福島のニュース

喜多方市で火事 焼け跡から1人の遺体

昨夜、喜多方市熱塩加納町で民家や空き家など4棟を焼く火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかった。
火事があったのは喜多方市熱塩加納町できのう午後5時頃、近所の人から「火が見える」と消防に通報があった。
火は、およそ7時間後に消し止められたが、住宅1棟と空き家や倉庫3棟が全焼し住宅の焼け跡から、1人の遺体が見つかった。
警察によるとこの家に住む下畑清臣さん69歳と連絡がとれていない。警察が遺体の身元の確認を急ぐとともに火事の原因を調べている。

福島2019.09.16 11:56

猪苗代町の事故 70代女性も病院で死亡

きのう、猪苗代町で車2台が正面衝突し、75歳の男性が死亡した事故で、一緒に乗っていた70歳の女性も病院で死亡が確認された。
この事故はきのう正午過ぎ、猪苗代町の国道115号で車2台が正面衝突し、猪苗代方面に向かっていた茨城県の安藤榮さん(75歳)が死亡したもの。
警察によると、安藤さんと一緒に車に乗っていた茨城県小柴やす子さん(70歳)もおよそ6時間後に病院で死亡が確認された。
一方、対向車線を走っていた車の30代男性は骨折などの重傷。
警察が事故の原因を調べている。

福島2019.09.16 11:55

県内の高齢者 県人口に占める割合過去最高

県内の65歳以上の高齢者は、57万人あまりで、少子高齢化が進む中、県人口に占める割合は、過去最高となっている。
県のまとめでは、先月1日現在の県内の65歳以上の高齢者は、男性が25万2383人、女性が32万738人、あわせて57万3121人だった。 
県人口に占める割合は、31.4%で、過去最高となっている。
自治体別にみると、最も割合が高いのは、金山町の59.4%と会津を中心に、高い傾向にあります。

福島2019.09.16 11:55

今井正人(南相馬市出身)選手が力走も…

東京五輪のマラソン日本代表をかけた選考会が行われ南相馬市出身の今井正人選手が力走した。
上位2名が五輪への切符を手にするこの選考会。
福島からは「初代・山の神」の異名を持つ南相馬市出身の今井正人選手が出場した
今井選手は上位選手についていけず10キロ地点の通過時には第二集団の後方へ。
最後まで見せ場を作れなかった今井選手は2時間21分15秒の25位でゴール。
オリンピック出場を決める事は出来なかった。

福島2019.09.15 17:41

ラグビーW杯アルゼンチン代表を歓迎

ラグビーワールドカップを前にJヴィレッジで事前キャンプをしているアルゼンチン代表を歓迎するセレモニーが開かれた。セレモニーにはアルゼンチン代表チームの選手やスタッフなど50人ほどが参加する中、地元で空手を習っている子どもたちが太鼓に合わせて型を披露した。そして内堀知事が、「大きな力を得ることを期待している」と歓迎のスピーチをし、アルゼンチン代表のユニホームがデザインされた土湯こけしの記念品を贈った。これに対しチームを代表してゴンザロ・ロンゴスポーツマネージャーが「最高のトレーニングができている」と感謝の言葉を述べた。アルゼンチン代表の事前合宿は18日まで続き、ラグビーワールドカップは、20日に開幕する。

福島2019.09.14 11:45

郡山市・不審な男が女子中学生につきまとう

郡山市で女子中学生が不審な男につきまとわれる事案があった。不審な男によるつきまといがあったのは、郡山市小原田の新幹線高架下の路上。警察によると、13日の午後4時半ごろ女子中学生が1人で下校していたところ、男が後ろからついて来てカメラのようなものを向けた。女子中学生は自宅に走って逃げ、けがはなかった。男は40から50歳くらいの中肉で、黒の短髪に青色の襟付きシャツを着ていたという。郡山市では、今年5月以降、不審者による子どもへの声掛け事案が相次いでいて、警察が注意を呼び掛けている。

福島2019.09.14 11:44

経産相が来県 原発の依存度低減に言及

菅原経産相は8年半に起きた東京電力福島第一原発の事故以降「脱原発」の考えを示してきた。
面会後の記者からの質問にも「事故直後は、脱原発と話をしていたし、後に経済産業副大臣を経験した中で、原発をいかに減らしていくかという基本的な考えは変わっていない」と答えた。
国は、原発への依存度を可能な限り低減させる一方、再稼働を進める計画だが、菅原経産相は、原発事故後に「脱原発」の考えを示していたことから発言が注目されていた。

福島2019.09.13 19:04

ラグビーW杯 対照的な練習公開

20日に開幕するラグビーワールドカップを前に、県内で事前キャンプ中のアルゼンチン代表とサモア代表が練習の一部を公開した。いわき市のいわきグリーンフィールドで行われたサモア代表チームの公開練習には、およそ1000人の観客が訪れた。
選手たちはリラックスした様子でパス練習などのウォーミングアップを披露した。
また、交流の時間も設けられ、選手たちは、子どもたちとボールで遊ぶなどにこやかな表情で触れ合った。
地元の子どもたちからは「お父さんより筋肉あってすごい」「他の「明るくて優しい人だなと思った」との感想が聞かれた。
一方で、楢葉町と広野町にまたがるJヴィレッジでキャンプ中のアルゼンチン代表は、本番さながらの緊張感漂う練習を報道陣に公開した。

福島2019.09.13 16:16

こども園で祖父母を招いた「祝う会」

16日の「敬老の日」を前に、会津若松市のこども園では、園児が祖父母に感謝の気持ちを伝えた。
会津若松市の菅原若葉こども園では、園児の祖父母を招いた「敬老の日を祝う会」を毎年開いている。
園児たちは、練習した歌やダンスを披露したほか、手作りの似顔絵を描かれたプレゼントを手渡し、日頃の感謝を伝えた。
受け取った祖父母からは「絵も描けるようなって成長を感じる」となどと喜びの声が聞かれた。

福島2019.09.13 16:15

無断欠勤やセクハラ行為 市職員3人処分

郡山市は無断欠勤を繰り返してた男性職員を免職にするなど、職員3人の懲戒処分を発表した。
懲戒免職となった生活支援課に勤務する28歳の男性職員は、今年6月から、正当な理由もなく35日にわたり無断欠勤を続けていた。
職員は3年前にも同じく無断欠勤を続け、停職処分を受けていた。
また、同僚の女性職員の体を触るなどのセクハラ行為を繰り返していたなどとして、総務部の男性職員を停職6か月、生活支援課の男性職員を停職3か月の懲戒処分とした。
郡山市は「再発防止に努める」としている。

福島2019.09.13 11:49

道路脇の駐車場で車全焼 車内から遺体

11日夜、猪苗代町の国道脇の駐車場で、車1台が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかった。
車が燃える火事があったのは、猪苗代町若宮の国道115号脇の駐車場で、11日の午後6時半ごろ、近くに住む男性が目撃し、警察に通報した。
火はおよそ1時間後に消し止められたが、乗用車1台が全焼し、車の中から1人の遺体が見つかった。
遺体は運転席部分で見つかったが、身元や性別はまだ判明していない。
現場は、土湯トンネルの猪苗代町側の出口に近い場所で、警察が遺体を司法解剖をするとともに、出火原因を調べている。

福島2019.09.13 11:48

郡山市にも「東京2020」公式ショップ

東京オリンピック・パラリンピックの機運を盛り上げようと、郡山市にオフィシャルショップがオープンした。
「東京2020オフィシャルショップ」は、うすい百貨店9階に12日にオープンした。
店内には、大会のエンブレムをあしらったバッグやTシャツなどの公式グッズあわせて900点が並んでいる。
また、限定品の地元工芸品なども展示、販売されている。
県内のオフィシャルショップは、福島市に次いで2か所目。
*東京2020オフィシャルショップ郡山店 関根亮平店長
「オリンピックは一年後だが、まずは商品を手に取ってオリンピックを身近に感じてもらえればと思う」
オフィシャルショップは、来年9月末まで設けられる予定。

福島2019.09.13 11:47

災害による停電 私たちは何を備えればいいのか?

台風15号の影響で千葉県では今も停電が続いている。
県内も東日本大震災で長期間の停電を経験した。
急な停電が起きたら…備えはどうしたらいいのか。
気象・防災情報を発信するウェザーニューズに話を聞いた。
*ウェザーニューズ広報 中村好江さん
「スマートフォンが電池切れてしまうと大事な情報源や通信源がなくなってしまう」
スマートフォンは画面を暗くする、また通知を切るほか、機内モードにすることで電池の消費を抑えることができるという。
さらに…
*ウェザーニューズ広報 中村好江さん
「停電が長引くとマンションではポンプで給水をしている場合があるため停電に伴って断水してしまうという恐れがある」
「飲む用やトイレ用にバケツや湯ぶねなどに事前に水を確保しておくと安心」
また停電は命の危険も…
*ウェザーニューズ広報中村好江さん
「携帯用扇風機だったりとか保冷剤などを備えておくと安心かなと思う」
もしもの時に備えて日ごろからの準備が大切。

福島2019.09.12 18:49

サモア代表がいわき市へ

ラグビーワールドカップの事前キャンプでいわき市を訪れているサモア代表チームが神社で勝利を祈願した。
チームが訪れたのはいわき市の金刀比羅神社。
メンバーたちは神主から教えられた作法で大会での勝利を祈願した。
そのあとに訪れたのは近くにある幼稚園。
子供たちからは手作りのメダルがプレゼントされたほか可愛らしいダンスも。
すると選手たちからはサモアの歌が披露された。
*サモア代表 ジャック・ラム キャプテン
「披露した歌はサモアの伝統的な歌で感謝の気持ちを伝えるときに歌うものだ」
サモア代表は15日までいわき市で事前キャンプを行う。

福島2019.09.12 17:31

大きな粒と深い甘み!会津で丹沢栗の収穫

会津若松市では、特産の「丹沢栗」の収穫が今月12日から始まった。
会津若松市大戸町の山浦義博さんの栗林では、早生種の「丹沢栗」の収穫が始まった。
ことしは7月の長雨の影響で例年より10日ほど遅い収穫。
深い味わいの「丹沢栗」は粒が大きく艶があるのが特徴で山浦さんたちは地面に落ちたクリを一つ一つ手作業で収穫した。
*山浦義博さん
「クリは季節ものだから、クリを売るとこれから秋だなという感じがする」
収穫したクリは近くの直売所で1キロ当たり300円から500円ほどで販売される。

福島2019.09.12 11:50

第4次安倍再改造内閣 県民の反応は?

11日に発足した第4次安倍再改造内閣。
新内閣では政権の骨格である菅官房長官と麻生財務大臣以外の閣僚を交代させ政権発足以来最多の13人が初入閣となる大幅改造となった。
*安倍首相
「新しい体制のもとでわが党の長年の悲願である憲法改正を党一丸となって力強く進めていきたい」
福島の復興に関わるポストでは復興大臣に田中和徳氏、経産大臣には菅原一秀氏が起用された。
中でも注目されたのが環境大臣の小泉進次郎氏。
安倍総理は組閣について「安定と挑戦」を掲げていて38歳と若く知名度の高い小泉氏を「挑戦」の象徴として任命した。
そんな小泉氏に県民が期待することを聞いた。
広野町の国道6号沿いにあるラーメン店。
*白土家 白土喜久男さん
「小泉さんが復興政務官だか、その時代にこちらの方に何度も足を運んでいただいて、ふたば未来学園のためにPRをしてくれたということは大変嬉しかった」
原発事故以来、双葉郡の教育復興を応援し広野町のふたば未来学園にも足を運んできたことが励みになったという。
*白土家 白土喜久男さん
「これから大臣になるわけだから、ますますこの浜通りの環境並びに復興のために全力をあげてやってほしいと思う」
こちらは福島市で果樹園を営む阿部幸弘さん。
震災の翌年の視察がきっかけで知り合い小泉氏とは今でも連絡を取り合うという。
*阿部幸弘さん
「原発事故の解決には当初は30年といわれていたところがいざ始まってみると30年じゃなくて40年、50年もっと長いスパンでかかると思うので時間をかけるところはかけあとは英知を絞るところは絞って対策をしてくれるという風に信じてる」
県内でも圧倒的な知名度で人気を集める小泉氏。
その手腕が問われている。

福島2019.09.11 19:05

ラグビーW杯 サモア代表がいわき市へ

ラグビーW杯日本大会に出場するサモア代表がきょういわき市長を表敬訪問した。
訪れたのはサモア代表のヘッドコーチ・スティーブ=ジャクソンさんら4人。
サモア代表は今月20日に開幕するラグビーW杯前にいわき市で事前合宿を行う。
きょうは清水市長から地元の高校生がデザインした応援フラッグが送られた。
ジャクソンヘッドコーチは「いわき市のためにも頑張りたい」と意気込みを語った。

福島2019.09.11 19:05

大熊町・渡辺町長が引退を表明

大熊町の渡辺利綱町長(72)が11月に行われる町長選挙には出馬せず、今期限りで引退することを表明した。
渡辺町長は11日に開かれた大熊町の議会定例会の一般質問で、自身の進退について、「年齢による体力の衰えは隠せない」「若い後継者に大熊町復興のバトンを託す」と答え、任期が終わる11月で引退する考えを示した。
渡辺町長は2007年から町長を3期務め、今年4月の町の一部避難指示解除にあわせ、大川原地区に新庁舎を建設するなど、原発事故後の町の復興に尽力してきた。
新しい町長を決める選挙は11月10日に投票が行われる予定。

福島2019.09.11 16:39

郡山市中心部でアライグマ見つかる

けさ郡山市の中心部でアライグマが発見され一時、周辺は騒然となった。
午前7時前、郡山市堂前町の住民から「庭先にハクビシンのような動物がいて怖い」と警察に通報があった。
警察官が駆け付けたところ、体長30センチほどのアライグマが庭の隅にうずくまっていた。
アライグマは通報からおよそ2時間半後に市役所の職員により捕獲された。
今回の騒動でけが人はいなかった。
警察によると郡山市の中心部でアライグマが出没したという通報は初めて。

福島2019.09.11 11:49

福島の農産物の流通拡大に向けセミナー

福島の農産物の流通拡大に向けたセミナーが福島市で開かれた。
このセミナーは、JA全農福島が開いたもので、県内の流通事業者などおよそ120人が参加した。
JAグループ福島は、農産物の品質認証制度=「GAP」の認証に力を入れていて、参加者は伊達市内の農場や選果場を視察した。
このあと、市内のホテルで、JAグループ福島の菅野会長と、流通事業者などが参加したパネルディスカッションも行われた。
*JAグループ福島菅野会長
「安全性を担保していく産地だと訴える意味で、非常に大きな成果をあげつつある。」
JA全農福島では、こうした取り組みを通して、福島の農産物の流通拡大を目指していくことにしている。

福島2019.09.10 15:58

トリチウム水「海へ放出するしかない」

原田環境大臣が、福島第一原発の事故で汚染水を処理したあとに残るいわゆるトリチウム水について、「海へ放出して希釈するしか選択肢はないと思う」と発言した。
福島第一原発で敷地内で保管されているトリチウム水を巡っては、原子力規制委員会の更田委員長が「海への放出が適当」とする一方、漁業団体などは反対を明確にしている。
また、国の有識者委員会は長期保管についても議論を始めている。こうしたなか、原田大臣は「意見」としたうえで、次のように述べた。
*原田環境相
「放出して稀釈するいろいろな選択肢を考えるとほかの選択はない」
安倍首相は11日に内閣を改造する意向で、退任間際の発言が波紋を広げている。

福島2019.09.10 15:57

青空のもとに広がる「田んぼアート」

県内はあさから青空が広がっていて、鏡石町では「田んぼアート」が訪れる人を楽しませている。
鏡石町では毎年、田んぼをキャンバスに稲で絵を描く「田んぼアート」を続けている。
毎回、「絵本の世界」をテーマにしていて、今年は「眠れる森の美女」の場面を9つの品種の稲で表現した。
*訪れた女性
「毎年来ていて、見るのが楽しみ」
県内は、このあとも晴れて、強い日差しで、気温も上がる見込み。
最高気温は福島で34度、会津若松で33度など、多くのところで真夏日が予想されていて、厳しい残暑となりそうだ。
鏡石町の田んぼアートは、来月の末まで楽しめるという。

福島2019.09.10 12:32

台風15号の接近で倒木など一部で被害

県内に暴風雨をもたらした台風15号の接近で、県内では倒木など一部で被害が出た。
台風15号の接近によって、県内では多いところで100ミリ以上の雨を観測し、風も強まった。
いわき市の草野小学校では、学校のシンボルともなっていた樹齢400年とされる松が倒れた。
倒木は台風が近づいたきのう午前11時すぎで、休校の措置が取られていたことから、児童はいなかった。
また、二本松市では、住宅1棟に土砂が流れ込む被害もあった。県内では台風15号によるけが人はいなかった。
県によると、いまのところ、農作物に関して目立った被害の報告は入っていないという。

福島2019.09.10 11:59

デブリ取り出しは2号機から 機構が提言

原子力損害賠償・廃炉等支援機構は、溶け落ちた核燃料、デブリの取り出しを2号機から始める案を、正式に国に提言した。
国と東京電力は、福島第一原発のデブリの取り出しの着手する号機の選定を今年度中に決める予定。
廃炉について助言する原子力損害賠償・廃炉等支援機構はきのう、デブリの取り出しを2号機から始める案を正式に国に提言した。
2号機は、堆積物をつかむことができるなど、1号機や3号機と比べ、内部調査が進んでいて、線量も比較的低いことから、最初の着手に適していると判断された。

福島2019.09.10 11:50

元小学校校長がひき逃げ容疑で逮捕

逮捕されたのは元小学校校長の男だった。
福島市で自転車の男子大学生が車にはねられるひき逃げ事件があり、福島市教育委員会の嘱託職員の男が逮捕された。
ひき逃げの疑いで逮捕されたのは、福島市教育委員会の66歳の嘱託職員の男で、市内の学習センターに勤務している。
男は8日午前8時半ごろ、福島市渡利の国道4号の交差点で、自転車で横断しようとした男子大学生を車ではね、その場から立ち去った疑いがもたれるている。
男子大学生は、両手を打撲するなどの軽いけがをした。
警察の調べに対し、小山容疑者は「事故を起こしていない」などと容疑を否認しているという。
小山容疑者は、市内の小学校校長を退職した後、学習センターで嘱託職員として働いていて、市は「事実関係を確認の上厳正に対処する」とコメントしている。

福島2019.09.09 18:46

台風でレベル4相当の避難指示や勧告

9日午後3時半現在、台風15号は、昼すぎに県内に最も接近し、いわき市に避難指示、福島市などに避難勧告が出された。
県内に激しい雨や暴風をもたらした台風15号は福島県沖をあって、北東に遠ざかりつつある。
降り始めからの総雨量が1百ミリを超えたいわき市では、正午ごろ、市内を流れる好間川が氾濫危険水位を超えたため、2500世帯あまりに避難指示が出された。
川に近い2つの保育園の園児たちおよそ60人も急きょ、近くの小学校の体育館へ避難した。
その後、連絡を受けた保護者らが次々と迎えにいた。
*迎えに来た保護者
「仕事だったが、急に電話があって迎えにいた」
また、福島市では午前9時すぎから雨脚が強まり、市内を流れる濁川と八反田川が氾濫危険水位を超え、市内2万1千世帯にあまりに、避難勧告が出された。
*避難してきた女性
「自宅の目の前が川なので、もう少しで溢れそうかなという感じ、家が水浸しになるか不安」
いずれの河川も水位の上昇は収まってきている。
今回の台風による県内でのけが人などの報告はない。
気象台によると、午後6時ごろまでは暴風や高波、河川の増水や土砂災害に警戒が必要としている。

福島2019.09.09 17:41

喜多方市の住宅で火事 男性が心肺停止

家の中で倒れているところを発見された。
9日あさ、喜多方市の住宅で火事があり、この家に住む42歳の男性が心配停止の状態で病院へ搬送された。
*記者リポート
「喜多方市の住宅で火事があり、家の中の多くのものが黒く焼け焦げてしまっている」
火事があったのは、喜多方市上三宮町の佐藤真司(42)さんの住宅で、9日午前6時すぎ、「ガラスが割れる音がして、家から火が出ている」と近所の住民から消防に通報があった。
火はおよそ1時間後に消し止められたが、家の中で佐藤さんが心肺停止の状態で倒れていて、病院へ搬送された。
警察が火事の原因を調べている。

福島2019.09.09 17:35

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース