デジタルニュース

今日の最先端は、明日の常識!?日々進化していくテクノロジーから、インターネットやスマホ、家電にまつわる注目の話題まで、“デジタル”なニュースをお届けします。

金融庁「フィンテック」推進へ協議

金融庁は3日に開いた金融審議会で最新のIT技術を活用したサービス「フィンテック」を推進させるための協議を行った。3日の閣議では家計簿アプリなどクレジットカードや口座取引の情報を一元管理するサービスの提供業者を登録制にする法律の改正案を決定。

2017年3月3日 16:43

記事を読む

LINE AI搭載スピーカーを発売へ

2017年3月2日 11:06

無料通信アプリを運営するLINEは、AI(人工知能)を搭載し、話しかけるだけで家電などの操作ができるスピーカー「WAVE」を、今夏をめどに日本と韓国で発売すると発表。今後、この音声認識AIの技術を自動車やロボットなどにも活用していく考え。

記事を読む

音声で道案内…地下・屋内でも使える新ナビ

2017年1月26日 13:19

音声で行き先を教えてくれ、地下や屋内でも使える新しいナビのアプリが公開された。清水建設と日本アイ・ビー・エム、三井不動産が開発中で、電波を発する機器を対象エリアに設置することで誤差もほぼなく、音声での案内は歩きスマホの防止にもなるという。

記事を読む

薄さ0.2ミリ 曲がる液晶ディスプレイ

2017年1月25日 17:20

液晶パネル大手・ジャパンディスプレイは、薄さ0.2ミリで曲げることもできる最新の液晶ディスプレイを発表した。画面を折り曲げられるのは「有機EL」の特権ともいえる技術だったが、液晶で実現したことで、スマホなどの市場で販売を拡大したい狙い。

記事を読む

BS日テレ 4K本放送へ認定証

2017年1月24日 20:54

BS4Kの本放送の免許がBS日テレなど11社に認められ、BS日テレ・丸山会長らが24日、総務相から認定証を受け取った。BS日テレは2019年12月の放送開始を目指すが、受信機の普及状況なども見つつスケジュール前倒しも含め対応していく考え。

記事を読む

菅長官 横浜の「アップル」開発拠点を視察

2017年1月19日 22:59

菅官房長官は19日、米IT大手「アップル」のアジア初の開発拠点となる、横浜市の施設を視察した。政府は外国企業の日本への投資拡大を成長戦略の柱に掲げていて、菅長官は「アップルの拠点開設が、大きな引き金になってくれるだろう」と期待感を示した。

記事を読む

ウェアラブルEXPO“居眠り運転防止”も

2017年1月18日 12:34

ウエアラブル端末の国内最大級の展示会「ウェアラブルEXPO」が始まった。脳波を測ることで脳の疲労や集中力の低下を予測できる居眠り運転防止の端末、「眠気感知ドライブサポートシステム」などが登場。昨年より30社多い約180社が出展。

記事を読む

任天堂が“切り替え可能”新型ゲーム機

2017年1月13日 17:58

任天堂が13日、新しいゲーム機「Nintendo Switch」を初公開。家庭用ゲーム機としてテレビにつないで使えるほか、持ち運んでも遊べるのが特徴。新しいスーパーマリオやゼルダの伝説などが楽しめる。発売は3月3日から。

記事を読む

トヨタ、ホンダ…“AI搭載車”相次ぎ発表

2017年1月6日 16:55

世界最大の家電見本市が5日、アメリカ・ラスベガスで開幕した。注目は、人工知能搭載車だ。

記事を読む

“人工知能”搭載家電に注目…米で見本市

2017年1月5日 10:39

米ラスベガスで5日から世界最大の家電見本市が開幕する。4日は出展メーカー各社が人工知能を活用の新技術などを発表。トヨタ自動車はドライバーの感情や状態を人工知能で読み取るコンセプトカー、LG電子は人工知能による音声認識装置搭載の冷蔵庫を発表。

記事を読む

KDDI ドローン運航管理システム開発へ

2016年12月19日 16:06

通信大手のKDDIが複数のドローンの運航を管理するシステムの開発に乗り出すと発表した。地図情報大手のゼンリンが開発した3D地図と携帯電話の通信を利用して飛ぶ「スマートドローン」を連携させ、複数のドローンを制御するシステムの開発に乗り出す。

記事を読む

スマホ向け「スーパーマリオラン」配信開始

2016年12月16日 14:55

16日朝から世界150の国や地域で、任天堂の人気キャラクター・マリオが初めて登場するスマホ専用ゲーム「スーパーマリオラン」の配信が始まった。一部は無料で遊べるが、1200円支払えばすべてのゲームを遊ぶことができ、追加課金もないという。

記事を読む

フェイスブック 「偽ニュース」に新対策

2016年12月16日 13:08

交流サイトを運営するアメリカの「フェイスブック」は15日、事実と異なるニュースの拡散を防ぐための新たな対策を発表した。外部の専門機関がニュースの事実確認を行い、信ぴょう性が疑わしいと判断されたものには注意を呼びかけるマークが表示される。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら