記者&専門家解説

日本テレビのニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」のデイリープラネット解説者が、深く鋭くニュースを切る「プラネットview」。あのニュースはこういう意味だったのか! ニュースの見方が変わります。

~ふるさとを返せ~原発事故の集団訴訟

先月30日、福島第一原発事故の被災者約4千人が、原発事故の責任の追及や、現状の回復などを求めて国と東京電力を訴えた「福島原発訴訟」の専門家証人尋問が福島地方裁判所で行われた。8日の「プラネットView」は杜雲翼記者に話を聞く。

2015年10月8日 21:56

記事を読む

日本版の竜巻尺度

2015年10月6日 23:19

今月2日、気象庁は検討会で、竜巻の強さを6段階で示す国際的な指標「藤田スケール」を改良した「日本版藤田スケール」の案をまとめた。6日の「プラネットView」は、「日本版の竜巻尺度」をテーマに、中濱弘道記者に話を聞く。

記事を読む

原発作業員の“被ばく線量”引き上げ

2015年8月20日 21:56

事故など緊急時の原発作業員の被ばく線量限度をめぐって、先月、国の放射線審議会が、250mSvへの引き上げを妥当とする答申をまとめた。20日の「プラネットView」は、「原発作業員の被ばく線量引き上げ」をテーマに、社会部の小林記者に話を聞く。

記事を読む

日本のトップソムリエに聞く純国産ワイン

2015年8月6日 22:55

原料であるブドウの栽培技術向上などを受け、日本産ワインの品質が上がってきているという。6日の「プラネットView」は、「純国産ワインの品質向上」をテーマに、日本のトップソムリエ・森覚さんらに日本産ワインの現状を聞いた。

記事を読む

核燃料取り出しは…廃炉ロードマップ見直し

2015年7月9日 22:59

東電などは先月、福島第一原発の廃炉に向けた中長期ロードマップを改訂、使用済み核燃料の取り出し開始時期の先送りを決定。9日の「プラネットView」は「廃炉ロードマップ見直し 燃料取り出しは先送り」をテーマに社会部原発班の小林史記者に話を聞く。

記事を読む

今国会の振り返りと今後の展望

2015年6月24日 22:48

政府・与党は22日、通常国会の会期を9月27日まで95日間、戦後最大の延長とすることを衆院本会議で議決した。24日の『デイリープラネット』「プラネットView」は通常国会のこれまでの振り返りと今後の展望について、政治部の伊佐治健部長に聞く。

記事を読む

核のゴミ最終処分場 国主導で候補地選定へ

2015年6月11日 22:35

11日の『デイリープラネット』「プラネットView」は「核のゴミ最終処分場 国主導で候補地選定へ」をテーマに、社会部原発班の岩田明彦記者が解説する。

記事を読む

東日本大震災から4年 臨時災害放送局は

2015年6月3日 22:23

東日本大震災で開局した地方自治体による「臨時災害放送局」は、東北の9つの自治体で今も放送が続いている。3日の「プラネットView」は「東日本大震災から丸4年 臨時災害放送局の現状」をテーマに、日テレNEWS24の中村孔治デスクが解説する。

記事を読む

“高濃度”汚染水の浄化完了!?

2015年5月28日 22:26

東電は27日、福島第一原発の敷地内タンクに溜まっている高濃度汚染水について、主な放射性物質を取り除く「浄化処理」が完了したと発表。28日の「プラネットView」は「“高濃度”汚染水の浄化完了!?」をテーマに、社会部の小林史記者に話を聞く。

記事を読む

安保法制特別委、審議開始~政治部長が解説

2015年5月27日 21:45

日本の安保政策の大きな転換につながる審議が衆議院の安保法制特別委員会で本格的に始まった。27日の「プラネットView」は「安保関連法案、本格審議始まる」をテーマに、日本テレビ報道局・政治部の伊佐治健部長が解説する。

記事を読む

活断層と原発の廃炉問題

2015年5月14日 22:54

経産省は2030年のエネルギー供給で、原発比率22%程度とする案を示した。老朽化による廃炉も増える中、電力を確保できるのか。14日の「プラネットView」は、「活断層と原発の廃炉問題」をテーマに、社会部原発班の岩田明彦記者に話を聞く。

記事を読む

高浜原発に仮処分決定“再稼働認めず”

2015年4月16日 23:34

関西電力の高浜原発3、4号機の再稼働をめぐって、福井地裁は今週、再稼働を認めないという仮処分の決定を下した。16日の「プラネットView」は、「高浜原発に仮処分決定“再稼働認めず”」をテーマに、社会部・原発班の小林史記者が解説する。

記事を読む

変わる就職活動スケジュール

2015年4月9日 23:38

学生の就職内定率がほぼリーマンショック前の水準に戻ってきている中、2016年卒の学生から就職活動のスケジュールが大きく変わる。9日の「プラネットView」は、「変わる就職活動スケジュール」をテーマに、昭和女子大学準教授・保田隆明氏が解説。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら