石川のニュース

金沢市で新たに野生のイノシシから豚コレラ

先週から今週にかけて金沢市内で死骸で見つかった野生のイノシシ2頭がいずれも豚コレラに感染していたことが分かった。
県によると1月14日に金沢市高尾町で、また20日には金沢市平栗でそれぞれ野生のイノシシ1頭が死んでいるのを付近の住民が発見した。県が遺伝子検査を行ったところ、いずれもCSFいわゆる豚コレラの感染が確認されたという。県ではこれまで231頭の野生のイノシシを検査していて、うち16頭から感染が確認されている。県内の養豚施設はすべてかほく市より北に集中しているが今のところ能登地域での感染は確認されていない。県では引き続き発見された地点から半径10キロ以内での捕獲調査を行い、感染状況の把握を進めている。

石川2020.01.22 15:59

「かるた」で防犯を学ぶ 川北町で講習会

この春、小学校への入学を控える園児に防犯について学んでもらおうと、川北町の保育所で、かるたを使った防犯講習が行われた。
警察と防犯協会が今回、初めて作った「防犯かるた」。防犯ブザーを持ち歩くことなど、通学する際の注意が書かれていて、この日は川北町の橘保育所でかるたを使った防犯講習会が開かれた。能美警察署では、今後もかるたを使った講習会を開き、防犯意識を高めたいとしている。

石川2020.01.21 20:34

小松市のこども園で今年初のお茶会「初釜」

小松市にあるこども園で21日、新年最初のお茶会「初釜」が開かれた。
小松市にある松陽こども園では日本の文化や作法を学んでもらおうと年長組の園児を対象に月に1度、地元の講師を招いてお茶会を開いている。お茶やお菓子を味わうだけではなく、運ぶ役も園児たちが務める。器を2度回すなどの作法を守りながらお茶をいただいていた。2月のお茶会では、年中組の園児らにお茶を振る舞うという。

石川2020.01.21 15:58

最新機材を活用した救急訓練でスキル向上

最新の機材を活用して救命措置の対応を確認する訓練が白山市で始まり、救急隊員たちがスキルアップに取り組んだ。
この訓練は白山野々市広域消防本部が開いたもので去年の秋に導入したばかりの人と同じように脈拍や呼吸が変わる人形などが初めて用いられた隊員たちは患者の状態を素早く、的確に見極め、適切な処置を行う能力が問われる。この訓練は22日も参加者を入れ替えて行われる。

石川2020.01.21 15:56

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース