静岡のニュース

清水庁舎移転反対派が市長に要望書提出

静岡市の清水庁舎の移転をめぐる問題で22日、反対する市民団体が田辺市長宛に要望書を提出した。静岡市は老朽化した清水庁舎を清水駅の東口へ移転し、その跡地に桜ヶ丘病院を移す計画を示している。しかし、庁舎と病院の移転場所が津波の浸水想定区域であることから地元住民の一部から反対の声が上がっている。4月の市長選挙でもこの問題は争点となり田辺市長は当選後に「説明がしっかりと伝わっていなかった」と話していた。その発言から4か月。田辺市長は移転のための補正予算案を市議会9月定例会に提出する方針を表明した。これに対し反対派の市民たちは「住民への十分な説明がされていない」と主張。市の方針と住民の意思が異なっている可能性があるとして移転計画の賛否を問う住民投票を行うよう市長に要望した。市民団体は、要望が受け入れられなかった場合は住民投票の請求に向けた署名活動を検討するという。

静岡2019.08.22 21:01

陸上自衛隊 迫撃砲落下は人為的ミス

ことし6月、自衛隊の輸送機から東富士演習場周辺の山林に迫撃砲が落下した事故は人的ミスだったことがわかった。この事故はことし6月、御殿場市の東富士演習場で陸上自衛隊の第一空てい団が輸送機から物資の投下訓練をした際演習場外の裾野市の山林に迫撃砲などを梱包した重さおよそ120キロのものを落下させたもの。陸上自衛隊によるとこの時、物資の投下を指示する降下長が、投下2分前を1分前と誤認し、本来はしなければならない目視による飛行位置の確認も怠ったまま隊員に投下準備を指示した。指示を受けた隊員は迫撃砲の一部を機体の外に出したが、風などの影響を受けて耐えきれず落としてしまったという。陸上自衛隊では再発防止に努めると話している。

静岡2019.08.22 12:37

清水港に巨大客船が入港

清水港にこれまで寄港した客船としては最大となるマジェスティック・プリンセスが22日朝、入港した。清水港に入港したのはイギリス船籍のクルーズ船マジェスティック・プリンセス。総トン数は14万3700トン、これまで清水港に寄港した客船の中では最大となる。22日の清水港には船を写真におさめようと大勢の人が集まり、カメラを構えていた。今回は上海発着の8日間のクルーズで、乗客の数は約4100人、船が接岸すると乗客が次々と船をおり、日本平や三保松原などの観光地に向かうバスに乗り込んだ。マジェスティック・プリンセスは午後4時に出港する予定で、大阪へ向かうという。

静岡2019.08.22 12:33

局地的雷雨 最大3220戸が停電

21日午後、県内は大気の状態が不安定となり藤枝市などで局地的に雷を伴う強い雨が降り一時最大で3220戸が停電した。21日昼過ぎに島田市付近で発生した雨雲は東に進みやがて藤枝市や焼津市にも。午後4時ごろ藤枝市で撮影した映像には道路や家の屋根を打ち付ける強い雨。中部電力によると雷の影響により藤枝市や島田市などで一時、合わせて最大3220戸が停電した。停電はすでに復旧している。

静岡2019.08.21 19:45

南アルプスで遭難 行方不明

静岡市の南アルプスで、浜松市の会社員の男性が遭難し行方不明となっていて、県警の山岳遭難救助隊などが捜索に向かっている。行方不明になっているのは浜松市中区の会社員平松茂さん63歳だ。警察によると平松さんは今月11日、長野県の大鹿村からひとりで入山し、14日に熊の平小屋を北岳に向けて出発した後、行方が分からなくなった。その後、平松さんが出勤予定だった19日に出勤しなかったため、会社から神奈川県に住む家族のもとに連絡があり、家族が警察に通報した。警察などでは21日から現場に向かい、到着次第捜索を行う予定。

静岡2019.08.21 12:07

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース