会議のミカタ

毎週金曜日の「news every.」で放送。中央大学法科大学院・野村修也教授が解説する「会議のミカタ」。過去の放送をまとめました。

「生活困窮者自立支援制度」って?

暮らしに困っている人の自立支援の必要性に着目して去年4月に設けられた「生活困窮者自立支援制度」。制度自体があまり知られていないこともあり、今年4~7月の相談件数は国の目安の7割弱にとどまっている。具体的な支援内容や、制度の課題を解説する。

2016年9月23日 17:19

記事を読む

弊害多い“長時間労働”なぜ減らない?

2016年9月16日 19:23

日本は先進諸国と比べて労働時間が長く、長時間労働は過労死に至る可能性があるため、見直しは急務だといえる。なぜ日本では、労働時間を減らすことができないのだろうか?また、その対策は?中央大学法科大学院・野村修也教授が解説する。

記事を読む

不当な契約トラブルには「さいふをまもる」

2016年9月9日 17:20

不当契約から消費者を守るために特別なルールを定めたのが「消費者契約法」。今年の通常国会で改正が行われたが、さらに改正すべき議論や課題がある。不当契約に巻き込まれないようにするためには、何が大事なのか。中央大学法科大学院・野村修也教授が解説。

記事を読む

「カフェ」に「POP」 変わる学校図書館

2016年9月2日 17:59

最近の学校図書館は「本を借りる」「自習する」だけの場所ではなくなっている。“カフェ”に変身する図書館、ビブリオバトルが開かれる図書館。なぜ、学校図書館が変わってきたのか。中央大学法科大学院・野村修也教授が「行きたくなる学校図書館」を解説。

記事を読む

「ネットいじめ」を防げ!現状と対策

2016年8月26日 18:12

多くの学校が新学期を迎える9月1日は、子どもの自殺が突出して多い日でもある。原因は様々だが、学校でのいじめを苦にするケースも少なくないと考えられる。中でも、ここ数年、深刻な問題となっているのが「ネットいじめ」だ。その現状と対策を解説する。

記事を読む

危険いっぱい!家での「子ども事故」防ぎ方

2016年8月5日 18:42

子どもの家庭内事故で多いのが、タバコやおもちゃ、電池など異物をのみ込んで喉に詰まらせてしまう「誤飲」だ。こうした誤飲事故を防ぐためには、どうしたらいいのか。私たちが子どもの事故を防ぐのにできることはあるのか。

記事を読む

テロから身を守るための「3つの行動」

2016年7月22日 18:38

日本政府は国内でのテロ対策を強化している。テロに巻き込まれてしまった時、命を守るためにどうすればいいのか。専門家によると、「伏せる」「逃げる」「隠れる」の3つが大事だという。また、日本政府はどのようにして海外の日本人を守ろうとしているのか。

記事を読む

在宅医療推進のカギは?その現状と課題

2016年7月15日 18:42

今月6日、第1回全国在宅医療会議が開かれた。行政や医療、介護などの関係者が集まり、在宅医療をどのように普及、啓発していくのかについて議論が始まった。今後、在宅医療の必要性は高まるのか?その現状と課題を解説する。

記事を読む

裁判員を守れ!安全確保の課題・対策を解説

2016年7月8日 18:44

全国の裁判所の長が集まる定例会議で最高裁長官が「ある裁判員裁判において被告人の知人が裁判員に接触するという事態が発生した」と述べ、今後、裁判員の安全に万全を期していく方針を示した。具体的にどういった状況だったのか。その対策法は?

記事を読む

「まるごとユニバーサルデザイン」のミカタ

2016年7月1日 18:46

誰にとっても便利なデザインでつくられた「ユニバーサルデザイン」。最近では建物や商品だけでなく、日本人も外国人も分け隔てなく便利に暮らせるようにするために、新しいサービスの開発も始まっている。

記事を読む

カギは家庭の賢い選択…温暖化対策のミカタ

2016年6月24日 18:50

CO2(二酸化炭素)など温室効果ガスの増加が原因とみられる温暖化は年々深刻になっていて、去年の地球全体の平均気温は、観測開始以来最高となった。温暖化を防ぐには、どうすればいいのか。対策のカギは家庭の賢い選択「クールチョイス」にある。

記事を読む

「蚊に注意!夏のジカ熱対策」のミカタ

2016年6月17日 19:05

厚労省で感染症予防や治療などを有識者が話し合う会議が開かれ、この中で、蚊が媒介する「ジカ熱」について、本格的な夏を前に対策を強化していくべきとの意見が出た。日本国内で感染した人はまだいないが、対策しておくに越したことはない。その対策法とは?

記事を読む

認知症患者 事故と責任の「ミカタ」

2016年6月10日 18:26

厚労省の推計によると、2025年の認知症患者は約700万人。国は認知症の人による徘徊中の事故がどの程度あるかなど実態を把握した上で、議論を整理するという。認知症患者の事故と責任をめぐる現状や課題を、中央大学法科大学院・野村修也教授が解説。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら