原発事故・課題と今後

増え続ける汚染水、残されたままの核燃料、そして奪われた人々の暮らし…いまだ数多くの難題が山積する福島第一原発事故の“いま”を集めました。

自公が“復興加速”提言を安倍首相に提出

東日本大震災から5年を迎えるのを前に、自民・公明両党は4日、復興の加速に向けた提言を安倍首相に提出した。

2016年3月4日 23:16

記事を読む

帰還困難区域「道筋夏ごろまでに」自公提言

2016年3月4日 04:17

東日本大震災から5年を迎えるのを前に、自民・公明の与党が福島第一原発事故を受けた帰還困難区域について「国が復興の道筋を夏ごろまでに示していくことが望ましい」などとした復興についての提言をまとめた。4日午後、安倍首相に提出することにしている。

記事を読む

震災5年 福島第一原発はいま…構内を撮影

2016年3月2日 02:31

福島第一原発事故からまもなく5年を迎えるのを前に1日、原発の構内に入り、現状を取材した。3号機は使用済み燃料プールからの燃料取り出しが始まろうとしているが、まだ、がれきが残ったまま。2号機はまだほとんど事故当時のままだった。

記事を読む

“原発のいま”を取材、事故5年の最新映像

2016年3月1日 20:04

日本が経験したことのない事故からまもなく5年を迎える福島第一原発。40年かかるとも言われる廃炉への道は、この5年でどこまで進んだのか、そして、新たに直面している課題とは…藤井貴彦キャスターが1年ぶりに敷地内に入り、“原発の今”を取材した。

記事を読む

東日本大震災の被害伝える写真展 都内で

2016年3月1日 18:24

東日本大震災からまもなく5年になるのを前に当時の被害の状況などを撮影した写真を集めた展示会が1日から東京で始まった。会場には39人のフリーカメラマンが撮影した震災の被害の写真、約100点が展示されている。10日まで霞が関の弁護士会館で開催。

記事を読む

事故“5年”藤井キャスターが見た原発の今

2016年3月1日 16:20

福島第一原発事故からまもなく5年となる。この節目を前に「news every.」藤井貴彦キャスターが、福島第一原発の敷地内に入った。

記事を読む

原発事故5年…飯舘村の“復興”考える催し

2016年2月27日 19:37

福島第一原発の事故で今も全村避難が続く福島県飯舘村について考えるシンポジウムが27日、福島市で開かれた。政府が一部地域を除き、来年3月までに避難指示を解除して帰還を進める方針を打ち出す中、村の復興をどう行うべきかなどについて話し合われた。

記事を読む

指定廃棄物4割が基準値下回る推計~環境省

2016年2月25日 21:59

環境省は、東京電力・福島第一原発事故で発生した放射性物質を一定以上含む「指定廃棄物」について、指定時に比べて、全体の約4割がすでに基準値を下回っているとする試算を発表した。推計を公表した背景には、地元の抵抗感を緩和する狙いもあるとみられる。

記事を読む

原発事故5年…汚染土「中間貯蔵施設」公開

2016年2月25日 01:58

東京電力・福島第一原発事故からまもなく5年を迎えるのを前に、福島県内の除染で出た汚染土などを保管する施設が公開された。

記事を読む

原発事故まもなく5年…中間貯蔵施設を公開

2016年2月24日 20:10

東京電力・福島第一原発事故からまもなく5年を迎えるのを前に24日、福島県内の除染で出た汚染土などを30年間保管する中間貯蔵施設予定地内の仮置き場が公開された。

記事を読む

原発事故で父が自殺 息子が語る…映画公開

2016年2月20日 19:34

東京電力・福島第一原発事故により、父親を自殺で失った農家の男性を描いたドキュメンタリー映画「大地を受け継ぐ」が20日から東京で公開が始まった。映画で男性は父を失った憤りや福島の農作物が売れない現状などを語っている。今後、全国で順次公開予定。

記事を読む

中間貯蔵施設 10月にも一部工事を開始へ

2016年2月19日 22:09

福島県の大熊町と双葉町で計画される除染廃棄物を保管する中間貯蔵施設について、環境省は今年10月にも、一部工事を開始する方針を示した。4月からは、除染廃棄物の本格輸送を段階的に開始し、用地取得を進め15万立方メートルを保管場に運び込む考え。

記事を読む

汚染水対策「凍土遮水壁」運用、大筋認める

2016年2月15日 18:33

15日に開かれた原子力規制委員会の検討会は、海側の凍土遮水壁から凍結を始めるとする東京電力の運用方針を大筋で認めた。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら