TPP特集

TPP(=環太平洋経済連携協定)への交渉参加を表明した日本。そして、日本経済に与える影響や問題点とは何か?

TPP参加国 米国抜きの新枠組み探る動き

米・トランプ大統領がTPPからの離脱に関する大統領令に署名したことを受け、ペルーやオーストラリアやチリなど加盟国の中からは、米国以外の参加国と連携していくことなど、新しい枠組みを探る動きが出ている。

2017年1月25日 10:56

記事を読む

野田幹事長 首相のトランプ政権対応を追及

2017年1月23日 15:35

国会では安倍首相の施政方針演説に対する代表質問が始まり、民進党の野田幹事長は米・トランプ新大統領に対する安倍首相の姿勢を追及。トランプ大統領がさっそくTPP(=環太平洋経済連携協定)からの離脱を表明したことを巡り、安倍首相の対応をただした。

記事を読む

TPP 米国を辛抱強く待つべき~日商会頭

2017年1月20日 00:53

日商の三村明夫会頭は、米国がTPPにしばらく批准しなくてもTPPは消滅しないとの考えを示し、辛抱強く待つべきとの考えを示した。その上で米国以外の11か国が批准し、後は米国が批准すればすぐに発動されるという状況にしておくべきとの考えを示した。

記事を読む

日豪首脳会談 TPP早期発効に連携を確認

2017年1月14日 18:23

安倍首相はターンブル豪首相と会談し、TPPの早期発効に向け連携していくことを確認。豪の協力を得ることでトランプ次期米大統領にTPPの重要性を訴える狙い。また両国は自衛隊・豪軍間で物資や役務を提供し合う新たな協定に署名、日豪間の防衛協力強化。

記事を読む

波乱含みも…TPPきょう参院本会議で承認

2016年12月9日 16:04

TPPが9日午後の参議院本会議で承認された。TPPを巡っては、アメリカのトランプ次期大統領が離脱を表明した他、山本農水相が強行採決の可能性に言及するなど審議は波乱含みだったが、政府・与党は予定通り今国会での承認にこぎ着けた。

記事を読む

TPP特別委で可決 参議院本会議で承認へ

2016年12月9日 14:07

今国会最大の焦点であるTPPの承認案は9日昼、参議院の特別委員会で可決された。9日午後の参議院本会議で承認される見通し。締めくくりの質疑で民進・大野議員が政府はいったん立ちどまるべきとただしたが、安倍首相は国会承認の意義を改めて強調した。

記事を読む

民進議員、TPP関連予算の執行停止求める

2016年12月8日 16:12

TPPの承認案を審議する参院特別委で、民進党の舟山議員はTPPの発効が絶望的となる中、2年間で1兆1900億円余り計上されている関連予算の執行停止を求めた。安倍首相は「TPPの発効を前提にしたものではない」として、停止しない考えを示した。

記事を読む

米政府の要請追及に「オバマ氏とは連携」

2016年12月5日 16:24

TPP承認案を審議する、参院特別委で民進党の桜井充議員は5日、米政府から安倍首相にトランプ次期大統領と会談しないよう要請があったのではないかと追及。安倍首相は米政府からの要請を否定した上で、オバマ大統領とは連携がとれていたと強調した。

記事を読む

参院TPP特別委 米の脱退めぐり論戦

2016年12月1日 16:53

TPP(=環太平洋経済連携協定)の承認案を審議する参議院の特別委員会では、アメリカのトランプ次期大統領がTPPからの脱退を表明していることについて議論が続いている。

記事を読む

“TPP”巡り「安倍・トランプ会談」追及

2016年11月24日 18:17

TPP(=環太平洋経済連携協定)の承認案を審議する参議院特別委員会で24日、民進党の蓮舫代表が質問に立った。17日に行われた安倍首相とアメリカのトランプ次期大統領との会談の内容を追及した。

記事を読む

野党対応は「田舎のプロレス」発言に批判

2016年11月24日 14:48

萩生田官房副長官が23日、野党の国会でのTPP審議対応について「田舎のプロレス」などと述べたのに対し、民進党の山井国対委員長は「国会審議への侮辱だ」と厳しく批判。民進党の蓮舫代表らは参院TPP特別委でも萩生田氏の責任を厳しく追及する方針。

記事を読む

石原担当相「TPP立ち止まる事できない」

2016年11月22日 16:00

アメリカのトランプ次期大統領がTPP(=環太平洋経済連携協定)からの離脱を改めて表明した事について、石原TPP担当相は「立ち止まる事はできない」と述べ、日本政府としては、あくまでTPPの今国会成立を目指す考えを強調した。

記事を読む

オバマ大統領 TPPの先行きに危機感示す

2016年11月21日 16:40

APEC首脳会議に出席していた米・オバマ大統領は20日、トランプ次期大統領が離脱を示唆するTPPの先行きについて、「進めなければアジア太平洋地域での米国の立場と関心と価値観を反映させる方法で貿易ルールを作れなくなる」と、危機感を示した。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら