TPP特集

TPP(=環太平洋経済連携協定)への交渉参加を表明した日本。そして、日本経済に与える影響や問題点とは何か?

農業強化し輸出促進を~自民・稲田政調会長

自民党の稲田政調会長は31日、札幌市で講演し、日本の農業を強化し、海外への輸出を促進していく考えを示した。TPP交渉が大筋合意した事を巡り、「ピンチをチャンスに変える」「日本の農業を強く再生させたい」などと述べた。

2015年10月31日 19:42

>> 記事を読む

自民党、TPP総合対策本部の初会合

2015年10月29日 20:08

TPP交渉が大筋合意したことを受け、自民党は、国内対策を話し合う総合対策本部の初会合を開いた。国内農家への補償や農産品の競争力強化策など農業分野の対策を、来月17日までにまとめるという。来月20日までに対策をとりまとめ、政府に提言する方針。

>> 記事を読む

TPP影響分析 コメ輸入増大ないと想定

2015年10月29日 18:19

農水省は、TPP発効時の農産品21品目への影響を分析し、29日、自民党の会議に示した。特に影響が出ると懸念されたコメは、基本的な輸入の枠組みが変わらず、関税撤廃の例外となったことから輸入の増大はないと想定している。競争力の強化は必要と分析。

>> 記事を読む

自民党 TPP対策取りまとめへ議論開始

2015年10月27日 16:25

自民党は27日、農林関係の合同会議を開き、TPPの大筋合意を受けた対策の取りまとめに向け、議論を開始した。小泉進次郎農林部会長は「今だけ金を配って、あとは効果がないようなことはやってはならない」と述べ、長期的な対策が必要との認識を示した。

>> 記事を読む

経団連会長 韓国のTPP参加に期待示す

2015年10月26日 22:04

経団連は26日、韓国の経済団体「全経連」と都内で懇談会を開き、榊原会長は韓国がTPPに参加することに期待を示し、韓国も参加に意欲を示した。また、日中韓FTAなどの経済連携協定の早期締結に向けて協力していくことでも合意した。

>> 記事を読む

TPP合意内容 知的財産の保護強化

2015年10月22日 23:02

政府は22日、大筋合意したTPP(環太平洋経済連携協定)のルール分野について、合意内容の説明を行った。知的財産は、映画や実演、レコードなど著作物の保護期間を現在の50年から70年に延長するなど、保護が強化される。

>> 記事を読む

TPPで恩恵も期待? 関税撤廃の全容公表

2015年10月21日 00:22

政府は、TPP(=環太平洋経済連携協定)で合意した関税撤廃の全容を公表した。農産品と工業品を合わせた9018品目のうち8575品目で関税がなくなる。TPPが発効すれば、消費者や輸入業者には一定の恩恵が期待できそうだ。

>> 記事を読む

TPP「関税」撤廃するモノ 残るモノ

2015年10月20日 17:45

政府は20日、TPP(=環太平洋経済連携協定)で合意した関税の扱いについて全てを公表した。

>> 記事を読む

TPP 日本、95%の品目で関税撤廃

2015年10月20日 14:29

政府は20日、TPPで合意した関税の扱いの全容を公表。日本は95%の品目で関税を撤廃する一方、他の参加国は99%以上の品目で関税を撤廃することにしている。参加国から輸入する工業製品で全て関税を撤廃し、農林水産品では約8割で関税を撤廃する。

>> 記事を読む

JA全国大会、所得増大を目指す方針を採択

2015年10月15日 21:02

JAは15日、都内で3年に一度の全国大会を開き、農業者の所得増大などに全力を尽くすとの今後の活動方針を採択したほか、TPP対策を継続、強化する内容の特別決議を採択。奥野JA会長はTPPに関して「万全な政策の確立を求めてまいりたい」と述べた。

>> 記事を読む

経産省が対策本部設置 関税の扱いなど公表

2015年10月15日 15:54

経産省は15日、TPPの活用促進を目指した対策本部を立ち上げた。日本から輸出される車や陶磁器などの関税撤廃が決定したほか、日本が高い関税をかけていた毛皮や革製品も段階的撤廃で合意。中小企業などの海外展開を後押しするなど攻めの対策を行う方針。

>> 記事を読む

JA全国大会で首相、TPP万全の対策とる

2015年10月15日 15:18

安倍首相が15日、JAの全国大会で挨拶し、TPP交渉の大筋合意を受け、政府として万全の対策をとると強調した。また、改正農協法の成立で地域の農協が自由に経営できるようになったと強調。ただ、ヤジがとぶなど関係者の間に不満があることもうかがえた。

>> 記事を読む

農水相、TPP大筋合意で国内対策急ぐ考え

2015年10月9日 21:12

第3次安倍改造内閣で入閣した森山裕農水相が9日、テレビ各社へのインタビューに応じ、TPPの大筋合意を受けて国内対策を急ぐ考えを強調した。農林水産の政策通として知られる森山農水相だが、省庁のトップとして、今後はその手腕が問われることになる。

>> 記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら