石川のニュース

年賀状受け付け始まる

年賀状の受け付けが15日から全国一斉に始まり、金沢市の郵便局では園児たちが、思い思いの年賀状を投函した。
園児たちが手にしているのは自分で書き上げた年賀状だ。15日から全国一斉に年賀状の受け付けが始まり、このうち新金沢郵便局では金石幼稚園の園児らが家族や友達に宛てた年賀状をポストに投函していた。この後、園児たちは年賀状が地域ごとに仕分けられる様子を見学していた。去年の県内の年賀状の受け付けは2435万枚で、その前の年に比べるとおよそ100万枚減少したという。郵便局では元旦に届けるためには12月25日までに投函してほしいとしている。

石川2019.12.15 15:06

東京オリンピックに貢献 大島鎌吉さんの碑

1964年の東京オリンピックに貢献した金沢市出身の大島鎌吉さんの功績を広めようと、市内の寺に碑が建てられ、14日に除幕式が行われた。
14日は大島さんが眠る金沢市小立野の経王寺で法要が営まれた。大島鎌吉さんは陸上の三段跳びの選手として、1932年のロサンゼルスオリンピックで銅メダルを獲得。1964年の東京オリンピック招致などに貢献し、選手団長も務めた。除幕式には大島さんの親族ら関係者が出席した。墓の隣に建てられた碑には、大島さんの顔が描かれている。関係者は多くの人にその偉業を知ってほしいと話していた。

石川2019.12.14 17:11

SDGsの体験も 科学の面白さ学ぶ

実験などを通して科学について学べる催しが14日、小松市で開かれ、家族連れらが科学の面白さに触れた。
さまざまな科学実験やものづくりが体験できる「サイエンスフェスタ2019」。会場には、地元企業や大学生が設けた19のブースが並び、子どもたちがレゴロボットの操縦体験や和菓子作りなどにチャレンジした。また、SDGsを推進する団体のブースでは、子どもたちが一生懸命絵を描いた。その画用紙の中心にあるのは、小松市の過去40年間の平均気温を表したグラフ。子どもたちは絵を通して、地球温暖化について考えていた。

石川2019.12.14 17:09

消費増税 半数以上の企業「経営に影響」

金沢商工会議所が行った「消費増税」に関する調査で、経営に影響があると答えた企業が半数以上にのぼったことが分かった。
11月、金沢商工会議所が行った調査によると、消費税率の引き上げによる経営への影響は「かなり影響がある」が8.7パーセント、「一部に影響がある」が45.7パーセントで、半数以上の企業が何らかの影響があると回答した。軽減税率制度開始までの準備状況については、4割以上が「対応していない」としていて、具体的に対応できなかった内容としては、経理事務の方法の確認や価格表示の変更などが挙げられた。また、企業側からは「キャッシュレス決済の手数料の負担が大きい」といった意見が寄せられたという。

石川2019.12.14 17:06

現役のプロ選手3人がテニス指導

現役の若手プロテニス選手3人によるテニス教室が14日、県内で初めて、津幡町で開かれた。
この教室は津幡町出身の現役プロテニスプレーヤー、斉藤貴史選手らが企画した。14日は斉藤選手や同年代の西岡良仁選手、沼尻啓介選手が指導に加わった。午前中の部では、抽選で選ばれた県内を中心とした小学3年生以下の19人が参加。子どもたちはボールの打ち方など、和やかなムードの中で基本的な指導を受けた。この教室は年齢別などに分かれて、15日も行われる。

石川2019.12.14 17:05

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース