記者&専門家解説

日本テレビのニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」のデイリープラネット解説者が、深く鋭くニュースを切る「プラネットview」。あのニュースはこういう意味だったのか! ニュースの見方が変わります。

柏崎刈羽原発 審査開始

東京電力が再稼働を目指す新潟県の柏崎刈羽原発6、7号機の安全審査が始まった。28日の「プラネットView」は、「柏崎刈羽原発 審査開始」をテーマに、社会部原発班・岩田明彦記者に話を聞く。

2013年11月28日 23:43

記事を読む

ポロッ、キュン…藤野良孝氏×オノマトペ

2013年11月27日 22:42

「オノマトペ」-仏語で「擬声語」を意味する言葉だ。特に日本のオノマトペは多彩・多様で、約5000語はあると言われている。27日の「プラネットView」は、「オノマトペとコミュニケーション」をテーマに朝日大学准教授・藤野良孝さんに聞いた。

記事を読む

4号機燃料取り出し 今後の課題

2013年11月21日 23:40

福島第一原発4号機の核燃料の取り出し作業が、今週から始まった。21日の「プラネットView」は、「4号機燃料取り出し 今後の課題」をテーマに、作業における課題や廃炉に向けたロードマップなどを社会部原発班の小林史記者が解説する。

記事を読む

住民帰還をめぐる被ばく管理のあり方

2013年11月14日 22:30

原発事故で避難住民が帰還する際の被ばく線量について、原子力規制委の検討会は、各人の個人線量計での評価を基本とする案を示した。14日の「プラネットView」は、「住民帰還をめぐる被ばく管理のあり方」をテーマに、社会部原発班の小林史記者に聞く。

記事を読む

コメ作りが変わる?“減反廃止”の議論とは

2013年11月13日 22:07

コメの生産調整、いわゆる減反政策について、政府は5年後をめどに廃止することを決定した。13日の「プラネットView」は、「日本のコメ作りが変わる?“減反廃止”の議論とは」をテーマに、経済部・農水省担当の松井駿介記者が背景などを解説する。

記事を読む

どうなる難病対策

2013年11月13日 01:58

厚労省が検討している難病対策見直し案は、医療費助成対象の難病の数を増やし、大半の難病患者の自己負担上限を引き上げるもので、反対の声も。12日の「プラネットView」は「どうなる難病対策」をテーマに、読売新聞医療部・畑山友花編集委員に聞いた。

記事を読む

福島第一原発4号機・燃料取り出しの危険性

2013年11月7日 23:43

福島第一原発4号機の使用済み燃料プールから燃料を取り出す作業が始まるのを前に、6日、現場が報道陣に公開された。7日の「プラネットView」は、「福島第一原発4号機・燃料取り出しの危険性」をテーマに、社会部・原発班の川崎正明記者に話を聞いた。

記事を読む

外国人旅行者1000万人達成への取り組み

2013年11月6日 22:58

政府は今年、日本を訪れる外国人旅行者の年間1000万人突破を目標に掲げている。6日の「プラネットView」は「外国人旅行者1000万人達成への取り組み」をテーマに、観光庁の戦略などについて、社会部・国土交通省担当の納谷悠大記者に話を聞いた。

記事を読む

福島沖海洋汚染の現状

2013年10月31日 23:58

事故から2年7か月がたった福島第一原発では、汚染水の海への流出もあり海洋への汚染拡大も心配されている。31日の「プラネットView」は、「福島沖海洋汚染の現状」をテーマに、社会部原発班・岩田明彦記者に話を聞く。

記事を読む

みずほ銀行 暴力団融資問題 その背景は

2013年10月30日 22:17

暴力団組員らへの融資問題で、みずほ銀行は調査にあたっていた第三者委員会の報告に基づき、金融庁に業務改善計画を提出。30日の「プラネットView」は、「みずほ銀行 暴力団融資問題 その背景は」をテーマに、経済部の鳥羽博剛記者に話を聞く。

記事を読む

「白斑被害」の拡大は防げなかったのか

2013年10月29日 23:03

カネボウ化粧品の美白化粧品で、肌がまだらになる白斑の健康被害が出た問題で、被害者は今月になり1万5000人を超えた。29日の「プラネットView」は「『白斑被害』の拡大は防げなかったのか」をテーマに、読売新聞医療部・畑山友花編集委員が解説。

記事を読む

産婦人科が取り組む特別養子縁組

2013年10月28日 23:48

先月、全国19か所の産婦人科病院が連携して、特別養子縁組制度のあっせんに取り組むと発表した。28日の「プラネットView」は「産婦人科が取り組む特別養子縁組」をテーマに、その狙いと、実際にどう行われているのかを、社会部・鈴木杏奈記者が解説。

記事を読む

雨水の移送に課題!原発 近づく台風へ備え

2013年10月24日 23:10

福島第一原発では、降り続いた雨の影響で、汚染水貯蔵タンクの周辺に設置された囲いの中に大量の雨水がたまっている。24日の「プラネットView」は「雨水の移送に課題!第一原発 近づく台風へ備え」をテーマに社会部原発班・川崎正明記者に聞いた。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら