取り扱い注意!製品事故・リコール関連情報

事故が起きた商品や危険な使用法、リコール関連情報など

家具転倒やヤケド…家での子ども事故に注意

NITE(製品評価技術基盤機構)によると、6歳までの子どもによる家庭内でのヤケドや家具の転倒などの事故が、2015年度までの5年間で60件発生。死亡事故も2件あった。お湯の入った電気ポットや炊飯器を倒すなどしてヤケドするケースが多いという。

2017年2月23日 15:41

記事を読む

マルコメ「料亭の味みそ汁」を自主回収

2017年2月20日 19:50

マルコメは20日、「料亭の味みそ汁」シリーズの5種類約139万袋のうち最大で16袋に直径2cmのシリコン吸盤が混入した恐れがあるとして自主回収を発表。対象は去年12月26日~今月17日までに製造・出荷したもの。みそと具材の小袋には混入せず。

記事を読む

転んで喉突き…子供の歯ブラシ事故に注意!

2017年2月15日 20:43

子供が歯ブラシをくわえたまま転んで喉を突くなどする事故が相次いでいるとして、消費者庁では、子供を座らせて歯磨きをさせるよう注意を呼びかけている。全国30の病院を調査しただけでも、去年末までの6年間で139件、報告されているという。

記事を読む

日野 トラック7車種21万9千台リコール

2017年2月14日 19:13

日野自動車はサイドブレーキに不具合があるなどとして小型トラック「デュトロ」やトヨタ向けに製造している7車種約21万9千台をリコール。坂道で運転手が降りた後サイドブレーキが戻り、坂の下にいた車や家の塀にぶつかるなどの事故が13件起きている。

記事を読む

三菱ふそう バス3車種9500台リコール

2017年2月14日 18:12

三菱ふそうは観光バスなどに使われる大型と中型バス3車種、約9500台についてリコールを届け出た。道路にまかれた融雪剤を含んだ水などが車体下の部品の中にたまり、最悪の場合、タイヤと車体をつなぐ部品が脱落してハンドル操作ができなくなるという。

記事を読む

歯ブラシ事故防止へ!安全対策を報告

2017年2月14日 16:45

5歳以下の子どもが歯ブラシをくわえたまま転倒したり、喉や口に突き刺さったりするなどのケガをする事故が相次いでいることから、東京都の協議会は14日、メーカーなどに歯ブラシの改良などを求める報告をまとめた。

記事を読む

マツダ「デミオ」など約25万台をリコール

2017年2月9日 21:11

自動車メーカーのマツダは9日、「デミオ」「アクセラ」「アテンザ」「ビアンテ」の4車種約24万8000台のリコールを国交省に届け出た。運転席の座席の高さを調整する部品の強度が不足するなどの不具合で座席が傾いてしまう恐れもあるという。

記事を読む

よつ葉乳業“バナナ果汁誤混入”で自主回収

2017年2月9日 01:44

低脂肪乳などに誤ってバナナの果汁を混入したとして、「よつ葉乳業」は4商品・約5万本を自主回収すると発表した。北海道の工場で製造され、賞味期限が今月中旬ごろまでのもの。「よつ葉乳業」は、健康に影響を与える可能性はきわめて低いとしている。

記事を読む

キユーピー“ドレッシング”21万本回収へ

2017年2月7日 21:24

キユーピーは賞味期限が2017年8月の「深煎りごまドレッシング」の一部に金属の繊維が混入している可能性があるとして約21万本を自主回収すると発表した。神戸の工場で6日、製造設備の一部に傷が見つかったという。健康被害の可能性は低いという。

記事を読む

三菱自動車、軽自動車約60万台をリコール

2017年1月27日 18:23

三菱自動車は、「eK」や、他社向けに製造している軽自動車、4車種60万7000台のリコールを届け出た。エンジンをかけた直後にシフトチェンジすると、ギアが破損し、最悪の場合、エンジンがかからなくなる恐れがあるなどとしている。

記事を読む

タコ足配線やほこり…火災事故、冬場に多発

2017年1月26日 21:30

製品評価技術基盤機構(NITE)によると、電気の配線器具による事故で火災に至る事故がここ数年、増加傾向にある。特に暖房器具を使う冬場に多く、NITEは「タコ足配線をしないこと」や、「接続部のほこりは定期的に掃除すること」などを呼びかけ。

記事を読む

サムスン スマホ発火はバッテリーの欠陥

2017年1月23日 12:56

韓国のサムスン電子は23日、発火事故が相次いだ新型スマートフォン「ギャラクシーノート7」について会見し、バッテリー内部の設計ミスでショートを起こしやすい構造になっていたなどとして、出火はバッテリーの欠陥が原因だったとする調査結果を発表した。

記事を読む

スバル「レガシィ」をリコール

2017年1月19日 18:27

富士重工業は、スバルの「レガシィ」約11万6000台についてリコールを届け出た。タイヤと車体をつなぐサスペンションの締め付けが不十分なため、走行を続けているとボルトが折れる恐れがあるという。国土交通省は、安全性に問題はないとしている。

記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら