東日本大震災のいま

力強い“復興の声”が聞こえてくる一方で、今も不安を抱えたまま仮設住宅で暮らす人たちも…震災後の課題と今後を探ります。

あす開校 福島・ふたば未来学園の校歌公開

東日本大震災の被災地・福島県双葉郡に新設される福島県立ふたば未来学園(広野町)の校歌が7日、発表された。作詞家の秋元康氏がプロデュースし、詩人の谷川俊太郎氏が作詞、福島県出身の箭内道彦氏が作曲した。ふたば未来学園では8日、開校式が行われる。

2015年4月7日 21:49

記事を読む

福島・楢葉町 銀行が移動店舗車で営業も

2015年4月6日 20:58

福島・楢葉町の人たちの生活を金融面から支えようと、福島市に本店のある東邦銀行が7日から「移動店舗車」での営業を始める。

記事を読む

二本松市の仮校舎で入学式 浪江小&津島小

2015年4月6日 16:45

福島第一原発事故の影響で福島県二本松市に仮校舎をもつ、同県浪江町の浪江小学校と津島小学校で6日、入学式が行われた。今春の全校生徒は津島小が3人、浪江小が11人。同県内では442校の小学校で入学式が行われ、1万4773人が学校生活をスタート。

記事を読む

復興に伴う事件事故に対応 警察が対策本部

2015年4月2日 20:57

震災からの復興に伴い多様化する事件事故に対応するため、福島県警本部が新たに「復興治安総合対策本部会議」を設置した。常磐道が全線開通するなどし復興に携わる人が増えたことで、作業に暴力団関係者が関与するケースや交通事故の増加が問題となっていた。

記事を読む

4年ぶりに全線運転再開 宮城・JR石巻線

2015年3月21日 11:40

東日本大震災のため不通となっていた宮城県のJR石巻線・女川~浦宿の2.3キロがつながり、21日、4年ぶりに全線での運転を再開。津波で被害を受けた女川駅も再建された。女川駅構内では全線運転再開の一番列車に乗ろうと、早くから人の列ができていた。

記事を読む

支援のあり方学びに…イラク代表団被災地へ

2015年3月14日 19:59

過激派組織「イスラム国」との戦闘が続くイラク。多くの住民が避難生活を強いられ、支援のあり方が課題となっている。その手本を日本に学ぼうと、イラクの代表団が今週、東日本大震災から4年を迎えた被災地を訪れた。

記事を読む

北陸新幹線きょう開業 経済効果に期待

2015年3月14日 17:27

北陸新幹線が14日に開業し、構想から半世紀をへて首都圏と北陸が1本のレールでつながった。JR東京駅と金沢駅では、それぞれ一番列車の出発に合わせて開業を祝うセレモニーが行われた。今後、観光客やビジネス客の増加など経済効果が期待されている。

記事を読む

中間貯蔵施設への試験的搬入始まる 大熊町

2015年3月13日 15:19

福島・大熊町で13日、除染で出た汚染土壌などを30年間保管する中間貯蔵施設への試験的な搬入が始まった。町民には不安の声もあり、施設全体の用地取得は難航も予想される。もう一か所の予定地、福島・双葉町への搬入は、町の要請で25日に延期される。

記事を読む

中間貯蔵施設 きょうから汚染土壌など搬入

2015年3月13日 11:55

福島県大熊町で除染で出た汚染土壌などを保管する中間貯蔵施設への試験的な搬入が13日から開始。予定地の用地取得や最終処分場など多くの課題を抱えている。一方、福島県双葉町の搬入は町の要請で25日に延期する事を、望月環境相が明らかにした。

記事を読む

去年の“震災関連自殺者”22人に

2015年3月12日 15:55

警察庁と内閣府は、去年1年間に東日本大震災に関連して自殺したとされる人は、前年比16人減の22人と発表。岩手県が3人、宮城県が4人、福島県が15人と被災3県に集中している。原因・動機別では、半分の11人が病気の悩みなど「健康問題」だった。

記事を読む

浪江町請戸地区 午後2時46分に黙とうへ

2015年3月11日 14:11

【東日本大震災から4年】被災地は追悼と復興を願う祈りに包まれる。福島第一値原発事故で避難区域に指定されている福島県の沿岸部・浪江町請戸地区から福島中央テレビ・緒方太郎記者が中継。

記事を読む

首相がビデオメッセージ 復興加速に決意

2015年3月11日 13:18

東日本大震災発生から4年となる11日、安倍首相はビデオメッセージで震災の復興加速に決意を示した。また、「ハード面の復興は土台でしかない」とした上で「政府として、高齢者の見守り、子供たちのケアなど心の復興にさらに力を入れていく」と強調した。

記事を読む

震災4年 原発問題抱える福島復興の道は…

2015年3月11日 13:04

【東日本大震災から4年】福島県ではいまだに11万9000人もの人が避難を余儀なくされている。4年たって震災前の日常を取り戻した人もいれば、いまだに古里を追われたままの人もいる。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら