日から県内の養豚場などで始まっていたワクチンの初回接種が完了したことが報告された。一方で、ワクチンを接種しても抗体の上昇がみられない豚が一定程度いることから今後もワクチン接種を継続し、消毒を徹底することを確認した。

静岡2019.11.21 12:15

ボジョレ・ヌーボー解禁

フランス産の新種ワイン「ボジョレ・ヌーボー」が解禁され、沼津市のスーパーではカウントダウンパーティが開かれました。マックスバリュ沼津南店にはワイン愛好家たちが集まり解禁を祝いました。「ことしのボジョレ・ヌーボーは、生産地の天候が不安定でブドウの出来に不安がありましたが、ブドウは果汁が増したものが収穫でき、フレッシュでフルーティーな味わいを楽しめる」ということです。集まった人たちはワインに合う料理を試食したり自分好みのワインを探して買い求めていました。

静岡2019.11.21 12:13

JR藤枝駅前で薬物根絶キャンペーン

芸能人や著名人の薬物逮捕が相次ぐ中、薬物乱用の根絶をめざし21日朝、JR藤枝駅前で街頭キャンペーンが行われた。この取り組みは、芸能人やアスリートなど著名人が薬物により検挙されるケースが後を絶たず、一般市民の間にも薬物乱用による凶悪犯罪が発生する中で、官民一体となって薬物乱用の根絶を訴えたもの。JR藤枝駅前周辺では保健所職員や地域の薬物乱用防止指導員ら約20人が通勤通学で駅を利用する人たちに薬物の危険を訴える啓発グッズを配り、薬物乱用防止を呼び掛けた。県警のまとめによると、去年県内で覚せい剤や大麻など薬物の使用などで419人が検挙され、増加傾向にあるという。

静岡2019.11.21 12:11

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース