金正男氏殺害

まとめ:北朝鮮・金正恩委員長の異母兄弟、金正男氏 マレーシアで殺害

金正男氏の遺体 経由地の北京に到着

金正男氏殺害事件の捜査をめぐり、協議を続けてきたマレーシアと北朝鮮は、正男氏の遺体を北朝鮮に引き渡すことで合意。事件への関与が疑われる北朝鮮大使館の二等書記官らと遺体は、マレーシアを出国し、経由地の中国・北京に到着した。

2017年3月31日 05:52

記事を読む

北とマレーシアが共同声明 出国禁止を解除

2017年3月31日 02:15

北朝鮮の金正男氏殺害事件で、北朝鮮とマレーシアの両国は30日夜、共同声明を発表。互いの国民の出国禁止措置を解除し、マレーシア人9人は、すでに北朝鮮を出国、31日早朝にマレーシアに到着するという。正男氏の遺体もすでにマレーシアを出国している。

記事を読む

金正男氏遺体、マレーシアを出国

2017年3月30日 22:36

北朝鮮の金正男氏殺害事件で、事件の重要参考人である北朝鮮大使館の二等書記官らが、正男氏の遺体とともに、帰国のため飛行機でマレーシアを出国した。二等書記官らは日本時間の31日未明に北京に到着、そのあと北朝鮮に戻ることになる。

記事を読む

金正男氏遺体、きょうにもマレーシア出国か

2017年3月30日 18:06

北朝鮮の金正男氏殺害事件で、正男氏の遺体を乗せたとみられる車がマレーシアの空港の敷地内に到着した。30日にも国外に移送される可能性がある。

記事を読む

実行犯が撮影か、北の重要参考人の動画公開

2017年3月30日 01:45

マレーシアで金正男氏が殺害された事件で、実行犯のシティ アイシャ被告が北朝鮮国籍の重要参考人を撮影したとみられる動画が、インターネット上に公開されていたことがわかった。

記事を読む

関与疑われる3人、北朝鮮大使館外に移動

2017年3月29日 12:38

北朝鮮の金正男氏殺害事件で、関与が疑われる北朝鮮大使館の二等書記官ら3人が、潜伏先のマレーシアの大使館から別の場所に移った。平壌にいるマレーシア人9人との引き換えについての協議がまとまり次第、3人はマレーシアから出国する見通し。

記事を読む

新たに“北の男”らを捜査~マレーシア警察

2017年3月20日 18:22

北朝鮮の金正男氏が殺害された事件でマレーシア警察は19日、警察が行方を追っている7人の男以外に、北朝鮮国籍を含む新たな複数人物が事件に関わった疑いが浮上し捜査していると発表。中には重要人物がいるとするも、国内にいるかなど詳細は明らかにせず。

記事を読む

国外退去2人、北京から平壌へ 正男氏殺害

2017年3月18日 17:55

金正男氏が殺害された事件に関与したとして逮捕され証拠不十分で釈放された北朝鮮のリ・ジョンチョル氏が、マレーシアからの国外退去後に滞在していた中国の北京から平壌に出発。マレーシア政府を批判し国外退去となった北朝鮮のカンチョル大使も一緒だった。

記事を読む

正男氏殺害 別の北朝鮮国籍の男も関与か

2017年3月18日 11:52

北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、現地メディアは18日、新たにチャン・ナムウンと名乗る30代の北朝鮮国籍の男が事件に関わっている疑いがあると報じた。男は事件後、別の容疑者とともにカンボジアなどを経由して北朝鮮に戻ったか。

記事を読む

家族は遺体の扱いをマレーシア政府に一任か

2017年3月16日 21:32

北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察は16日、正男氏の家族は遺体の扱いをマレーシア政府にゆだねたとの認識を示した。一方、北朝鮮側は遺体の引き渡しを求めているが、ラシド副長官は「マレーシア政府の判断次第」としている。

記事を読む

金正男氏 殺害時に大金所持か

2017年3月16日 16:46

北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で現地メディアは正男氏が死亡した際に現金で12万ドル(1300万円相当)を所持していたと報じた。警察は犯行グループが正男氏が大金を所持しているのを知りながらも奪わなかったとみているという。

記事を読む

正男氏の家族と遺体の扱い協議~現地警察

2017年3月16日 15:43

北朝鮮の金正男氏がマレーシアで殺害された事件で、マレーシア警察は16日、正男氏の家族とすでに連絡を取っていて遺体の扱いについて協議していることを初めて明かし、「遺体の扱いは我々の政府に任されたと認識している」との考えを明らかにした。

記事を読む

金正男氏遺体“日本側提供の指紋”で確認

2017年3月15日 13:15

北朝鮮の金正男氏が殺害された事件で、マレーシア内務省の副大臣がNNNの取材に応じ、日本政府から提供された指紋情報などが遺体の身元確認の重要な材料となったことを明らかにした。正男氏は01年に日本で入管に拘束され、その際、指紋が採取されていた。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら