東芝経営危機

特集:東芝が米原発事業で巨額の損失計上 経営再建の行方は

東芝、業績見通し発表 9500億円の赤字

東芝は15日、昨年度の最終損益を9500億円の赤字と見込む業績の見通しを発表。会計をチェックする監査法人からはいまだ決算の承認を得られない異例の発表となった。一方、資金を得るための選択として決断した半導体事業の売却も困難に直面している。

2017年5月15日 15:01

記事を読む

監査法人と対立…東芝、決算も半導体も難航

2017年5月15日 10:25

経営難に陥っている東芝は15日、昨年度1年間の業績を発表する方針だが、会計をチェックする監査法人との対立に加え、半導体事業のパートナーとの関係も悪化しており、状況は混沌としている。

記事を読む

【独自】東芝半導体 売却日程に遅れ

2017年5月11日 18:00

東芝は半導体の新会社売却の2次入札を19日に締め切る予定だったが遅れる見通し。半導体工場を共同経営する米ウエスタンデジタル社と東芝が契約上の権利をめぐり対立し、売却作業が妨げられているという。15日を目指していた本決算の発表も遅れる見通し。

記事を読む

東芝本決算“お墨付きなし”で発表の可能性

2017年5月9日 01:38

東芝が2016年度の本決算発表を、東証が適切としている期限の15日に行う方向で調整に入ることがわかった。監査法人は、東芝の米元子会社の会計処理に関する調査をいまだ終えておらず、監査法人から適正意見を得ないまま本決算を発表する可能性がある。

記事を読む

東芝“売却”で…技術流出防ぐ議員連盟発足

2017年4月25日 22:00

東芝の半導体先端技術が海外企業に売却される可能性が高まる中、25日、国の安全を脅かす技術移転を防ぐための超党派の議員連盟が発足。先端技術が日本にとり脅威となる国々の軍事増強に利用されないよう省庁横断的な組織設立や必要な制度などを提案へ。

記事を読む

東芝 4事業分社化へ…従業員2万人が転籍

2017年4月24日 15:06

経営再建中の東芝は、社会インフラ事業、電子部品関連事業、IT関連事業、エネルギー関連事業を本体から切り離す分社化を発表。7月以降に事業を順次本体から切り離して、子会社に移すことで事業の継続を図る。従業員約2万人が子会社に転籍の見込み。

記事を読む

ホンハイ“東芝・半導体買収後、米に工場”

2017年4月20日 12:20

東芝の半導体新会社の買収をめぐり、台湾のホンハイ精密工業は新会社の株式4割をアップルなど米企業、4割をホンハイ傘下のシャープなど日本企業、2割をホンハイが保有する案や、買収後に米国に工場を設立する案などを提示。日米政府の抵抗感を減らす提案。

記事を読む

東芝 本体からインフラ事業などの分離検討

2017年4月19日 20:01

東芝が主力に据えるインフラ事業などを、本体から切り離す方向で検討していることがわかった。債務超過に陥っていることからインフラ建設事業の資格を12月に失う可能性があり、財務が悪化している本体から切り離すことで事業の継続を図りたい考え。

記事を読む

東芝メモリ 産業革新機構が出資可能性表明

2017年4月18日 21:50

政府系ファンド「産業革新機構」の志賀会長は、東芝が売却先の選定に苦戦する半導体新会社「東芝メモリ」への出資を検討していることを明らかに。企業価値は2兆円を超えるとみられることから、出資するとしても単体ではなく他の企業などと組むことを想定。

記事を読む

米提携企業、東芝「分社化」契約違反と抗議

2017年4月15日 01:58

東芝が半導体事業を分社化して設立した新会社の売却をめぐる問題で、東芝と提携の米・ウエスタンデジタルが「分社化」そのものが契約違反だと抗議、売却先選定の作業が遅れている。東芝が金融機関に半導体新会社の株を担保として差し出すことも違反と訴えか。

記事を読む

東芝“半導体” 売却交渉は難航か

2017年4月13日 01:47

半導体事業で東芝と提携しているウエスタンデジタルが、東芝にほかの会社に売却しないよう強く求めていることが判明。現在、売却先候補には、このウエスタンデジタルのほか、2兆円を超える買収金額を提示している台湾のホンハイ精密工業などが残っている。

記事を読む

【独自入手】東芝社長から従業員へ内部文書

2017年4月12日 18:46

東芝の社長が11日、従業員に宛てた内部文書を入手。決算発表の延期理由を、監査法人が期限間際に追加調査を行うと示唆したため「延長せざるを得なかった」とした。11日の決算発表は、これ以上関係各位の期待を裏切ることができなかったと理解を求めた。

記事を読む

東芝が決算発表 監査法人のお墨付きなしで

2017年4月11日 21:31

東芝は2度にわたり決算発表を延期していたが、3度目の期限となる11日、監査法人から決算が適正だという「お墨付き」を得ないまま、2016年12月までの決算発表を行った。お墨付きなしの決算発表は異例のこと。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら