秋田のニュース

自殺率4年ぶり全国ワースト脱却

去年1年間に県内で自殺した人は206人でした。人口10万人あたりの自殺率は20.7人で4年ぶりに全国ワーストを脱却しました。
警察庁のまとめ(※速報値)によりますと、去年1年間に県内で自殺した人は男性が141人、女性が65人であわせて206人でした。前の年より39人減り、過去40年間で最も少なくなりました。自殺の原因は「健康問題」が35%で最も多く、「経済・生活問題」が13・3%、「家庭問題」が10・8%などとなっています。秋田県の人口10万人あたりの自殺率は20.7人で、都道府県別では全国で6番目の高さでしたが、4年ぶりに全国ワーストを脱却しました。県は2022年までに年間の自殺者数を180人以下にする目標を掲げていて、民間団体などと連携して自殺予防対策の取り組みを進める方針です。

秋田2019.01.19 11:51

大学入試センター試験始まる

大学入試センター試験が全国一斉に始まりました。県内でも5つの会場で順調に試験が行われています。
県内では秋田市、横手市、大館市のあわせて5つの会場でセンター試験が行われています。このうち秋田市手形の秋田大学では多くの受験生が緊張した面持ちで会場入りしていました。県内のセンター試験の志願者は去年より114人少ない3554人です。県内の各会場ではこれまでに交通機関の乱れも含めてトラブルの報告はなく、予定通り試験が実施されています。19日(土)は午前9時半に「地理歴史、公民」の試験が始まり、国語や英語など4教科の試験が午後6時過ぎまで行われます。

秋田2019.01.19 11:49

大学入試センター試験 会場で準備作業

大学入試センター試験が19日から全国一斉に行われます。これを前に県内5つの会場で準備作業が行われました。
大学入試の第一関門となるセンター試験は、県内では秋田市、横手市、大館市の合わせて5つの会場で行われます。このうち、受験生の半数以上が受験する秋田市手形の秋田大学では、職員が入り口に看板を設置するなど準備が進められました。県内のセンター試験の志願者は、去年より114人少ない3554人です。試験は、2日間で、19日は「地理歴史、公民」「国語」「外国語」「英語のリスニング」、20日は「理科」と「数学」が行われます。周辺道路の混雑も予想されるため、秋田大学では受験生に対し時間に余裕をもって来るよう呼びかけています。

秋田2019.01.18 19:24

金足農前主将 日本学生野球協会から表彰

去年夏の甲子園で準優勝した金足農業でキャプテンを務めた佐々木大夢さんが日本学生野球協会から優秀選手として表彰されました。
日本学生野球協会が選ぶ表彰選手は、大学生のほか、高校生は47都道府県からそれぞれ1人、主に夏の甲子園に出場した高校のキャプテンが選ばれています。佐々木大夢さんは、持病のため一時マネージャーに転向したこともありましたが、チームをまとめあげました。佐々木大夢さんは「本当に苦しいときもありましたが、それを乗り越えて賞を貰うことができたので、いままで努力してきてよかったなと思います」と表彰された喜びを語りました。。

秋田2019.01.18 19:24

“泉・外旭川新駅”設置計画 国交省が認可

JR東日本秋田支社は、秋田市の泉・外旭川地区に新たな駅を設置する計画が国土交通省に認可されたと発表しました。
新たな駅は秋田市が泉と外旭川を結ぶ菅野地下道付近に整備することをJRに対して要望していたものです。要望を受け、去年9月、建設費を秋田市が負担することでJRが了承し、整備に関する基本協定を結んでいました。そして18日、新たな駅の設置が国土交通省に認可さたものです。着工は今年11月で、再来年2021年の3月に開業する計画です。秋田市の穂積志市長は「公共交通の連携の強化につながるので市民の理解をいただきながら事業を推進していく」とコメントしています。

秋田2019.01.18 19:23

けんかやセクハラ 警察官6人処分

警察官同士のけんかやセクハラなど3つの案件で警察官あわせて6人が処分を受けました。免許取り消し手続きを1年間放置していたことも明らかになりました。
去年11月、五城目警察署の警察官8人が秋田市内の飲食店で酒を飲んでいたところ、50代の男性巡査部長2人が口論からつかみ合いとなり、1人があばらの骨を折る大けがをしました。店の掛け軸や食器を壊し、店の通報で発覚したもので、県警は2人をそれぞれ所属長訓戒と本部長注意に、上司の60代の男性警部補を本部長訓戒としました。また県北部の警察署の50代の男性警部と40代の男性警部補がおととし10月に発生した交通事故のあと、必要な免許取り消しの手続きをせず1年間放置していたことがわかりました。事故を起こした本人から問い合わせがあって初めてわかったもので2人は所属長注意となりました。そして、去年11月に知人女性の腰に手を回し抱き寄せるなどセクハラ行為があったとして県中央部の警察署に勤務していた30代の男性巡査部長を減給10分の1、3か月としました。処分のあと、巡査部長は辞職しています。

秋田2019.01.18 19:22

横手市で積雪増 今季初の1メートルに

冬型の気圧配置が続き、県内では、まとまった雪が降ったところがありました。気象台は、18日も大雪による交通障害などに注意するよう呼びかけています。
18日午前9時までの24時間降雪量は、横手市で34センチ、湯沢市で31センチ、北秋田市阿仁合で25センチを観測しています。横手市では、午前9時に今シーズン初めて積雪が1メートルに達しました。県内は18日も大雪になるところがある見込みで、19日朝までの24時間降雪量は、いずれも多いところで、山沿いで30センチ、平野部で25センチと予想されています。大雪による交通障害などに注意が必要です。沿岸に出されていた暴風雪警報は解除されましたが、引き続き風の強い状態が続くため、気象台は、強風やふぶきに注意するよう呼びかけています。

秋田2019.01.18 12:25

スイーツや惣菜 全国の人気グルメが集結

話題のスイーツや注目の惣菜など全国の人気グルメを集めたイベントが秋田市の百貨店で始まりました。
秋田市の西武秋田店で始まった恒例の「全国うまいもの味めぐり」。朝から多くの買い物客でにぎわいました。漁に出られるのが1年でわずか40日という貴重な北海道の本ししゃもや去年、初出店で行列が絶えなかったイタリアの焼き菓子=スフォリアテッラなど全国で人気のグルメ31ブランドが集まりました。今回初登場したのは、豆乳を使った濃厚なガトーショコラです。福岡のお土産の新定番として今注目されています。「全国うまいもの味めぐり」は秋田市の西武秋田店で今月24日まで開かれています。

秋田2019.01.18 12:22

暴風雪に警戒 18日にかけて大雪に注意

各地で断続的に雪が降り、風の強い状態が続いています。沿岸では、17日夜遅くにかけて暴風雪に警戒が必要です。また、全域で18日にかけ大雪に注意してください。
北日本は強い冬型の気圧配置となっていて、荒れた天気となりました。午後5時までに八峰町八森で24.4メートル、にかほ市で22.2メートル、秋田市で17.8メートルの最大瞬間風速が観測されました。沿岸では、17日夜遅くにかけて暴風雪に警戒してください。内陸部を中心にまとまった雪が降り、午後5時の積雪は横手市が86センチ、湯沢市が85センチ、北秋田市の阿仁合は76センチとなっています。18日の午後6時までの24時間降雪量はいずれも多いところで山沿いが40センチ、平野部でも30センチと予想されていて、引き続き全域で大雪に注意が必要です。

秋田2019.01.17 19:23

全保健所管内にインフルエンザ注意報

県内はインフルエンザの患者数が多い状態が続いています。注意報は全域に出されていて集団感染の発生も相次いでいます。学校などの再開に伴って、さらに感染が拡大する恐れがあり、県は予防対策の徹底を呼びかけています。
県によりますと、今月13日までの1週間の県内のインフルエンザ患者数は調査した1医療機関当たり17.37人でした。県全体の患者数は前の週からほぼ横ばいですが、大きく増えた地域もあり、新たに大館と北秋田保健所管内に注意報が出されました。これで注意報は県内に9つある保健所すべてに出されました。また、1週間に新たに秋田市の厚生医療センターをはじめ、福祉施設や保育園、あわせて6件の集団感染も報告されています。このうち、羽後町の特別養護老人ホーム「松喬苑」では感染した80代の入所者3人が死亡しています。冬休みが終わり、今週から学校などが再開され感染がさらに拡大する恐れもあり、県は予防対策の徹底を呼びかけています。

秋田2019.01.17 19:22

イージス・アショア 受信電波の影響調査

秋田市にある陸上自衛隊新屋演習場に配備が計画されているイージス・アショアについて、防衛省は、仮に配備した場合に演習場の周辺で現在使用されている電波にどのような影響があるのか検討するための調査を始めました。
17日から始まった調査は陸上自衛隊新屋演習場の周辺での電波の使用状況を防衛省が把握するためのものです。今月25日までの間新屋演習場の中の8か所で、24時間態勢で受信する電波を計測します。防衛省によりますと、イージス・アショアに搭載予定のレーダーの周波数はSバンド帯と呼ばれる2ギガヘルツから4ギガヘルツの間です。今回の調査では、Sバンド帯より広い3メガヘルツから30ギガヘルツまでの受信電波を測定し、仮にイージス・アショアが配備された場合に演習場周辺で現在使用されている電波にどのような影響があるのか検討する材料とします。このほか、防衛省はイージス・アショアに搭載予定のレーダーによる周辺への電波の影響を検討するため秋田市内を車で回り病院や学校などの公共施設や住宅などの正確な位置を把握する調査も始めました。

秋田2019.01.17 19:22

激しい先陣争い 三吉梵天祭

秋田市の神社で江戸時代から続くといわれる伝統行事「三吉梵天祭」が行われました。今年も激しい先陣争いが繰り広げられ、境内は熱気に包まれました。
秋田市広面にある太平山三吉神社で、毎年1月17日に行われるのが三吉梵天祭です。今年は地域の子ども会や企業、団体からあわせて68本の梵天が奉納されました。最大の見所は梵天を奉納する各町内の先陣争いです。力の神、勝負の神がまつられている三吉神社。先陣争いが激しく力強いほど願いが叶うとされています。けんか梵天とも呼ばれるゆえんです。無病息災や五穀豊穣の願いを込め、境内には男衆の威勢の良い声が響きました。

秋田2019.01.17 19:22

来年度当初予算案 知事査定始まる

県の来年度当初予算案について知事がチェックする知事査定が始まりました。
知事査定は、今年9月に秋田で初めて開かれる「全国豊かな海づくり大会」に関連する事業から始まりました。水産業の振興などのために各都道府県の持ち回りで開かれているこの大会には、5月に即位する天皇皇后両陛下が出席される予定になっています。関連行事を含めて、全国から2万人以上が参加する見通しで、大会の運営は知事を本部長とする1200人規模の実施本部が行います。知事査定では県の担当者が式典行事の会場や県民が参加する推進事業などについて説明しました。来年度当初予算案の主要事業をチェックする知事査定は今月21日まで行われます。

秋田2019.01.17 12:55

鹿角市で住宅全焼 1人死亡

17日午前0時ごろ、鹿角市で住宅1棟を全焼する火事があり、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。
火事があったのは、鹿角市八幡平の阿部源之丞さん82歳の住まいです。鹿角警察署の調べによりますと、17日午前0時ごろ、阿部さんの住まいが燃えているのを近くに住む人が見つけて消防に通報しました。火はおよそ2時間半後に消し止められましたが、木造一部2階建ての住宅が全焼し、焼け跡から1人の遺体が見つかりました。阿部さんはこの家に1人で暮らしていて、火事のあと連絡がとれなくなっているということです。現場はJR湯瀬温泉駅のすぐ近くです。警察が遺体の身元の確認を進めるとともに火事の原因を詳しく調べています。

秋田2019.01.17 12:55

にかほ 人員や体制ほぼ現状維持へ

県警察本部は、にかほ警察署を統合し、幹部交番とする計画について、当初縮小するとしていた人員や体制を見直し、ほぼ現状を維持する形の修正案を示しました。
県警は治安の情勢や人口減少などの現状を踏まえて由利本荘警察署に、にかほ警察署を統合して、幹部交番にする方針を示しています。当初の案ではにかほに常駐する人員を約45人から約20人に減らし、捜査・生活安全・交通の係を縮小するとしたことなどから住民から不安の声や警察署の存続を求める声があがっていました。これを受けて県警は人員を現在と同水準にした上で、それぞれの係も維持するなどと修正した案を公表しました。統合により多くの警察官を素早くかつ柔軟に現場に派遣できるようになり、対応能力が強化されると強調しています。統合計画などが盛り込まれた県警機能強化プランは今年4月からの運用開始を目指して今後、県議会に提案されます。

秋田2019.01.16 19:17

“月額1万600円以上”目安に要求へ

県内最大の労働組合組織、連合秋田は今年の春闘で月額1万600円以上を目安に賃金の引上げを求めていくとする方針案を示しました。
連合秋田が開いた集会には組合員およそ90人が出席しました。黒﨑保樹会長は4月から順次施行される働き方改革関連法について触れ「今年の春闘で企業側に必要性を訴えていきたい」と述べました。集会では、去年と同様、月額1万600円以上を目安に賃金の引き上げを求めていくとする春闘の方針案が示されました。来月7日に開かれる地方委員会で正式に決定される予定です。連合秋田は働き方改革の推進に向けて長時間労働の是正や雇用形態に関わらない公正な待遇の確保を引き続き求めていくことにしています。

秋田2019.01.16 19:17

新スタジアム 八橋推す意見多く

サッカーのJ2規格を満たす新たなスタジアムについて整備候補地として挙がっているのが、秋田市の八橋運動公園と川尻の秋田プライウッドの敷地、そして手形の秋田大学の敷地の3か所です。15日に開かれた専門委員会では3か所のうち八橋運動公園が最も適しているという意見が多くあがりました。
新たなスタジアムの整備費は3か所ともおよそ100億円になると
試算されています。15日の専門委員会では、16人の委員がそれぞれ候補地について意見しました。委員会では9人が八橋運動公園を、2人が秋田プライウッドの敷地が最も適しているという考えを示しました。秋田大学を挙げた委員はいませんでした。来月上旬に県と秋田市に提出する報告書には整備候補地それぞれのメリットとデメリットが書き込まれることになります。八橋運動公園を推す声が多くなりましたが地権者の秋田市が反対していて、候補地の選定は難航も予想されます。

秋田2019.01.16 19:17

もっと読み込む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら

最新ニュース