読売新聞解説

注目ニュースや話題を「読売新聞」の専門記者が解説する「プラネット Times」。新聞記者ならではの鋭い視点に、思わずうなってしまうこと間違いなし!これを見れば、あなたも明日から“ニュース通”です。

解説“変わる授業方法、戸惑う教師”

文科省中央教育審議会が小学校での英語の教科化などが主な内容の中間まとめを公表。教え方も大幅に変わり、その柱が『アクティブ・ラーニング』の導入だ。19日は「変わる授業方法、戸惑う教師」をテーマに、読売新聞編集局教育部の石川純記者が解説する。

2016年8月19日 22:52

記事を読む

“24円引き上げ”最低賃金の目安示す

2016年8月5日 22:00

2016年度の都道府県別最低賃金の引き上げの目安を、全国平均で3%相当、24円とすることが決まった。02年度以降、最大の上げ幅となる。5日は、「最低賃金引き上げ」をテーマに、読売新聞社会部の田中健太郎記者が解説する。

記事を読む

「コンビニ人間」芥川賞作家36歳の素顔

2016年7月29日 22:00

今月19日、第155回「芥川龍之介賞」の選考会が行われ、村田沙耶香さんの『コンビニ人間』が初のノミネートで受賞した。『コンビニ人間』とはどのような作品なのか。29日は、「選考会の裏側」をテーマに、読売新聞・鵜飼哲夫編集委員が解説する。

記事を読む

変わる温泉マーク!?案内記号、国際基準へ

2016年7月22日 21:56

経産省は、温泉や駐車場など見慣れたマークをいま見直そうとしている。東京五輪に向け、国際規格に合わせた方が海外の方にも分かりやすいと考えたからだ。22日は「東京五輪で変わるマーク」をテーマに、読売新聞・経済部の一言剛之記者が解説する。

記事を読む

乳がんの早期発見 自分に適した検診を選ぶ

2016年6月24日 22:02

女性では最も罹患数が多い「乳がん」。最新データによると、年間およそ9万人が新たに乳がんと診断されている。これは12人に1人の計算だ。24日は、「自分のタイプを知り 乳がん検診」をテーマに、読売新聞・医療部の佐々木栄記者が解説する。

記事を読む

減らない“待機児童”保育所拡充追いつかず

2016年6月17日 21:35

今年4月の待機児童の状況について、読売新聞が自治体に調査をしたところ、都市部を中心に、待機児童の解消が容易ではない実態が浮かび上がった。17日は「保育所 拡充追いつかず」をテーマに、読売新聞編集局社会保障部の辻阪光平記者が解説する。

記事を読む

“規制緩和”住宅街にコンビニ そのワケは

2016年6月10日 22:25

政府は、商店の建築が原則禁止されている戸建ての住宅地でも、コンビニの出店が条件付きでできるよう、事実上の規制緩和を行うことを決めた。10日は、「戸建て住宅街 コンビニ解禁へ」をテーマに、読売新聞・政治部の酒井圭吾記者が解説する。

記事を読む

子どもを乗せる自転車、安全に~記者解説

2016年6月3日 21:56

先月、東京都国分寺市で、生後7か月の男の子を背負った母親の自転車が、乗用車とぶつかって転倒し、男の子が亡くなる事故があった。3日は、「子どもを乗せる自転車、安全に」をテーマに、読売新聞・生活部の住友堅一記者が解説する。

記事を読む

高額新薬のジレンマ 読売編集委員が解説

2016年5月27日 21:50

最近これまでの薬より格段に効果が高く、値段も高い新薬が相次いで登場している。患者には朗報だが、公的な医療保険制度が持たないという声も上がっている。27日は、「高額新薬のジレンマ」をテーマに、読売新聞・医療部の館林牧子編集委員が解説。

記事を読む

“まさか”が被害を拡大した熊本地震

2016年5月20日 22:08

熊本地震の発生から1か月。熊本県では49人が亡くなり、さらに20人が関連死となっている。また、現在でも9800人超の人が避難生活を強いられている。20日は「“まさか”が被害を拡大した熊本地震」をテーマに、読売新聞の堀井宏悦主任研究員が解説。

記事を読む

シリア内戦と市民生活の現状 読売記者解説

2016年5月13日 21:38

内戦が続くシリア。今、市民はどのような生活を送っているのだろうか。13日は「シリア内戦と市民生活の現状」をテーマに、首都ダマスカスを取材した読売新聞・前カイロ支局長の久保健一氏が解説する。

記事を読む

人工衛星ひとみ、復活なるか 読売記者解説

2016年4月22日 23:43

2月に打ち上げられた人工衛星「ひとみ」が3月26日から正常な通信ができなくなっている。310億円という予算をかけて日本がつくった衛星が窮地に。22日は「人工衛星ひとみ、奇跡の復活なるか」をテーマに、読売新聞科学部・伊佐治真樹史記者が解説。

記事を読む

保育所、地方でも高倍率 読売新聞記者解説

2016年4月15日 20:56

待機児童問題をめぐり読売新聞が行った調査で、保育所の入所の倍率が地方でも高いところがあることが分かった。15日は「保育所申込 地方でも高倍率」をテーマに、読売新聞東京本社生活部・吉田尚大記者が解説する。(詳しくは動画で)

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら