新潟のニュース

ダイニチ工業 早くも冬に向けた新製品を発表

 新潟市の暖房器具メーカーが早くも冬に向けた暖房器具と加湿器の新製品を発表した。

 新潟市南区に本社を置くダイニチ工業は21日、東京で石油ファンヒーターと加湿器の新製品を発表した。
 わずか35秒で着火できる石油ファンヒーターの機種が増えたほか、加湿器は従来よりも設定湿度に到達するまでの時間を短縮できるようになった。
 また、発表会にはラグビーの元日本代表・畠山健介選手が参加し、「理想の加湿器」をテーマに開発担当者とトークセッションを行った。
 スポーツ選手として体調管理に気を使っているという畠山選手は、実際に新製品を体験し、「音も静かで使いやすい」などと感想を述べていた。

新潟2019.08.22 18:44

クロアチア柔道選手団 十日町市で事前合宿

 新潟県十日町市は東京オリンピックで、クロアチアのホストタウンとなっている。8月25日から東京で開かれる柔道の世界選手権にむけて、クロアチアの選手団が22日、十日町市で事前キャンプをスタートした。

 22日午前、十日町市の「なかさとアリーナ」に姿を現したのは、クロアチア柔道チームの選手やコーチなど8人だ。
 約40人の園児たちが、国旗を振って選手たちを歓迎した。
 十日町市は、来年の東京オリンピックでクロアチアのホストタウンとなっていて、事前キャンプ地に選ばれている。
 今回は25日から東京で開かれる柔道の世界選手権にむけ、直前の調整を行うため滞在する。
 クロアチア柔道チームのバルバラ選手は「ここまで歓迎してもらえると思わなかったので、非常に驚きました。SNSに写真と動画を載せるほどうれしかったです」と話した。
 十日町市では、今後もクロアチアの空手チームなどが、世界選手権に向けた事前キャンプに訪れる予定だ。

新潟2019.08.22 18:43

長岡市の飲食店にあっせんか 沖縄の男を逮捕

 就労資格のないフィリピン人女性6人をホステスとして働かせることを知りながら、新潟県長岡市の飲食店にあっせんしたとして、沖縄県の会社社長が逮捕された。

 入管法違反の不法就労あっせんの疑いで逮捕されたのは、沖縄県那覇市に住む会社社長・上運天賢一容疑者(53)だ。
 警察によると、上運天容疑者はことし2月から約1か月半にわたり、ダンサーの在留資格で入国した20代のフィリピン人女性6人を、ホステスとして働かせることを知りながら長岡市の飲食店にあっせんした疑いが持たれている。
 調べに対し、上運天容疑者は「接客業をしていたとは知らなかった」と話し、容疑を否認している。

新潟2019.08.22 18:43

県内各地で雨 北陸新幹線が一時見合わせも

 新潟県内は22日、大気の状態が不安定となっていて各地で雨が降っている。大雨の影響で北陸新幹線が一時運転見合わせとなった。

 前線に向かって暖かく湿った空気が流れ込んでいる影響で、県内は大気の状態が不安定となっている。
 県と気象台は22日11時30分現在、上越市、妙高市、糸魚川市に警戒レベル4にあたる土砂災害警戒情報を出している。
 また、妙高市は土砂災害の危険が高まっているとして午前8時に上小沢と大濁地区の54世帯105人に避難勧告を出している。
 大雨の影響で22日朝、北陸新幹線は長野駅から富山駅の上下線で一時、運転を見合わせた。

新潟2019.08.22 11:52

車に塗料スプレーかけた疑い 中学教諭を逮捕

 パチンコ店の駐車場で車1台に塗料スプレーを吹き付けたとして、新潟県長岡市の中学校の男性教諭が逮捕された。

 器物損壊の疑いで逮捕されたのは、長岡市の関原中学校の教諭・竹田広志容疑者(47)だ。
 警察によると竹田容疑者は7月24日の夜、長岡市のパチンコ店の駐車場で普通乗用車1台の助手席側に塗料スプレーを吹き付けた疑いがもたれている。
 調べに対し、竹田容疑者は容疑を認めていて、車の持ち主について「顔見知りではない」と供述しているという。
 長岡市教育委員会の小池隆宏教育部長は「教職員の綱紀の確保について改めて徹底を図ります」とコメントしている。
 警察が余罪の可能性も含めて捜査している。

新潟2019.08.21 20:03

ごみ処理施設で作業員が機械に巻き込まれ死亡

 新潟市北区のごみ処理施設で21日朝、男性が点検作業中に機械に巻き込まれ死亡した。

 事故があったのは、新潟市北区にある豊栄環境センターだ。
 警察によると、21日午前8時35分ごろ、委託業者の作業員で新発田市桑ノ口の中山潤さん(40)が機械に左腕を巻き込まれ肩から先を切断した。
 中山さんは病院に搬送されたが、その後、死亡が確認された。
 死因は出血性ショックだった。
 中山さんは機械の清掃と点検を任されていて、当時は砕いた不燃物を運ぶベルトコンベアーを動かし1人で点検作業をおこなっていた。
 警察は作業手順を確認するなど事故の原因を調べている。
 豊栄環境センターは新潟市と聖籠町で構成する豊栄郷清掃施設処理組合が管理していて、これまで大きな事故はなかったという。
 組合は「委託業者に対して早急な原因の解明と対策の確立を申し入れるとともに、安全対策の徹底について指導していく」とコメントしている。

新潟2019.08.21 20:00

柏崎市長 東電の情報誤送信改善策を「了承」

 東京電力が6月の地震の際に柏崎刈羽原発に異常があると誤った情報を関係機関に伝えた問題で、柏崎市の桜井市長は東京電力が出した改善策を了承した上で「より正確な連絡体制の構築に務めて欲しい」と求めた。

 この問題はことし6月18日、柏崎市で震度5弱の地震を観測した際、東京電力が柏崎刈羽原発の燃料プールを冷却する電源について「異常あり」と誤ったファックスを自治体などに送ったもの。
 柏崎市の桜井市長は「内容的に桁違いに大きなミス」と改善策を求めて、東京電力は8月1日、ファックスの書式を改める、当番の人数を増やすなどの改善策をまとめていた。
 桜井市長は21日、東京電力新潟本社の橘田昌哉代表と面会し、この改善策について「より、正確な連絡体制の構築に努めていただきたいと思います。いまの段階で私のほうとしては、今回の皆さんから出された改善策は了解いたしました」と述べた。
 その上で「今後とも不断の改善と継続的な取り組みをお願いしたい」としている。
 また、7月、示される予定だった柏崎刈羽原発の1号機から5号機のいずれかの廃炉計画について、桜井市長は「できるだけ早く提出していただきたい」と求めた。
 東京電力新潟本社の橘田昌哉代表は「大詰めのそういった段階まで報告のほうはまとめ上げてきている。ご提出させていただく最後の最後まで私どもとしてできる限りの検討を重ねていきたい」と話した。
 東京電力は今後、日程調整をして速やかに提出する意向を示した。

新潟2019.08.21 19:59

溺れた人を救助 “消防技術”競う全国大会へ

 溺れた人を助け出す技術を競う全国大会が8月25日、岡山県で開かれる。出場する消防隊員が21日、最終調整を行った。

 この大会は、救助技術の向上を図るために行われていて、新潟市消防局からは4人が出場する。
 出場種目は、溺れた人から目を離さないため常に顔が水面に出た状態で泳ぎの速さを競う「基本泳法」と、2人で協力して要救助者を助ける「溺者救助」の2種目だ。
 隊員たちは目前に迫った大会に向けて連携を確認していた。
 新潟市消防局の水口元気消防士長は「助けを求めている人をより早く確実に救助するという共通認識を持って臨んでいきたい」と話した。

新潟2019.08.21 11:48

アルビBB パーキンズ選手がチームに合流

 新潟アルビレックスBBは19日、新たな外国人選手、ニック・パーキンズ選手がチームに合流した。

 ニック・パーキンズ選手はアメリカ出身の22歳。身長2メートル3センチのパワーフォワードで力強いプレーに加え、3ポイントシュートも得意という期待の助っ人だ。
 ニック・パーキンズ選手は「チームのために一生懸命がんばります。互いを分かり合えているチームメイトたちの中に入っていくので、みんなでまとまって戦えば必ず良いシーズンになる」と話した。
 昨シーズン、新潟はチーム史上初となる地区優勝を果たした。
 しかし、シーズン終了後、大黒柱として活躍した得点王のダバンテ・ガードナー選手が同じ地区の三河へ移籍。
 新潟は新外国人、パーキンズ選手を加え、新たな戦いを模索していく。
 五十嵐圭選手は「今日の動きを見ていてもサイズがある割には俊敏な動きを見せてくれていましたし、年齢も若いので思い切ってコートの中で自分の得意なプレーをどんどん出していってほしい」と話した。
 Bリーグの新たなシーズンは10月に開幕する。

新潟2019.08.19 19:40

佐渡で車が海に転落 運転していた女性が死亡

 新潟県佐渡市のイベント「アースセレブレーション」の臨時駐車場で19日未明、軽自動車が海に転落する事故があり、運転していた55歳の女性が死亡した。

 警察によると、19日午前1時半ごろ、佐渡市小木にある「小木みなと公園」付近の岸壁から軽自動車が海に転落した。
 軽自動車は佐渡市新穂の飲食業・本田美穂さん(55)が運転していて、本田さんは搬送先で死亡が確認された。
 現場は、18日まで開催されていたイベント「アース・セレブレーション」の臨時駐車場として使われていた。
 本田さんもイベントに店を出していて、後片付けをしたあと車に乗り込み、転落したとみられている。
 警察は、本田さんが運転を誤ったとみて詳しい原因を調べている。
 イベントを主催する佐渡市の三浦基裕市長は「今回の出来事をしっかりと検証し、必要に応じた安全管理に努めてまいります」とコメントしている。

新潟2019.08.19 19:30

新潟市や上越市で猛暑日予想 熱中症に注意

 新潟県内は19日も気温が上がり、新潟市中央区や上越市高田では35度まで上がる見込みだ。気象台は熱中症に注意を呼びかけている。

 19日朝も強い日差しが照り付けた県内。
 午前11時までの最高気温は新潟市中央区で34.7度、胎内市中条などで34.5度を観測している。
 日中の最高気温は、新潟市中央区や上越市高田で35度の猛暑日になると予想されている。
 ただ、このあとは次第に大気の状態は不安定となり、昼過ぎから雷を伴った激しい雨が降るところがある見込みだ。
 気象台によると、向こう一週間は天気が崩れ、雨が降る日が多く、厳しい暑さは和らぐ見込みだ。
 ただ、依然、最高気温は30度を超す日が多く、引き続き熱中症に注意が必要だ。

新潟2019.08.19 12:03

NGT48 約4か月ぶりに劇場公演を再開

 NGT48が18日夜、新潟市中央区の劇場で公演を再開した。約4か月ぶりの通常公演となる。

 NGTは元メンバーが暴行被害を訴えた一連の騒動の影響でことし4月以来、劇場公演を休止していて、約4か月ぶりの再開だ。
 メンバーの清司麗菜さんは「新潟の皆様に愛されるグループになりたいという夢をあきらめずにファンの皆さんと一緒に、スタッフと一緒に、ここにいるメンバーみんなと一緒に、少しずつ前に進んでいけたら」とあいさつした。
 ファンは「再び愛されるチームになるためにはちゃんとみんなが納得するような真実がみんなに伝われば、そこからが本当の再スタート」と話した。
 一方、早川麻依子支配人は「県民やファンに心から応援してもらえるようになった時が新しいスタート」と話している。

新潟2019.08.19 12:00

新潟とブータンの子どもがテレビ電話で交流

 新潟とブータンの子どもたちが18日午後、テレビ電話で交流した。子どもたちが共通のテーマで描いた絵を発表し合って両国の違いなどを学んだ。

 この催し「ブータン×日本 お絵描きでつながる世界のおともだち」は新潟市こども創造センターがJICA(国際協力機構)とともに、子どもたちに国際理解を深めてもらおうと初めて開いた。      “大切に思うもの”という共通のテーマで描いた絵について、新潟とブータンの子どもたちがテレビ電話を通して会話を交わした。
 新潟で参加した女子児童は「ブータンは自然とか動物がたくさんいて、いろんな文化があるんだなと思った。」と話した。
 ブータンの民族衣装の試着も行われ、子どもたちは国際交流を楽しんでいた。

新潟2019.08.18 19:37

水上バイク引き揚げ中の男性が高波で死亡

 17日夕方、柏崎市の海岸で水上バイクを浜に引き揚げていた男性1人が高波に倒されて死亡した。倒れた際、水上バイクに胸をぶつけたとみられている。

 事故があったのは柏崎市松波3丁目の海岸。
 17日午後4時過ぎ、男性5人が水上バイクを浜に引き揚げようとしていたところ、波打ち際から3~4メートルの地点で高波に襲われ、水上バイクとともに押し倒された。
 その直後、水上バイクを引き揚げていたうちの一人、群馬県高崎市の浜川善和さん(49)が倒れているのが見つかり、約3時間後に死亡が確認された。
 浜川さんの胸に血がたまっていたことなどから、警察は水上バイクが胸にぶつかったとみて詳しい事故の原因を調べている。

新潟2019.08.18 14:04

ダンボール製の力士で巨大紙相撲大会で開催 

 ダンボールでつくった巨大な力士による紙相撲大会が17日、新潟市で開かれ、白熱した取り組みが繰り広げられた。


 巨大紙相撲大会は新潟市西区の大野小学校で約50人の児童が参加して開かれた。
 旧黒埼町で開かれる「黒埼まつり」のイベントの一つで、ことし初めて開かれた。
 出場したのは児童が手作りしたダンボール製の力士8体で、高さが1メートル70センチほど大きなもの。
 土俵は2メートル70センチ四方の大きさで、児童は土俵の端を一生懸命に叩いて力士を動かした。
 白熱した取り組みが続き、会場は熱気に包まれていた。

新潟2019.08.17 20:09

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース