会議のミカタ

毎週金曜日の「news every.」で放送。中央大学法科大学院・野村修也教授が解説する「会議のミカタ」。過去の放送をまとめました。

働く人に合わせたアレンジを…転勤のミカタ

働く男女に転勤について聞いたアンケートによると、「転勤は家族に与える負担が大きい?」との質問に「大きい」と回答した人は85%に上った。働く本人だけでなく家族にとっても大きな問題となる「転勤」。どういった対策が必要なのだろうか。

2017年1月13日 17:05

記事を読む

いざ五輪へ 東京ボランティア戦略を考える

2017年1月6日 17:16

3年後の東京五輪・パラリンピックに向け、都と大会組織委はボランティアの在り方について戦略を練っている。東京大会では、どのようなボランティアが必要になってくるのか。また、どんなボランティア活動が目指されているのか。

記事を読む

企業も後押し…婚活支援のあるべき姿とは?

2016年12月29日 17:37

50歳時点で一度も結婚したことがない「生涯未婚率」が近年、急激に上昇している。一方で未婚者の9割弱が「いずれ結婚したい」と考えている。そんな中、企業が婚活支援を後押しする動きがあるが、問題もある。今回は「婚活支援のあるべき姿」を考える。

記事を読む

映画輸出 中国の巨大市場をつかむには

2016年12月9日 17:43

国内の興行収入が200億円を突破した映画「君の名は。」。すでに、世界92の国と地域で配給されることが決まっている。「日本映画の海外輸出」は規模が小さく、去年の輸出額は140億円ほどだ。今後、どのような取り組みが求められるのだろうか。

記事を読む

老朽インフラ、どうメンテ?求められる対策

2016年12月2日 17:53

道路や橋などインフラが古くなった場合への対策が求められている。高度経済成長期に集中的に整備されたものが多い日本のインフラの半分以上は、今後20年以内に設備の寿命の目安と言える耐用年数を迎えることになる。インフラ老朽化への対策や課題を解説。

記事を読む

実用化前にルール作りを「自動運転」の課題

2016年11月25日 18:01

秋田県仙北市で今月13日、国内で初めてとなる自動運転のバスの走行実験が行われた。こうした自動運転の本格運用に向けたルール作りが進められているが、残念ながらルール作りの面での日本の国際競争力は必ずしも十分とは言えないのが現状だ。

記事を読む

成人年齢引き下げで「消費者被害広がる?」

2016年11月18日 19:27

いま、日本の民法が定める成人年齢は20歳だが、これを18歳に引き下げるための議論が進んでいる。成人年齢が引き下げられた場合、18歳、19歳の若者に消費者被害が広がる懸念がある。具体的にどういったものなのか。

記事を読む

全ての加工食品に「原産地表示」その背景

2016年11月11日 17:52

私たちが普段使う食品の多くは何らかの加工が施されている。これら加工食品に含まれる原材料の原産地を知りたいと思った場合、貼られているラベルを見る。実はいま、こうしたラベルによる原産地の表示について、新たなルールを作る動きがある。その背景とは?

記事を読む

急がれる受動喫煙対策 その背景を解説

2016年11月4日 17:51

他人のたばこの煙を吸う「受動喫煙」。日本の受動喫煙対策は世界でも最低レベルだ。そこで、厚生労働省は先月、不特定多数の人が集まる場所を中心に喫煙を厳しく規制する対策案を発表した。日本が受動喫煙の規制を急ぐ背景には何があるのか。

記事を読む

「賛成」と「反対」死刑制度、意見の対立点

2016年10月28日 17:21

日弁連が「死刑制度廃止を目指す」とする宣言を賛成多数で採択した。ただ、犯罪被害者を支援している弁護士らは「遺族は死刑への思いが強い」などとして、死刑廃止に反対している。どういう点で意見が対立しているのか。

記事を読む

誰がどう賄う?「原発事故の費用負担」

2016年10月14日 17:10

廃炉作業が続く福島第一原発。廃炉には、あと40年はかかるとも言われている。事故処理の費用はどれくらいかかるのか。事故に関する費用が膨らんだ場合、誰がどう負担するのか。中央大学法科大学院・野村修也教授が「原発事故の費用負担」について解説する。

記事を読む

地方議会“政務活動費”不正相次ぐワケ

2016年10月7日 17:37

富山市議会をはじめ、地方議員の政務活動費をめぐる不正が次々と明らかになっている。政務活動費というのは、そもそもどんな制度なのか。なぜ不正が相次いでいるのか。中央大学法科大学院・野村修也教授は「透明性を高める」ことをポイントに挙げている。

記事を読む

なぜ広がらない?「特別養子縁組」のあり方

2016年9月30日 17:40

ここ数年、不妊などの理由で「特別養子縁組」の希望者が増えている。しかし、2015年度の成立件数は544件に過ぎない。希望者が増えているのに、なぜあまり広まらないのか。中央大学法科大学院・野村修也教授が「特別養子縁組のあり方」を解説する。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら