「あなたは大丈夫?」医療&健康ニュース

医療と健康に関するニュースをまとめました。

「プール熱」子ども患者、過去10年で最多

国立感染症研究所によると、「プール熱(咽頭結膜熱)」の子どもの患者数が、先月22日からの1週間に1医療機関あたり0.91人と前週比40%の増加で、過去10年間で最多に。厚労省はタオルを使い回さないことや石けんでの手洗いなどを呼びかけ。

2017年6月6日 16:40

>> 記事を読む

受動喫煙法案 今国会の成立断念へ

2017年6月5日 13:06

受動喫煙の健康被害を防ぐ「受動喫煙防止法案」について政府・与党は、会期が迫っているため今国会の成立を見送る方針を固めた。法案提出も厚労省と自民党の意見の隔たりが大きく難しい状況。政府・与党は次の臨時国会での成立を目指して調整を続ける方針。

>> 記事を読む

禁煙デー 吉田沙保里選手が巨大タバコ倒す

2017年5月31日 15:40

WHOが定める「世界禁煙デー」の5月31日、厚生労働省のイベントに女子レスリングのオリンピック金メダリスト・吉田沙保里選手が登場し、自慢のタックルで巨大タバコを倒した。WHOの推計では、世界全体でタバコが原因で死亡する人は年間700万人超。

>> 記事を読む

ブラジル保健省 ジカ熱の緊急事態宣言解除

2017年5月13日 03:45

ブラジル保健省は11日、新生児の小頭症との関連が指摘されるジカ熱について、感染者が大幅に減ったとして緊急事態宣言を解除した。同保健省によると、今年1月から4月15日までのジカ熱感染者の報告は7911件で、前年同期比で95%減少。

>> 記事を読む

注意!脱毛で痛みやヤケド…エステなど

2017年5月11日 18:20

エステや医療機関で脱毛を受けた後にヤケドや痛みなどの症状を訴える人が相次ぎ、国民生活センターが注意を呼びかけた。脱毛被害相談は約5年間で964件寄せられ、7割がエステ、3割が医療機関で起きたもの。

>> 記事を読む

予防法は…魚介類に寄生“アニサキス”注意

2017年5月10日 23:53

生の魚などに寄生しているアニサキスという虫によって、激しい腹痛や吐き気などが引き起こされる食中毒が近年増加、厚生労働省も注意を呼びかけている。私たちが魚を調理する際に気をつけるべき予防法は―。

>> 記事を読む

ゆるやかな坂道歩行で“糖尿病リスク低下”

2017年5月8日 16:40

東京医科歯科大学の藤原武男教授らのグループは、愛知県の高齢者約8900人のデータをもとに、地域の坂道と住人の糖尿病リスクの関連を調査。その結果、坂道の平均傾斜が1.48度上がると症状が比較的重い糖尿病になるリスクが18%低下すると分かった。

>> 記事を読む

10年で自殺率“3割超減”目標 報告書案

2017年4月27日 01:49

厚労省の有識者検討会は、政府が夏にまとめる「自殺対策大綱」に向け、今後10年間で自殺率を3割以上減らす目標を打ち出した。また、過労自殺の対策としては長時間労働の是正の必要性を指摘。さらに「産後うつ」の早期発見など妊産婦の支援についても提言。

>> 記事を読む

妊婦2人「オウム病」で死亡 国内で初確認

2017年4月11日 15:48

オウムなどの鳥のフンから感染する「オウム病」で、去年から今年にかけ、妊婦2人が死亡していたことが分かった。1999年~今年、国内での感染は高齢者を中心に388件、うち9人の死亡が報告されているが、妊婦の死亡が確認されたのは初めてだという。

>> 記事を読む

子宮移植シンポ「授かる選択肢増やして」

2017年4月9日 19:44

ガンなどで子宮を失った女性らの妊娠・出産を可能とする「子宮移植」について話し合うシンポジウムが開かれ、女性らが「子どもを授かる選択肢を増やして欲しい」と訴えた。慶応大の研究チームは早ければ年内にも国内初の移植に向け臨床研究の申請を行う予定。

>> 記事を読む

酒で赤くなりやすい人…大腿骨骨折リスク高

2017年3月27日 21:58

お酒を飲むと赤くなりやすい体質の人は、赤くならない人に比べて骨粗しょう症を発症しやすく、大腿骨骨折のリスクが高いことがわかった。お酒で赤くなりやすい人は「アセトアルデヒド」が分解できず、体内に蓄積されて骨を作る細胞が弱くなるためだという。

>> 記事を読む

“同居で孤食”の男性 死亡リスク1.5倍

2017年3月27日 16:06

独り暮らしで食事も1人でする男性の死亡リスクは、家族と食事をする男性に比べ約1.2倍だったが、家族と暮らしていても1人で食事をする男性の場合、死亡リスクは約1.5倍に上ることが、東京医科歯科大学などの調査で分かった。

>> 記事を読む

鳥インフル検出の養鶏場で21万羽を殺処分

2017年3月26日 12:20

毒性の強い「H5N6型」鳥インフルエンザウイルスが検出された宮城県栗原市の養鶏場で行われていた約21万羽の鶏の殺処分が26日未明に終わった。当初の目標では完了は27日未明とされていたが、作業が順調に進み丸1日早まる。

>> 記事を読む

見出し、記事、写真、動画、図表などの無断転載を禁じます。
当サイトにおけるクッキーの扱いについてはこちら
『日テレNEWS24 ライブ配信』の推奨環境はこちら