原発事故・課題と今後

増え続ける汚染水、残されたままの核燃料、そして奪われた人々の暮らし…いまだ数多くの難題が山積する福島第一原発事故の“いま”を集めました。

東電裁判「巨大津波もすぐに何かをとは…」

福島第一原発の事故をめぐり、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人の裁判で、元副社長の武黒被告は巨大津波の可能性について報告を受けたときに、「すぐに何かをしなければいけないものとは思わなかった」と述べた。

2018年10月19日 21:58

記事を読む

東電元副社長「事故防ぐことできなかった」

2018年10月17日 21:55

福島第一原発の事故を巡り、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人の裁判で、2日目の被告人質問が行われ、元副社長の武藤被告は、当時の状況として「事故を防ぐことはできなかった」と述べた。

記事を読む

津波対策保留「試算は根拠がわからない」

2018年10月16日 21:34

福島第一原発の事故を巡り、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された、東京電力の旧経営陣3人の裁判で、元副社長の武藤栄被告は「当事者として深くおわび申し上げたい」と謝罪した。

記事を読む

2分で分かる!“原発事故”裁判の争点

2018年10月16日 17:06

福島第一原発の事故を巡り、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された、東京電力の旧経営陣3人の裁判で、元副社長の武藤栄被告は「当事者として深くおわび申し上げたい」と謝罪した。福島第一原発の事故を巡る裁判のポイントを社会部の森田陽子記者に聞く。

記事を読む

東電元副社長、法廷で謝罪 強制起訴裁判

2018年10月16日 16:49

福島第一原発の事故を巡り、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人の裁判で、元副社長の武藤栄被告は「当事者として深くおわび申し上げたい」と謝罪した。

記事を読む

東電強制起訴裁判 元副社長「深くおわび」

2018年10月16日 11:50

福島第一原発の事故を巡り、業務上過失致死傷の罪で強制的に起訴された東京電力の旧経営陣3人の裁判で、元副社長の武藤栄被告は「当事者として深くおわび申し上げたい」と謝罪した。

記事を読む

処理水に“高濃度”放射性物質 東電が謝罪

2018年10月1日 21:15

福島第一原発で放射性物質の除去装置を通した後の処理水に複数の放射性物質が基準値以上の濃度で残っていた問題で、東京電力が1日、国の委員会に「説明が不十分だった」と謝罪した。

記事を読む

使用済み核燃料取り出し トラブルで遅延に

2018年9月28日 00:05

福島第一原発3号機に残る使用済み核燃料を取り出す作業の開始時期が、今年度の中頃としていた予定より、大幅に遅れることになった。機器のトラブルが相次いだため。

記事を読む

福島第一原発 核燃料取りだし大幅遅延に

2018年9月27日 23:57

福島第一原発3号機の使用済み核燃料の取りだし開始が、大幅に遅れることになった。当初は、今年度の中頃の予定だったが、機械のトラブルが相次ぎ、東京電力は「今年度内の開始は見通せていない」と話している。

記事を読む

東電 福島第一原発に新たな防潮堤建設方針

2018年9月14日 13:46

去年末、政府が千島海溝沿いで超巨大地震の発生が切迫しているとの評価を示した事を受けて東京電力は、福島第一原発の海側に防潮堤を新たに建設する方針を打ち出した。

記事を読む

原発事故後の作業で労災 肺がんで死亡は初

2018年9月4日 20:47

東京電力福島第一原発の事故後に緊急作業に従事し、その後、肺がんで亡くなった50代の男性について、厚生労働省は、労災と認定した。事故後の作業に関わり、肺がんで亡くなったケースで労災と認められたのは初めて。

記事を読む

トリチウム含む水 長期間タンク保管の案も

2018年8月31日 20:57

福島第一原発でたまり続ける放射性のトリチウムを含む水の処分について2日間にわたって行われた公聴会が終わった。海に放出する案に反対が相次ぎ、国は長期間タンクで保管する案も検討に加える考えを示した。

記事を読む

放射性トリチウム含む水 処分方法で公聴会

2018年8月30日 21:33

福島第一原発でたまり続ける放射性トリチウムを含む水の処分方法を議論する公聴会が、30日から始まった。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら