デジタルニュース

今日の最先端は、明日の常識!?日々進化していくテクノロジーから、インターネットやスマホ、家電にまつわる注目の話題まで、“デジタル”なニュースをお届けします。

世界最大の家電見本市 米・ラスベガス

米・ラスベガスで世界から3600社以上が参加する世界最大の家電見本市が6日から4日間の日程で開かれるのを前に、フランスのITベンチャーが発表したスマートペダルや日本のベンチャー企業が開発した指輪型端末など各メーカーが次々と新製品を発表した。

2015年1月6日 12:42

記事を読む

KDDI 無料Wi-Fiアプリ発表

2014年12月11日 21:13

通信会社大手のKDDIは11日、外国人観光客向けの無料の「TRAVEL JAPAN Wi-Fi」アプリを発表。海外で購入の携帯端末などでダウンロードすると、パスワードなどの入力なしで全国約24万のKDDIのWi-Fiスポットが使えるという。

記事を読む

指をかざし本人確認…日立が新認証技術発表

2014年12月8日 15:46

日立製作所は8日、手の指をかざすだけで簡単に本人確認ができる新しいウオークスルー型の認証技術を発表。静脈情報を登録しておけば機械が本人と認識してゲートが開く仕組み。今後、コンビニなどで静脈登録ができるシステムを構築し、実用化を進める考え。

記事を読む

都内地下鉄143駅 無料Wi-Fi開始

2014年12月1日 12:25

東京都内の都営地下鉄と東京メトロで外国人の利用が多く見込まれる主要な143の駅で1日、無料のWi-Fiサービスが始まった。訪日外国人増加の中、2020年東京オリンピック・パラリンピックも見据え、快適に利用できる環境を目指したいとしている。

記事を読む

スマホで撮影、ネット検索…新サービス発表

2014年11月19日 14:49

NECは19日、最新の画像認識技術を活用して、スマートフォンで撮った服をインターネット通販のサイトで見つけられるサービスを発表した。インターネットで衣服を販売する複数の企業が導入を検討していて、来年2月からサービスが始まる予定。

記事を読む

シャープ、シワも映す4Kディスプレー発表

2014年11月12日 15:37

シャープは12日、解像度が高く細かい字やシワまで映し出す高画質な4Kの新型デジタルディスプレーを発表した。広告用のデジタルディスプレーの市場は、民間調査会社の試算では、東京オリンピックの2020年には、2012年の7.5倍に拡大するという。

記事を読む

超小型の深宇宙探査機「プロキオン」公開

2014年11月5日 13:51

30日に、「はやぶさ2」と同じロケットで宇宙へ旅立つ超小型深宇宙探査機・プロキオンが公開された。東京大学とJAXAが中心となり開発した高さ約60センチ、重さ約65キロの超小型探査機で、これほど小型で地上との交信などができるものは、世界初。

記事を読む

相手スマホに同画面 KDDIが新サービス

2014年10月27日 22:02

KDDIが27日、国内初となるスマートフォンの新しいサービスを発表した。スマートフォンで開いているインターネットのページやカメラの撮影画面などを、通話している相手のスマートフォンの画面に映し出すことができる。来年2月からサービス開始予定。

記事を読む

先端技術見本市「シーテック」あす開幕

2014年10月6日 19:03

私たちの身の回りの製品を進化させる、最先端技術の見本市「シーテック」が、7日からの開催を前に、メディア向けに公開されている。

記事を読む

先端技術見本市「シーテック」報道陣に公開

2014年10月6日 16:11

アジア最大の先端技術の見本市、「シーテック」が、7日からの開催を前に、メディア向けに公開されている。

記事を読む

シャープ 持ち主の行動推測するスマホ発表

2014年10月1日 16:07

「シャープ」は、「エモパー」と呼ばれる人工知能が、持ち主の行動パターンや今いる場所から状況を推測し、タイミングよく話しかけてくれるスマートフォンを発表した。友達のようなスマホをイメージして開発され、話す内容は数万パターンあるという。

記事を読む

NTTドコモ 時計型端末「ドコッチ」発表

2014年9月30日 18:05

NTTドコモは30日、この冬と春向けの子ども用の時計型端末「ドコッチ」を発表。身につけた子どもの現在地や歩数などを保護者がスマホなどで確認できる他、専用Tシャツで心拍数などを記録・管理するサービスも発表。サービスで他社との差別化を図る狙い。

記事を読む

ボールの上でダンス…村田製作所が新型ロボ

2014年9月25日 14:19

村田製作所は25日、ボールの上でバランスを取りつつダンスをする最新のロボットを発表した。無線技術を使うことで複数のロボットに等間隔で同じ動作をさせることが可能になり、このシステムは自動車の自動運転や災害現場での救助作業にも応用できるという。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら