自然の脅威…防災まとめ

地震、台風、火山活動…さまざまな自然災害と隣り合わせの日本列島。その時、私たちは?―災害時の映像から防災対策まで、自然災害に関するニュースを集めました。

複数の地割れで緊急対策会議 豊後大野市

大分県豊後大野市で複数の地割れが確認されている問題で、市は22日、国や自衛隊などとともに緊急の対策会議を開き、川野市長は被害を深刻に受け止め、影響を最小限に抑えたいと話した。また、水田の用水路などにも影響が出ているという状況報告が行われた。

2017年5月22日 17:17

記事を読む

発生から1週間…釜石の山火事『鎮圧』宣言

2017年5月15日 22:17

岩手・釜石市で発生した山火事で、市の災害対策本部は火災発生から1週間となる15日午後1時、延焼のおそれがなくなったと判断し、ようやく『鎮圧』を宣言した。市では今後、『鎮火』に向け確認作業を進めるほか、火事の原因の特定や被害の把握を行う。

記事を読む

沖縄の海上で竜巻発生か 渦巻く雲とらえる

2017年5月15日 18:59

15日午後、沖縄県読谷村で竜巻とみられる雲が、沖縄本島の西の海上で渦巻いている様子がとらえられた。また、那覇空港で気象台職員が竜巻とみられる渦を巻いた雲を見つけたが10分ほどで消えたという。警察によると、被害の情報は入っていないという。

記事を読む

「あついぞ!熊谷」恒例の大温度計を設置

2017年5月11日 14:21

猛暑で知られる埼玉県熊谷市で11日、毎年恒例の大温度計が設置された。11日正午すぎの気温は28.2℃と夏のような暑さとなっている。なお、「あついぞ!熊谷」の標語はマイナスイメージもあるため、来年から暑さへの対策を打ち出す標語に変える予定。

記事を読む

東京都心で27.4℃ 宮崎では30.5℃

2017年5月11日 14:18

10日は肌寒かった東京都心では、11日は晴れて気温が上がり、午後1時までの最高気温は27.4℃となっている。また宮崎・西都で30.5℃、静岡で29.7℃、群馬・館林で29℃を記録。気温が高く日差しも強いため、熱中症に注意が必要。

記事を読む

硫黄山の噴火警戒レベル、2に引き上げ

2017年5月9日 21:59

宮崎と鹿児島の県境にある霧島連山・硫黄山の火口で今後、小規模な噴火が発生するおそれがあるとして、噴火警戒レベルが1から2に引き上げられた。先月下旬から山が隆起する地殻変動が繰り返し観測されている他、火口内で地下から噴き出した泥が確認された。

記事を読む

浪江・山林火災 発生から8日目に「鎮圧」

2017年5月7日 15:12

福島・浪江町の帰還困難区域にある十万山で先月29日発生の山林火災について、現地対策本部は「これ以上、燃え広がる可能性は低く、鎮圧状態になった」と発表。7日も残り火などの確認のため自衛隊や消防が消火活動にあたった。周辺の放射線量に変動なし。

記事を読む

横浜市の公園で砂埃を巻き上げる…つむじ風

2017年5月2日 19:36

2日昼前、横浜市の公園で砂埃(ぼこり)を巻き上げるつむじ風が発生した。つむじ風は、地面の近くで熱せられた空気が上昇することで発生し、晴れた日に少し強めの風が吹くと発生しやすいとされている。

記事を読む

桜島噴火 鹿児島市内で降灰…JR運休も

2017年5月2日 13:40

2日午前3時20分に鹿児島県の桜島が噴火し、噴煙が火口の上空4000メートルまで上がった。噴火はこの後も1時間以上にわたって続き、鹿児島市内で降灰があった。JR九州の鹿児島駅では、日豊本線の上下線合わせて2本が運休し最大30分の遅れが出た。

記事を読む

山岳救助支援 警視庁ヘリを長野県警に派遣

2017年5月2日 12:48

今年3月に起きた長野県での防災ヘリ墜落事故を受け、大型連休中の山岳救助を支援するため、警視庁のヘリコプター「おおとり4号」と航空隊の隊員5人が長野県警へ派遣された。派遣は7日までで、登山者が増えるゴールデンウイーク中の出動に備える。

記事を読む

米南部で竜巻被害相次ぐ 5州で14人死亡

2017年5月1日 16:51

米南部の広い地域で竜巻の被害が相次ぎ、5つの州全体ではこれまでに少なくとも14人が死亡、2人が行方不明になっている。テキサス州キャントンで少なくとも4人が死亡。現地では停電などライフラインにも影響が出ていて、当局は被災者の救助を急いでいる。

記事を読む

米・テキサス州など 竜巻相次ぎ13人死亡

2017年5月1日 10:39

アメリカ南部の広い地域で竜巻の被害が相次ぎ、これまでに少なくとも13人が死亡、49人がケガをした。現地では停電などライフラインに影響が出ていて、当局は被災者の救助を急いでいる。

記事を読む

霧島連山・硫黄山周辺で火山活動高まる

2017年4月28日 21:35

鹿児島と宮崎にまたがる霧島連山の硫黄山の周辺で火山活動が高まり、気象庁は28日、臨時の解説情報を発表。登山道に影響を与える小さな噴出現象が起きる恐れがあるという。これを受け、宮崎・えびの市は立ち入り禁止の範囲を拡大した。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら