最新 危険生物ニュース

注意すべき危険な生き物関連ニュース

エサ求めて? 岩手でクマ目撃情報が相次ぐ

岩手県宮古市などでクマの目撃情報が相次ぐ。県内での出没状況は4月だけで126件となり、今月7日までに7人がケガ。今年は、去年より子連れのクマが多く出没していて、山にエサの少なくなる夏場は里におりてくるケースが増えるものとみられるという。

2017年6月13日 19:50

記事を読む

クマの目撃情報相次ぎ1頭駆除 会津若松市

2017年5月31日 17:58

福島県会津若松市で31日未明から午前中にかけてクマの目撃情報が相次ぎ、警戒にあたっていた猟友会がクマ1頭を駆除した。駆除されたクマは体長が約120センチのオス。警察などは、目撃されていたクマと同じとみているが、引き続き周囲を警戒している。

記事を読む

長野イノシシ目撃相次ぐ 牙刺さった男性も

2017年5月26日 16:12

長野市で26日早朝からイノシシの目撃情報が相次ぎ、長野市栗田では散歩中の男性(60)がイノシシに突進され牙が右太ももに刺さった。命に別条はないという。目撃情報があった長野市若里では警察や市職員などが体長約1.2メートルのメスの成獣を捕獲。

記事を読む

民家敷地にクマ出没、警戒呼びかけ 日光市

2017年5月17日 15:41

17日未明、栃木県日光市高徳で民家の物置き小屋にクマが入り込んでいるのが見つかった。住民の男性が懐中電灯の光を当てると逃げたという。ケガ人はいない。現場は東武鬼怒川線の新高徳駅から400メートルほどの住宅地で、警察は住民に警戒を呼びかけ。

記事を読む

都ホテル京都にイノシシ 従業員かまれ軽傷

2017年5月7日 21:54

7日朝、京都市東山区の『ウェスティン都ホテル京都』のロビーに体長約1メートル10センチの野生のイノシシが入り込み、従業員や警察官が捕獲する騒ぎがあった。取り押さえる際、68歳の男性従業員が右の親指など複数箇所をかまれ、軽傷を負ったという。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら