SOCIAL life

働き方、子育て、教育、男女など、私たちの生き方に密接なテーマをピックアップ

焼き芋自販機で障害者の収入アップ目指す

障害者の収入アップにつなげようと、宮崎県の会社が焼き芋の自販機を設置した。なぜ焼き芋の自販機で、障害者の給料がアップするのだろうか?

2019年6月11日 15:15

>> 記事を読む

アイドルが「脱毛症」を告白 その理由とは

2019年6月11日 15:15

全身の毛がなくなる脱毛症を告白した女性アイドルがいる。アイドルなのに、なぜ脱毛症を告白したのか。告白に込められたメッセージとは。

>> 記事を読む

赤ちゃんがボランティア?佐賀の介護施設

2019年6月10日 16:21

「赤ちゃんボランティア」と呼ばれる仕組みを、佐賀県の介護施設が導入し話題になっている。

>> 記事を読む

歌舞伎町を走る「新宿タイガー」の人生哲学

2019年6月7日 15:32

歌舞伎町の名物新聞配達員、その名も「新宿タイガー」。虎のお面に派手な衣装で45年以上、新聞を配り続ける彼の人生哲学に迫る。

>> 記事を読む

86歳“世界最高齢のアイアンマン”の闘志

2019年6月4日 13:58

86歳、トライアスロンを極める鉄人。稲田弘さんは、2018年にトライアスロンの中で一番過酷なレース「アイアンマン世界選手権」を世界最高齢の85歳で完走した。

>> 記事を読む

ステージ4のがんも…彼がリングで闘う理由

2019年6月4日 13:38

格闘家の高須将大さんは、24歳の時、肝臓に約10センチのがんが見つかりました。手術で摘出しますが、その後再発。肺にも転移していてステージ4のがんと診断されました。

>> 記事を読む

NO.1ホストはなぜ寿司職人になったのか

2019年5月31日 15:22

寿司職人のSHUNさん(31)は、歴14年の現役ホストでもあります。

>> 記事を読む

イラストレーターが認知症病棟で描く理由

2019年5月24日 15:20

福井市の病院が、認知症患者が入院する病棟の壁をカラフルに彩る 新たな取り組みを始めた。壁にイラストを描くのは、かつて、がん患者だったイラストレーターだ。患者の心を癒やすため、壁に絵を描き続ける。

>> 記事を読む

新宿の団地にある“保健室”誰でも無料で

2019年5月24日 14:40

住む人の4割以上が65歳以上の団地で空き店舗を活用した施設が話題となっている。誰でも予約なしに、無料で医療相談などができる「暮らしの保健室」、地域住民との交流の場になっている。

>> 記事を読む

羊毛フェルトで本物そっくり猫 作家の思い

2019年5月22日 14:20

本物そっくりな猫を、羊毛フェルトで作る女性作家がいる。彼女が作る猫は、死別した猫の飼い主から依頼を受けたものだ。制作時の思いを語ってくれた。

>> 記事を読む

新入社員の「五月病」、6月にも注意を!

2019年5月20日 16:09

この春から働き始めた新入社員は、ゴールデンウイークが明けると、五月病になる人が多くなります。しかし、5月だけでなく、6月にも注意が必要なんです。

>> 記事を読む

「ゲイ雑誌を次の世代へ」カフェ店主の思い

2019年5月20日 15:35

東京・新宿2丁目にゲイのブックカフェがあります。店主はかつてゲイ雑誌の創刊にも関わった人、ゲイ雑誌を見ながら、お客との交流を楽しんでいます。

>> 記事を読む

絶滅寸前の映画看板“描き手”の思いとは?

2019年5月17日 14:09

絶滅寸前の映画看板師。日本に数人しかいない映画看板をつくる職人・八条祥治さん(62歳)。毎週10枚以上の看板をひとりで描く日々です。

>> 記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら