静岡のニュース

吉田町 保育園のクリスマス会に「よし吉」が登場

19日吉田町の4つの保育園でクリスマス会が開かれ。吉田町の小山城の帽子をかぶった人気者のゆるキャラPR部長「よし吉」が登場した。吉田町神戸のわかば保育園では、クリスマス会によし吉サンタがサプライズで登場したので子どもたちは大喜びだ。そして、よし吉からみんなへのクリスマスプレゼントが担任の先生に贈られ、みんなで記念写真を撮って一足早いクリスマスを楽しんだ。

静岡2018.12.19 12:47

県知事 今年1年を振り返る

川勝知事は18日の定例会見で今年1年を振り返り「台風21号や大停電はあったが、記録的大災害はなかった。そして富士山世界遺産センターの稼働やふじのくに茶の都ミュージアムなどのオープン、伊豆半島ジオパーク世界認定やワサビの世界農業遺産の認定、本庶さんのノーベル賞受賞、また平成最後の両陛下の県内ご訪問など慶事が多かった」と話した。そして今年を表す漢字として国政は各省庁の不祥事が相次いだことから「傷(しょう)」、県政はハバタクという意味の「翔(しょう)」をあげました。

静岡2018.12.19 12:43

富士宮市 トンネル点検にレーザー活用

トンネルの点検にレーザーを活用する実証実験が行われた。富士宮市内房の尾崎トンネルではレーザーを乗せたトラックがトンネル内を走行し壁の表面をデータ化。ひび割れなどがあった場所には打音検査ができる機械でレーザーを打ち付け内部の状況を調べた。トンネル点検はハンマーなどを使って人の手で行われていたが効率化や安全性の向上に期待が寄せられている。

静岡2018.12.18 22:29

東伊豆町 園児がイチゴ狩り体験

東伊豆町奈良本にあるイチゴ狩り施設「樋ノ口園」では、20日からのオープンを前に、地元の幼稚園児37人を招待して一足早いイチゴ狩りを体験してもらった。園児らは、園長から説明を受けた後、掛け声とともにビニールハウスに入り、赤く熟したイチゴを夢中で摘み採っては何度も口に運び、「おいしい」、「甘い」などと笑顔を見せていた。今年は9月の台風の影響で収穫時期が1週間から10日遅くなったが、イチゴの出来は非常に良いという。東伊豆町には全部で5軒のイチゴ狩り園があり、12月下旬までに順次開園する予定。

静岡2018.12.18 12:28

焼津さかなセンターで消防が年末特別査察

年末を控え、買い物客が増える「焼津さかなセンター」で18日、消防の年末特別査察が行われた。これは買い物客などで年末に混雑が予想される商業施設の、防火管理体制や安全管理の徹底を図ろうと志太消防本部が実施したもの。志太消防本部の石神良訓消防長らが「年末特別査察実施中」のたすきをかけて、焼津さかなセンターに立ち入り、通路幅や避難経路の確保・火気管理の徹底がなされているかなど、混雑時に火災が発生した場合に2次災害につながる要因となりうる場所を重点的に巡視した。札幌市で16日に爆発事故が発生したばかりとあって、志太消防本部では「年末に向け大型商業施設やホテルなどは特に火気の取り扱いに注意してほしい」と話している。

静岡2018.12.18 12:26

静岡市民文化会館 アリーナ整備「難しい」

老朽化が進む静岡市民文化会館について静岡市はこれまで検討していたアリーナへの再整備は「難しい」という調査結果を報告した。竣工から40年が経過した静岡市民文化会館の再整備をめぐっては静岡市が機能の異なる4つの計画案を示し比較調査を行っていた。この4つの案のうち3つは5000席から7000席規模のアリーナを整備する計画だったが、調査の結果アリーナの整備は難しいことが明らかになり17日の検討委員会で報告した。委員会では、隣接する中央体育館などとの共存が困難なことからアリーナの整備は難しいという結論に。現在の施設を改修するなどして付加価値を見出すべきとの見解が示された。中には、現在の場所から移転させてアリーナを整備すべきと指摘する委員も。候補地に名前があがった東静岡には一部が利用されていない市有地がある。静岡市は委員らの意見を踏まえ来年1月の検討委員会に整備方針を示すという。

静岡2018.12.17 22:52

カーネーション見本園が開園

色とりどりのカーネーションを期間限定で見学できる施設が、16日河津町に開園した。県内有数のカーネーションの生産量を誇る河津町にオープンした、かわづカーネーション見本園では、332種類14000株のカーネーションが鑑賞できる。ビニールハウスの園内は一般棟と特別棟に分かれており、特別棟では種苗会社から提供された新品種を見学できる。中でもスプレーという枝分かれして咲く品種がかわいい花を咲かせていて人気があるという。かわづカーネーション見本園は来年5月の母の日まで開園している。

静岡2018.12.17 13:51

三島市長選、豊岡氏に当選証書

16日行われた三島市長選挙は現職の豊岡武士さんが3期目の当選をして、17日、当選証書が手渡された。現職の豊岡さんは2万447票を獲得し2位に5千票以上の差をつけ当選を果たした。そして、一夜明けた17日三島市役所で行われた当選証書付与式で、三島市選挙管理委員会の今井紀三男委員長から当選証書が手渡され、選挙の争点となった三島駅の再開発について抱負も語った。16日の投票率は49.83%で、8年前の前回の選挙を4.27ポイント下回った。

静岡2018.12.17 13:47

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース