日本とEU EPA交渉

【特集】日本とEUのEPA(=経済連携協定)の行方は

日EU交渉 輸入パスタ関税…引き下げ調整

日本とEU(ヨーロッパ連合)の自由貿易をめぐる交渉は27日、首席交渉官の会合が続いていて大詰めを迎えている。日本が、スパゲティなど輸入パスタにかけている関税を現在の1キロあたり30円から12円程度に引き下げる方向で調整していることが判明。

2017年6月27日 17:53

記事を読む

自民“日EU自由貿易で国益踏まえ交渉を”

2017年6月26日 21:38

大詰めを迎えている日本とEUの自由貿易の交渉をめぐり自民党は岸田外相に、国内の農家などを守るため豚肉やチーズなどEUから輸入する農産品には引き続き関税をかけ、日本から輸出する自動車や電子機器にEU側がかけている関税を撤廃させることなど要望。

記事を読む

日EU貿易交渉 自民が対策話しあう会議

2017年6月23日 22:23

日本とEUの自由貿易交渉をめぐり、自民党は対策を話しあう会議を開いた。自民党は週明け26日に岸田外相に対して、生産者の保護や輸出拡大についてTPP(環太平洋経済連携協定)の合意内容を超える譲歩を引き出すよう申し入れを行う方針。

記事を読む

日EU交渉 自民、生産者保護の申し入れへ

2017年6月23日 16:40

日EU自由貿易交渉をめぐり、自民党は対策を話しあう会議を開いた。出席議員からは国内の生産者への影響を不安視する声が上がった。自民党は26日に岸田外相にTPP(環太平洋経済連携協定)の合意内容を超える譲歩を引き出すよう求めることにしている。

記事を読む

日EU貿易自由化交渉うけ JA全中が要請

2017年6月22日 14:00

日本とEUの貿易自由化交渉がヤマ場を迎えていることをうけ、全国の農協を束ねるJA全中は山本農水相に対し、関税などで国内の生産者を守ることなどを求める要請を行った。山本農水相は早期の大枠合意を目指しつつも国内の生産者に配慮する考えを示した。

記事を読む

日EU貿易交渉 日本酒関税撤廃で調整

2017年6月22日 10:57

日本とEU(=ヨーロッパ連合)の貿易自由化交渉で、農産品にかかる関税をめぐる協議がヤマ場を迎えている。21日、岸田外相がEU側と電話会談を行ったほか、来週には山本農水相がヨーロッパを訪れ協議の進展をはかる方針。

記事を読む

日EU 農産品の関税めぐる協議がヤマ場

2017年6月21日 22:38

日本とEUの貿易自由化交渉で、農産品にかかる関税をめぐる協議がヤマ場を迎えている。21日、岸田外相がEU側と電話会談を行ったほか、来週には山本農水相がヨーロッパを訪れ協議の進展をはかる方針。双方は協議を急ぎ、7月上旬の大枠合意を目指す。

記事を読む

EU側がかける“緑茶”の関税撤廃で調整

2017年6月20日 23:04

日本とEUの自由貿易をめぐる協議で、日本が輸出する緑茶に対しEU側がかけている関税を撤廃する方向で調整が行われていることが判明。またEUでは緑茶に対する残留農薬の規制が日本とは異なることから、日本はこうした非関税分野での見直しも求めている。

記事を読む

乗用車“関税撤廃”でEUと交渉の見通し

2017年6月19日 22:17

日本とEU(=ヨーロッパ連合)の自由貿易をめぐる協議は、19日から東京で全体交渉が始まり、ヤマ場を迎えた。チーズや豚肉などの輸入関税がどこまで下がるかが焦点で、食卓にも影響しそうだ。

記事を読む

“関税撤廃”に生産者懸念 日EU貿易交渉

2017年6月19日 18:10

今後、ヨーロッパ産のチーズやワインが安くなるかもしれない。19日から、日本とEUの自由貿易をめぐる全体交渉がスタートし、さらにマグロや豚肉の関税も議題にあがっている。食卓はどう変わるのか。一方で、生産者から懸念の声もあがっている。

記事を読む

豚肉関税は?日EU自由貿易全体協議始まる

2017年6月19日 12:32

日本とEUの自由貿易をめぐる協議は19日から東京で全体交渉が始まった。カマンベールなどソフトチーズを輸入する際の関税を撤廃する方向で調整が行われるほか、豚肉は現在の1キロあたり最大482円の関税を50円に引き下げる方向で協議される見込み。

記事を読む

日EU交渉 農産物など関税引き下げに懸念

2017年6月16日 21:31

日本とEUの自由貿易交渉をめぐり、自民党は対策を話しあう会議を開いた。議員からは「工業のつけ回しで農産物をいけにえにしないでもらいたい」と農産物の輸入関税引き下げに懸念する声があがった。自民党は交渉の進ちょくをみながら対応策を検討する方針。

記事を読む

日EU貿易交渉 農業関連団体が不安の声

2017年6月15日 21:47

日本とEUの貿易自由化交渉が本格化する中、自民党は輸入農産物の値段が下がると影響を受けることになる農業関連団体からヒアリングを行った。乳製品の生産者団体からは「関税の引き下げは困る」などと不安を訴える声があがった。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら