平成29年7月九州北部豪雨

福岡県と大分県 記録的豪雨で甚大な被害

福岡県「みなし仮設」提供へ 募集開始

九州北部を襲った記録的豪雨で、12日、新たに福岡県内で心肺停止の3人が見つかった。また福岡県は、民間の住宅を借り上げる「みなし仮設」を被災者に提供することを決め、12日午後1時から募集を始めた。

2017年7月12日 14:12

記事を読む

福岡・朝倉市で新たに心肺停止の3人を発見

2017年7月12日 13:27

九州北部を襲った記録的豪雨から1週間、福岡県と大分県では25人が死亡している。さらに12日、福岡県朝倉市内で新たに心肺停止の3人が見つかった。福岡県内ではこれまでに22人が死亡、また22人と連絡が取れなくなっている。

記事を読む

日田市 安倍首相が視察 2地区の孤立解消

2017年7月12日 12:28

安倍首相は12日、記録的豪雨に見舞われた大分・日田市を訪問。午前は、市内の花月川にかかるJR久大線の鉄道橋が崩壊した場所を視察し、被害の状況について説明を受けた。110人が孤立状態となっていた日田市内の2地区は12日午前、孤立が解消された。

記事を読む

九州豪雨から1週間 捜索長期化も懸念

2017年7月12日 10:28

九州北部を襲った記録的豪雨から1週間。これまでに25人が死亡し、12日現在も22人と連絡が取れていない。捜索が続く福岡県朝倉市から中継。

記事を読む

大分で道路工事 孤立状態あす解消の見通し

2017年7月12日 04:45

豪雨の影響で110人が孤立状態の大分県は、集落の孤立状態を解消するため、道路の工事を行っている。工事は13日に終了する予定で、完成すれば、孤立している2つの地域から市街地まで通行できるようになる。これで大分県内の孤立状態は解消されるという。

記事を読む

九州豪雨きょうで1週間 生活再建の動きも

2017年7月12日 04:42

九州北部を襲った記録的豪雨から12日で1週間となる。被災地では、捜索活動が続く一方で、り災証明書の発行など、生活再建に向けた動きも出てきた

記事を読む

朝倉市の川 6時間半で水量100倍超に

2017年7月12日 04:17

大きな被害が出た福岡県朝倉市では、氾濫した赤谷川を流れる水の量が、降り始めから6時間半で100倍以上に急増していたことがわかった。桂川や北川でも同じような現象がみられ、3つの河川では、50年に一度の洪水が起きる基準を大幅に上回っていた。

記事を読む

日田市 県外からのボランティア受付開始

2017年7月12日 00:46

大分県・日田市では11日から、“県外からの”ボランティアの受け付けを始めた。約160人が集まり、土砂の撤去や家財道具の搬出などを行った。

記事を読む

福岡・朝倉市 藤井キャスター見た被災地

2017年7月11日 17:33

九州北部を襲った記録的な豪雨から11日で6日。被災地の福岡県朝倉市杷木の避難所となっている久喜宮小学校から藤井貴彦キャスターが伝える。

記事を読む

【豪雨】福岡県から藤井キャスターが中継

2017年7月11日 16:59

九州北部を襲った記録的な豪雨から11日で6日。被災地の福岡県・朝倉市杷木には、藤井貴彦キャスターがいる。現地の様子を藤井キャスターが伝える。

記事を読む

九州豪雨 大分県でボランティア活動本格化

2017年7月11日 11:57

九州北部の記録的豪雨から7日目。大分県日田市ではボランティアの活動が本格的に始まった。午前9時の受け付け開始を前に東京や沖縄など大分県外の人を含め約120人が集まった。被害の大きい大鶴地区など20か所で土砂の撤去や家財道具の搬出などを行う。

記事を読む

豪雨 朝倉市で「り災証明書」受け付け開始

2017年7月11日 11:54

九州北部の記録的豪雨は11日で発生から7日目。これまでに福岡・大分で25人の死亡が確認された。11日も捜索活動が続く福岡県朝倉市から中継。

記事を読む

九州北部豪雨 企業による支援の動き広がる

2017年7月11日 01:04

九州北部の大雨による被害を受け、コンビニ大手各社やイオンなどスーパー大手各社は、ミネラルウオーターや弁当などの救援物資を被災地に提供。下着メーカーのグンゼは、福岡・朝倉市の避難所に1800枚の肌着を届けるなど、企業による支援の動きが広がる。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら