会議のミカタ

毎週金曜日の「news every.」で放送。中央大学法科大学院・野村修也教授が解説する「会議のミカタ」。過去の放送をまとめました。

最新鋭の装置で防げ!高齢者の踏切事故

2日、愛知県安城市のJR東海道線の踏切で、普通列車と乗用車の衝突事故があった。乗用車は炎上し、運転していた男性が死亡した。踏切事故をゼロにするにはどうすればよいのか。野村修也氏が解説する。

2017年3月3日 18:30

記事を読む

【自画撮り】増える少女の被害 どう防ぐ?

2017年2月24日 17:33

18歳未満の女子中高生らが、ネットで知り合った相手に自らの裸などを撮影した「自画撮り」画像や動画を送らされる被害が増えている。増える「自画撮り」被害を防ぐためには、どのような対策が必要なのか。

記事を読む

【ストーカー対策】“加害者治療”の課題

2017年2月17日 18:25

ストーカー対策と言えば「被害者」をどう守るかが中心だが、その一方で「加害者」対策も進められている。警察庁は今年度から、必要な加害者には刑期を務め終えた後なども継続して精神科の受診を促す取り組みを始めている。なぜ、加害者治療に着目するのか。

記事を読む

3550万本の「電柱なくそう」3つの目的

2017年2月10日 18:03

海外では当たり前の「電線地中化」。だが、日本で電柱がない地域の割合は東京23区で7%にとどまっている。日本国内の電柱の数は約3550万本あるが、今も毎年7万本のペースで増え続けている。国は3つの目的から、電柱をなくす街づくりを進めている。

記事を読む

高齢ドライバー事故防止へ その原因と対策

2017年1月27日 18:19

高齢ドライバーによる交通事故が連日ニュースになっているが、死亡事故を起こした75歳以上のドライバーの約半数が直近の認知機能検査で「認知症の恐れ」もしくは「認知機能低下の恐れ」との結果が出ていた。高齢者の事故を防ぐにはどんな対策が必要なのか。

記事を読む

日本の特産品を守れ!対策と取り組み

2017年1月20日 17:55

国内や海外で日本の特産品の偽物が出回る中、日本は海外で作られた偽の特産品への対策を強化する。その狙いはどこにあるのか。地域の特産品を守るために、今後どういった取り組みが必要なのか。中央大学法科大学院・野村修也教授が解説する。

記事を読む

働く人に合わせたアレンジを…転勤のミカタ

2017年1月13日 17:05

働く男女に転勤について聞いたアンケートによると、「転勤は家族に与える負担が大きい?」との質問に「大きい」と回答した人は85%に上った。働く本人だけでなく家族にとっても大きな問題となる「転勤」。どういった対策が必要なのだろうか。

記事を読む

いざ五輪へ 東京ボランティア戦略を考える

2017年1月6日 17:16

3年後の東京五輪・パラリンピックに向け、都と大会組織委はボランティアの在り方について戦略を練っている。東京大会では、どのようなボランティアが必要になってくるのか。また、どんなボランティア活動が目指されているのか。

記事を読む

企業も後押し…婚活支援のあるべき姿とは?

2016年12月29日 17:37

50歳時点で一度も結婚したことがない「生涯未婚率」が近年、急激に上昇している。一方で未婚者の9割弱が「いずれ結婚したい」と考えている。そんな中、企業が婚活支援を後押しする動きがあるが、問題もある。今回は「婚活支援のあるべき姿」を考える。

記事を読む

映画輸出 中国の巨大市場をつかむには

2016年12月9日 17:43

国内の興行収入が200億円を突破した映画「君の名は。」。すでに、世界92の国と地域で配給されることが決まっている。「日本映画の海外輸出」は規模が小さく、去年の輸出額は140億円ほどだ。今後、どのような取り組みが求められるのだろうか。

記事を読む

老朽インフラ、どうメンテ?求められる対策

2016年12月2日 17:53

道路や橋などインフラが古くなった場合への対策が求められている。高度経済成長期に集中的に整備されたものが多い日本のインフラの半分以上は、今後20年以内に設備の寿命の目安と言える耐用年数を迎えることになる。インフラ老朽化への対策や課題を解説。

記事を読む

実用化前にルール作りを「自動運転」の課題

2016年11月25日 18:01

秋田県仙北市で今月13日、国内で初めてとなる自動運転のバスの走行実験が行われた。こうした自動運転の本格運用に向けたルール作りが進められているが、残念ながらルール作りの面での日本の国際競争力は必ずしも十分とは言えないのが現状だ。

記事を読む

成人年齢引き下げで「消費者被害広がる?」

2016年11月18日 19:27

いま、日本の民法が定める成人年齢は20歳だが、これを18歳に引き下げるための議論が進んでいる。成人年齢が引き下げられた場合、18歳、19歳の若者に消費者被害が広がる懸念がある。具体的にどういったものなのか。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら