石川のニュース

金沢の中学生がSDGsへの理解深める

持続可能な社会の実現を目指す国際目標「SDGs」について学ぶ授業が、金沢市内の中学校で行われた。
「SDGs」は、貧困や不平等の解消など17の目標を掲げ2030年までの達成を目指すもので、星稜中学校では3年前から、総合学習の一環として取り入れている。22日は1年生の生徒たちがブロックを使って自らを表現し、グループ内での説明や討論を通して、SDGsについての理解を深めた。星稜中学校では3年間通じてこうした授業を行なうという。

石川2019.07.22 16:02

参院選「1票の格差」 北陸でも提訴

21日に投開票が行われた参議院選挙の「1票の格差」をめぐり、北陸3県の住民が22日、選挙の無効を求める訴えを起こした。今回の「1票の格差」をめぐる裁判は全国各地で起こされ、北陸でもは22日、代理人の弁護士が訴状を提出した。議員1人あたりの有権者の数は、石川県選挙区と最も少ない福井県選挙区では1.47倍の格差があり、福井県での1票が石川県では0.68票分の価値しかないという。原告側はこの格差を是正せずに行われた今回の参院選は憲法違反であり、無効だと主張している。

石川2019.07.22 16:00

世界選手権を前に 競歩の鈴木選手激励会

陸上の世界選手権に出場する鈴木雄介選手の激励会が22日、地元の能美市で行われた。
競歩で20キロの世界記録と50キロの日本記録を持つ鈴木選手。9月にドーハで行われる世界選手権への出場を控えていて、能美市役所では22日、市民らも見守る中、井出市長が激励の言葉をかけ、地元の特産品などを贈った。鈴木選手は日本人最上位でメダルを獲得すると、東京オリンピックの出場が内定する。

石川2019.07.22 15:59

参院選で再選の山田修路さん 決意新たに

21日、参議院選挙で再選を果たした自民党の山田修路さんが一夜明けた22日、改めて国政へ向けての決意を語った。
県選挙区で28万8000票あまりを獲得し、2回目の当選を果たした自民党の山田修路さん。22日朝は、6時には自宅を出て、支援を受けた関係先へとあいさつ回りに向かった。そのうち、県漁協では日本海でのイカの資源減少問題などに触れ、日本の漁場を守る決意を改めて示していた。
一方、比例代表では能美市出身で自民党の宮本周司さんが約20万票を獲得し、2回目の当選を果たした。宮本さん個人の県内での得票は6万2000票あまりで、6年前の前回をおよそ8000票上回った。

石川2019.07.22 15:58

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース