読売新聞解説

注目ニュースや話題を「読売新聞」の専門記者が解説する「プラネット Times」。新聞記者ならではの鋭い視点に、思わずうなってしまうこと間違いなし!これを見れば、あなたも明日から“ニュース通”です。

解説“スポーツ庁1年”教育から産業へ

スポーツ庁は、昨年10月の発足から1年がたった。2020年の東京五輪・パラリンピックへ向けた競技力強化のほか、スポーツの新たな取り組みが始まっているという。21日は、「スポーツ庁発足1年」をテーマに、読売新聞運動部の大塚貴司記者が解説。

2016年10月21日 22:24

記事を読む

百貨店戻らぬ客足 相次ぐ閉店の背景

2016年10月14日 22:19

注目のニュースや話題を「読売新聞」の専門記者が解説する『デイリープラネット』「プラネット Times」。「百貨店戻らぬ客足」をテーマに読売新聞経済部の武田泰介記者が解説する。

記事を読む

解説『薬剤耐性菌』迫られる対策

2016年10月7日 21:59

注目のニュースや話題を「読売新聞」の専門記者が解説する『デイリープラネット』「プラネット Times」。7日は、「『薬剤耐性菌』迫られる対策」をテーマに、読売新聞医療部の原隆也記者が解説する。

記事を読む

原則「ハイビーム」で夜間の事故防げ

2016年9月30日 22:05

歩行者が車にはねられた去年1年間の全国の死亡事故625件のうち、96%の車のライトがロービームだったことが警察庁の調査で分かった。30日は、「ハイビームで事故を防げ」をテーマに、読売新聞社会部の竹田昌司記者が解説する。

記事を読む

認知症疑い運転者 6万5000人と推計

2016年9月23日 23:03

来年3月施行の改正道路交通法で認知症の診断が義務づけられる75歳以上の運転者が、年間6万5000人と推計されることがわかった。23日は、「認知症疑い運転者6万5000人と推計」をテーマに、読売新聞社会保障部の本田麻由美デスクが解説する。

記事を読む

障害者サポートの国際大会“サイバスロン”

2016年9月16日 22:21

10月8日にスイスで「サイバスロン」という国際大会が開かれる。障害者をコンピューターなどの技術でサポートし、様々な課題に挑む。16日は、「障害者の運動を助ける技術の国際大会『サイバスロン』」をテーマに、読売新聞科学部の前村尚記者が解説する。

記事を読む

虐待防止 悩みを抱える妊婦に相談役

2016年9月9日 22:32

厚労省は、出産後の虐待を防止するため、産科医療機関などに妊婦の相談にのる専門家を配置するモデル事業を来年度から始めることを決めた。9日は、「虐待防止 妊婦に相談役」をテーマに、読売新聞社会部の小田克朗記者が解説する。

記事を読む

設置率7% ホームドア普及に“壁”

2016年9月3日 00:17

都内の駅で先月、盲導犬を連れた視覚障害者がホームから転落し電車にはねられ死亡した。転落防止の解決策として期待されるホームドアだが整備は進んでいない。2日は「ホームドア普及に壁」をテーマに、読売新聞社会部の松本将統記者が解説。

記事を読む

政府はなぜ「働き方改革」重視か 記者解説

2016年8月26日 22:46

第3次安倍再改造内閣は「働き方改革」を最大のチャレンジと位置づけている。働き方改革担当大臣という閣僚ポストも新設した。政府はなぜ、この「働き方改革」を重視しているのか。26日は「働き方改革」をテーマに、読売新聞政治部の有泉聡記者が解説する。

記事を読む

解説“変わる授業方法、戸惑う教師”

2016年8月19日 22:52

文科省中央教育審議会が小学校での英語の教科化などが主な内容の中間まとめを公表。教え方も大幅に変わり、その柱が『アクティブ・ラーニング』の導入だ。19日は「変わる授業方法、戸惑う教師」をテーマに、読売新聞編集局教育部の石川純記者が解説する。

記事を読む

“24円引き上げ”最低賃金の目安示す

2016年8月5日 22:00

2016年度の都道府県別最低賃金の引き上げの目安を、全国平均で3%相当、24円とすることが決まった。02年度以降、最大の上げ幅となる。5日は、「最低賃金引き上げ」をテーマに、読売新聞社会部の田中健太郎記者が解説する。

記事を読む

「コンビニ人間」芥川賞作家36歳の素顔

2016年7月29日 22:00

今月19日、第155回「芥川龍之介賞」の選考会が行われ、村田沙耶香さんの『コンビニ人間』が初のノミネートで受賞した。『コンビニ人間』とはどのような作品なのか。29日は、「選考会の裏側」をテーマに、読売新聞・鵜飼哲夫編集委員が解説する。

記事を読む

変わる温泉マーク!?案内記号、国際基準へ

2016年7月22日 21:56

経産省は、温泉や駐車場など見慣れたマークをいま見直そうとしている。東京五輪に向け、国際規格に合わせた方が海外の方にも分かりやすいと考えたからだ。22日は「東京五輪で変わるマーク」をテーマに、読売新聞・経済部の一言剛之記者が解説する。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら