東京のニュース

自民・石崎議員 暴行問題「真摯に対応を」

自民党の石崎徹衆議院議員から暴行を受けたとして秘書だった男性が、警察に被害届を提出した問題で石崎議員は「真摯(しんし)に対応していきたい」などとコメントを発表した。 石崎議員の秘書だった30代の男性は先月上旬、車で送迎していた際、石崎議員から車内で腕を殴られたとして、被害届を提出し、受理された。 石崎議員はこれまで取材に応じていないが、22日にコメントを発表し、「今後、秘書との向き合い方について、今一度自分自身反省し、仲間として仕事をしていける体制を整えていく」としている。 また今後警察からの要請があれば「事実関係を整理し真摯に対応していきたい」とコメントしている。しかし石崎議員に対しては自民党内からも「説明責任を果たしていない」と批判の声が上がっている。

東京2019.07.22 22:03

岩屋防衛相 「有志連合」は“慎重に検討”

岩屋防衛相は来日中のアメリカのボルトン大統領補佐官と会談し、アメリカが呼びかけているホルムズ海峡などでの有志連合について慎重に検討する考えを示した。 中東ホルムズ海峡などの安全確保のため、アメリカは船舶を護衛する有志連合を呼びかけている。日本は原油の多くを中東に依存しており、政府は有志連合に参加するかどうか検討している。 ボルトン米大統領補佐官「話し合いは今後も続くだろう。その結果については非常に楽観的だ。非常に建設的な議論だった」 岩屋防衛相「よくその(アメリカからの)提案の中身を精査した上で検討したいというふうに思っています」 また岩屋防衛相は記者団に「まずは地域の緊張を解く外交努力をしっかりやる」と強調した。有志連合への自衛隊の参加には慎重な意見もあり、政府は今後難しい判断を迫られることになる。

東京2019.07.22 21:42

安倍首相と公明党・山口代表が会談

21日に行われた参議院選挙を受け、安倍首相と公明党の山口代表が会談した。この中で山口代表は、中東・ホルムズ海峡の安全確保のため、アメリカが呼びかけている有志連合への参加について、慎重な姿勢で臨むよう求めた。 公明党・山口代表「アメリカの考え方はどういうことなのか、それから日本がイランと対話できる立場というのは、しっかり重視して大切にしていくべきだと」 また、山口代表は「有志連合の内容がはっきりしないので、政府・与党でかじ取りを間違えないように結束してあたっていきたい」と強調した。 また、今回の参議院選挙を受け、安倍首相は22日の会見で、憲法改正について「議論は行うべきというのが国民の審判だ」と強調した。 しかし、山口代表は「よく分析する必要がある。結果を冷静に受け止めるべき」と述べており、温度差が浮き彫りとなった形。

東京2019.07.22 21:37

「有明体操競技場」五輪メダリストが視察

東京オリンピック・パラリンピックまで、24日で残り1年となるのを前に、オリンピアンたちが競技会場を訪れた。 東京・江東区の「有明体操競技場」では、体操競技とボッチャが行われる。 競技場には、およそ2300立方メートルと、大会施設の中で最も多く木材が使われている。観客席は国産のスギ、屋根は国産のカラマツでできていて、木造の屋根としては世界最大規模だという。 22日、アテネオリンピックで体操金メダリストの冨田洋之さんたちが、建設現場を視察した。 アテネ五輪体操金メダル・冨田洋之さん(38)「木のぬくもりがすごく感じられて、アーチ状の天井が空間を広く感じさせてくれていますので、すごくやりやすいのではないかなという印象です」 会場には観客席1万2000席が設置されるが、大会後には全て撤去し、展示場として使われるという。

東京2019.07.22 20:59

金融庁職員装った男がカード詐取 映像公開

警視庁は、特殊詐欺に関わった犯人の男の映像を公開した。 男が被害者の自宅を訪れたときの防犯カメラの映像。警視庁によると、ことし4月、東京・台東区で87歳の女性が金融庁の職員を装った男にキャッシュカード4枚をだましとられた。 男はその後、ATMから現金計446万円を引き出したという。男は年齢が20代くらいで警視庁が情報提供を呼びかけている。 情報提供先:警視庁・下谷警察署 03−5806−0110

東京2019.07.22 20:56

参院選から一夜 注目候補の選挙戦泣き笑い

21日に行われた参議院選挙は124の改選議席が全て決まり、自民・公明の与党がその過半数を上回る議席を獲得し、勝利した。話題を集めたあの注目候補は選挙戦をどう戦ったのだろうか。その“泣き笑い”までカメラが密着した。     ◇ 喜びから一夜が明けた22日。日本維新の会から出馬し、当選を果たした鈴木宗男氏。 鈴木宗男氏「令和になって初めての国政選挙。国会に戻れるのは格別ですね」 「最後の戦い」と位置づけ、のぞんだ選挙戦。地元・北海道から南は沖縄まで。全国2万キロ以上を走り回った。 そして、話題になるのは、選挙のたびに駆けつける盟友、松山千春さん。さらに今回は、世界的な大物の姿も。宗男氏の演説を聞いているガタイのいい外国人男性。実はこの人… 鈴木宗男氏「スティーヴン・セガールさんが来てくれました」 親交があるという映画「沈黙シリーズ」で有名なハリウッド俳優、スティーヴン・セガールさんが駆けつけたのだ。 スティーヴン・セガールさん「今回の選挙、よろしくお願いします」 仲間の応援もあり、9年ぶりの国政復帰を果たした。 応援むなしく、落選した候補者も。自民党の塚田一郎氏(55)。塚田氏といえば、やはり… 塚田国交副大臣(当時)「森友(問題)とか色々言われていますけど、でも私は忖度します」 マイナスイメージを払しょくすべく、初日から走り続けた選挙戦。また、塚田氏が「忖度した」という大物も続々と応援に訪れる。しかし… 塚田一郎氏「猛ダッシュしてふくらはぎを痛めてしまいまして」 後半の失速が影響したのか、逆境をはね返すことができず落選となった。 一方、満面の笑みで姿を見せたのは元グラビアアイドルの立憲民主党・塩村文夏氏(41)。 歓喜の声は、あの注目候補からも。 「須藤元気さん。おめでとうございます!」 元総合格闘家で立憲民主党の須藤元気氏(41)。当選確実の情報が入ったのは、22日午前4時前だが… 須藤元気氏「バンザイとかやらないんですか?」 「そうだ」「改めまして、おめでとうございました!バンザーイ!」 須藤元気氏「こういう感じ?」 生まれて初めてだというバンザイを披露。選挙戦で話題を呼んだのはビラ配り。 須藤元気氏「チラシをお願いします」「ありがとうございます、がんばります」 得意のダンスで有権者の心をつかんだ須藤氏。まずやりたいことを問われると… 須藤元気氏「僕、枝野代表に会ったことがないので、まずご挨拶をしたいなと思っております」 改選前の9から改選後17と、大幅に議席数を増やした立憲民主党。ただ、その波に乗れなかった新人候補も。 市井紗耶香氏「政治の世界に子育ての当事者が少ないからです」 元・モーニング娘の市井紗耶香氏。ママになってもその人気ぶりは健在だったが、思うように票が伸びず落選。会場にも姿を見せることはなかった。 一方で、結成以来初の議席を獲得した政治団体も。21日夜、ひときわ大きな歓声に包まれていたのは—— 山本太郎氏「どもどもども。見た?見たよな?見た?」 山本太郎代表率いるれいわ新選組。結成から約3か月ながら比例代表で2議席を獲得。得票率も2%を超え、政党要件を満たした。ただ、自身は落選した山本代表。今後の進退については… 山本太郎氏「消費税増税の悪い影響が出る前に必ず選挙が行われると思っています。早ければ年内、だからもうきょうから始まっています、衆議院選。そういう気分です」 また、「NHKから国民を守る党」も1議席を獲得し、政党要件を満たすものとみられる。 反安倍政権の受け皿として新たな政党が誕生した今回の選挙。自民党は定数1の選挙区で22勝10敗と楽な戦いというわけではなかった。安倍政権幹部は—— 政権幹部「激戦区で競り負けた」 投票率をみても、48.80%と1995年の参院選に次ぐ戦後2番目の低さだった。一夜明け、安倍首相は6回連続国政選挙で勝利したと強調。 安倍首相「安定した政治基盤の上に新しい令和の時代の国づくりを進めよと、国民の皆様からの力強い信任をいただいた」 また、争点としていた憲法改正については。 安倍首相「少なくとも、議論すべきという国民の審判は下ったと思います」 与党と憲法改正に前向きないわゆる「改憲勢力」で改憲の発議に必要な3分の2の議席を維持できなかったものの、任期中の憲法改正にむけ前向きな考えを改めて示した。

東京2019.07.22 19:47

韓国・釜山の日本総領事館に男女6人が侵入

日本の輸出規制強化に抗議する韓国人の男女6人が釜山の日本総領事館に侵入した。 韓国の警察などによると、22日午後2時半ごろ、釜山の日本総領事館の敷地内で、抗議活動を行った大学生とみられる男女6人が建造物侵入などの疑いで身柄を拘束された。 身分証を提示して総領事館内の図書館に入った後、建物の外に飛び出し、「経済挑発を糾弾する」などと叫んだという。 総領事館の関係者にケガはなく、菅官房長官は、「安全を守るべく、適切に対応していく」と述べている。

東京2019.07.22 19:24

天皇陛下 東京五輪・パラの名誉総裁就任へ

天皇陛下の東京オリンピックとパラリンピックの名誉総裁への就任が決まった。 宮内庁は、天皇陛下が東京オリンピックとパラリンピックの名誉総裁への就任を承認されたと発表した。 前回の東京大会は昭和天皇と上皇さまがそれぞれ務めたが、オリンピックとパラリンピックが同等であることを示す意味もあり、今回は、両大会の名誉総裁を陛下が務められるという。

東京2019.07.22 19:16

女性の頭殴り現金40万円奪う 男は逃走

22日昼過ぎ、東京・新宿区にある人材派遣会社の事務所に男が押し入って、60代の従業員の女性の頭を殴り、現金およそ40万円を奪う事件があった。男は逃走中。 22日午後0時半ごろ、新宿区西新宿の人材派遣会社から「男が入ってきて、頭を殴られ、現金を奪われた」と110番通報があった。 警視庁によると、事務所に押し入った男が60代の女性従業員を殴り、金庫の中にあった現金およそ40万円を奪って逃走したという。女性は頭などに全治2週間のケガをした。 逃げた男は身長170センチくらいのやせ形で、黒色のシャツに白色のズボン姿だったという。 男は逃走中で、警視庁は強盗傷害事件として行方を追っている。

東京2019.07.22 19:04

金融庁職員装いカード盗む 慶大生の男逮捕

慶応義塾大学の学生の男が、キャッシュカードを盗んだとして逮捕された。 警視庁によると、慶応義塾大学2年の荒木紘也容疑者は今月3日、仲間と共謀し、金融庁の職員を装って横浜市の70代の男性の自宅からキャッシュカードを盗んだ疑いが持たれている。 調べに対し、荒木容疑者は「全く意味が分かりません」と容疑を否認しているという。

東京2019.07.22 18:57

自民・公明で71議席…憲法改正の行方は?

21日に行われた参議院選挙は、自民・公明の与党が、改選議席の過半数63を上回る合わせて71議席を獲得した。安倍首相の悲願である憲法改正の行方はどうなるのだろうか。国会記者会館から菅原薫記者が伝える。 今回、与党と憲法改正に前向きないわゆる改憲勢力で、改憲の発議に必要な3分の2議席を維持できなかった。安倍首相は22日午後の会見で野党に議論を呼びかけた。 安倍首相「少なくとも(憲法改正の)議論は行うべきである。これが国民の審判であります。野党の皆さまには、この民意を正面から受け止めていただきたい」 安倍首相は21日夜から、国民民主党を名指しして議論への参加を呼びかけていて、今後、3分の2の形成に向けた野党の切り崩しも本格化しそうだ。ただ、合意形成が必要なのは野党だけではない。 公明党・山口代表「(Q.憲法改正に後押し得られた?)そこはよく分析する必要があると思います。結果を冷静に受け止めるべきだと思います」 与党・公明党は憲法改正に慎重な立場で、今回、単独過半数を失った自民党は、公明党に、より丁寧な対応が必要になるとの指摘もある。 安倍首相は会見で、内閣改造や自民党の役員人事については「まったくの白紙だ」と述べたが、改憲シフトをしくのかどうか、また、幹事長ポストをどうするのかが焦点となる。

東京2019.07.22 18:39

IAEA・天野事務局長が死去

IAEA(=国際原子力機関)の天野之弥事務局長が今月18日に亡くなったと発表した。72歳だった。 IAEAは22日、ホームページで天野氏の訃報を伝えている。天野氏は元外交官で、2009年、アジアの国から初めてIAEAのトップである事務局長に就任し、現在3期目に入っていた。 先週、健康上の理由で辞任する可能性が報じられていたが容体が急に悪化した模様。

東京2019.07.22 17:43

【会見】岡本社長、宮迫博之の処分を撤回

吉本興業の岡本昭彦社長が22日、都内で記者会見。事務所を通さず反社会的勢力の会合に参加して金銭を受け取っていた“闇営業問題”で契約を解消した雨上がり決死隊・宮迫博之(49)の処分撤回を発表した。 宮迫は20日、謹慎処分中のロンドンブーツ1号2号・田村亮(47)とともに自主的に謝罪会見を行い、事務所の一連の対応について不信感を明かしていた。 岡本社長は会見冒頭で、「反社会勢力からタレントから金品を受け取ってしまったことに対して、事務所を代表して深くお詫び申し上げます」と頭を下げた。 さらに「宮迫博之くんと田村亮くんにああいう記者会見をさせてしまったことに関しまして、2人に対して深くおわびを申し上げます。非常につらい思いをさせてしまい、本当に申し訳なく思っています。つきましては処分の撤回を行いまして、あらためて彼らがミーティングの席に立っていただけることがあるならば、弊社、我々としましては、全力であらためてミーティングをさせていただき、そしていつの日が戻って来てもらえるようなことがあるならば、全力でサポートしていければというふうに思っております」と語った。 コンプライアンスの徹底と芸人ファーストの取り組みを行っていくことを表明。「吉本興業が笑いを届けて笑顔の絶えない社会にするには、まず笑いを届ける才能あふれる芸人さんたちが自分らしく活躍でき、生きていくことができる環境にあることが、何よりも大事なことであるにもかかわらず、その根本となる信頼関係が揺らいでいる現状に関して責任を感じております」とお詫び。「その意味で今回の宮迫くんと亮くんは笑いをお客様に届ける芸人であり、彼らが自分らしく生きていける、才能を発揮していける環境になかったことを、本当の意味で芸人・タレントファーストが実現できていなかったこと、彼らに対して心からお詫びを申し上げたいと思います。先ほども申し上げましたが、もし彼らの…気持ちが受け入れてもらえるものであるならば…」と声をつまらせ、「同じテーブルで向き合って、彼らの思いに向き合って、最善の解決策を一から考えていきたいと思います」と今後の対応について語った。 岡本社長は自身は「50%の減俸を1年間続ける」こと、「大崎(洋)会長も50%の減俸を1年続けて行く」と報告した。 亮に関しては、契約解消はしていないという。

東京2019.07.22 17:39

城田優がミュージカル演出「率直に楽しみ」

俳優の城田優(33)が22日、都内で行われたミュージカル「ファントム」の製作発表会見に出席した。 1911年にベストセラーとなった小説「オペラ座の怪人(ル・ファントム・オペラ)」を原作とするミュージカル。 2014年に主演の怪人・ファントム役を務めた城田が今回は演出も担当し、新演出版として上演。ファントム役は城田と俳優の加藤和樹(34)がダブルキャストとなる。 城田は「率直に楽しみしかないです。責任感は非常に重要なんですけど、出演者の皆さまと、支えて下さっているスタッフの皆さまに引き続き、サポートしていただきつつ、この『ファントム』という作品をよりよい舞台にできるように」と意気込みを語った。 演出家としてのプランを聞かれると、城田は「心情を訴えかけるミュージカルを作りたい。いかに(観客の)心に届けられるかが一番大事だと思っている。音楽で心を訴えるというのが僕の第一のテーマ」と話した。 11月9日〜12月1日に東京公演、12月7日〜16日に大阪公演を行う。

東京2019.07.22 17:37

川崎麻世、朗読劇に意欲「精いっぱい」

俳優の川崎麻世(56)が22日、都内で朗読劇「遠き夏の日」の制作発表会に出席した。 終戦間際の鹿児島県・万世(ばんせい)を舞台に、食堂で働く女性と特攻隊に行く男性との恋物語を描く。 主人公の特攻兵士・関口保(せきぐちたもつ)を演じる川崎は「精いっぱい頑張りたいと思います」と意気込み。 川崎自身も、祖父や祖母から「戦争時代の話をいっぱい聞きました。何かあれば教育のなかで『戦争時代は食べ物がなかったんやで。残したらあかんで』と、その教育を受けてきてよかったことがたくさんあります」と感謝した。 戦後74年をむかえ、後世に語り継がれることも少なくなったことで「令和時代はけじめがないというか、人間がピリッとしていないような世の中になっていうような気がするんです」と話し、「今回の作品によって戦争を知らない人たちも日本という国は、こういうことがあったんだとよ学ぶべきではないのかなと思います」と話した。 公演は8月9日・10日は大阪・グランフロント大阪ナレッジシアター、9月20日〜22日は東京・中目黒キンケロシアターで行われる。

東京2019.07.22 17:35

強制不妊“手術記録なし”22人に被害認定

旧優生保護法のもと、障害者らが不妊手術を受けさせられた問題で、厚生労働省の審査会は、手術の記録が残っていない人について初めて被害を認め、22人に一時金の支給を決定した。 「不良な子孫の出生を防ぐ」などとした旧優生保護法のもと、障害者らが不妊手術を受けさせられた問題で、厚生労働省の審査会は、手術の記録が残っていない人について初めて被害を認め、一時金の支給を決定した。 不妊手術の被害者を救済するため、一時金320万円を支給する法律は、今年4月に施行された。被害者が都道府県を通じて厚労省に申請し、不妊手術の記録がある場合は、一時金を受け取ることができ、先月末までに26人が認定された。一方、明確な記録が残っていない場合は、厚労省の認定審査会で判断する。 医師や弁護士ら有識者による初の認定審査会が22日に開かれ、医師の診断書や関係先からの聞き取りなどをもとに審査した結果、茨城県や北海道などの男女22人が認定され、さらに調査が必要だとして5人を保留した。 不妊手術を受けさせられた人は全国で約2万5000人いるとされ、記録が見つかったのは約3000人にとどまっている。

東京2019.07.22 17:34

5年前より太ったビジネスパーソン5割

世の中で議論を呼んでいる話題について、ゲストに意見を聞く「opinions」。今回の話題は「約5割のビジネスパーソン 5年前より太った」。ファイトネス代表の大山峻護氏に聞いた。 運動をサポートするアプリの運営会社が20代〜50代の全国の働く男女500人に対して運動に関する調査を行った。調査によると、日々の運動の頻度を聞いたところ「運動しない」が38.2%だった。 また5年前から体形が変化しているか聞いたところ「太った」「どちらかというと太った」と回答した人を合計すると、47.6%に。その一方で5年前よりも「痩せた」「どちらかというと痩せた」と回答した人は合わせて18.2%に留まった。 調査では… 仕事の疲れで運動する気が起きない どうしても食欲に勝てない 毎日継続的にするのが苦手なタイプだから などの意見があった。 ——大山さんにこのデータについてご意見をいただきます。フリップをお願いします。 「キッカケ」です。 大人になるとだんだん運動するきっかけがなくなってしまうんです。ですので、そのきっかけをつくってあげることが大切だと思います。 ——まさに企業研修などで、「きっかけ」をつくるということですか。 そうですね、企業研修に行って、いつもなら息が上がらない運動だったはずなのになどの気づきですよね。今の状態に気づくという、きっかけは何でもいいんです。 ——「きっかけ」があるとその先はどうなりますか。 そういう気づきがあると人は変化したいと思うんです。そこからいい方向にいけば運動してみようと…それがベストなんですけど。 ——研修で「きっかけ」を与えて、このあとこうやって継続して下さいというアドバイスはするのですか。 はい、簡単な運動は教えます。 ——オススメの運動はありますか。 スクワットですね。老化現象というのは、下半身から来るんです。足の筋肉、お尻の筋肉というのは人間のパーツのなかで、一番大きな筋肉なんです。ですので、ここをしっかり刺激してあげる、すると代謝が上がり成長ホルモンが出るのでいいことしかないです。 ——朝、晩とか良いタイミングはあるのですか。 できれば、朝がいいですね。朝すると、1日の基礎代謝が上がっていきます。朝スクワットをすると人生が変わります。 ——それでも、毎日継続していくのが難しいという人に気合の入る一言はありますか。 回数を決めないで、きかせるということを意識するといいかもしれませんね。最初は3回でいいです。3回ゆっくりスクワットしてみる。そうすると、だんだん物足りなくなってきます。5回やってみたいな、6回やってみたいな、よし10回やってみようとなるんです。 しかし多くの人はたくさんのことをやろうとするんですよね。スポーツジムに行ったり、毎日走ってやろうとか、そうすると大体挫折します。 欲張らないで最初は小さなきっかけでいいんです。最初はスモールステップをつくってそこから無理なく続ける。この無理なくというのがすごく大切なんです。そうすると筋肉が欲しがってきますから筋肉が「やって」と言い出します。 ■大山峻護氏プロフィル 大山氏が提供している「ファイトネス」は格闘技とフィットネスを融合した新しいタイプのトレーニングプログラム。格闘技の楽しさを体感しながら、健康な体づくりやくじけないメンタリティーを育てるトレーニングだ。大山氏は5歳から柔道を始め、26歳の時に総合格闘家としてアメリカでプロデビュー。PRIDEやK−1などで活躍後、40歳で現役を引退。その後、ストレスを抱えながら働く社会人のために「ファイトネス」を立ち上げた。 【the SOCIAL opinionsより】

東京2019.07.22 16:24

“最新技術で体を冷やす装置”ソニーが開発

夏本番を前に、最新技術で体を冷やす装置が開発された。 ソニーが開発したのは、専用の下着のポケットに入れて首元を冷やすことで清涼感を得られる、保冷パックのような装置。電気を流せば温度を変えられる特殊な電子部品が使われていて、デジカメなどの熱を冷ます技術として研究されていたものを応用したという。 スマートフォンのアプリとつなぐと装置の温度を5段階に調節できるため、夏は保冷パックのように冷たくして、冬はカイロのように温かくして、繰り返し使うことができる。また、内蔵されたセンサーで装着している人の体温や行動を感知し、適切な温度に自動で調節される機能もついているという。 ソニーでは今後、クラウドファンディングで出資を募って、商品化を目指すとしている。

東京2019.07.22 16:22

秋篠宮ご夫妻 皇室ゆかりの洋食器展を鑑賞

秋篠宮ご夫妻が、皇室ゆかりの洋食器メーカー「大倉陶園」の100年の歴史を紹介する企画展を鑑賞された。 秋篠宮ご夫妻は22日午前、東京・渋谷区にある美術館を訪れ、日本を代表する洋食器メーカー「大倉陶園」の企画展を鑑賞された。今年で創立100周年を迎えた大倉陶園は、皇室とゆかりが深いことでも知られている。この企画展では、天皇陛下の一般のお食い初めにあたる「お箸初」の儀式のために作られた食器や、上皇ご夫妻やご一家が使用されているのと同じ食器が展示してある。 秋篠宮さまは「これは見たことがあります」などと話し、上皇ご夫妻が昭和天皇と香淳皇后の誕生日のお祝いのために作ったという那須御用邸の花を描いた絵皿には、「シンプルで良いですね」と感想を述べられていた。

東京2019.07.22 16:12

先週末の米株安受け、日経平均50円安

22日の東京株式市場で日経平均株価は値を下げた。平均株価の終値は先週末に比べて50円20銭安い2万1416円79銭。 先週末のアメリカ・ニューヨーク株式市場で、主要な株価指数が軒並み下落した。この流れを受けて、22日の東京市場でも株価は値下がりした。ただ、外国為替市場で円相場が先週末に比べて円安に振れたこともあり、下げ幅は限られた。市場関係者は、選挙結果はおおむね想定内で、市場への影響はみられなかったとしている。 東証1部の売買代金は概算で1兆6323億円、売買高は概算で9億530万株。

東京2019.07.22 16:11

格闘技×フィットネス「ファイトネス」とは

ファイトネス代表の大山峻護氏。格闘技とフィットネスを融合した新しいタイプのトレーニングプログラム「ファイトネス」とはどんなものなのか話を聞いた。 ■大山峻護氏プロフィル 大山氏が提供している「ファイトネス」は格闘技とフィットネスを融合した新しいタイプのトレーニングプログラム。格闘技の楽しさを体感しながら、健康な体づくりやくじけないメンタリティーを育てるトレーニングだ。大山氏は5歳から柔道を始め、26歳の時に総合格闘家としてアメリカでプロデビュー。PRIDEやK−1などで活躍後、40歳で現役を引退。その後、ストレスを抱えながら働く社会人のために「ファイトネス」を立ち上げた。 【the SOCIAL guestより】

東京2019.07.22 15:38

生誕1年記念…東京五輪マスコットロボ登場

まもなく1年前を迎える東京オリンピック。マスコットキャラクターのロボットが登場した。 大会マスコットの誕生から1年を迎えた22日、「ミライトワ」と「ソメイティ」のロボットが公開された。大会組織委員会がトヨタ自動車と開発を進めているもので、握手やハイタッチをすることができる。大会本番では選手や観客を歓迎する。 マスコットロボットは今後1年をかけて、さらに可能な動きを増やすなど開発が続けられる。

東京2019.07.22 15:00

東京五輪 テレワークや時差出勤で混雑緩和

東京オリンピック・パラリンピックの開幕まで約1年となり、大会中の交通混雑を緩和するための取り組みが22日から、企業や東京都庁で始まった。 東京大会では、競技会場が都心に集中しているため、交通機関の混雑対策が課題となっている。NECでは、夏期休暇とテレワークを組み合わせ、最長で2週間、出社しない取り組みを始めた。閑散としたオフィスでは、自宅などでテレワークで働く社員とテレビ会議を行っていた。 NECグローバルビジネスユニット・上野知之さん「(テレワークを)1週間、全員がというのは初めてなので、チャレンジかなと」 一方、開催都市の東京都でも、約1万人の職員が、朝の通勤のピーク時間帯に公共交通機関を使わない、時差出勤を始めた。 都や企業は22日から、それぞれ独自の取り組みを実験的に行い、その効果を検証して、来年夏の大会本番に生かしたい考え。

東京2019.07.22 14:45

職人芸!本物そっくり“猟奇的キャラ弁”

カップ麺や掃除用スプレー…本物そっくりなキャラ弁たち、これらを作るのは主婦のまこつさん(35)です。 キャラ弁作りのきっかけは、夫のために作ったお弁当。当初、動物などをモチーフにしていましたが、塗り薬のパッケージを思い付きで始めると楽しくなり、すっかりはまってしまいました。 今回は新作に挑戦。まずは、ご飯を中央にかため、周りにおかずを敷き詰めます。ここからが本領発揮。トレーシングペーパーで作った型を使い、チーズで文字を作ります。針やつまようじを使い分け、わずか1ミリの隙間も作り上げてしまいます。 仕上げに食紅を塗り、慎重にパーツを置いていくと…まこつさん曰く、“猟奇的キャラ弁当”の完成。週に1〜2回、完成までに2日、合計約3時間30分をかけています。夫の反応は—— まこつさん「基本的にノーリアクションなので…」 それでも夫の顔を想像しながら作ります。 まこつさん「お昼に(弁当箱を)開けた時に完成形を見て欲しいんで、作ってる段階はまだ見せたくない」 他のパッケージも作ってみようと試み中です。 【the SOCIAL lifeより】

東京2019.07.22 14:19

仲良くなれそう?格闘技×フィットネス

会社でも学校でも「ファイトネス」で、コミュニケーション。女性たちがトレーニングに励んでいる場所は、ジムではなく、学校。大山峻護さんが主催するファイトネスは、トレーニングの出張サービス。ジムに通わずとも、会社や学校で汗を流すことができます。 ファイトネスとは、格闘技とフィットネスを融合したもの。その特徴とは—— 大山さん「コミュニケーションで大切なポイントです。“相手を感じる”ということ。それを意識してみましょう」 1人ではなく、仲間や相手とコミュニケーションを取りながら行うのが特徴です。声をかけあったり、協力して体を動かすことで、心身の健康だけでなく、コミュニケーションの取り方を体感で学ぶことができます。 この日はデザインの専門学校で、学生たちがファイトネスを体験。学生たちは—— 学生「お話しできなかった子とお話できたりとか、汗流せるのが楽しいです」「会社に入ってこういうのが研修であったら、仲良くなれるんじゃないかなって」 大山さんは、総合格闘技の元プロ選手。ミルコ・クロコップやピーター・アーツなど有名選手とも対戦経験があります。引退後、働く人々の健康や、職場のコミュニケーション改善を目的に、ファイトネスを始めました。これまでに100か所以上で開催。全国からの出張依頼を受け付けています。 大山さん「最初こわばっていたみんなの顔が、だんだん笑顔になっていく過程がすごく楽しい」「コミュニケーションの一番大切なものを、ミットを通して、プログラムを通して感じてくれたらうれしいなと思います」 【the SOCIAL viewより】

東京2019.07.22 14:08

眞子さま きょう南米訪問から帰国

秋篠宮家の長女・眞子さまは、南米のペルーとボリビアで日本人移住120周年を記念する式典などに出席し、22日、帰国された。 今月9日からペルーとボリビアを公式訪問していた秋篠宮家の眞子さまは、22日早朝、羽田空港に到着された。 眞子さまは、ペルーとボリビアで行われた日本人の移住120周年を記念する式典などでお言葉を述べ、日系人がこれまで積み重ねてきた歴史に敬意を表された。また、ペルーでは世界遺産のマチュピチュ遺跡を視察し、初代村長とされる日本人移民の子孫らと懇談したほか、ボリビアでは、日本人移民が開拓した移住地を訪れ、日系人らと交流を深められた。 眞子さまは去年7月にもブラジルで日系人らと交流されていて、2年連続の南米訪問となった。

東京2019.07.22 12:45

知的障害ある女子高校生“わいせつ”男逮捕

知的障害がある女子高校生にわいせつな行為をしたとして、46歳の男が警視庁に逮捕された。 準強制わいせつなどの疑いで逮捕された川原貴憲容疑者は、先月24日、東京・江東区のマンションで、知的障害がある女子高校生にわいせつな行為をした疑いがもたれている。 警視庁によると、川原容疑者は、女子高校生のあとをつけてマンションに侵入し、エレベーターなどで下半身を触ったうえ、その様子をスマートフォンで撮影したという。調べに対し、川原容疑者は容疑を認め、「抵抗されず、ばれないと思った」「以前にも知的障害のある女性を狙ってやった」などと供述しているということで、警視庁が調べを進めている。

東京2019.07.22 12:37

レーザーポインター違法販売 経営者逮捕

出力の高いレーザーポインターを違法に販売したとして、会社経営者の男が逮捕された。 警視庁によると、会社経営者の藤川洋容疑者は去年5月頃から今年2月頃まで、国の基準を超えた高い出力のレーザーポインターなど15本を東京都内の卸問屋などに違法に販売した疑いが持たれている。在日アメリカ軍横田基地の周辺で、米軍機にレーザーの光をあてて訓練を妨害したとして逮捕された男の捜査で浮上したという。 調べに対し、藤川容疑者は容疑を認めていて、警視庁は、10年ほどの間に違法なレーザーポインターを約1万本販売したとみて調べている。

東京2019.07.22 12:24

参院選 与党71議席獲得…今後の焦点は?

21日に行われた参議院選挙は、124の改選議席が全て決まった。自民・公明の与党が改選議席の過半数63を上回る合わせて71議席を獲得した。今後の焦点について、政治部・菅原薫記者に聞く。 今後の政局の最大の焦点は、安倍首相がいつ衆議院の解散に踏み切るか。そのタイミングも占う自民党の幹事長人事が直近の焦点となる。 安倍首相「(Q.任期中に衆議院の解散・総選挙はあるか?)あらゆる選択肢があるんだろうと思っておりますが、まずは目の前の様々な政策課題に全力を尽くしていきたい」 安倍首相は21日夜、このように述べ、任期中の解散に含みを持たせた。与党内からは「年内解散」の臆測も出ていて、9月の第2週をめどに行われる見通しの内閣改造と党役員人事で、選挙の指揮を執る幹事長に誰を据えるのかが当面の焦点。また、菅官房長官や麻生副総理ら政権の骨格は維持することが有力とみられている。 立憲民主党・枝野代表「私の責任で明確に政権の選択肢を示したいと」 一方、立憲民主党の枝野代表は21日夜、次の衆議院選挙でも野党5党派で共闘する考えを強調した。さらに、今回2議席を獲得したれいわ新選組とも「同じ方向を向いてやっていただけると思っていて、歓迎する」などと述べている。 そして、今後の政局でもう一つ、大きな焦点となるのが憲法改正。与党といわゆる改憲勢力では、改憲の発議に必要な3分の2議席には届かなかったため、安倍首相としては、野党の国民民主党などにも働きかけて任期中の憲法改正を実現したい考え。

東京2019.07.22 12:22

選挙区投票率48.80% 低さ戦後2番目

21日に行われた参議院選挙は、124の改選議席が全て決まった。自民・公明の与党が改選議席の過半数63を上回る、合わせて71議席を獲得し、勝利した。 自民党は57議席、公明党は14議席、合わせて71議席を獲得し、勝敗ラインとしていた与党で改選議席の過半数、63議席を上回った。与党は非改選の議席と合わせて参議院全体の過半数も確保したが、自民党は改選の66議席から議席を減らし、参議院全体の単独での過半数を失った。 日本維新の会は10議席を獲得し、参院選で初めて2ケタの議席を獲得した。ただ、与党と日本維新の会を合わせた憲法改正に前向きないわゆる「改憲勢力」は、改憲の発議に必要な3分の2の議席を維持できなかった。 立憲民主党は、改選9議席から17議席と議席を増やした。一方、国民民主党は改選8議席のところ、6議席だった。共産党も、改選8議席だったが7議席と議席を減らした。社民党は改選の1議席を確保し、政党要件を維持した。 「れいわ新選組」は2議席を獲得し、政党要件を満たした。「NHKから国民を守る党」が1議席を獲得した。また、野党系の無所属が9議席となっている。 総務省は、今回の参院選の選挙区の投票率は48.80%だったと発表した。国政選挙では1995年の参院選の44.52%に次いで戦後2番目の低い投票率となった。

東京2019.07.22 10:52

五輪へ…鉄道「スムーズビズ」で混雑緩和を

東京オリンピック・パラリンピックの開幕まで1年となるのを前に、交通の混雑緩和を目指す「スムーズビズ」の推進期間が始まった。 22日に始まった「スムーズビズ推進期間」は、大会1年前に合わせて交通の混雑緩和対策が試されるもので、鉄道会社では、時差通勤を推進する取り組みが始まった。 JR東日本では、朝のラッシュ時間帯の前に、中央・総武線各駅停車の三鷹方面行きと千葉方面行きを1本ずつ、山手線の内回り・外回り1本ずつを増発する。 JR東日本五輪・パラ担当 吉田公室長「時差通勤の重要性、必要性をお客様にご理解いただき、大会期間中にみなさんのご協力をお願いできれば」 東急電鉄では、31日までの平日、ライナーや特急を臨時で走らせる。この臨時列車に乗って時差通勤した乗客には、スマートフォンで車内の広告から出る電波を受信すると、東急グループの施設で使えるクーポンがもらえるサービスがある。 各社は、こうした取り組みの効果を検証し、大会本番の混雑対策に生かすことにしている。

東京2019.07.22 10:47

きょうの株価・為替予想レンジ〜山田勉氏

22日の日経平均株価は、前営業日比72円24銭安の2万1394円75銭で寄りついた。 22日の予想レンジは、日経平均株価が2万1200円〜2万1400円、為替がドル/円=107円00銭〜108円00銭。 注目ポイントなどを「カブドットコム証券」の山田勉氏が解説する。(詳しくは動画で)

東京2019.07.22 09:12

参院選 改選124議席確定 自公71議席

21日に行われた参議院選挙は、124の改選議席が全て決まった。自民・公明の与党が改選議席の過半数63を上回る合わせて71議席を獲得した。 自民党は57議席、公明党は14議席、合わせて71議席を獲得し、勝敗ラインとしていた与党で改選議席の過半数、63議席を上回った。与党は非改選の議席と合わせて参議院全体の過半数も確保したが、自民党は改選の66議席から議席を減らし、参議院全体の単独での過半数を失った。 日本維新の会は10議席を獲得し、参院選で初めて2ケタの議席を獲得した。ただ、与党と日本維新の会を合わせた憲法改正に前向きないわゆる「改憲勢力」は、改憲の発議に必要な3分の2の議席を維持できなかった。 立憲民主党は、改選9議席から17議席と議席を増やした。一方、国民民主党は改選8議席のところ、6議席だった。共産党も改選8議席だったが、7議席と議席を減らした。社民党は改選の1議席を確保し、政党要件を維持する可能性もある。 一方、「れいわ新選組」は2議席を獲得し、政党要件を満たした。「NHKから国民を守る党」が1議席を獲得した。また、野党系の無所属が9議席となっている。 今回の参院選の投票率は21日午後8時の推計で約48.1%で、前回より6ポイントほど下回った。

東京2019.07.22 07:21

安倍首相 任期中の憲法改正に改めて意欲

21日に行われた参議院選挙は、自民・公明の与党が改選議席の過半数63を上回る計69議席を獲得し、勝利した。この結果を受けて、「安倍一強」体制が続くことになる。安倍首相は21日夜、任期中の憲法改正に改めて意欲を示した。 また、早速、自民党総裁4選を支持する声が上がったが、安倍首相は「全く考えていない」などと否定した。次は、どのタイミングで衆議院解散に踏み切るかが焦点となるが、安倍首相は「あらゆる選択肢があるが、まずは政策に全力を尽くす」と述べるにとどまった。 一方、野党では、立憲民主党が躍進したものの、政権交代への足がかりは見いだせない情勢。立憲民主党の枝野代表は21日夜、次の衆議院選挙も野党5党派で共闘し、「政権選択の選択肢を示していきたい」と強調した。 しかし、今回、統一候補で戦った1人区で、前回の戦績を下回るなど、共闘のあり方については、戦略の見直しも迫られそうだ。

東京2019.07.22 05:08

自公与党が勝利 各党党首の反応

21日に行われた参議院選挙で、自民・公明の与党が22日午前4時半時点で合わせて69議席を獲得し、勝利した。各党党首の反応は次の通り。 自民・安倍総裁「(Q:憲法改正について)(改憲勢力の)3分の2を形成する努力を続けなければいけない。国民民主党の中にもですね、積極的に議論すべきだと考えておられる方がおられると思います。そういう皆さんに積極的に働きかけをすべきなんだろうと思います」 公明・山口代表「政治の安定が確保できたと思っております。(憲法)改正そのものに対して、今回あまり議論になり得なかったのではないか」 立憲・枝野代表「しっかりと次の総選挙で、政権の選択肢としての立場を有権者の皆さんにお示しをして、選択をしていただけるそういう状況をつくっていく決意をあらたにしているところであります」 国民・玉木代表「躍進をして、結党以来初めて迎えたこのデビュー戦で、次に向けた一つの大きな土台を築くことができたと思っております」 維新・松井代表「非常に厳しい戦いでありました。すべての候補者、死力をつくしてたたかってくれました」 共産・志位委員長「(野党)共闘の戦いを通じてつくられた様々な信頼関係、新しい絆、新しい友人を大切にして、次の総選挙につなげていきたい」 社民・吉川幹事長「国政政党としての政党要件を失うという正念場の戦いでもありました」 れいわ・山本代表「代表という立場で次の勝負、どうやっていくかを考えていかないといけないポジションだと思っています。ALSの方でも国会議員としてやっていけるかということを柔軟に改革していかなければならないパートだと思っています」

東京2019.07.22 05:02

参院選 自公の与党、改選半数を超え勝利

21日に行われた参議院選挙で、自民・公明の与党が22日午前4時半時点で合わせて69議席を獲得し、勝利した。 現段階で、自民党は56議席、公明党は13議席を獲得し、勝敗ラインとしていた与党で改選議席の過半数63議席を上回り、勝利した。 また、日本維新の会は10議席を獲得し、参院選で初めて2ケタの議席を獲得した。ただ、与党と、憲法改正に前向きないわゆる「改憲勢力」とで、改憲の発議に必要な3分の2議席には届かないことが確実。 立憲民主党は17議席で、改選9議席から躍進している。 一方、国民民主党は、改選8議席のところ6議席だった。 また、共産党は改選8議席だったが、現時点で7議席と不振。 社民党は、改選の1議席を確保し、政党要件を維持する可能性もある。 一方、「れいわ新選組」は2議席を獲得し、政党要件を満たした。 「NHKから国民を守る党」が1議席を獲得した。 また、野党系の無所属が9議席となっている。 今回の参院選の投票率は21日午後8時の推計で、およそ48.1%で、前回より6ポイントほど下回った。

東京2019.07.22 04:55

【参院選】安倍総裁に“憲法改正”など聞く

【参院選】自民党・安倍総裁に「消費税増税について」、「最低賃金1000円はいつまでの実現を目指すのか」、「10月からスタートする幼児教育無償化の拡大について」、「早期の憲法改正は国民投票まで実現するのか」、「ホルムズ海峡の有志連合に自衛隊は参加するのか」、「総裁任期延長について」、「在任中に解散・総選挙はあるのか」などを聞いた。

東京2019.07.22 00:26

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース