最新 危険生物ニュース

注意すべき危険な生き物関連ニュース

猫にかまれ…マダニ媒介の感染症で女性死亡

去年の夏ごろ、野良猫にかまれた女性が、「マダニ」が媒介するウイルス性の病気「SFTS」(重症熱性血小板減少症候群)を発症し、約10日後に亡くなっていたことがわかった。この病気で、ほ乳類からヒトへの感染が確認されたのは初めて。

2017年7月25日 01:46

記事を読む

“お泊まり保育”朝の散歩中…園児らにハチ

2017年7月22日 12:10

22日朝、東京・あきる野市の宿泊施設で、お泊まり保育をしていた幼稚園児ら23人がハチに刺された。

記事を読む

園児ら23人がハチに刺される あきる野市

2017年7月22日 09:53

東京・あきる野市の宿泊施設で22日朝、お泊まり保育をしていた幼稚園児ら23人がスズメバチとみられるハチに手や足などを刺された。病院に搬送されたが、全員、軽傷だという。

記事を読む

福岡・博多港で「ヒアリ」発見 九州で初

2017年7月22日 00:30

福岡市の博多港で21日、強い毒を持つ「ヒアリ」が発見された。九州で確認されたのは初めて。

記事を読む

常陸太田市で発見のアリ「ヒアリ」ではない

2017年7月21日 19:37

環境省は21日午後、今月16日に茨城県常陸太田市で見つかり、「ヒアリ」だと発表していたアリは、「ヒアリ」ではなかったと訂正した。詳しい調査で判明したもので、別の外来種「アカカミアリ」の可能性が高いという。

記事を読む

ヒアリ対策関係閣僚会議“落ち着いて対処”

2017年7月20日 18:42

国内での繁殖が懸念される「ヒアリ」について政府は20日午後、第1回の「ヒアリ対策関係閣僚会議」を開催。落ち着いて対処するよう呼び掛けられた。

記事を読む

サメ30匹、日立市の海水浴場に 監視続く

2017年7月20日 12:50

茨城県日立市の海水浴場で19日、約30匹の「ドチザメ」とみられるサメが泳いでいるのが確認され、県などは20日も監視を続けている。

記事を読む

ヒアリ死亡例“未確認”環境省が表現削除

2017年7月18日 14:33

国内で相次いで発見されているヒアリについて、環境省ではこれまで「アメリカで年間100人程度の死亡例もある」などと説明してきたが、「海外での死亡例が統計上は確認できていない」として、こうした表現をホームページから削除した。

記事を読む

茨城でも「ヒアリ」確認 内陸部で2か所目

2017年7月16日 19:16

茨城県常陸太田市で今月12日に2つのコンテナから見つかったアリ24匹がヒアリだと確認された。コンテナは先月、台湾を出港、今月3日に東京の青海ふ頭で陸揚げされ、常陸太田市に運ばれていた。国内でのヒアリ確認は8か所目で、内陸部では2か所目。

記事を読む

ヒアリ横浜港で発見 国内初地面で繁殖確認

2017年7月15日 01:59

強い毒を持つ「ヒアリ」が14日、神奈川県の横浜港・本牧ふ頭で新たに見つかった。地面から幼虫やさなぎが見つかっていて、国内で初めて地面での繁殖が確認されたことになる。

記事を読む

ヒアリ 横浜港の地面から幼虫やさなぎ

2017年7月14日 22:49

強い毒を持つ「ヒアリ」が14日、神奈川県の横浜港で新たに見つかった。地面から幼虫やさなぎそれぞれ100匹以上を含む700匹以上のヒアリが見つかっていて、国内で初めて地面での繁殖が確認された。国内でヒアリが見つかったのはこれで7か所となった。

記事を読む

【ヒアリ】家庭でできる4つの対策

2017年7月14日 18:37

強い毒を持つ外来種の「ヒアリ」。東京都は、ヒアリの被害にあわないように家庭でできる対策を呼びかけている。

記事を読む

東京・青海ふ頭で「ヒアリ」調査 環境省

2017年7月14日 13:21

強い毒を持つヒアリについて警戒を強めている環境省は、14日は東京の青海ふ頭などで調査を実施。13日には大井ふ頭のコンテナの床板の内部からヒアリの卵や幼虫なども見つかり、繁殖を確認。中国からの物流が多い全国68の港を中心にヒアリの調査を強化。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら