新潟のニュース

新潟大学で入試会場の設営 感染予防策も

 国公立大学入試・2次試験の前期日程が2月25日から行われる。新潟大学は21日、試験会場の設営を行った。新型コロナウイルスの感染拡大が不安視されている中、予防対策も用意された。

 新潟大学の五十嵐キャンパスでは21日、2次試験・前期日程に向けて、職員が看板の設置など準備に追われていた。
 新潟大学の前期日程では全学部合わせて1332人の募集人員に対し、3466人が志願している。
 新型コロナウイルスの感染拡大が不安視されている中、試験会場には多くの受験生が集まる。
 新潟大学では消毒液を設置する従来の対応に加えて、五十嵐キャンパスと旭町キャンパスにある全ての試験会場で希望する受験生にマスクを配布する用意をした。
 また、会場には体調不良の場合は試験官に申し出るようにうながす貼り紙も掲示した。
 新潟大学では受験生が新型コロナウイルスに感染して受験できない場合でも、追試などの特別な措置は行わないとしている。
 小奈裕入試課長は「公正・公平な入試が担保できないということで特別措置は行わないこととしています。一般入試の後期日程については、今後また状況を見ながら検討していきたい」と話した。
 新潟大学の入学試験・前期日程は2月25日から3日間の日程で行われる。

新潟2020.02.21 19:45

新潟県内公立高校の一般入試 志願倍率発表

 新潟県内の公立高校の一般入試志願倍率が21日、発表された。全日制と定時制をあわせた平均倍率は1.05倍となった。

 公立高校の一般入試の志願者数は全日制と定時制をあわせて、去年より734人少ない1万4655人だった。
 志願倍率の平均は1.05倍で、去年より0.01ポイント低くなった。
 倍率が最も高かったのは、新潟高校の「理数」で2.17倍だった。
 全日制の学科102学科のうち、志願者数が募集人数を超えたのは56学科だった。
 志願先の変更は2月26日から28日の午前11時まで受け付ける。
 一般入試は学力検査が3月5日、学校独自検査は一部を除き3月6日に実施される。
 合格者の発表は3月13日。

新潟2020.02.21 19:37

にいがた酒の陣の中止を発表 感染拡大受け

 感染の拡大を続ける新型コロナウイルス。その影響で去年14万人を集めたイベントが中止となった。3月14日から開催予定だったにいがた酒の陣。20日夕方、実行委員会が会見し中止を発表した。

 「にいがた酒の陣」は毎年3月に開催され、去年は2日間で約14万人が訪れた。ことしは3月14日からの2日間、開催する予定だった。
 しかし、国内で新型コロナウイルスの感染が拡大していることから、実行委員会は20日の臨時会議で中止を決めたという。
 大平俊治会長は「海外を含め、広域からお客様が来場されること、会場内には常に大混雑で“濃厚接触”を避けられないことも考えられる」と述べた。
 実行委員会はすでに購入された入場券3000枚について全額払い戻しに応じ、方法についてはホームページ上で案内するとしている。

新潟2020.02.20 19:32

アイドルグループが中越高校吹奏楽部と共演

 アイドルグループの「TEAM SHACHI」が19日、長岡市の中越高校の全校朝会にサプライズで登場し、吹奏楽部と共演した。一緒の舞台に立ちたい、そこにはメンバーと部員との絆があった。

 19日朝の全校朝会。長岡市の中越高校にサプライズで登場したのは人気アイドルグループ「TEAM SHACHI」だ。
 2011年から「チームしゃちほこ」として活動をしてきた愛知県出身のアイドルグループだ。
 19日は、ある思いからステージに立っていた。
 去年8月、「TEAM SHACHI」が訪れたのは中越高校の吹奏楽部。10月に長岡市で開催される「長岡米百俵フェス」で共演することになったためだ。
 これまで演奏やダンスの練習を一緒にしたり、学校でミュージックビデオを撮影したりとイベントに向けての準備を進めていた。
 しかし、そこを台風19号が直撃。イベントは中止となり、「TEAM SHACHI」と中越高校の共演は叶わなかった。
 あれから4か月が経った19日。3年生が卒業する前になんとか共演する夢を叶えたい、そんな「TEAM SHACHI」の思いから実現した。
 TEAM SHACHIの坂本遥奈さんは「みんなの高校時代っていうすごい大切な青春の1ページの中に私たちとの思い出があったらうれしい。それをずっと忘れずにいてほしい」と話した。
 吹奏楽部元部長の須藤壮さんは「本当にたくさんのことに挑戦してきて最終的にこの演奏ができたので。難しいこともつらいこともこのコラボをきっかけに乗り越えていけると思いますし、これからどんどん夢に向かって頑張っていきたい」と話した。
 ことしも開催が決まった「米百俵フェス」。「TEAM SHACHI」のメンバーはことしこそ出演できればと話していた。

新潟2020.02.19 19:37

乳児殺害事件 母親に執行猶予付き有罪判決

 生後3か月の長女を殺害した罪に問われている母親の裁判員裁判で、新潟地裁は19日、懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。

 判決を受けたのは、長岡市の職員・伊藤法子被告(32)だ。
 判決によると、伊藤被告は去年6月、長岡市の自宅で生後3か月の長女を2階から3回くらい落として死亡させた。
 19日の判決公判で新潟地裁の山崎威裁判長は、伊藤被告が犯行当時、重度のうつ病にかかっていた事などから「善悪を判断する能力や行動をコントロールする能力はかなり低下していた」と指摘。
 その上で「衝動的な犯行であって、計画性は認められない」「うつ病が大きく影響しており、強く非難はできない」などとして、懲役3年・執行猶予5年の有罪判決を言い渡した。
 すすり泣きながら判決を聞いていた伊藤被告に対し、山崎裁判長は「長女の誕生日が訪れるたびに長女がこの世に生まれた意味を考えて、冥福を祈ってください」と語りかけた。
 また、判決のあと裁判員が記者会見に応じた。
 子育て経験のある40代の男性裁判員は「産後のうつに対して行政や社会の対応が遅れていると感じた」と話した。
 また、30代の男性裁判員は「うつに対して一人一人がもう少し理解を深めるべきではないか」と訴えている。
 今回の判決をうけ、弁護側は控訴しないとしている。

新潟2020.02.19 19:37

阿賀町長 職員にふるさと納税求める

 新潟県阿賀町の町長が町外から通う職員に対し、ふるさと納税を利用した町への寄付を求め町長室に呼び出すなどしていたことがわかった。

 ふるさと納税は自治体を寄付で応援する制度で、寄付額の2000円を超えた分について税が控除される仕組みとなっている。
 阿賀町の神田一秋町長は新潟市など町外に住む職員のために控除額の上限を記した文書を用意。
 去年12月本庁の職員を町長室に呼び文書を手渡したほか、本庁以外の職員には文書をメールで送るなどして職員20人ほどに対しふるさと納税への協力を求めていた。
 住民は「(ふるさと納税は)個々の考えであって強制するものではないと思うのでちょっと考えものかな」と話した。
 神田町長は19日朝、取材に対し「できる範囲で町への思いを示してほしかった」などと説明している。

新潟2020.02.19 12:28

公立高校 一般入試の願書受け付け始まる

 新潟県内の公立高校で19日から一般入試の願書の受付が始まった。

 新潟市中央区の県立新潟南高校には19日朝、中学校の教員が次々と訪れ、生徒から預かった願書を提出していた。
 ことしの公立高校の募集人数は全日制と定時制の計1万4020人で去年より625人減っている。
 このうち178人がすでに特色化選抜で合格が内定している。
 中学校の教員は「出した生徒がみんな合格してくれればいいなと思って願書出してました」「あとは健康に気を付けてもらって自分の力がしっかり出せれば」と話した。
 願書の受け付けは21日まで。
 公立高校の一般入試は3月5日と6日に行われ、13日に合格者が発表される。

新潟2020.02.19 12:27

大気の状態が非常に不安定に 高波に警戒を

 18日の新潟県内は冬型の気圧配置が強まっていて山沿いでは雪が降っている。夕方にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みで、気象台は高波への警戒を呼び掛けている。

 県内は山沿いを中心に雪が降っている。
 18日午前11時までの24時間の降雪量は津南町で27センチなどとなっている。
 19日午前9時までの24時間に山沿いでは最大20センチの雪が降ると予想されている。
 18日夕方にかけて大気の状態が非常に不安定となる見込みで、波の高さは下越と佐渡で6メートルと予想されている。
 佐渡汽船ではカーフェリーの一部の便とジェットフォイルの午前11時以降の便が欠航している。
 新潟地方気象台は高波に警戒を呼びかけている。

新潟2020.02.18 12:10

焼け跡に3人の遺体 長男を死亡のまま送検

 去年11月に新潟市東区で住宅火災が発生し、焼け跡から夫婦と長男の計3人の遺体が見つかった事件で、警察が長男を容疑者死亡のまま殺人の疑いなどで書類送検していたことがわかった。

 去年11月、新潟市東区白銀の磯部泰良さんの住宅で火災が発生し、焼け跡から磯部さん夫婦と長男の計3人の遺体が見つかった。
 磯部さん夫婦の遺体には頭や背中に複数の刺し傷があり、死因が失血死などだったことから、事件として捜査が行われていた。
 警察は、焼け跡から一緒に見つかった長男の磯部京佑容疑者(35)が磯部さん夫婦を殺害した後、火をつけたと断定。
 殺人と放火の疑いで2月14日、容疑者死亡のまま書類送検した。
 警察は犯行には出刃包丁が使われたとしている。

新潟2020.02.18 12:02

臨時校長会「SOSを出せる環境作りを」

 おととし下越地方の県立高校に通う男子生徒が自殺した問題を受け、臨時の校長会が開かれた。第三者委員会の伊藤真理子会長は、生徒がSOSを出せる環境作りを進めるよう呼びかけた。

 臨時の校長会には、県内の公立高校の校長など107人が出席した。
 稲荷善之教育長は「県教育委員会と学校は緊急事態としての意識を持っていじめ対策に取り組んでいかなければならない」と述べた。
 おととし6月、下越地方の県立高校に通う高校3年の男子生徒が自殺した。
 自殺の原因を調査していた第三者委員会は1月30日、SNS上に誹謗中傷する内容が書き込まれたことなどが自殺に至った一因として、同級生によるいじめ行為があったことを認定している。
 校長会で、第三者委員会の伊藤真理子会長は、SNS上での何気ない発言が生徒同士を傷つけている場合があるとして、生徒がSOSを出せる環境作りを進めるよう呼びかけた。
 出席した校長は「子供がひとりで抱え込まない、先生方が子供たちの変化・気づきを共有できる職場作りが大切だ」と話した。
 新年度から、県内のすべての高校でSNSの教育プログラムを実施していく方針だ。

新潟2020.02.17 19:50

確定申告スタート 新潟県内でも受け付け

 所得税の確定申告の受け付けが、17日から全国一斉に始まった。新潟市の朱鷺メッセに設けられた相談会場には、多くの人が申告の手続きに訪れていた。

 「確定申告」は個人事業者や副業を持つ人などが、去年1年間の所得を計算し納税額を確定させる作業だ。
 県内では各地の税務署など、13か所が会場となり、新潟市の朱鷺メッセでは訪れた人が税務署の職員の説明を受けながら手続きをしていた。
 去年からは、スマートフォンを使った確定申告書の作成や提出が可能になった。
 17日はこうした「スマホ申告」に挑戦する人の姿も見られた。
 初めて来た申告者は「やっぱり細かい部分、専門用語とか出てくるので担当の人がいないと不安で会場にきました」と話した。
 新潟税務署の荒川勝副署長は「できれば早めの申告手続き、あとはご自宅でのスマホ申告、ぜひこちらにチャレンジしていただければ」と話した。
 確定申告の受け付けは、3月16日までとなっている。

新潟2020.02.17 19:47

長岡乳児殺害事件 被告の母親に懲役5年求刑

 生後3か月の長女を殺害した罪に問われている母親の裁判員裁判で、検察は17日、懲役5年を求刑した。法廷で被告の母親は、「一生をかけてつぐなっていきたい」と述べた。

 殺人の罪で起訴されているのは長岡市の職員・伊藤法子被告(32)だ。
 起訴状によると、伊藤被告は去年6月、長岡市の自宅で生後3か月の長女を2階から3回に渡って落とし、死亡させた罪に問われている。
 17日の裁判で、検察は「危険な行為を被害者が死亡するまで繰り返し、犯行は執拗で強固な殺意に基づく」と主張。
 犯行時は「産後うつ」で「心神耗弱」の状態にあったが、「善悪を判断する能力は失われていたとはいえない」として懲役5年を求刑した。
 一方、弁護側は「重い産後うつの影響により、良いことと悪いことを判断する能力が著しく低くなっていた」と説明。
 周囲の家族のサポートを受けながら「社会の中で立ち直っていくことができる」として執行猶予付きの判決を求めた。
 最後に伊藤被告は、「後悔してもしきれない気持ちでいっぱいです。一生をかけてつぐなっていきたい」と述べた。
 17日で審理は終わり、判決は19日に言い渡される。

新潟2020.02.17 19:46

17日夜から18日にかけて雪が降る見込み

 新潟県内は17日未明から朝にかけて強い風が吹いた。大気の状態が非常に不安定になり、17日夜には雪が降るところもある見込み。

 県内は低気圧の影響で、17日未明から朝にかけて佐渡や海岸部を中心に強い風が吹いた。
 最大瞬間風速は佐渡の両津で26.2メートルを観測し、波も高くなっている。
 佐渡汽船では17日午前中のカーフェリー2便が欠航。ジェットフォイルも5便が欠航し、午後にも就欠航未定の便がある。
 17日夜から18日にかけて強い寒気が流れ込み、雪が降る見込み。
 18日朝までの24時間に山沿いで最大20センチ、平野部と佐渡では最大5センチの雪が降ると予想されている。

新潟2020.02.17 12:15

不正入札 燕市が対策チームを立ち上げ検証

 新潟県燕市の配水管工事をめぐる入札を妨害した疑いで水道局の職員が逮捕されたことを受け、燕市は対策チームを立ち上げた。再発防止を目的に、市として検証を進めていく。

 この事件は去年10月に行われた2つの配水管工事の入札を前に予定価格を業者に教え、不正に落札させた疑いで、燕・弥彦総合事務組合水道局の鈴木啓晋容疑者と株式会社カト―の社員・中野正人容疑者が逮捕された。
 燕・弥彦総合事務組合の管理者でもある燕市の鈴木力市長は17日朝、事件を受けて「高い倫理観をもって、業務全般において法令遵守を徹底していただきたい」と幹部職員に訓示した。
 また、燕市は再発防止を目的として対策チームを立ち上げた。市としても事件の検証を進めていく。

新潟2020.02.17 12:10

新潟含む北陸地方で春一番 去年より12日遅く

 気象台は16日、新潟県を含む北陸地方で春一番が吹いたと発表した。去年より12日遅い観測だ。

 南よりの風が吹いた16日の県内。
 気象台は新潟県を含む北陸地方で春一番が吹いたと発表した。
 去年より12日遅い観測だ。
 春一番は冬から春へと季節が変わる時期に初めて吹く南寄りの強い風のことを指す。
 このため、16日の県内は雨が降ったものの気温が上がり妙高市関山で15.3度、湯沢町で14度と4月中旬並みの暖かさとなった。
 気象台は気温が高いことから融雪による土砂災害や雪崩に注意を呼びかけている。

新潟2020.02.16 19:08

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース