2020年 東京五輪・パラリンピック

2020年 東京五輪・パラリンピック<関連記事>

大会運営費の問題は1歩も…神奈川県知事

結論が先延ばしとなっている2020年東京オリンピック・パラリンピックの費用負担について、東京都の小池知事は東京都外の会場の仮設施設の費用、およそ500億円を全額負担する方針を明らかにした。

2017年5月12日 04:29

記事を読む

森田県知事「約束守るのはすばらしい」

2017年5月11日 14:11

東京五輪の費用負担をめぐり小池都知事が関係自治体の仮設施設費用約500億円を全額負担する方針を明かしたことに、千葉県の森田知事は「都民ファーストのプライドとして約束を守るということはすばらしい」と述べ、連携を深める必要があると強調した。

記事を読む

五輪仮設施設500億円 都が全額負担へ

2017年5月11日 12:31

20年東京五輪の費用負担をめぐり小池都知事は関係自治体に整備する仮設施設の費用約500億円を全額負担する方針を明らかに。パラリンピック運営費は半分を組織委、半分を国と都が負担する事になっていたが、国と都で4分の1ずつの負担とする事を求めた。

記事を読む

東京五輪仮設施設費用 都が全額負担の方針

2017年5月11日 10:27

2020年東京オリンピック・パラリンピックの費用負担をめぐり、東京都の小池知事は11日に安倍首相と会談。東京都が関係自治体に整備する仮設施設の費用約500億円を全額負担する方針などを首相に伝えているものとみられる。

記事を読む

五輪に備え 都内各地でテロ防止の取り組み

2017年5月10日 21:55

東京五輪に備え警視庁は10日、都内各地でテロ防止に向けた取り組みを行った。中野区では路線バスが乗っ取られた想定で対処訓練が行われた。また、杉並区では「テロを許しません」とキャッチフレーズが書かれたバスやタクシーの出発セレモニーが行われた。

記事を読む

「都の結論待つことなく調整を」費用負担

2017年5月10日 00:05

20年東京五輪・パラリンピックをめぐる関係自治体の費用負担の結論が先送りされていることについて、神奈川・黒岩知事らが9日、首相官邸を訪問。安倍首相は、費用負担の決着に向けて東京都の結論を待つことなく調整を行うよう、丸川五輪担当相に指示した。

記事を読む

東京五輪費用負担「早く示して」知事ら要望

2017年5月9日 19:15

2020年東京オリンピック・パラリンピックをめぐる関係自治体の費用負担の結論が先送りされていることについて、9日、神奈川県、埼玉県、千葉県の知事が小池知事に対し「早く示してほしい」などと要望。小池知事は「今月中に答えを出す」と述べた。

記事を読む

小池都知事、車いすテニスに挑戦

2017年5月6日 17:04

パラリンピック競技の魅力を伝えようと、東京・上野公園で体験イベントが行われ、東京都の小池知事も車いすテニスなどに挑戦した。イベントは7日までで、7日は車いすバスケやブラインドサッカーなどの競技を楽しめるという。

記事を読む

東京五輪へ「ジャパン・ハウス」第1号完成

2017年5月1日 10:32

東京五輪を3年後に控え、日本の文化や技術などの情報発信を海外で強化するため外務省が新たに設置する「ジャパン・ハウス」の第1号が、南米ブラジルのサンパウロに完成した。今後、ロンドンとロサンゼルスにも設置される予定。

記事を読む

五輪へ都内を美化 品川で落書き消す活動

2017年4月28日 15:27

28日、東京のJR品川駅近くの陸橋で、警視庁品川署の職員や品川区の職員、地元住民ら約40人が参加し、落書きを消す活動を行った。警視庁は今後も地元住民らと協力しながら、東京五輪に向けて都内の美化活動を進めていきたいとしている。

記事を読む

五輪向け ドーピング内部告発の窓口設置へ

2017年4月28日 12:58

2020年東京五輪に向けドーピング対策を強化するため、JSC(日本スポーツ振興センター)に来月末、内部告発のための通報窓口を設置。五輪強化選手やコーチらがメール限定で告発できる。JSCは選手間での監視体制をつくり対策を強化したいとしている。

記事を読む

五輪「柔道・団体戦」を 森会長に協力要請

2017年4月20日 20:13

東京五輪の柔道競技で男女混合の団体戦を種目として追加するようをIOC(国際オリンピック委員会)に要望している国際柔道連盟の山下泰裕理事らは20日、大会組織委の森会長を訪ね、協力を要請した。これに森会長は「協力していきたい」と述べた。

記事を読む

24年五輪へ…中高生など発掘プロジェクト

2017年4月18日 15:49

7年後の2024年オリンピック・パラリンピックで活躍の見込める選手の選抜・育成を目指し、現在の中高生などを対象に選手を発掘するプロジェクトの実施が決まった。応募は今年6月からの予定で、選抜されたそれぞれ20人前後を競技団体が育成する。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら