記者&専門家解説

日本テレビのニュース専門チャンネル「日テレNEWS24」のデイリープラネット解説者が、深く鋭くニュースを切る「プラネットview」。あのニュースはこういう意味だったのか! ニュースの見方が変わります。

核のゴミ最終処分場 国主導で候補地選定へ

11日の『デイリープラネット』「プラネットView」は「核のゴミ最終処分場 国主導で候補地選定へ」をテーマに、社会部原発班の岩田明彦記者が解説する。

2015年6月11日 22:35

記事を読む

東日本大震災から4年 臨時災害放送局は

2015年6月3日 22:23

東日本大震災で開局した地方自治体による「臨時災害放送局」は、東北の9つの自治体で今も放送が続いている。3日の「プラネットView」は「東日本大震災から丸4年 臨時災害放送局の現状」をテーマに、日テレNEWS24の中村孔治デスクが解説する。

記事を読む

“高濃度”汚染水の浄化完了!?

2015年5月28日 22:26

東電は27日、福島第一原発の敷地内タンクに溜まっている高濃度汚染水について、主な放射性物質を取り除く「浄化処理」が完了したと発表。28日の「プラネットView」は「“高濃度”汚染水の浄化完了!?」をテーマに、社会部の小林史記者に話を聞く。

記事を読む

安保法制特別委、審議開始~政治部長が解説

2015年5月27日 21:45

日本の安保政策の大きな転換につながる審議が衆議院の安保法制特別委員会で本格的に始まった。27日の「プラネットView」は「安保関連法案、本格審議始まる」をテーマに、日本テレビ報道局・政治部の伊佐治健部長が解説する。

記事を読む

活断層と原発の廃炉問題

2015年5月14日 22:54

経産省は2030年のエネルギー供給で、原発比率22%程度とする案を示した。老朽化による廃炉も増える中、電力を確保できるのか。14日の「プラネットView」は、「活断層と原発の廃炉問題」をテーマに、社会部原発班の岩田明彦記者に話を聞く。

記事を読む

高浜原発に仮処分決定“再稼働認めず”

2015年4月16日 23:34

関西電力の高浜原発3、4号機の再稼働をめぐって、福井地裁は今週、再稼働を認めないという仮処分の決定を下した。16日の「プラネットView」は、「高浜原発に仮処分決定“再稼働認めず”」をテーマに、社会部・原発班の小林史記者が解説する。

記事を読む

変わる就職活動スケジュール

2015年4月9日 23:38

学生の就職内定率がほぼリーマンショック前の水準に戻ってきている中、2016年卒の学生から就職活動のスケジュールが大きく変わる。9日の「プラネットView」は、「変わる就職活動スケジュール」をテーマに、昭和女子大学準教授・保田隆明氏が解説。

記事を読む

敦賀原発直下に活断層

2015年4月2日 21:55

原子力規制委の調査団は福井県にある敦賀原発2号機の真下を通る断層について「活断層」と結論づけた。このため2号機は廃炉となる可能性も。2日の「プラネットView」は、「敦賀原発直下に活断層」をテーマに、社会部原発班の岩田明彦記者に話を聞く。

記事を読む

原油安で“原油の町”に異変

2015年3月30日 22:26

最近の原油安によって日本ではガソリンの値段が下がるなどプラスの影響が出ているが、一方でアメリカなど産油国にとってはマイナスの影響も出ている。30日の「プラネットView」は「原油安で“原油の町”に異変」をテーマに外報部の亀甲博行記者が解説。

記事を読む

検証・ニッポンの金融政策

2015年3月26日 22:47

13年4月、日銀総裁に黒田氏が就任。「2年でマネタリーベースを2倍にして物価を2%に引き上げる」と公言した。26日の『デイリープラネット』「プラネットView」は、「検証・ニッポンの金融政策」をテーマに慶應義塾大学の櫻川昌哉教授に話を聞く。

記事を読む

火山灰被害の現状と対策

2015年3月23日 22:32

九州地方にある活火山、阿蘇中岳や桜島で、噴火が続いている。山の麓には大勢の住民が住んでいるため、火山灰の影響が深刻だ。23日の「プラネットView」は、「火山灰被害の現状と対策」をテーマに、社会部気象災害担当・中濱弘道記者に話を聞く。

記事を読む

中間貯蔵施設の課題

2015年3月19日 21:47

福島第一原発事故に伴う福島県内で出た土などを30年間保管する中間貯蔵施設への試験的な運び入れが13日、始まった。19日の『デイリープラネット』「プラネットView」は、「中間貯蔵施設の課題」をテーマに、社会部原発班の杜雲翼記者に話を聞く。

記事を読む

地震予知予測の現状は?

2015年3月16日 22:43

11日、東日本大震災の発生から4年がたち、東北地方では震災の余震活動がいまも続いており、日本列島が地震の活動期に入っていると見る専門家も多くいる。「地震予知予測の現状は?」をテーマに気象災害担当・中濱弘道記者に話を聞く。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら