the SOCIAL×NNNドキュメント

2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」。名作を約2~3分にリメイクした動画を、1月末まで「the SOCIAL」放送日に1日1本お届けします!

「島が学校!」ある女子高校生の離島留学

「岩手県から来ました」「岡山県です」――島根県、隠岐諸島の小さな島に、全国から若者たちが次々と「島留学」しています。原恵利華さんも東京から「島留学」した一人です。

2020年1月23日 12:55

>> 記事を読む

100歳の元従軍記者の叫び 願う世界平和

2020年1月22日 13:19

従軍記者として“戦争”を目の当たりにしながらも真実を伝えられなかった後悔を抱えるむのたけじさん。100歳を超えても、戦争反対を叫び続けていた…。2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

高校の中に水族館!?長浜高校水族館部

2020年1月21日 12:47

老朽化で閉館した町のシンボル、長浜水族館。水族館復活の夢に向かって、魚の世話と研究に打ち込む長浜高校水族館部の青春を追った…。2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

家族4人失った配達員 折れる心を野馬追で

2020年1月20日 13:08

ふるさとを守る神様の御旗をとろうと男たちが競い合う、相馬野馬追。千年続く祭りに情熱を燃やす、震災で家族を亡くした郵便配達員の1年5か月…。2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

富山一高 サッカー優勝イレブンの歩む道

2020年1月17日 15:31

高校サッカー史に残る、富山第一高校の後半42分からの逆転優勝劇。あれから、5年がたち優勝メンバーは今どんな人生を送っているのか…。2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

悲劇繰り返さぬため噴火予知する“火山屋”

2020年1月16日 15:31

火山学者・井口正人教授。自らを“火山屋”と呼び、かつて犠牲者を出した桜島で悲劇を繰り返さぬよう、噴火の予知を行っています。…2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

IT社長 父の遺志継ぎ、ゆずで村おこし

2020年1月15日 13:01

年商100億円超のIT社長、藤田恭嗣さん。自殺をした父から託された夢、ふるさとの特産ゆずを生かした村おこしのために奮闘しています。…2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

九州のローカル線 復旧費に70億、赤字も

2020年1月14日 13:32

九州北部を走るローカル線、日田彦山線。人気の観光列車が通る久大本線は全線復旧する一方で、利用者が少なく復旧のメドは立っていません…。…2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

化学物質過敏症 柔軟剤などで頭痛や吐き気

2020年1月10日 15:26

誰でも発症する可能性がある“化学物質過敏症”。柔軟剤、食品添加物、シャンプー、整髪料など、身の回りの化学物質に過敏に反応。職場でも、防毒マスクをつけて仕事。化学物質のにおいがついた家を捨て、家族からも孤立…。

>> 記事を読む

「九州を元気に!」プロレスで笑顔届ける男

2020年1月9日 14:21

「プロレスはどんな境遇にある人も元気にすることができる」NPO法人の九州プロレスは九州を元気にするために立ち上げられ、多くの人を笑顔に変えていました。…2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

日本の性教育 セックスをどこまで教えるか

2020年1月8日 15:43

大人が逃げてしまいがちな子どもへの性教育。性情報が氾濫する時代に、放ってはおけないと性教育を始めた大人たちを追いました。…2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

AIでカラーによみがえる“ヒロシマ”

2020年1月7日 12:34

広島の高校生、庭田杏珠さんはAIを利用して被爆前の広島の写真をカラー化し、未来に伝える活動をしています。カラー化写真を見た被爆者の思いとは。…2020年1月に放送開始50年を迎える「NNNドキュメント」の名作を約3分で配信中。

>> 記事を読む

家解体される前に、家族の日常を映像に残す

2020年1月6日 16:21

原発事故さえ起きなければ…我が家とその思い出が壊されていきます。解体された我が家はガレキになり放射性廃棄物として最終処分場に埋められます。原発事故の後、初めて子どもと一緒に実家を訪れた野上美和さん。勉強に恋愛、昔の自分が今もここにいます。

>> 記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら