山形のニュース

腕時計を“窃盗”男性自衛官を懲戒免職

懲戒免職となったのは、陸上自衛隊神町駐屯地で第6後方支援連隊に所属する22歳の男性3等陸曹だ。神町駐屯地広報班によると、この男性陸曹は去年4月2日、駐屯地内の食堂に設けられている落とし物コーナーの棚から、1万5千円相当の腕時計を盗み、県内のリサイクルショップに売却した。男性陸曹は「現金ほしさに出来心で盗んでしまった」と容疑を認めているという。神町駐屯地では後輩の頭を蹴り、けがを負わせたとして33歳の男性自衛官が先月、停職の処分を受けたばかりだ。今年度の懲戒処分は合わせて9件でこのうち「懲戒免職」は今回のケースを含め3件となっている。

山形2020.01.21 22:21

迫る高校入試・受験生を園児が激励

上山市立宮川中学校の3年生23人を激励したのは、上山あい保育園の園児24人だ。受験を控える3年生たちは、先月、家庭科の保育実習で園児たちと一緒に遊んだり、歌ったりして交流した。21日はそのお礼にと園児たちが中学校を訪問し、元気いっぱい歌を披露したあと、受験生にエールを送った。「フレフレ宮中!フレフレ宮中!オー!!」そして、園児たちが手作りした合格祈願の絵馬とお守りが3年生にプレゼントされた。

山形2020.01.21 22:18

公立高校推薦入試の願書受け付け始まる

県内公立高校の推薦入試は全日制高校の普通科以外の学科で行われる。対象となるのは合わせて26の高校で、今年度の推薦入試について20日から一斉に願書の受付が始まった。県教育委員会によると26校の推薦入試の定員は合わせて約820人で、入学定員全体の11.7%となっている。このうち山形市の県立山形工業高校では、各中学校の担当者が高校を訪れ、願書の入った封筒を提出した。願書の受付は今月24日正午までで、来月5日に面接と作文、それに実技の試験が行われる。

山形2020.01.20 20:14

「大寒」の朝・ソバの実を沢水に

20日午前8時すぎ、山形市上宝沢の「不動沢」。山形麺類食堂協同組合のメンバー約30人が冷たい水の中で声を掛け合いながら、袋詰めされたソバの実を次々に沢の水に浸していた。これは、「山めん寒ざらしそば」を仕込むために毎年、「大寒」の朝に行なっている恒例の作業だ。地元産「でわかおり」のソバの実300袋、合わせて3トン分を沢の水に浸した。山形麺類食堂協同組合寺崎利彦理事長は「こんなに雪の少ないのは初めて寒風にさらすのが一番大変な作業。そこで今年の味が決まる」20日朝の「不動沢」の水温は、2度から3度ほどで、例年より1度ほど高いという。ソバの実は2週間ほど沢の水に浸した後、来月4日に引き上げ、その後、西蔵王高原で寒風にさらす。そして4月8日から山形市内の組合加盟店で提供される。

山形2020.01.20 20:04

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース