「はたらきかた」を考える

ワークライフバランス、労働問題などについての記事まとめ

残業 月60時間、繁忙期100時間で調整

政府・与党は働き方改革で長時間労働を抑制するため、罰則付きで時間外労働の上限設定を検討しているが、残業時間を月60時間、繁忙期は最大100時間とする方向で調整していることがわかった。3月末には、取りまとめを行う予定。

2017年1月28日 12:36

記事を読む

民進党 残業上限80時間では不十分と追及

2017年1月27日 13:07

民進党の井坂議員は27日の衆院予算委で、働き方改革をめぐり政府が検討している残業時間の上限、月80時間では不十分だと追及した。これに対し、安倍首相は、まだ上限は決まっていないと述べるにとどめた。

記事を読む

小中教員7割超 週60時間超の長時間労働

2017年1月25日 21:00

労働環境などの調査・研究を行う連合総研が全国の公立小中学校の教員に行った調査によると、週60時間以上働いている教員の割合は小学校で72.9%、中学校で86.9%だった。日教組は法定労働時間を意識して守ってほしいと勤務環境の改善を訴えた。

記事を読む

「電通」新社長に山本敏博常務執行役員

2017年1月19日 18:45

電通は辞任した石井直社長の後任として、23日付で山本敏博常務執行役員を新社長とする人事を発表。山本氏はこれまでメディア部門や営業などを担当してきた。同氏は「最優先の経営課題は労働環境の改革。改善施策を着実に遂行してまいります」とコメント。

記事を読む

厚労省「超イクメン部」職員が子連れパパ会

2017年1月19日 15:25

男性の育児参加を促すため、厚労省の若手職員らが結成した「超イクメン部」が19日、有給休暇をとり、子連れで厚労省に集まった。子どもとともにパパ会を行ったほか、職場に子どもを紹介したりした。厚労省の男性職員の育児休業取得率は現在、約27%。

記事を読む

今月から春闘 4年連続“賃上げ”呼びかけ

2017年1月17日 21:17

経団連は17日、今月から始まる春闘を前に、加盟する1300の大企業に向け、今年の賃上げなどの方針を公表。昨年度よりも収益が減っていたとしても、「収益体質が改善している企業」については、年収ベースでの4年連続の賃上げの検討を求めている。

記事を読む

JRA 電通の入札指名を1か月停止

2017年1月17日 12:54

大手広告会社・電通と当時の上司が過労で自殺した新入社員に違法な長時間労働をさせていたとして書類送検されたことを受け、JRA(日本中央競馬会)は電通に対し、広告やイベントなどへの競争入札の指名を1か月間停止にしていたことがわかった。

記事を読む

介護など会社に配慮されず「転勤」3割以上

2017年1月11日 21:00

「転勤」について初の大規模調査が行われ、親の介護などを理由に転勤免除などを求めた社員の3割以上が会社側から配慮されず、転勤したと答えた。転勤を経験した男女約5800人からの回答をまとめた。厚労省は結果などをもとに企業向け指針を作成する方針。

記事を読む

“ブラック部活に休養日を”文科省が通知

2017年1月7日 00:27

松野文科相は6日、教職員の長時間労働の一因となっている部活動について、休養日を適切に設けるよう全国の教育委員会などに通知を出したことを明かした。中学校の運動部では、休養日を設けていない割合が4割に上り文科省は部活動のあり方に対策を進める。

記事を読む

奴隷でなく人として…元トラック運転手訴え

2016年12月27日 20:34

長時間労働により労災認定を受けた東京都内の運送会社「明豊物流」に勤務していた元トラックドライバーの女性が、「奴隷でなく人として働きたいと思った」などと訴えた。労働時間は長いときで一日20時間、月の残業時間が200時間超のこともあったという。

記事を読む

カギは“学び直し”女性「再就職」後押しへ

2016年12月27日 18:19

結婚や出産をきっかけに一度仕事を辞めると、女性の「再就職」はハードルが高くなるのが現状だ。こうした中、政府は来年度の予算案に、再就職を後押しする政策を盛り込んだ。カギとなるのは“学び直し”だ。

記事を読む

電通 “年10日の有給休暇取得”義務化へ

2016年12月23日 00:29

大手広告会社「電通」が、来年から「年間10日の有給休暇取得」を義務づけると発表。労働環境の改善策として打ち出したもので、他にも、週1~2回の非常勤だった精神科産業医を常勤にしたり、育児や介護を行う社員の在宅勤務制度の検討を始めるなどとした。

記事を読む

長時間労働を抑制「時間外労働」に上限案

2016年12月15日 18:29

自民党は長時間労働を抑制するため「時間外労働」に罰則付きで上限を設ける案をまとめた。また、勤務終了から翌日の勤務開始まで一定の休息時間を取ることを促しており、協力した企業には補助金などで支援するとしている。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら